10%法(テンパーセント法)の使い方 – カジノで使えるおすすめゲームも紹介

カジノで勝ちたいなら、勝負感を磨くことが大事なのは確かです。

でも、直感に頼るだけではカジノ運営にお金を落とすだけのカモプレイヤー。

なので、資金管理法を知っておくことも大切なポイントです。

そこで数あるカジノ資金管理法の中で「10%(テンパーセント)法」に注目し解説していきます。

リンク先から登録で最大1万円/50%入金ボーナスあり!

【当サイトからの登録で2000円もらえます!】

1.「FULL」で登録
2.プロモーションコード欄に【2000bonus】と入力
3.登録後、クーポン履歴ページで申請する

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説

 

10%(テンパーセント)法とは?どんな資金管理法?

10%(テンパーセント)法の使い方

10%法(テンパーセント法)の原理はとてもシンプルなので「がっつり勉強しよう!」と構えなくても問題ありません。

小学生レベルの算数が出来れば十分です。

10%法の使い方・ベット方法

毎回のベット金額を手持ち資金の10%にする方法

文字どおり10%というパーセンテージが大きな意味を持つもので、賭ける金額を常に手持ちの10%にするだけ。

もしオンラインカジノのアカウントに1万円入っているなら、最初は1000円からスタートするわけです。

勝ったら次は1100円、負けたなら900円というように残金の10%を賭けていくことになります。

これだけみると簡単な仕組みではあるものの、あっさり資金がなくなりそうに思えます。
(実際は全然違いますがそれはあとで解説します)

オンラインカジノには10円からベットできるゲームもあるので、1000円も賭けたら10回しか遊べないんじゃ?と私のような単純脳では思ってしまうかもしれませんね(汗)

より安全に遊びたい人ならワンパーセント法(1%)くらいがいいかもしれません。

その辺は10%にこだわらず自分の好きなパーセンテージにしてしまえばいいでしょう。

それにしても、なぜこんな仰々しいネーミングがついてるのか謎。

とはいえ、カジノの攻略法・資金管理法ってこういうの多いです。

負けたら次の勝負で2倍の金額ベットするだけのマーチンゲール法とか。

それはいいとして、10%法(テンパーセント法)は軍資金の1割を使う賭け方。

もし連敗したらどうなるのか?について見ていきましょう。

10%法を使うとどれくらい遊び続けられる?

毎回手持ち資金の10%だけベットしていくので、最初10回で終わるのでは?とアホな計算してました(汗)

ですが、プレイしてるゲームの最低ベット額未満にさえならなければずっと賭け続けられます。

軍資金10000円でスタートし連敗し続けたとしたら、残金はこんな感じで減っていきます↓

10%法のシミュレーション結果
  • 1戦目   賭け金1000円 / 残金9000円
  • 2戦目   賭け金900円 / 残金8100円
  • 3戦目   賭け金810円 / 残金7290円
  • 4戦目   賭け金729円 / 残金6561円
  • 5戦目   賭け金656円 / 残金5904円
  • 6戦目   賭け金590円 / 残金5313円
  • 7戦目   賭け金531円 / 残金4782円
  • 8戦目   賭け金478円 / 残金4304円
  • 9戦目   賭け金430円 / 残金3874円
  • 10戦目 賭け金387円 / 残金3487円
  • 11戦目 賭け金348円 / 残金3139円
  • 12戦目 賭け金313円 / 残金2826円
  • 13戦目 賭け金282円 / 残金2544円
  • 14戦目 賭け金254円 / 残金2290円
  • 15戦目 賭け金229円 / 残金2061円
    (一桁目は切り捨てて計算)

ちょっと終わりが見えなかったので15戦目でいったん終わり。

ちなみに最低ベット額$0.1(約10~12円)以上のゲームが多いので1円単位を除外しています。

とりあえず10戦連続で負け続けても3000円以上残ってますね。

現実的にこれだけ負け続けるのって神様に嫌われてでもいなければ無理でしょうし、かなり長時間遊べそうです。

なお、ゲーム毎に設定されている最低ベット額によって10%(テンパーセント)法をそのまま適用できるわけではありませんが、$0.01からプレイ可能なゲームもあるので参考までに。

