10%法(テンパーセント法)でカジノ攻略!メリット・デメリットやおすすめゲームまとめ

テンパーセント法について

カジノで勝ちたいなら、勝負の感性を養うことが重要であるのは確かです。

でも直感に頼るだけではカジノ運営にお金を落とすだけのプレイヤーなので、自分のなかで確固たる法則を持っておくことも大切なポイント。

とはいえ私もまだそんな高尚なものは持っていませんが(汗)

そこで数あるカジノゲーム攻略法を調べていて知った「10%(テンパーセント法)」についてまとめました。

10%法(テンパーセント法)ってどんな攻略法?

10%法の原理はとてもシンプルなので「がっつり勉強するぜ!」と構えなくても問題ありません。

テンパーセント法のベット方法

毎回のベット金額を手持ち資金の10%にする方法

文字どおり10%というパーセンテージが大きな意味を持つもので、賭ける金額を常に手持ちの10%にするだけです。

もしオンカジのアカウントに1万円入っているなら、1000円づつベットに使っていくわけです。

これだけみると、かんたんな仕組みではあるもののあっさり資金がなくなりそうに思えます。
(実際は全然違いますがそれは下で解説してます)

チキンな私はワンパーセント法(1%)がせいぜいってところですねー。

その辺は自分の好きなパーセンテージにしてしまえばいいと思います。

それにしても、なぜこんな仰々しいネーミングがついてるのか謎ですね(汗)

カジノゲームの攻略法ってこういうの多い気がする。

マーチンゲール法とか。

テンパーセント法を使うとどれくらい遊び続けられる?

毎回10%だけベットしていくので、私なんかは10回で終わるやん!とかアホな計算してました(汗)

が、プレイしてるゲームの最低ベット額未満にさえならなければずっとかけ続けられます。

軍資金10000円でスタートし全敗し続けたとしたら、残金はこんな感じで減っていきます↓

  • 1ゲーム目   賭け金1000円 / 残金9000円
  • 2ゲーム目   賭け金900円 / 残金8100円
  • 3ゲーム目   賭け金810円 / 残金7290円
  • 4ゲーム目   賭け金729円 / 残金6561円
  • 5ゲーム目   賭け金656円 / 残金5904円
  • 6ゲーム目   賭け金590円 / 残金5313円
  • 7ゲーム目   賭け金531円 / 残金4782円
  • 8ゲーム目   賭け金478円 / 残金4304円
  • 9ゲーム目   賭け金430円 / 残金3874円
  • 10ゲーム目 賭け金387円 / 残金3487円
  • 11ゲーム目 賭け金348円 / 残金3139円
  • 12ゲーム目 賭け金313円 / 残金2826円
  • 13ゲーム目 賭け金282円 / 残金2544円
  • 14ゲーム目 賭け金254円 / 残金2290円
  • 15ゲーム目 賭け金229円 / 残金2061円
    (一桁目は切り捨てて計算)

ちょっと終わりが見えなかったので15ゲーム目でギブ(汗)

