オンラインカジノのおすすめ案内所 – 安全性や楽しみ方を詳しく解説!

オンラインカジノdays トップページアイキャッチ画像

カジノと聞くとまずラスベガスのような華やかなイメージを思い浮かべる人も多いのでは?

多くの人は映画などででてくるカジノのイメージや、たまに見かける違法カジノ店摘発ニュースなどから、信頼性・安全性に不安を感じているかもしれません。

そして「オンライン」のカジノに対しても同じイメージを抱いてしまっても仕方ないところです。

私も最初は

  • イカサマ
  • 危険
  • 裏世界
  • マフィアやヤクザ
  • ギャンブル依存症
  • 一攫千金
  • 借金生活

こんなイメージを一方的に抱いていました。

いわゆるランドカジノ(マカオやラスベガスなどの施設内でやっているカジノ)ならそういう匂いを感じるかもしれませんが、オンラインカジノにはそういったものはありません。

インターネット上でカジノゲームをプレイするだけです。

もちろん違法なオンカジが無いとは言い切れませんが、選び方を間違えなければ安全に楽しめます。

ただ、それでも初めてだと

  • 違法なんじゃないの?
  • 難しそう・・・
  • 個人情報を渡すのはちょっと・・・

といった不安を感じる人も多いと思います。

そこでここではオンラインカジノの違法性や信頼性について解説しつつ、遊べるゲームの種類や簡単な攻略法、おすすめオンラインカジノなど基本部分をまとめました。

日本からスマホで気軽に遊べるギャンブルなのでぜひプレイしてみてください。

ちなみに私のオンカジデビューはベラジョンカジノでした。

ここも好きですが、いまはエルドアカジノが主戦場です。

なのでエルドア推し気味で解説していきます(笑)

目次

オンラインカジノについてザックリと解説!

まずはオンラインカジノのさわり部分だけザックリと解説していきます。

詳しく知りたい方は記事後半をお読みください。

オンラインカジノの魅力を簡単に言うと?

オンラインカジノの魅力
  • スマホがあればいつでもどこでも遊べる
  • 多種多様な入金方法が選べる
  • 無料プレイも可能
  • 稼ぎやすい(ほかのギャンブルより還元率が高い)

スマホがあればいつでもどこでも遊べる

オンラインカジノにはさまざまな魅力がありますが、ギャンブルが合法な国の海外の運営サイトであれば、日本にいながらスマホでお手軽にリアルマネーをべットできる魅力があります。

またパソコンやスマートフォンでいつでも様々なカジノゲームが楽しめますので、お店に足を運ぶ手間もかかりませんし、開店や閉店時間も気にせずにプレイできる点もメリットです。

多種多様な入金方法が選べる

入出金も日本人向けに多数の方法で用意されているのでお金のやり取り面も利便性が高くなっています。

無料プレイも可能

オンラインカジノ内のゲームはすべてではありませんが無料でのプレイも可能。

ですのでお金を賭けるギャンブルは嫌だけどゲームだけは遊んでみたい人でもスロットやカードゲームを楽しめます。

稼ぎやすい(ほかのギャンブルより還元率が高い)

本気で稼ぎたいギャンブラーにとって一番大事なポイントがこれ。

オンラインカジノの還元率は日本の公営ギャンブルやパチンコ・パチスロより圧倒的に高くなっています。

  • 競馬・・・75~80%ほど
  • 競輪・・・75~80%ほど
  • 競艇・・・75~80%ほど
  • オートレース・・・70%ほど
  • 宝くじ・・・45%ほど
  • スポーツくじtoto・・・30~50%ほど
  • パチンコ・・・80~85%ほど
  • パチスロ・・・80~85%ほど
  • オンラインカジノ・・・95%ほど

ギャンブルで稼ぐには最初から還元率の高いものを選ぶべき。

その点オンカジが最適なのは上記数字を見ても明らかです。

パチンコ・パチスロもわりと高い方ではありますが、昔ほど脳汁が出るような大当たりも期待できなくなりつまらなくなったとの声も・・・。

これがオンカジなら一撃億超えもありえます。

現に日本人プレイヤーも1000万円以上の勝利金をゲットした事例がでています。

またベット額を自由に変えられるのも勝負所を見極められる実力を付けたプレイヤーにとっては大きなメリットです。

まぁでもいくら還元率が高いと言っても5%は減っていきます。

稼ぐためにはもう一手還元率を上げる攻略法が必要です。

オンラインカジノで遊ぶにはどうすればいい?

オンラインカジノはスマホやパソコンを利用して簡単に遊べるもの。

流れをサクッと紹介すると、

  1. オンラインカジノを選ぶ
  2. そのオンカジでアカウント開設
  3. 入金する

この3ステップだけ。

現在日本語対応のオンカジサイトはザっと確認しただけでも30以上あります。

その中から好きなサイトで登録し入金を済ませましょう。

入金後は各ゲームのあるページへ行きお金をベットしてゲームをするだけ。

ルーレットやバカラ、ブラックジャック、スロットなど多種多様なカジノゲームを楽しんでください。

オンラインカジノの違法性は?安全に遊べるの?

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノは日本国内でプレイをしても現状では違法になりません。

その理由は、運営している会社とゲームを提供している会社やサーバーがオンカジ合法国にあるから。
(違法な国でやっている場合や認可を受けていないサイトはNGです)

オンカジで遊ぶ際クレジットカードで入金できるのですが、この決算は運営している国の法律に則って料金が支払われるので、日本からアクセスをしたとしても違法にはならない訳です。

また日本にはオンカジを縛る法律がまだありません。

ただし、オンカジで勝った時に受け取る賞金は、日本国内の銀行で受け取るため法律が適応されるので税金を申告する必要があります。

20万円以上の賞金から税の申告を義務付けられていますが、この申告をおこなわなかった場合は脱税となってしまうので注意が必要です。

店舗でやってるランドカジノとオンラインカジノは何が違う?

店舗でやってるランドカジノとネット上で遊ぶオンラインカジノは根本的に仕組みが異なりますが、どちらも同じカジノゲームを楽しめます。

ただカジノを利用時に受けられる無料サービスやボーナスなどに大きな違いがあります。

ランドカジノ内では食べ物や飲み物が無料であったり、ゲームで遊んだ金額によっては航空券のプレゼントやホテル代が無料になったりとサービスがかなり充実しています。

それに対してオンカジではランドカジノにはないボーナスプレゼントサービスがあります。

ボーナスは賭けに使えるお金をもらえるようなもの。

この違いは大きいですね。

さらにカジノだけを目的に海外渡航するのは経済的な負担も大きくなってしまうのは大きなデメリット。

オンカジであればその費用を掛け金にして手軽に自宅でカジノを楽しめるメリットがあります。

どんな人がオンラインカジノを楽しんでるの?

オンラインカジノが日本に広まり始めたのはここ数年のこと。

世界初のオンカジは1996年に誕生したインターカジノですが、サイト内表記からサポートまで完全日本語対応したのは2014年オープンのベラジョンカジノから。

まだまだ利用者は少ないと思われがちですが、実は日本人のユーザーはとっくに100万人を超えていてかなりの人がオンカジを楽しんでいます。

ユーザー層は非常に幅広く、年代や職種を問いません。

サラリーマンや主婦といった普通の人が行っている一方で、カジノのイメージそのものといった会社の社長もプレイしているなど、プレイヤーもさまざまです。

怪しいイメージが強いカジノですが、本来カジノで遊ぶには厳しいセキュリティチェックを受け、それにパスした人達だけが入れる場所であることを考えると、大人の社交場と呼ばれるのも分かります。

オンカジならセレブでなくても遊べるとあって、幅広いユーザー層が集まっているのも納得です。

さっそく遊んでみたい方はおすすめオンラインカジノの項目を参考にしてください。

こちら⇒おすすめオンラインカジノを探す

オンラインカジノで遊べるゲームの種類

オンラインカジノのゲームの種類

カジノは海外旅行などで参加した経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

日本国内では本格的なカジノを楽しむことはできませんが、オンラインカジノであれば誰もがすぐに参加できますし、海外に行く手間や旅費も必要ありません。

自宅のパソコンでいつでも好きなときに参加できるのが魅力ですが、具体的にはどのようなゲームが楽しめるのかも知っておきたいところです。

オンカジの場合も、種類は豊富となっており本場と同じようなプレイが楽しめます。

オンラインカジノで代表的なゲームとしては、

  1. バカラ
  2. ルーレット
  3. ブラックジャック
  4. ホールデム(ポーカー)
  5. スロット
  6. シックボー
  7. ドラゴンタイガー
  8. クラップス
  9. マネーホイール

などがあげられます。

細かく分けるとまだまだありますが、上から5つ以外はゲームの数も少ないですね。

ではそれぞれのゲームについて簡単に解説していきます。

バカラってどんなゲーム?