オンラインカジノで10%(テンパーセント)法が使えるゲーム

10%法(テンパーセント法)がおすすめのカジノゲーム

できるだけ還元率が高いゲームの方がいいのは間違いありません。

とはいってもオンカジのゲームはたいてい95%前後の還元率があります。

他のギャンブルに比べてかなり高い設定なので大負けはしないでしょう。

ただ、どれでも10%法(テンパーセント法)が使えるわけではありません。

そこで10%法(テンパーセント法)が使えるおすすめゲームを見ていきましょう。

10%法におすすめのゲームと賭け方

10%法が使えるのは勝率が2分の1か配当2倍で勝ちやすいベット方法があるゲームです。

おすすめゲーム
  • バカラ・・・バンカーかプレイヤー
  • ルーレット・・・赤か黒/偶数か奇数/ハイかロー
  • ブラックジャック
  • テキサスホールデム(ポーカー)・・・追加ベットなし
  • シックボー・・・大小・偶数奇数へのベット
    など

バカラで使うときの賭け方(バンカーかプレイヤー)

10%法 バカラ

バカラは勝負している架空の2名の勝敗に賭ける形式のカードゲームです。

バンカーとプレイヤー(といっても自分ではない)のどちらかに賭けるとき配当約2倍、勝率も約5割となります。

この賭け方なら10%法が活用できるでしょう。

なお引き負けもありますが10%法を使うときはスルーしましょう。

ルーレットで使うときの賭け方(赤か黒/偶数か奇数/ハイかロー)

10%法 ルーレット

0~37の数字が書かれたルーレット盤のポケットに球が入った結果に賭けるもの。

勝率2分の1で配当2倍となる「赤黒」「偶数奇数」「ハイロー」の3パターンの賭け方で10%法(テンパーセント法)を使えます。

なお一部ポケット数が0~37=38個以上のルーレットもあるので避けましょう。
(例:アメリカンルーレット/メキシカンルーレット)

ブラックジャックで使うときの賭け方

10%法 ブラックジャック

ベーシックなブラックジャックなら配当2倍で固定されているため10%法(テンパーセント法)使えます。

なおエボリューションゲーミング社の「ライトニングブラックジャック」など配当倍率が変動するブラックジャックでの使用はあまりおすすめしません。

テキサスホールデム(ポーカー)で使うときの賭け方

いくつかあるポーカーの種類の中で一番メジャーな「テキサスホールデム」。

日本でよく知られる自分に手札が5枚配られる形式とは少し異なるポーカーです。

テキサスホールデムでは手札2枚で相手と自分が使う共通エリアにカードが3枚→1枚→1枚と置かれていきます。

そして最終的に手札2枚と共通エリアに置かれた5枚を組み合わせて強い役が成立したほうが勝ちとなるルールです。

この共通エリアにカードが置かれる過程で、手札が強く勝てると思ったら追加ベットし金額を積み上げることが可能となっています。

これを一切しないと決めて10%法を使うなら使えないことはありません。

とはいえベット方法がややこしい(参加料が必要など)のであまりおすすめしません。

シックボー

シックボーはサイコロを3つ振った結果に賭けます。

そして2倍配当の賭け方「大/小」「偶数/奇数」があります。

勝率もほぼ5割近いので10%法を使うのにちょうどいいベット方法です。

ちなみに「大/小」は「4~10」がでたら小、「11~17」がでたら大です。

なおサイコロ3つが同じ数字のゾロ目がでたら負け。

なので「3」と「18」は含まれません。

このように10%法はバカラなど勝率が約2分の1のゲームで活躍してくれます。

そのようなゲームは長期戦になりやすいので、10%法はちょうどいいですね。

またルーレットなど小刻みな賭け方が可能なゲームとも相性が良いです。

連敗が続いたときの目減りも考慮しなければいけませんが、それよりも一気に負け越さずに続けられるメリットのほうが優先されます。

つづいて10%法をおすすめしないゲームも紹介しておきます。

10%法をおすすめしないゲーム

おすすめしないゲーム
  • スロット
  • テキサスホールデム(ポーカー)・・・追加ベットあり
  • マネーホイール・・・「1」にベット
    など

スロット

1回のベット(1スピン)で当たる確率が低く手持ち軍資金の1割も使っていたらあっという間に減っていきます。

おそらく10回回したら終わってしまう人が多いでしょう。

また、1スピンごとに賭け金額を変えるのはものすごく手間がかかりストレスです。

スロットは最低でも200~300回回せるくらいのベット額を準備して、固定額でベットしていかなければ厳しいゲーム。
(回数はスロット機によります)