ちなみに最低ベット額$0.1(約10~12円)以上のゲームが多いので1円単位を除外しています。

とりあえず10ゲーム負け続けても3000円以上残ってますね。

現実的にこれだけ負け続けるのって神様にめっちゃ嫌われてでもいなければ無理でしょうし、かなり長時間遊べそうです。

遊ぶゲーム別に設定されている最低ベット額によってこれをそのまま適用できるわけではありませんが、$0.01からプレイ可能なゲームもあるので参考までに。

テンパーセント法のメリット・デメリット

【メリット1】すべてのカジノゲームで使える

単純なベット方法なので、どんなゲームでも使える汎用性が大きな特徴です。

【メリット2】感情を排した賭け金の設定

勝ちが続くと次は大勝負して儲けてやろうなんて欲がでてくるものです。

逆に負けが続くと一気に取り戻そうと大きな金額をベットする人もいることでしょう。

カジノゲームは運しだいですが、こういう時に限って負けるものなんですよね。

で、一気に手持ち資金を減らす羽目に・・・。

でも「テンパーセント法で行く!」と決めていれば、ベット額設定は機械的に決められます。

よりゲームに集中できる状況になるはずです。

【メリット3】大きな負けを防げる

メリット1と同じようなことですが、大負けを防ぐことができます。

テンパーセント法を小心者の賭け方だと感じる人もいるでしょう。

たしかに大胆な賭け方からは程遠いベット額ですが、賭けで儲けを得るのに大胆さは必ずしも必要ではありません。

ホームランを打つより安打を重ねていくことが勝利をつかむセオリーです。

ただし、10%法は単純に同じヒットを打つものではありません。

勝っていれば賭ける金額は少しずつアップしていきます。

ヒットを重ねるごとに飛距離が伸びていくことをイメージすると分かりやすいかと。

勝っているときの流れ

たとえば、最初の手持ちが100ドルなら10ドルを賭けることになります。

そのゲームで20ドルを得たら手持ちは120ドルになるので、次回のベットはその10%である12ドルです。

もし続けて勝てれば、10ドルを賭けるよりも多くのリターンを得られることになります。

そこでも勝って手持ちが150ドルになれば、次に賭けるのは15ドルになるのです。

勝って資金が増えれば、たいていの人は賭けるお金も増やしていきます。

しかし、増やす金額は人によって異なる点に注意しなければなりません。

最終的に負け越してしまう人は、その金額の見積もり方に問題のあるケースが多いです。

言い換えると、その金額を正しく設定できていれば、少なくとも大きな負け越しは避けられます。

10%が絶対に正しい設定とはいえませんが、カジノで伝統的に用いられている手法であることから、ある程度の妥当性はあると見なせるでしょう。

負けているときの流れ

何よりメリットとして大きいのは、負けが一気に膨らむような事態を招かずに済むことです。

負けると当然手持ちのお金は減っていくので、それに伴って賭ける金額も減っていきます。

たとえば、200ドルを持っている人が10%の20ドルをかけて負けた場合、手持ちのお金は180ドルになります。

そのため、次回のベットはその10%にあたる18ドルになるのです。

その勝負でも負けた場合は、手持ちのお金が162ドルになってしまいます。

そうすると、次に賭ける金額は10%の16ドルになるといった具合です。

小数点以下を切り上げて17ドルにしても構いませんが、ベットの金額が減っていくことに変わりはありません。

勝っていた人が負け出すと、その分を取り返そうとしてたくさん賭けてしまうのが一般的です。

しかし金額を増やしても勝率が上がるわけではなく、自制心が弱い人はその波に流される形で負けが増えていきます。

多額を賭けたうえでの負けが積み重なることで、収支は一気にマイナスに突入してしまうことが多いです。

10%法を厳守している人は、そんな事態に陥る心配がありません。

賭ける金額を増やすどころか減らすことになるので、損するペースを自然とセーブすることになるからです。

勝った場合も調子に乗って一気に多額をベットする事態も避けられます。

あくまでも10%に留めていれば、せっかくの勝ちを棒に振るような賭け方はできません。

【デメリット1】勝敗を交互に繰り返していると手持ちは減っていく

一方、勝負が均衡しているときはデメリットになることもあります。

たとえば、勝ちと負けを交互に繰り返していると自然とベットの金額が減っていくので、思ったより稼げないと感じることもあるでしょう。

110ドル持っている人が11ドルを賭けて負けると手持ちは99ドルになります。

次に10%を四捨五入した10ドルを賭けて勝利すると、手持ちの金額は109ドルです。

1勝1敗という戦績にも拘わらず、手持ちの金額は110ドルにまで回復しません。

このように互角の勝負が続いた場合は、少しずつ手持ちのお金が減っていくことになるんです。

とはいえ、急激に減少するわけではないので致命的なデメリットとして捉えなくても大丈夫です。

【デメリット2】ベット額が少額になりやすい

ベットが少額になりやすいので、大儲けするのは難しい方法です。

その他のデメリットして、小数点以下の扱い方によって金額が微妙に変わってくることが挙げられます。

テンパーセント法でのプレイにおすすめのゲーム

バカラのように勝率が2分の1ほどのカジノゲームで活躍してくれます。

そのようなカジノゲームは長期戦になりやすいので、この方法はちょうどいいですね。

またルーレットなど小刻みな賭け方が可能なゲームとも相性が良いです。

デメリットで挙げた目減りも考慮しなければいけませんが、それよりも一気に負け越さずに続けられるメリットのほうが優先されます。

まとめ

カジノのゲーム攻略でも使われる「10%法(テンパーセント法)」について調べてみました。

めっちゃ単純な賭け方なので、頭がこんがらがることなくゲームに集中できますね。

大儲けはなかなか難しい方法ですが、勝てる人の方が少ない(じゃないとカジノ業界は儲かってない)ので、長く遊べることを目的にするならピッタリの手法です。

もういっそオンラインカジノ側でポチっと押せば10%分ベットしてくれるボタンを備えておいて欲しいですね。

ザっと探したところなさそうなので。