オンラインカジノのバカラ

カジノで最も人気といってもいいカードゲームがバカラです。

カジノの王様とも呼ばれる王道ゲームですね。

ルールは単純明快、「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝利するのか選んでベットするだけ。

それ以外に何もすることはありません。

ブラックジャックのようにカードを追加でもらうなどの判断もなし。

で、バカラをザックリ分けると次の3種類あります。

  • 普通のバカラ(コミッションバカラ)
  • スピードバカラ
  • 手数料なしバカラ(ノーコミッションバカラ)

名前のとおりスピーディーにゲーム進行するスピードバカラのほか手数料がないバカラもあります。

通常のバカラは1ゲーム60秒くらいなのに対し、スピードバカラは30秒以下で終わります。

このようにゲーム回数をこなせることから大きなお金を動かすハイローラーに好まれるゲームですね。

なお手数料あり・なしについてですが、通常バカラは特定の条件を満たすと手数料が取られます。

手数料が発生するパターン
バンカーに賭けてバンカー勝利時に手数料5%(配当が1.95倍に減る)

これだとみんな手数料なしバカラを選ぶはず。

でもそれではオンラインカジノ側が儲からなくなってしまうので次の条件下で手数料が跳ね上がります。

手数料なしバカラで手数料が発生する条件
バンカーに賭けてバンカーが6で勝利したとき配当が1.5倍に減少

このように細かな違いこそあれ、バカラは単純ながら奥深いカードゲームです。

臨場感も味わえるライブバカラでぜひ体験してみて下さい。

ルーレットってどんなゲーム?

オンラインカジノのルーレット

40個ほど数字が割り振られた円盤を回し、そこへ投入した球がどこに落ちるかを当てるゲーム「ルーレット」。

こちらもカジノの中でトップクラスに定番人気のゲームです。

仕組みは単純なのでルールに大きな違いはありませんが、ルーレットの円盤には以下のような異なるタイプがあります。

  • ヨーロピアンルーレット
  • フレンチルーレット
  • アメリカンルーレット
  • メキシカンルーレット

ヨーロピアンルーレットの特徴

0~36まで全37個の数字が円盤に割り振られているルーレット。

一番標準的なもので、これながいオンラインカジノはないでしょう。

フレンチルーレットの特徴

ヨーロピアンルーレットと同じ0~36までの数字で構成されたルーレットです。

ヨーロピアンルーレットとの違いはチップを置くテーブル配置が多少異なること。

そして最大の違いは赤/黒、奇数/偶数、ハイ/ローという配当2倍のベット方法で賭けたときに「アンプリゾン」ルールがあることです。

アンプリゾンとは「(刑務所への)収監」の意味。

通常2倍配当のベットだと「0」に入ったときはハズレとなりますが、アンプリゾンにより一旦賭け金は預かりとなり、もう一度ルーレットを回せます。

そこで勝てば通常どおり2倍配当がもらえ、負ければ戻ってきません。

ヨーロピアンルーレットより勝てるチャンスが増える=負ける可能性が減り還元率がほんの少しだけ高くなるルーレットですね。

ただしオンラインカジノのほとんどはヨーロピアンルーレットしかありません。

いまだとエボリューションゲーミングというゲーミング会社で「ゴールドフレンチルーレット」という台があるくらいですね。
(ただ同じゲーミング会社でもエルドアカジノにはなくて遊雅堂にはありました)

運営側からすれば損しやすい台なので入れたがらないのでしょう。

もし導入されているオンラインカジノがあったら狙いたい台ですね。

アメリカンルーレットの特徴

0~36の標準的な数字のほかに「00(ダブルゼロ)」が加えられているのがアメリカンルーレットです。

選択肢が1つ増えることで単純に当たる可能性が低くなる=還元率が下がるのでこの台を選ぶメリットはありません。

2倍配当の赤/黒などでも当たりにならない「0」のほかに「00」が増えてしまうためより外れやすくなります。

そのため人気がなくオンラインカジノで導入しているところも少な目。

ですがオンラインカジノ側は儲かるだけなので少ないながら見かけます。

でもヨーロピアンルーレットを選んでおきましょう。

メキシカンルーレットの特徴

アメリカンルーレットよりさらに還元率が下がる台がメキシカンルーレットです。

「0」と「00」のほかに「000(トリプルゼロ)」が追加されています。

オンラインカジノでメキシカンルーレットを入れているところは見たことありませんが、もしあったとしてもやらないことをおすすめします。

無難にヨーロピアンルーレットがいいですね。

なおラスベガスのランドカジノではカジノ側の収益性があがるメキシカンルーレットを導入する施設が増えているそうです。

プレイヤー側としては嫌な流れですね(汗)

ブラックジャックってどんなゲーム?

オンラインカジノのブラックジャック

ディーラーとプレイヤー側に何枚かカードが配られ、合計した数字が「21」に近いほうが強いというルールのカードゲームです。

オンラインカジノの中でも特に還元率が高く勝ちやすい・稼ぎやすいゲームですね。

「ベーシックストラテジー」や「カウンティング」といったブラックジャック攻略法もあり、オンカジ初心者の方でも比較的勝ちやすいと言えるでしょう。

ベーシックストラテジー攻略法とはどんなもの?

手持ちの2枚のカードによって次の行動(ヒット/スタンドなど)が決められている攻略法です。

一覧表になっているのでそれを見ながら選ぶだけなのでランドカジノだと使いにくいんですがオンカジなら気兼ねなく使えます。

カウンティング攻略法とはどんなもの?

ブラックジャックでは52枚のカードデッキを6~8セット使うことが多いです。

そこで出たカードをカウントして残りのカードの状況を予想していく攻略法がカウンティングです。

使い方が結構難しいのでベーシックストラテジーでどうしても勝てないようならチャレンジしてみるのもありでしょう。

攻略法の詳細情報はこちらの記事でまとめています。

ホールデム(ポーカー)ってどんなゲーム?

オンラインカジノのポーカー(ホールデム)

ポーカーのは世界中にさまざまな種類がありますが、ホールデムとはポーカー1種でテキサスホールデムを指すことが多いです。

そして日本でよく知られる5枚のカードで役を作る「5ドローポーカー」とは少しルールが違うので最初は戸惑うことも多いと思います。

テキサスホールデムは参加しているプレイヤー毎に配られた2枚のカードとコミュニティカード(共有カード)を組み合わせた5枚で役を作り勝敗を決めるカードゲームです。

基本的にディーラー対戦ではなく「コミュニティカード」を使って複数人のプレイヤーと戦うことになります。

数あるポーカーの中でも特に人気があり、世界大会が開かれるほどポピュラーな存在として知られています。

ポーカーの種類

  • ホールデムポーカー
  • スタッドポーカー
  • ドローポーカー
  • その他ポーカー

だいたいこの4つに分類されます。

日本でメジャーなポーカーはドローポーカーの分類ですね。

スロットってどんなゲーム?

説明が必要ないほどよく知られるカジノゲームで、スロット台にお金やチップを入れて回すだけ。

日本だとパチスロがあるのでそちらのほうが印象強めかもしれませんね。

ただカジノのスロットとパチスロでは演出などで大きな違いがあります。

またカジノのスロットはベット金額を変えられること、そしてジャックポット機能付きの台もあり最高10億円以上もの賞金をゲットされたプレイヤーも世界中にいます。

さらに最近ではパチスロ風に演出にこだわった台もいくつか登場しているためパチスロユーザーの取り込みの進んでいるようです。

オンラインカジノでは台の種類が一番豊富に揃っていて1000種類以上あることが多いです。

この台の豊富さもパチスロとの大きな違いと言えるでしょう。

シックボーってどんなゲーム?

オンラインカジノのシックボー

シックボー(タイサイ/大小とも言う)はサイコロを3つ振り出た数を当てるゲームです。

ルーレットやブラックジャックなどよく知られるゲームに対して、シックボーはカジノに馴染みがない人は知らないかもしれませんね。

ルールはかなり簡単・シンプルなのでオンラインカジノで一度体験してみてください。

ドラゴンタイガーってどんなゲーム?

オンラインカジノのドラゴンタイガー

バカラに似たゲームで「ドラゴン」と「タイガー」のどっちが勝つかに賭けるゲームです。

バカラとの違いはカードが配られたらすぐ勝敗が決まる部分。

バカラより単純でスピード感があります。

クラップスってどんなゲーム?

クラップスは2つのサイコロを転がして出た合計数を当てるゲームです。

2個のサイコロの合計値のパターンとして一番多くなる「7」が出るとゲーム終了となるため、それまでに自分のベットが当たれば勝ち、「7」が出てしまえば負けとなります。

ラスベガスでは非常に人気のゲームですが、日本人には馴染みがなく知っている人も少ない印象ですね。

賭け方も最初は複雑に感じるかもしれませんがすぐになれるはず。

運要素が強いためオンラインカジノ初心者には逆に遊びやすく勝ちやすいゲームと言えるでしょう。

マネーホイールってどんなゲーム?