そもそもスロットに10%法のようなシステムベット法は相性がよくありません。

テキサスホールデム(ポーカー)

配当は約2倍なので10%法を使ってもいいように思えますが、テキサスホールデムはゲーム進行中に追加ベットすることもできます。

もし手札が強いなら追加ベットしてベット額を上げるほうがいいです。

また手札の強さ(ストレート未満か以上)によって配当が2倍以下になることもあるため安定性に欠けます。

配当倍率が変動するようなゲームに10%法は使わないほうがいいですね。

マネーホイール

マネーホイールはルーレットと似たような仕組みです。

54分割されそれぞれ数字などが書かれている円盤を回して止まった数字を当てるもの。

「1」にベットすると配当2倍となっています。

一見10%法を使えそうですが「1」の数は23個。

54分割中23個しかないため、勝率5割よりだいぶ低くなります。

全く使えないわけではありませんが、できるだけ勝率5割かそれに近いゲームが最適なので、わざわざ選ぶ理由はないでしょう。

10%(テンパーセント)法のメリット・デメリット

10%法のメリットデメリット

 メリット

メリット
  • 多くのゲームで使える
  • 感情を排した賭け金の設定ができる
  • 大きな負けを防げる

多くのゲームで使える

上で紹介したおすすめしないゲームのように配当が安定しないゲーム以外ならたいてい10%法(テンパーセント法)を使えます。

10%法(テンパーセント法)は単純なベット方法なので戸惑うことも少ないでしょう。

感情を排した賭け金の設定ができる

勝ちが続くと次は大勝負して儲けてやろうなんて欲がでてくるものです。

逆に負けが続くと一気に取り戻そうと大きな金額をベットする人もいることでしょう。

カジノは運しだいですがこういう時に限って負けるものなんですよね。

で、一気に手持ち資金を減らす羽目に・・・。

でも「10%法(テンパーセント法)で行く!」と決めていればベット額設定は機械的に決められます。

より勝負に集中できる状況になるはずです。

大きな負けを防げる

上で触れたメリットと同じようなことですが大負けを防ぐことができます。

10%法(テンパーセント法)を小心者の賭け方だと感じる人もいるでしょう。

たしかに大胆な賭け方からは程遠いベット額ですが、賭けで儲けを得るのに大胆さは必ずしも必要ではありません。

ホームランを打つより安打を重ねていくことが勝利をつかむセオリーです。

ただし、10%法(テンパーセント法)は単純に同じヒットを打つものではありません。

勝っていれば賭ける金額は少しずつアップしていきます。

ヒットを重ねるごとに飛距離が伸びていくことをイメージすると分かりやすいかと。

勝っているときの流れ

たとえば最初の手持ちが100ドルなら10ドルを賭けることになります。

そのゲームで20ドルを得たら手持ちは120ドルになるので、次回のベットはその10%である12ドルです。

もし続けて勝てれば10ドルを賭けるよりも多くのリターンを得られることになります。

そこでも勝って手持ちが150ドルになれば次に賭けるのは15ドルになるのです。

勝って資金が増えればたいていの人は賭けるお金も増やしていきます。

しかし、増やす金額は人によって異なる点に注意しなければなりません。

最終的に負け越してしまう人はその金額の見積もり方に問題のあるケースが多いです。

言い換えると、その金額を正しく設定できていれば、少なくとも大きな負け越しは避けられます。

10%法(テンパーセント法)が絶対に正しい設定とはいえませんが、カジノで伝統的に用いられている手法であることから、ある程度の妥当性はあると見なせるでしょう。

負けているときの流れ

10%法(テンパーセント法)のメリットとして大きいのは負けが一気に膨らむような事態を招かずに済むことです。

負けると当然手持ちのお金は減っていくのでそれに伴って賭ける金額も減っていきます。

たとえば、200ドルを持っている人が10%の20ドルをかけて負けた場合、手持ちのお金は180ドルになります。

そのため次回のベットはその10%にあたる18ドルになるのです。

その勝負でも負けた場合は手持ちのお金が162ドルになってしまいます。

そうすると、次に賭ける金額は10%の16ドルになるといった具合です。