仕組み自体はルーレットのようなもので、数字などが書かれた円盤パネルを回して止まる場所にベットするゲームです。

マネーホイールと聞くと全然知らないかもしれませんが、似たようなゲームは目にしたことがあるはず。

宝くじの数字を選出するときや、昔人気のあった東京フレンドパークという番組でバジェロやたわしと書かれた円盤を回していたアレと一緒です。

複雑なルールではないのでオンラインカジノ初心者でもサクッと遊べるでしょう。

初心者が最初にプレイするならこのゲームがおすすめ!

オンラインカジノが初心者の場合はどのゲームから始めて良いか悩むところですが、おすすめとしてはまずバカラがあげられます。

バカラはプレイヤーとバンカーのどちらが勝つかを掛けるゲームですので、難しい知識は必要ありません。

プレイヤーとバンカーにはそれぞれトランプを2~3枚配りますが、手札を合計した一桁目の数字が9に近いほうが勝ちとなります。

勝率も約50パーセントなので初心者でも勝ちやすいゲームです。

このほかにも球がどの数字に入るかを予想するルーレットもカジノでは代表的な存在で初心者がすぐに始められるゲームです。

実際にお金を賭けてプレイするのであれば上で紹介したメジャーで勝ちやすいものから始めてみましょう。

オンラインカジノのようなギャンブルは勝利しお金が増える快感を味わうときこそ楽しめるものですからね。

初心者はまず無料プレイで慣れよう

オンラインカジノでは無料プレイもできるので、まずはそちらで感覚をつかんでから遊ぶことをおすすめします。

初心者は無料プレイでルールを覚えたり感じをつかんでから実際にお金をベットしていきましょう。

オンラインカジノを無料プレイする方法

無料プレイするにはオンライン家事ににログインせずにゲーム画面を開けばOKです。

ライブカジノだけは入金されていないとページを開けませんが、それ以外のゲームならたいてい遊べます。

またログイン後でもオンラインカジノによってはゲームを選択する時に無料かリアルプレイか選べるようになっています。

また最近は無料版ページを開設するオンラインカジノも出てきました。

CMでも見かけるベラジョンカジノやカジ旅が有名です。

入金不要ボーナスを利用するのもあり

多くのオンラインカジノでは入金しなくてももらえる登録ボーナスを配っています。

それを使えば懐を傷めず無料でリアルプレイできるので活用しましょう。

配布額はだいたい1000円~3000円くらいが相場。

それを目的にして配布しているオンラインカジノすべてに登録しボーナス分だけ遊ぶツワモノもいます。

入金不要ボーナス額の多いオンラインカジノ情報はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

オンラインカジノにゲーム提供しているソフトウェア会社

オンラインカジノのゲーミング会社

オンラインカジノで遊べるゲームについてザックリ解説してきましたが、ゲームそのものはオンカジ側が作成&提供しているわけではありません。

カジノ向けにゲームを作っているソフトウェア会社と提携してオンカジサイト上で遊べるようにしているだけです。

そのため人気ゲームをもっているソフトウェア会社はほぼすべてのオンカジと提携しているためどこでも遊べたりします。

そしてオンラインカジノで特に人気なのがライブカジノとスロット。

ライブカジノはリアルタイムに世界中へ映像配信されている形式で、バカラやルーレット、ブラックジャックなどほぼすべてのカジノゲームが遊べます。

なおサイトによってはソフトウェア会社を選んでゲームを探す形式のオンカジもあるため少しだけでも知っておくとスムーズです。

そこで人気ゲームを作っている主なソフトウェア会社を紹介しておきます。

ライブカジノで人気のソフトウェア会社

  • エボリューションゲーミング
  • アジアンゲーミング
  • プレイテック
  • マイクロゲーミング

ほかに10社以上ありますが、この4つだけで十分です。

この中でも万人向けなのがエボリューションゲーミング、ハイローラー向けがアジアンゲーミングです。

スロットで人気のソフトウェア会社

  • Japan Technicals Game
  • ネットエント
  • マイクロゲーミング

スロットはオンラインカジノでも特に種類が豊富なゲームでゲーミング会社が多いです。

ただ日本人に人気のパチスロ風マシンはJapan Technicals Gameで、一攫千金を狙えるジャックポット搭載スロットは残り2社を抑えておけば十分です。

オンラインカジノで遊ぶ前に知っておきたい基礎知識

オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノの入金・出金はどうやるの?

オンラインカジノの入出金は現在カジノで利用されている通貨が海外通貨であるため、日本円で入金するにはオンライン決済サービスを利用しなくてはいけません。

入金だけならクレジットカードでもできますが、クレカに出金は出来ませんからね。

オンライン決済サービスを利用するためには口座の開設が求められます。

しかもオンカジの入出金に対応しているサービスのみです。

勿論口座の開設だけでなく、運転免許証などの本人確認の書類の提出に最低出金金額の設定もしなくてはなりません。

これらを全てクリアすれば出金申請がスムーズに行えますが、その肝心のオンライン決済を最も利用されているのはエコペイズにアイウォレット、ビーナスポイントが挙げられます。

それぞれ一長一短があり、おまけに対応が変わる可能性があるので複数のサービスに登録しておく事がおすすめです。

お金を稼いだら税金はどうなる?

オンラインカジノは課税対象のギャンブルの一つであり、儲けた分に関しても税金を納める必要があります。

年の始まりから終わりの間に50万円以上の収益が発生した場合には、確定申告の必要があるので気をつけましょう。

その際に気をつけなくてはならないのが、損失額は経費にならないという点です。

オンカジの場合には払い戻しは、銀行振込やATMといった公的な記録に残るもの。

税務署がお金の動きを把握できるので、細かな金額まできちんと自分で理解し納めなくてはならない税金に関してはしっかり支払うようにしましょう。

税金を考えずに遊びたい場合には、年間の収益金額に気をつけておきましょう。

未成年でもオンラインカジノを遊べる?

日本では公的ギャンブルは未成年では遊ぶことができなかったり、学生は不可となっているケースが多いです。

となるとオンラインカジノも遊べないと考えている人が多いのではないでしょうか。

しかしオンカジは18歳以上からアカウント登録可能なところが多く、学生が遊んで問題ない場合が大半です。

もちろん各オンカジごとに決まりには違いがあるので、内容はしっかり把握してから登録するべきといえます。

なお、18歳未満でも親が開設したアカウントなどで簡単に遊べてしまうため学生でも遊ぶことは可能ですが、年齢を偽って登録することは絶対にやめましょう。

金銭面でも無理がない範囲内で遊ぶように気をつけることが、オンカジを楽しむためには必須であり頭においておくべきポイントです。

オンラインカジノでイカサマされることはない?

オンラインカジノによる運営側のイカサマは、ほぼ心配する必要がないものです。

基本的に大抵のオンカジは国の認可を受けて営業をしています。

そのため明確なイカサマが発覚した際には、国の発行ライセンスが剥奪されてしまう可能性が高いんです。

つまりライセンスを明示しているオンカジに関しては、イカサマでチップを故意に減らされることなどないものと認識しておいて大丈夫です。

しかしライセンスコードをトップページに提示していないような、怪しいオンカジの場合はイカサマが行われている可能性がゼロではありません。

信頼性の高いオンラインカジノを選択する、これがイカサマ防止の最良な手段です。

オンラインカジノの違法性と逮捕される可能性について

オンラインカジノの違法性
  • オンラインカジノに違法性はないのか?
  • 日本からアクセスして遊んでも問題ないのか?

初心者の方は気になる部分だと思います。

結論から言うと違法ではありませんが法律的にグレーな状態ですね。

現状は遊んでも逮捕される心配はない状況です。

なぜそんな状態なのか?について解説していきます。

まずはオンラインカジノそのものの違法性についてみていきましょう。

オンラインカジノが違法となるパターン

  • ライセンスを取得せず運営している
  • ライセンスで認めていない国でサービス提供している
  • イカサマなど不正行為をしている
  • 日本国内で運営している

それぞれについてもう少し掘り下げて解説していきます。

ライセンスを取得せず運営している

オンラインカジノを運営・経営するためにはオンカジを法律で合法と認めている国でライセンスを取得する必要があります。

ライセンスがない状態でサイト運営していたら100%違法です。

またオンカジのサイト内には必ずライセンスのアイコン画像が貼ってあり、クリックかタップすると発行機関のページに飛ぶようになっています。

このアイコン画像がタダ貼ってあるだけのニセモノで本当は取得すらしていない可能性も。

その場合も当然違法となります。

なおオンラインカジノの違法性チェックのためにも主なライセンス発行国を掲載しておきます。

主なライセンスの種類
  • イギリス(UK)
  • マルタ共和国(MGA)
  • ジブラルタル(Gibraltar)
  • マン島(isle of man)
  • オルダニー島(Alderney)
  • アンティグア(Antigua)
  • パグコー(PAGCOR)
  • キュラソー(CURACAO)
  • カナワケ(KAHNAWAKE)
  • フィリピンファーストカガヤン
    など

審査が厳しく取得難易度が高いのはイギリス・マルタ共和国・ジブラルタル・マン島のライセンスです。

これらを取得しているオンカジはそれだけで信頼性が高くなります。

ただし人気なのは信頼度が中くらいながらコストを抑えられるキュラソーですね。

ほかのライセンスが利益の1%ほどを税金として納めなければいけないのに対し、キュラソーはそれがありません。

必要なのは登録費用や更新費用、そしてサイト運営データを置くサーバーがキュラソー国内にあることです。

またライセンス発行にかかる審査期間が早いことも人気の理由です。

2020年ころから仮想通貨に対応するオンカジが急増したんですが、審査の厳しいライセンスでは扱えなかったりします。

でもユーザーニーズに応えるには対応していかないと他社に後れを取ってしまいますからね。

そこでキュラソーに乗り換えるオンカジが多くいました。

日本で一番人気のベラジョンもその流れに沿って現在は仮想通貨対応しています。

ライセンスで認めていない国でサービス提供している

上の項目で紹介した正規の運営ライセンスを取得しているオンラインカジノでもサービス提供している国によっては違法となってしまいます。

たとえばキュラソーのライセンスならキュラソー国内でのサービス提供は禁止されています。

ほかにも禁止国が設定されているのでそれを破っていれば違法ですね。

ただしその点については日本からではわからないのでどうしようもありません。

なお日本はサービス提供の禁止国リストに入っていないため問題ありません。

イカサマなど不正行為をしている

イカサマなどの不正行為があれば当然そのオンラインカジノは違法となります。

ライセンス取得時の審査でそのあたりについてしっかりチェックされていますが、一度取得してから更新するまでの間は詳細にチェックされているわけではありません。

次の更新時期までに不正がないとは言い切れないわけですね。

ただし違法と言っても不正発覚→即違法ではなく、プレイヤーなどからの通報を受けてそのオンカジの運営状況をチェック→不正あり→改善要請しても見込みなし→ライセンスはく奪→運営できないから違法、となる流れ。

ライセンスをはく奪されれば通常はサイト閉鎖するなど対応されるはずなので違法状態でゲーム提供していることはないはずです。

日本国内で運営している

たとえば銀行やFX業者などは日本国内において金融商品取引法といった法律に則ってライセンスを取得し運営されています。

ですが日本にはオンラインカジノに関する法律がなにもありません。

少し前に成立したカジノ法案(IR法)はリゾート地におけるカジノ施設の運営を合法化しているだけなので関係ありません。

そのためオンカジの運営拠点が日本国内にある場合は賭博罪が適用されて違法となってしまいます。

これまでに日本で摘発されたオンカジ関係の事件についても軽く紹介しておきます。

【インターネットカジノ(インカジ)の摘発事件】

インターネットカジノ=オンラインカジノではありません。

インターネットカジノはネットカフェのようなお店でオンカジを遊べるようにして運営されている違法賭博店です。

単にネットカフェのパソコンから個人がオンカジサイトへアクセスしてベットするのとはわけが違います。

お金のやり取りもその店内で実施されているため完全に日本国内での営業となります。

そのため賭博罪が適用されて違法となります。

インカジは毎年10件以上の摘発ニュースが確認できています。

歓楽街などにいるキャッチが勧めてきたり、キャバクラなど夜のお店で譲や店員が勧めてくることで接点ができますが、お店だけでなく遊んだ客も逮捕されてしまうので絶対に行かないでくださいね。

【ドリームカジノ事件】

過去にドリームカジノというオンラインカジノが日本で摘発された事件がありました。

この事件は、ドリームカジノが完全に日本人だけをターゲットにして運営していると判断されたため摘発となっています。

サポートが日本人限定だったり、サービス拠点が大阪府の天王寺区にあったりと完全に真っ黒(汗)

これでは言い逃れできませんね。

これでオンカジが違法と思ってしまう人も当時はいたと思いますが、国内に拠点があることが問題だっただけでほかのオンカジのように海外拠点なら違法性はありません。

日本からオンラインカジノにアクセスして遊んでも逮捕されない理由

オンラインカジノと逮捕
  • 違法賭博を罰する賭博罪の適用条件を満たさない
  • 日本にオンラインカジノを規制する法律がない
  • 過去にあった裁判で司法が違法でないと判決を下している

違法賭博を罰する賭博罪の適用条件を満たさない

日本では競馬・競輪・競艇・オートレース・toto・宝くじといった合法の公営ギャンブルがあります。

これらがなぜ違法とならないのか?

それは収益のかなりの割合を国に収めることと引き換えに賭博罪の適用対象外となる法律を作ってあるから。

国とギャンブル運営側でwin-winの関係になっているわけです。

ほかにも公営ギャンブルでないのに違法とならないパチンコやパチスロ。

これらは三店方式をいう強引なやり方でギャンブルではなくゲームセンターのような遊技場と認識されているから。

そしてパチンコ・パチスロ店内では賞品と交換できるだけですが、店外にある買取店で換金できる仕組みになっているのは多くの方がご存じだと思います。

これにより賭博罪の適用外になっているんですね。

とはいえこれが違法とならないのは警察関係者においしい思いをさせているから、というのもよく聞かれる話です。

で、これら以外のギャンブルは賭博罪が適用されて摘発されます。

その提供条件ですが

  • 胴元が日本国内に拠点を持っている
  • 客が遊んでいる

この2つを同時に満たしているときでさらに現行犯逮捕が原則です。

そこでオンラインカジノを見てみると、前述したドリームカジノ事件にようなごくごく一部を除いて日本国内に拠点を置いているところはありません。

またインターネットに国境はないため、日本からアクセスして遊んだからといっても日本のサービスでもありません。

となると日本からスマホやパソコンでオンラインカジノサイトへアクセスして遊んでも賭博罪の適用条件は満たせないため逮捕されないわけです。

日本にオンラインカジノを規制する法律がない

日本で2016年末にカジノ法案が成立したものの、これがオンラインカジノについて定めている・触れている法律ではないことは前述したとおりです。

そして現状オンラインカジノの規制について国会でも話合われていません。

一度だけ国会で「オンラインカジノをどうしていくのか?」について野党議員が提示していました。

が、その話によるとどの省庁も関わりたくないようでまったく話が進んでいないようです。

その辺の詳細はこちらの記事「オンラインカジノの違法性」の項目で触れているので参考にしてください。

ちなみに国会で話があったのは平成30年(2018年)のこと。

それから少し経過していますが、現在までオンラインカジノ規制に関する話はでていません。

過去にあった裁判で司法が違法でないと判決を下している

日本では過去にオンラインカジノプレイヤーが逮捕された「スマートライブカジノ事件」や「NetBANQ事件」というものがありました。

それぞれのいきさつや事の顛末を読んでもらえば日本でオンラインカジノを遊んでも逮捕されることはないと判断できるはずです。

【スマートライブカジノ事件】

イギリスで運営されていた「スマートライブカジノ」というオンラインカジノがありました。

この事件は日本人プレイヤー3名がスマートライブカジノに日本からアクセスした結果、京都府警に逮捕されてしまった事件です。

まずスマートライブカジノは日本に拠点もなく健全に運営されていたオンカジで違法性はまったくありません。

よって日本の賭博罪は適用対象外となります。

ではなぜプレイヤーは逮捕されたんでしょうか。

まず警察はSNSなどでそのプレイヤーたちがスマートライブカジノで遊んでいるのを確認。

そして

  • 日本人ディーラーがいた
  • ライブカジノのオープン時間が日本の夕方~深夜だった
  • 日本語でライブチャットが可能だった

といったポイントから日本人向けにサービス提供しているとして、プレイヤーは国内で賭け事をしているようなものと判断したようです。

素人目に見てもちょっと強引だな、と感じます。

またこれらのポイントから警察は日本に拠点があると考えていたようですが、そんな事実はなかったようです。

ですが逮捕さえしてしまえばあとは強引に有罪に持って行くことも可能ですからね。

実際にヤクザにような取り調べがあったかは知りようもありませんが、逮捕された客のうち2名は罪を受け入れてしまいました。

しかし1名のプレイヤーはこれを不服として起訴。

裁判で勝訴し無罪放免となったわけです。

これは司法が日本国内でオンラインカジノをプレイすることに違法性がないと判断したことにほかなりません。

よって健全に海外で運営されているオンカジサイトにアクセスして遊ぶことで逮捕される心配はなくなったと言えるでしょう。

これ以降オンカジ側も堂々と日本人向けサービスを充実させ、いまでは日本人をターゲットにした和風デザインのサイトも登場しています。

さらに公共の電波を使ったテレビCMやラジオCMを流すまでに至っています。
(テレビCMは無料版サイトを紹介しているだけですが)