小数点以下を切り上げて17ドルにしても構いませんがベットの金額が減っていくことに変わりはありません。

勝っていた人が負け出すとその分を取り返そうとしてたくさん賭けてしまうのが一般的です。

しかし金額を増やしても勝率が上がるわけではなく自制心が弱い人はその波に流される形で負けが増えていきます。

多額を賭けたうえでの負けが積み重なることで収支は一気にマイナスに突入してしまうことが多いです。

10%法(テンパーセント法)を厳守している人はそんな事態になる心配はありません。

賭ける金額を増やすどころか減らすことになるので、損するペースを自然とセーブすることになるからです。

勝った場合も調子に乗って一気に多額をベットする事態も避けられます。

あくまでも10%に留めていれば、せっかくの勝ちを棒に振るような賭け方はできません。

デメリット

デメリット
  • 勝敗を交互に繰り返していると手持ちは減っていく
  • ベット額が少額になりやすい

勝敗を交互に繰り返していると手持ちは減っていく

勝負が均衡しているときに10%法(テンパーセント法)はデメリットになることもあります。

たとえば勝ちと負けを交互に繰り返していると自然とベットの金額が減っていくので、思ったより稼げないと感じることもあるでしょう。

110ドル持っている人が11ドルを賭けて負けると手持ちは99ドルになります。

次に10%を四捨五入した10ドルを賭けて勝利すると、手持ちの金額は109ドルです。

1勝1敗という戦績にも拘わらず、手持ちの金額は110ドルにまで回復しません。

このように互角の勝負が続いた場合は、少しずつ手持ちのお金が減っていくことになるんです。

とはいえ急激に減少するわけではないので致命的なデメリットとして捉えなくても大丈夫です。

ベット額が少額になりやすい

10%法(テンパーセント法)はベットが少額になりやすいので大儲けするのは難しい方法です。

その他のデメリットして小数点以下の扱い方によって金額が微妙に変わってくることが挙げられます。

10%法以外のおすすめシステムベット法

10%法のような賭け金を制御するシステムベット方法はほかにもあります。

有名なものは「ハーフストップ法」ですね。

10%ではなく半分賭ける、というものではありません。

稼いだあとで、利益の半分に減ってしまったら撤退するものです。

詳細はこちらで解説しているので参考にしてください。

10%(テンパーセント)法の利用におすすめのオンラインカジノ

日本円で遊べるオンラインカジノがおすすめです。

ドルやユーロでは多少計算が面倒ですし、少しでもわかりやすい日本円で賭けられるオンラインカジノを選びましょう。

入出金時の為替手数料など余分なコストもなくてお得です。

日本円で賭けられるおすすめオンラインカジノ

おすすめオンラインカジノ
  • エルドアカジノ
  • 遊雅堂
  • ビットカジノ

エルドアカジノ

エルドアカジノロゴ画像
  • ハイローラーならここ!
  • 1回あたりの入出金無制限
  • 出金が早い(高額でも早い)
  • 本人確認不要でも遊べる
  • 入金不要ボーナス2000円あり
  • リベートボーナスあり
リンク先から登録で最大1万円/50%入金ボーナスあり!

【当サイトからの登録で2000円もらえます!】

1.「FULL」で登録
2.プロモーションコード欄に【2000bonus】と入力
3.登録後、クーポン履歴ページで申請する

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説

 

遊雅堂

遊雅堂ロゴ画像
  • 完全に日本人向けのオンラインカジノ
  • 入金不要ボーナス3000円あり
  • 入金ボーナスあり
  • 日本人ディーラーのいる専用ライブカジノあり

ビットカジノ

ビットカジノロゴ 10%法(テンパーセント法)
  • ハイローラー向けオンラインカジノ
  • 仮想通貨に強い
  • 仮想通貨でベットできる(法定通貨への換金なし)
  • リベートボーナスあり

まとめ

カジノ攻略で使われる「10%(テンパーセント)法」について解説しました。

かなり単純な賭け方なので頭がこんがらがることなくゲームに集中できるはず。

大儲けはなかなか難しい方法ですが、勝てる人の方が少ない(でなければこの業界は儲かってない)ので、長く遊べることを目的にするならピッタリの手法です。