今後オンラインカジノを規制する法ができない限りこの状況は続くでしょう。

【NetBANQ事件】

これはオンラインカジノには問題ありませんが、決済サービス「NetBANQ」が摘発された事件です。

そもそも運営元でもない決済サービスを摘発とはどういうことなのか。

いきさつとしては、偽のコインをオークションで販売した男性が詐欺容疑で逮捕された際にNetBANQを利用していたことが判明。

その男性がオンカジプレイヤーだったためNetBANQが賭博をさせた胴元と判断されてしまったようです。

よってこのプレイヤーはそもそも別の件で逮捕されただけでオンカジプレイヤーとして最初から逮捕されたわけではありません。

警察側はどうにかしてオンカジ関連の逮捕事例を作りたくて無理やり決済サービスを胴元設定にし逮捕したことにしたかっただけ、との見方もされています。

よってオンラインカジノに問題はなくてもサイト内で利用されているサービスが日本のものだと逮捕される可能性は捨てきれないですね。

ただし今よく利用されているオンカジ側もその辺をしっかり理解しているようで日本国内のサービスは一切利用していません。

また最近はそういった面を不安視しているのか日本のクレジットカードブランド「JCB」が使えなくなるオンカジもでてきました。

もしもを考えるとこれも仕方ないですね。

 

ここまででオンラインカジノに違法性がないこと、日本からサイトにアクセスして賭けても逮捕されないことがわかってもらえたかと思います。

では具体的に遊ぶ予定のオンカジが問題ないか調べる方法はどうすればいいのか。

その点についても解説していきます。

オンラインカジノの安全性・信頼性をチェックする方法

安全性・信頼性のチェックポイント

  • ライセンスのサイト内の掲示
  • 運営拠点情報
  • 利用している決済サービス
  • 過去の評判情報(特に出金面)

ライセンスのサイト内の掲示

まずは正規のライセンスを取得しているかどうかをチェックします。

遊びたいオンラインカジノにアクセスするとページ最下部にこういったライセンスのアイコン画像が掲載されているはず↓

エルドアカジノの取得ライセンス表記

これは私がよく遊んでいるエルドアカジノのもの。

カナワケとキュラソーのライセンスが掲載されていますね。

それぞれライセンス発行機関へのリンクになっているのでクリックかタップすると取得状況が表示されます。

カナワケライセンス
エルドアカジノのカナワケライセンス
キュラソーライセンス
エルドアカジノのキュラソーライセンス

アクセスして該当するオンラインカジノ名が記載されているか?正規の発行機関のURLか?などをチェックしておきましょう。

胡散臭いオンラインカジノだと偽装しているかもしれませんので。

運営拠点情報

サイト内やライセンスページなどにそのオンラインカジノの運営会社住所が掲載されています。

それをグーグルマップなどで実際にチェックしてみましょう。

もう1つ私が利用しているオンラインカジノ「遊雅堂」のもの↓

遊雅堂の拠点住所

小さいですがキュラソーライセンス画像のしたに運営会社と住所が記載されています。

グーグルマップでもチェック↓

遊雅堂の拠点マップ

利用している決済サービス

過去に起こった日本でのオンラインカジノ摘発事件から決済サービスも日本に関係がない方がベターです。

とはいえ事件が起こってから日本の決済サービスが利用できるオンラインカジノはみかけません。

メジャーな日本の決済サービス
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • SBペイメントサービス
  • ソニーペイメントサービス
  • イプシロン
  • STORES
  • Square など

これらが使えるオンラインカジノは確認した範囲ではありませんでした。

でももし見つけたらそのオンラインカジノは避けましょう。

オンラインカジノでよく利用されている決済サービス
  • ecoPayz(イギリス)
  • VenusPoint(イギリス ヴァージン諸島)
  • STICPAY(イギリス)
  • iWallet(香港)
  • MuchBetter(イギリス)

銀行振込やクレジットカード(デビットカード)入金、仮想通貨入金以外の決済サービスにはいまのところ上記のものがあります。

イギリスがほとんどですね。

オンラインカジノなどギャンブル系の法律も整っていますし、お金に関するサービスでも先頭を走っている国でだけあって充実しています。

これらの決済サービスしかないオンラインカジノであれば日本で逮捕される心配はないと言えるでしょう。

過去の評判情報(特に出金面)

実際の遊んだプレイヤーの評判も大事です。

新興オンラインカジノだと評判がないこともあるので判別不能ですが、サポートが悪い、勝てない、といった声は一旦おいておいて、出金できるかどうか?の評判を最優先でチェックしましょう。

個人的にはお金を確実に出金できることの方がライセンス取得どうこうより大事だと思っています。

さらに対応速度も大事ですね。

もしツイッターなどで遊ぶ予定のオンラインカジノについて検索した結果、「出金拒否された」「出金できない」といった声がたくさんヒットする用なら要注意です。

出金部分はプレイヤーにとって一番重要なポイント。

でも出金=オンラインカジノにとって損失のようなもの。

とはいえ、ここを渋るようなところは信用しないほうがいいです。

なお私も良く使うオンラインカジノ「遊雅堂」もオープン当初は出金トラブルが多かったようです(汗)

でもいまは落ち着いているのでオープン初期の魅力的なキャンペーンによってプレイヤーが急増し対応しきれなくなった結果だったんでしょう。

多少時間をおいてからチェックしてみると解決している可能性もあります。

 

ここまでたっぷりオンラインカジノの違法性や安全性について紹介してきました。

きっと遊ぶことに対する不安は解消されたことと思います。

ここからは後で後悔しないためにもオンラインカジノで遊ぶ前に知っておきたいボーナス情報を紹介していきます。

アカウント登録する前にぜひチェックしておいてください。

登録前に知っておきたいオンラインカジノでもらえるボーナスの種類

オンラインカジノのボーナス

オンラインカジノの主なボーナス

  • 入金不要ボーナス
  • 入金ボーナス
  • リベートボーナス
  • ランク毎のボーナス
  • キャンペーンボーナス

オンラインカジノによって名称は異なりますが、だいたいこの5種類です。

それぞれどんなボーナスなのか、もらい方についても解説していきます。

【入金不要ボーナス】オンラインカジノ初心者は必ずもらいましょう!

ないところもありますが、日本語対応しているオンラインカジノの多くは入金不要ボーナスを配布しています。

金額は1000円~5000円の間ですね。

そしてほとんどは3000円(30ドル)です。

もらう方法はそのオンラインカジノに登録するだけ。

入金不要ボーナスは名前どおり入金しなくてももらえるボーナスなので自腹なしで賭けられます。

まずはこれでオンラインカジノを体験してみてください。

興味あっても遊んでみたらつまらないかもしれませんし、無料のデモプレイでは体験できない実際にベットする感覚も試せます。

初心者さんこそお試しプレイは大事です。

【入金ボーナス】軍資金を倍増することも可能!

入金不要ボーナスの次は入金するともらえるボーナスです。

多くのオンラインカジノでは初回入金ボーナスがあり、たいてい入金額に対して100%分のボーナスが配布されます。

1万円入金したらボーナスも1万円分もらえてトータル2万円分の軍資金になるわけです。

そしてさらに2回目、3回目、4回目まで入金ボーナスを配布しているところもあり。

なお限度額は設定されているため、1億円入金したからと言って1億円分のボーナスは配布されません。

上限は5万円以下が多いですね。

入金不要ボーナスで遊んでみて楽しめた人は入金ボーナスを最大限もらえるように入金額を調整しておきましょう。

【リベートボーナス】稼ぐために一番大事なボーナス

  • 長期的に遊ぶ人
  • 大金を使うハイローラー
  • 還元率を高くしたい人

こんなプレイヤーにとってもっとも重要なボーナスがリベートボーナスです。

オンラインカジノでは通常なら現金とボーナスは分けて管理されます。

ですがリベートボーナスはキャッシュバックと同じで現金であることがほとんど。

そして賭けに使った金額の一定割合がキャッシュバックされます。

これは次で紹介するランクに応じて割合があがっていき、多いと1%を超えるオンラインカジノもあります。

スロット限定ですがユースカジノなら最大1.5%ものリベートボーナス率なので100万円使ったら15000円戻ってくるわけです。

単純に1.5%還元率があがるため、ただでさえほかのギャンブルより高いオンラインカジノの還元率(95%)をさらに上げることができます。

またお金を使うほどランクアップしてリベートボーナス率が上昇するため、ハイローラーにとって一番大事なボーナスと言えるでしょう。

もちろん初心者プレイヤーにとってもあるだけで得するボーナスです。

できるだけリベートボーナスがもらいやすいオンラインカジノを選ぶことも大事です。

【ランク毎のボーナス】そのオンラインカジノで遊ぶほど金額アップ!

幾つかのオンラインカジノではランクプログラムを導入しています。

ランクは6段階ほどに分かれていて、1か月あたりの入金額やベット総額に応じてランクが上昇していく仕組み。

そしてランクが上がるタイミングで昇格ボーナスがもらえることが多いです。

ランクアップに必要なお金からするとわずかな額なんですが、出金しづらい一般ボーナスとは違いキャッシュ扱いであることも多い魅力的なボーナスと言えます。

【キャンペーンボーナス】種類はさまざまです

ゴールデンウィーク・クリスマス・年末年始などイベントもの、期間限定もの、ユーザー嗜好にマッチしたものなどオンラインカジノによっていろいろなキャンペーンが実施されています。

多くはオンラインカジノの公式サイトで案内されていますが、プレイヤーのメールに直接送られてくることも多いので欠かさずチェックしておきましょう。

 

ここまでボーナスについて紹介してきました。

ボーナスはほかのギャンブルではありえないサービスなのでぜひ有効活用してください。

次からはオンラインカジノの登録方法について解説していきます。

サクッと登録を済ませ、まずは入金不要ボーナスをゲットして遊んでみましょう。

オンラインカジノの登録方法

オンラインカジノによって細かな手順は違ってきますが、ここではザックリとした流れを紹介しておきます。

なおオンラインカジノによっては本人確認不要の簡易版登録と必要になる通常登録に分けているところも。

そこで簡易版と通常登録でわけて解説していきます。

簡易版対応のオンラインカジノへの登録する方法

  1. 遊びたいオンラインカジノを選ぶ
  2. 公式サイトへアクセスし登録ページを開く
  3. 簡易版を選ぶ
  4. メールアドレスとその他項目を入力する
  5. 登録完了!

STEP1
遊びたいオンラインカジノを選ぶ

このページの下の方でおすすめオンラインカジノを紹介しています。

参考にしつつ選んでみましょう。

STEP2
公式サイトへアクセスし登録ページを開く

遊びたいオンラインカジノが決まったら公式サイトへアクセスしましょう。

トップページに「登録」「アカウント開設」といったボタンが必ずあるので押してください。

STEP3
簡易版を選ぶ

簡易版登録が選べるオンラインカジノはこの時点で選択肢が表示されます。

「LITE版」「easyプラン」など簡易登録系のプランが表示されているのでそちらを選んでください。

STEP4
メールアドレスとその他項目を入力する

たいていの簡易版登録は入力項目が次の3つしかありません。

  • メールアドレス
  • アカウント名
  • パスワード

個人情報はメールアドレスだけ。
(接続時のIPアドレスはチェックされていますが特に気にしなくてOK)

入力も早い人なら30秒くらいで終わってしまいます。

STEP5
登録完了!

何事も初めてのことをやるときは最初の一歩が重いんですよね。

オンラインカジノに初めて触れる人は登録して遊ぶまでの手続きが面倒に感じると思います。

でも簡易版登録ならその部分が簡略化されていて手間がかかりません。

あとから通常版に切り替えることもできるので、とりあえずオンラインカジノに触れてみたいだけの人は簡単版で登録することをおすすめします。

簡易版登録のメリット

簡易版登録の最大のポイントは本人確認(KYC)がないこと。
(状況によって必要になることもあります)

登録時の入力項目もメールアドレスとアカウント名、パスワードの3つくらいしかないため1分かからず登録作業が終わります。

本人確認書類の提出が必要になると、審査・確認作業があるためすぐに遊べません。

さらに写真に問題があれば再提出になったりするため、どうしても時間がかかってしまいます。

サクッと遊んでみたい人は簡易版登録を選びましょう。

簡易版登録のデメリット

ボーナスがもらえません。

オンラインカジノ初心者にとってありがたい入金不要ボーナスも当然もらえません。

これが大きなマイナスですね。

オンラインカジノによっては出金時までに本人確認を済ませればOKのところもあるので、入金不要ボーナス目的ならそういったオンラインカジノを選びましょう。

通常登録の流れ

  1. 遊びたいオンラインカジノを選ぶ
  2. 公式へアクセスし登録ページを開く
  3. 通常登録を選ぶ
  4. 入力項目を埋める
  5. メール認証を済ませる
  6. 本人確認書類をアップロードする
  7. 登録完了!

STEP1
遊びたいオンラインカジノを選ぶ

まずはこのページの下の方で紹介するおすすめオンラインカジノを参考に選んでみてください。

アカウント維持費などは発生しないため、入金不要ボーナスをもらうためだけに全部に登録してしまっても問題ありません。

STEP2
公式へアクセスし登録ページを開く

遊びたいオンラインカジノを決めたらその公式サイトへアクセスしましょう。

すると「登録」ボタンがあるので押してください。

STEP3
通常登録を選ぶ

登録ページを開くと簡易版か通常版の選択肢がでてきます。

「FULL版」「normalプラン」などオンラインカジノによって表記は異なりますが、通常登録の方を選びましょう。

STEP4
入力項目を埋める

簡易版登録よりかなり入力項目が多くなっていますが、難しいものはありません。

  • 姓名
  • 生年月日
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
  • 住所

などを入力していくだけです。

姓名・生年月日・住所についてはあとで本人確認するときに送信する身分証明書と一致していなければいけません。

間違えないように注意してください。

STEP5
メール認証を済ませる

入力欄でメール認証を済ませるオンラインカジノもありますが、たいてい情報入力後におくられてくるメールで認証を済ませます。

届いたメール本文に認証用のリンクURLが記載されているのでクリックかタップしましょう。

STEP6
本人確認書類をアップロードする

一部のオンラインカジノは先に本人確認を済ませなければ遊べません。

ただほとんどのオンラインカジノは出金前までに済ませればOKです。

とはいえ先に済ませてしまうことをおすすめします。

なおオンラインカジノによって入金で使う銀行口座やクレジットカードの登録を求められます。

同時に済ませてしまいましょう。

STEP7
登録完了!

全部終えたら登録完了です。

入金不要ボーナスが配布されるので早速遊んでみましょう。

通常登録のメリット

オンラインカジノ初心者にとってはボーナスがあること、ハイローラーにとっては入金限度額が大きくなることがメリットです。

初めての人は入金不要ボーナスが欲しいと思いますし、必然的に通常登録を選ぶことになるでしょう。

また入金で使える決済方法も増えるため自分に合ったサービスを選べるのもメリットですね。

1日に数十万、数百万円以上使うようなハイローラーの方だと、一度に入金できる金額が大きい方が手間を減らせるため楽です。

個人情報を渡したくない人でも入金すればそこからある程度情報がわかってしまいますし、あまり気にしても仕方ないですね。

通常登録のデメリット

登録に手間がかかることです。

最初に本人確認が必要なオンラインカジノを選んでしまうと書類審査で多少時間がかかってしまうため、すぐに遊べません。

でもデメリットはそれくらい。

サービスをフルで使えるほうがメリットが大きいので、できるだけ通常登録することをおすすめします。

オンラインカジノアカウントへの入金方法

オンラインカジノアカウントへの入金方法

数十社ある日本語対応のオンラインカジノで対応している入金方法をチェックすると以下のような決済手段があります。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード(Vプリカなど)
  • ecoPayz(エコペイズ)
  • VenusPoint(ヴィーナスポイント)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • iWallet(アイウォレット)
  • MuchBetter(マッチベター)
  • 仮想通貨(BTC/ETH/BCH/LTC/XRPなど)
  • 仮想通貨の直購入

すべてに対応しているオンラインカジノは確認できませんが、だいたいこの中から4~6個くらいに対応しています。

一部は仮想通貨特化だったりしますが、9割以上は日本円で入金できるようにしているので問題ありません。

それぞれの入金方法の特徴を紹介していきます。

すぐ遊びたい、手数料を抑えたい、などプレイヤーによって欲しいポイントは違うと思うので自分が望む入金方法選びに参考にしてください。

銀行振込

海外に拠点を持つオンラインカジノですが、入金先で使う銀行口座はたいてい日本国内の銀行になっています。

たとえば私が良く遊ぶエルドアカジノなら三井住友銀行の口座へ振り込むので、国内銀行ならどこでも使えます。

海外への送金だと手数料は高く着金まで時間がかかってしまいますが、その心配はないでしょう。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • エルドアカジノ
  • 遊雅堂
  • ユースカジノ
  • ベラジョンカジノ

クレジットカード

多くのオンラインカジノはクレジットカードでも入金できます。

対応ブランドはVISAかMasterCardが多いです。

一部JCBも対応していますが、違法性の項目で触れたように日本国内の決済サービスを使っていると何があるかわからないためおすすめしません。

なおクレジットカードで直接アカウントへ入金するのではなく別の決済サービスを介する形式も多いため、そういったオンラインカジノは手数料が高くなりおすすめしません。

またカード会社の都合でギャンブルサイトへの入金を拒否される場合もありますし、オンラインカジノ側の都合で突然使えなくなることもあります。

使えたらラッキーぐらいに思っておくくらいがいいですね。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • 遊雅堂
  • ベラジョンカジノ
  • カジ旅
  • ラッキーニッキー

デビットカード

クレジットカードと同じ扱いです。

銀行口座の残高しだいなので使いすぎを防ぎやすいのはメリットと言えるでしょう。

なお楽天デビットカードはオンラインカジノへの入金が禁止されているので注意してください。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • 遊雅堂
  • ベラジョンカジノ
  • カジ旅
  • ラッキーニッキー

プリペイドカード(Vプリカなど)

オンラインカジノの入金手続きページにプリペイドカードの選択肢はありません。

が、クレジットカードと同じように入金処理すればオンラインカジノによっては使えます。

入金経路からオンラインカジノで遊んでいるのがバレたくない人にはおすすめですね。

ただし月ごとに対応状況が変化するため先月使えていたオンラインカジノが今月はダメというパターンも。

またいつまで使えるかわかりません。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • ラッキーニッキー
  • カジノシークレット
  • ミスティーノ

ecoPayz(エコペイズ)

オンラインカジノで採用されている電子決済サービスで一番利用されているのがエコペイズです。

ざっと見た限り8割ほどのオンラインカジノで対応していると言えるでしょう。

ここで口座を1つ作っておけばいろいろなオンラインカジノで遊ぶときに入出金がスムーズになり便利です。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • エルドアカジノ
  • 遊雅堂
  • ユースカジノ

VenusPoint(ヴィーナスポイント)

エコペイズに続いてオンラインカジノでの採用率が高い電子決済サービスです。

ポイントが溜まる、手数料が安いなどエコペイズよりメリット多め。

対応するオンラインカジノも多くおすすめです。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • ライブカジノハウス
  • ボンズカジノ
  • 遊雅堂
  • ベラジョンカジノ

STICPAY(スティックペイ)

まだまだニッチな決済手段で現在対応するオンラインカジノは20社未満と少なめですが、すでにここで口座開設している人にはおすすめです。

オンラインカジノ用に新規開設するならヴィーナスポイントをおすすめしますが、スティックペイカードを作ればコンビニATMでも出金できるのが便利です。

その点に魅力を感じるならスティックペイもありですね。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • エルドアカジノ
  • ユースカジノ
  • ワンダーカジノ

iWallet(アイウォレット)

以前まで多くのオンラインカジノで対応していましたが最近急に減ってしまいました。

新規に作る人があえてこれを選ぶメリットも感じられません。

エコペイズやヴィーナスポイント、スティックペイから選ぶことをおすすめします。

すでにアカウントを持っている人向けですね。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • カジ旅
  • ボンズカジノ
  • カジノシークレット

MuchBetter(マッチベター)

最近対応するオンラインカジノが増えてきたアプリの決済サービスです。

クレジットカードで入金すると手数料無料なのはメリットですね。

ただし対応するオンラインカジノが少ないのがデメリットです。

とはいえ今後は増えていくと予想されるので遊びたいオンラインカジノが対応しているならマッチベターを選ぶのもありですね。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • 遊雅堂
  • ベラジョンカジノ
  • インターカジノ

仮想通貨(BTC/ETH/BCH/LTC/XRPなど)

最近になり急に対応するオンラインカジノが増えました。

価格急騰やETF化、ビットコインを法定通貨にする国がでるなど追い風が吹いていることも理由でしょう。

多くのオンラインカジノはビットコインとイーサリアムくらいしか対応していませんが、中にはトロンやドージコイン、カルダノなどが使えるところもあります。

ただし注意点が1つあり、仮想通貨入金時にオンラインカジノ内で法定通貨に換金されてしまうところが多いです。

出金時には再び元の仮想通貨に換金されますが、換気手数料がかかってしまうデメリットも。

そういったマイナスを防ぐためにも仮想通貨のままで遊べるオンラインカジノを選んでおくと安心です。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • ビットカジノ
  • ライブカジノアイオー
  • スポーツベットアイオー

これらのオンラインカジノは仮想通貨のままベット可能です。

仮想通貨の直購入

ごく一部のオンラインカジノではクレジットカードで仮想通貨を直接購入することができます。

仮想通貨取引所ではクレジットカードが使えないのでカード購入目的でオンラインカジノを利用することもできてしまいます。

ただしマネーロンダリング防止のため出金するには入金額と同額をベットに使わなければいけません。

また仮想通貨購入の代行サービスを利用するため、手数料が高くつきます。

オンラインカジノへの入金にはおすすめしません。

対応するおすすめオンラインカジノ

  • ビットカジノ
  • ライブカジノアイオー
  • スポーツベットアイオー

 

ここまでオンラインカジノへの入金方法を紹介してきました。

初心者の方は電子決済サービスの口座を持っていない人が多いと思うので銀行振込かクレジットカードになると思います。

入金したら入金ボーナスも活用しつつゲームを楽しみましょう。

そして見事勝利金をゲットしたらいよいよ出金です。

多くのオンラインカジノでは出勤前に本人確認が必要なので済ませておきましょう。

オンラインカジノで稼いだときの出金方法

オンラインカジノからの出金方法

オンラインカジノからの出金は入金方法と同じ手段になります

まず最初に、オンラインカジノへ入金したお金や稼いだお金を出金するときは、入金時に利用した方法への出金が原則です。

銀行振込したなら銀行への出金、電子決済サービスを使ったなら同じサービスへの出金となります。

マネーロンダリング防止のための措置なので違う決済方法へ出金できるオンラインカジノはちょっと怪しいかも?と思っておくほうがいいですね。

では出金の流れについて解説していきます。

出金の流れ

  1. オンラインカジノにログインし出金ページを開く
  2. 出金に使う決済方法を選ぶ
  3. 出金額を指定する
  4. 決済方法別に手続きを済ませる

STEP1
オンラインカジノにログインし出金ページを開く

利用中のオンラインカジノへログインし、出金ページを開きましょう。

ほとんどのオンラインカジノはトップページに入出金ページへのリンクがあるので押しましょう。

STEP2
出金に使う決済方法を選ぶ

入金時に利用した決済方法を選びましょう。

オンラインカジノによっては最初から入金手段で使ったサービスしか表示されていないこともあります。

STEP3
出金額を指定する

出金したい金額を指定しましょう。

最低出金額は5000円くらいになっていることが多いです。

STEP4
決済方法別に手続きを済ませる

銀行口座への出金なら口座情報を、エコペイズなどの電子決済サービスならログイン情報を、仮想通貨なら送金先ウォレットアドレスを、というように決済手段に応じて必要情報を入力します。

最後に決定ボタンを押せば完了です。

出金手続き後の反映時間はどれくらい?

出金手段やオンラインカジノによって違ってきます。

金額の大きさによって変動しますが、出金対応の早さが支持されているエルドアカジノやユースカジノなら平均数分で着金します。

ベラジョンカジノや遊雅堂など少し遅いところでも大体1営業日くらいで着金するでしょう。

ただし金額が大きかったり、決済サービス側で審査されたりすると数日以上かかってしまうことも。
(ユーザー側で本人確認が済んでいないパターンも多いので忘れずに)

出金がすぐ反映されないのは不安を煽り非常にストレスなので、スピーディーに対応してくれるオンラインカジノをおすすめします。

現金やもらったボーナスの出金賭け条件について

現金の出金賭け条件

マネーロンダリングの関係もあり、オンラインカジノへ入金した現金でもすぐには出金できません。

最低1倍相当額をベットに使う必要があります。

これを出金賭け条件といいます。

そしてもらったボーナスにはもっと厳しい出金賭け条件が課されていることが多いです。

入金系ボーナスの出金賭け条件

入金不要ボーナスや入金ボーナスは20倍~40倍くらいが多いですね。

ボーナスを1000円もらったなら2万円~4万円分ベットに使わないと出金できないわけです。

さらに遊んだゲームによって出金賭け条件に加味される割合が100%でないことも。

たとえばベラジョンカジノならスロットは100円ベットすれば100円分賭け条件にカウントされます(100%反映)。

でもルーレットやバカラだと15%分しかカウントされません。

この場合は約6.6倍多く使わないと条件クリアできない計算です。

そのため最初から入金系ボーナスは遊ぶための捨て金と考えておくことをおすすめします。

リベートボーナスの出金賭け条件

使った賭け金に応じて一定割合キャッシュバックされるリベートボーナスは出金賭け条件が緩め。

現金と同じ1倍に設定されていることが多いです。
(というかそれ以外みたことがない)

同様にランクプログラムの昇格ボーナスや誕生日ボーナスなども1倍設定が多いです。

初心者の方は入金不要・入金ボーナスが大事ですが、将来的にはこれらのボーナスが充実しているオンラインカジノを選ぶことをおすすめします。

初心者でも安全に楽しめるオンラインカジノのおすすめ

初心者向けオンラインカジノ

オンラインカジノはすべて海外企業が運営するサービスです。

が、いまでは日本語対応するオンラインカジノも多く、サポートも日本語対応してくれるため安心して利用できるようになりました。

とはいえまだまだ怪しいと感じている方も多いのでは?

そこでライセンスの取得やこれまでの運営状況から初心者でも安心して遊べるオンラインカジノをピックアップしました。

オンラインカジノ選びにお役立てください。

信頼性OK!のおすすめオンラインカジノランキング

  1. エルドアカジノ
  2. 遊雅堂
  3. ユースカジノ

【1位】エルドアカジノ【出金爆速!】

初心者向けオンカジ エルドアカジノ

イチ推しは私も愛用中のエルドアカジノです。

ライセンスなど信頼性に問題ありませんし、なにより出金対応の早さは業界一。

オンラインカジノ側にとって損失でしかない出金への真摯な姿勢は一番信頼に値します。

入金不要ボーナスやリベートボーナスもあり、初心者からハイローラーまで全方位に対応するおすすめオンラインカジノです。

個人的には遊びたいゲームにすぐアクセスできる(ログインして1~2クリック)部分が快適で気に入ってます。

【2位】遊雅堂【入金ボーナスが充実!】

初心者向けオンカジ 遊雅堂

2021年にオープンしたばかりの新鋭オンラインカジノです。

が、ユーザー数日本一のベラジョンカジノや世界初のオンラインカジノ「インターカジノ」と同じ運営会社がオープンしたサイトなので信頼性は非常に高いです。

また日本人向けにカスタマイズされているため、デザインは和風で日本語対応もバッチリ。

入金不要ボーナスも3000円と多く、入金ボーナスは3回まで配布されます。

オンラインカジノ初心者ならとくにおすすめです。

こちらから
遊雅堂 公式サイト

【3位】ユースカジノ【業界トップのリベートボーナス!】

初心者向けオンカジ ユースカジノ

2020年7月にオープンしたユースカジノは後発ならではのいいとこどりをしているオンラインカジノ。

プレイヤーに支持されるリベートボーナスはとくにハイレベルで、ランク制度のランクに応じて0.2~最大1.5%もキャッシュバックされます。

とくにスロット関連のボーナスが多く優遇されているのでスロッターにおすすめ。

花魁ドリームやバトルドワーフなどパチスロ風ゲームを出しているソフトウェア会社「Japan Technicals Game」とも提携しているのでパチスロ好きにも最適です。

オンラインカジノで遊ぶ時にやってはいけない禁止事項

オンラインカジノの禁止行為

オンラインカジノではさまざまな禁止事項が定められています。

登録する時に必ず「利用規約に同意」に関する注意書きがあるので何かやらかしてしまっても「知りませんでした」は通用しません。

同意しないと登録できないようになっているので・・・。

でも99%の人は利用規約の内容まで読まないんじゃないでしょうか。

私も最初は読みませんでした(笑)

ただオンラインカジノ初心者の方は知らず知らずに規約を破ってしまう項目もあるんです。

それでもほとんどのオンラインカジノは大目に見てくれますが、経営状況がピンチのオンカジだとそれを理由に出金拒否される可能性だってありますからね。

そこでオンラインカジノの禁止事項についてやらかしがちなモノをピックアップして紹介していきます。

最低限これだけだけは知っておくと後で後悔しないはずです。

オンラインカジノ初心者がやらかしがちな禁止事項

  • 複数のボーナスを受け取る行為(ボーナススタッキング)
  • 多重登録
  • 他人名義のアカウントでプレイ
  • 2ティアベット
  • システムベット
  • ボーナス規定外の金額でベット

複数のボーナスを受け取る行為(ボーナススタッキング)

これは私も知らないうちにやっていたんですが、複数のボーナスを同時に受け取ることは禁止されているんです。

初心者なら結構な確率でやると思うのが入金不要ボーナスをもらって使わずに入金ボーナスを受け取ること。

オンラインカジノのルールでは1つのボーナスは使い切ってからしか次のボーナスは受け取ってはいけないことになっています。

これについては金額も大したことがありませんし初心者あるあるってことでオンラインカジノ側も見逃してくれることが多いんですが、場合によっては勝利金没収などの措置をとられることも。

ボーナスをもらったらすぐに使い切ってしまうことをおすすめします。

多重登録

スマホゲームで最初に登録したときに少しでも良い状態でスタートできるようリセマラ(リセットマラソン)したことがある人もいるんじゃないでしょうか。

それと同じ感覚でオンラインカジノの入金不要ボーナスを何度ももらおうとメールアドレスなどを変えて家族や知人名義も使いつつ複数回アカウント登録する人もいます。

でもオンラインカジノ側はネット接続時のIPアドレスというものをチェックしているのでバレます。

悪質だと判断されればアカウントロックされて出金もできなくなるので絶対にやらないでくださいね。

他人名義のアカウントでプレイ

多重登録と似てますが、自分以外の名義(家族や知人など)のアカウントでログインして遊ぶことも禁止されています。

家族名義なら同じパソコンでアクセスすることもあるでしょうしオンラインカジノ側ではわからないと思いますが、禁止は禁止なのでそういった不正行為はやらないようにしましょう。

2ティアベット

2倍配当のあるゲーム(ルーレットの赤/黒やバカラなど)で両方に同時ベットする行為は禁止されています。

プレイヤー側には1円もプラスにならない賭け方なので問題ないように思えますが、オンラインカジノのボーナスで出金賭け条件をクリアするために利用されることがNGの理由です。

たとえば100万円入金したら、出金するには100万円分賭けに使い出金条件1倍をクリアしなければいけません。

このときルーレットの赤/黒に50万円づつベットすれば資金を減らさず簡単に条件クリアできてしまいます。
(実際は上限額がきまっています)

これではマネーロンダリングしやすくなりますし、オンラインカジノ側にとってはボーナスを出金される分マイナスになるだけ。

当然ながら禁止されています。

システムベット

システムベットとは負けたら次のゲームで倍額ベットするマーチンゲール法などのベット方法のこと。

とはいえ私もバカラ攻略の時に普通に使ってますし、出金を拒否されたこともありません。

ただし利用規約に禁止事項として書かれている以上、何かあればこれを理由に出金拒否されても文句は言えません。

この辺は自己責任で使うしかないですね。

ボーナス規定外の金額でベット

ボーナスには出金賭け条件があることはこれまでに紹介してきました。

この条件を早くクリアするには賭け金を大きくすればいいのは誰もが思いつくことでしょう。

でもボーナスを使って賭けるときは1ゲーム当たりに賭けられる上限額が決まっています。

たとえばベラジョンカジノではこう決められています↓

  • スロット・・・1スピン6.25ドル以上のベットは禁止
  • テーブルゲーム・・・25ドル以上のベットは禁止
  • ライブカジノ・・・25ドル以上のベットは禁止

よって条件クリアするためには地道にゲーム回数をこなしていくしかありません。

とはいえ、もらえるボーナス額は多くても10万円程度。

スロットなら1スピン650円くらいとしても150回ほど回せばいいだけです。

 

最後にオンラインカジノについての比較的ニッチな部分に焦点を当てたQ&Aをまとめました。

少しニッチなオンラインカジノQ&A

オンラインカジノのニッチなQ&A

オンラインカジノ初心者の方が疑問に思いそうなポイントはここまでに解説してきました。

が、もう少しニッチな疑問にも回答しておきます。

  • オンラインカジノに登録すると遊ばなくても維持費はかかる?
  • 渡した個人情報を悪用されたりしない?
  • 預けた仮想通貨をハッキングされる心配はない?

オンラインカジノに登録すると遊ばなくても維持費はかかる?

かかるオンラインカジノがほとんどです。

アカウント内にお金が残っていないならそのまま休眠アカウントになるだけですが、残高がある状態だと一定期間後から5~10ドル/月ほど徴収されていきます。

休眠扱いになるまでの期間は1年程度が多いようです。

なお具体的な期間や金額はオンラインカジノによって異なるため、利用規約を確認してください。

渡した個人情報を悪用されたりしない?

いまのところそういった事件は確認できておりません。

ただし出ていないだけの可能性もあります。

日本のサービスがよく顧客情報を流出させてニュースになっていますが、オンラインカジノは海外企業のサービスですし日本のマスコミが扱わないだけかもしれません。

個人情報の扱いに関してはライセンスの審査でもチェックされる部分ですし、はく奪されないためにも厳格に管理されていると言えるでしょう。

預けた仮想通貨をハッキングされる心配はない?

いまのところそういった事例はでていません。

仮想通貨に関して業界でも先頭を走っているビットカジノでは、コールドウォレットで管理され何重ものセキュリティが敷かれています。

日本で以前やらかしたコインチェック取引所とは比べ物にならない厳重さです。
(いまのコインチェックは改善されていますが)

これでハッキングされてしまうならほかの仮想通貨取引所なども安全とは言えないでしょう。

なお、ほとんどのオンラインカジノは仮想通貨で入金しても米ドルなど法定通貨に換金されてしまいます。

そもそもハッキングされる心配はありません。

まとめ

オンラインカジノ初心者の方向けに幅広い情報をお届けしました。

違法性や逮捕されるかどうか?についてはここで解説したとおり現状問題ないといえます。

あとはボーナスを有効活用しつつまずはオンラインカジノを体験してみてください。

きっと楽しんでもらえると思いますよ♪