10ユニット法は勝てない?デメリットやカジノでの使い方をシミュレーション

10ユニット法の使い方

カジノ攻略法の1つ10ユニット法は、目標を設定してがっつり稼げる可能性があるベットテクニックです。

この10ユニット法についてグーグル検索してみると、「10ユニット法 デメリット」や「10ユニット法 勝てない」とか出てきてネガティブなイメージを受けるかもしれません。

少なくとも私は「ひょっとしてアカンやつ?」なんて思いました。

他の攻略方法だと「〇〇〇法 勝てない」とかあまり見かけませんからね。

ってことで、この「10ユニット法」なるカジノ攻略法は本当に勝てないのか、デメリットや使えるゲームなどを調べてみました。

10ユニット法ってどんな手法?

日本ではあまり馴染みがなく、ネット上にも有益な情報が少なめなのはデメリットですが、海外では割と普及していて知名度も高いです。

過去にはブームが起こったほどなので、十分試してみる価値がある攻略法だといえるでしょう。

10ユニット法の仕組み

10ユニット法の仕組み

10ユニット法の使い方は数列を用いるのが基本で、やや複雑なシステムになっている点が特徴です。

名前が名前なので10ユニットを用意することは想像できますが、同時にユニット数列というものも準備します。

ユニット数列は1が横並びに10個並ぶもので、これが初期状態となります。

ゲームを進めていくことになるわけですが、勝利をした場合はユニット数列から数字を消していきます。

消すのは両端の1で、逆に負けた時は右端に賭けたユニット数を追加する形です。

当然ですが、ゲームの展開によってユニット数列は変化していきますから、記憶力に自信がない人は紙を手に挑戦すしましょう。

10ユニット法におけるゲームの終わりは、このユニット数列が消滅した時です。

無事に消滅させられた場合は、予め設定した目標分のリターンが手元にあるはずです。

ただ、勝ち負けを繰り返すと何時までも終わりませんから、上限のリミットを設定しておくこともおすすめします。

リミットは賭けに使用するユニットの合計で、使った分を毎回リミット数から引いていき、残りと照らし合わせてゲームの終了を判断します。

ゲームで実際にいくら賭けるかですが、これはユニット数列の両端の数字の合計で決まります。

つまり、第1ゲームは必ず2ユニットの賭けで始まり、負けた場合は右端に2を追加して、今度は左端の1と右端の2の合計3ユニットを賭けるわけです。

確かにこれは紙を使わず実践するのは大変ですが、どんなことも慣れしだい。

何度も使っていれば紙に頼らなくても挑戦できるようになるでしょう。

メリット・デメリット

【メリット1】ユニットが残っている限り挑戦し続けられる

10ユニット法はユニットを使い切らない限り、目標に向けて挑戦し続けられることが大きなメリットです。

【メリット2】連敗しても損失が少ない

賭け金が膨らんでいくタイプの攻略法だと、メリットが大きい代わりにデメリットも大きくなりがち。

でもこの方法なら連敗によるダメージが小さく、リスクを抑えながらプレイを続けられるのも強みです。

【デメリット1】最初は少し複雑に感じられる

初心者には仕組みが複雑に感じられるでしょうし、慣れるまでメモ必須なのはデメリットですね。

ただ、何度も繰り返して頭の中でシミュレーションすれば、すぐに紙なしでもできるようになるでしょう。

脳みそを使うので記憶力が上がるのはメリットと言えないこともありませんけどね。
(ちと強引かもですが・・・)

【デメリット2】連続して負けが続くとリスクが大きくなっていく

長くゲームを続けやすい方法ですが、それでも長期戦に繋がる負けの連続はユニット数列を大きくするので、結果として賭けも膨らむことになります。

油断しているといつの間にかリスクが増大している、これこそが10ユニット法のデメリットだといえます。

ゲーム展開の正確な把握が大事ですし、そこが攻略法の使い方におけるポイントですね。

 

過去にブームが起きたときは、稼げた事例がたくさんあったからこそ「オレもオレも!」となり流行ったはず。

成功例があるってのもメリットと言えます。

「いまはそうじゃないんだからダメな方法なんでしょ?」とも考えられますが、そこは人の捉え方しだいですね。

結局は使ってみないと正確な判断はできません。

ベラジョンカジノのように無料でも遊べるオンラインカジノで実際にシミュレーションしてみてくださいね。

自分の体験ほど信用できるものはないでしょう。

10ユニット法の使い方

10ユニット法の使い方

準備編

  1. 勝って獲得したい金額を決める
  2. ここまでなら負けてもいい金額を決める
  3. 1ユニット分の金額を決める(①目標額の10分の1)
  4. メモに「1」を10個並べて書く

カジノ場についたら、まずは賭ける最小単位のユニットの金額と、万が一失敗した時に許容する金額を決めておきます。

①欲しい目標額を「100ドル」としたなら、③1ユニット金額は10ドルです。

1を10個書いた紙を用意して、目標金額を決めたらゲームの開始です。

【1 1 1 1 1 1 1 1 1 1】←メモはこんな感じ

実践編

  1. 両端の数字を足したものをベット額にする
  2. 勝ち→両端の数字を消す・決めたリミット額に勝利ユニット分を加算する
  3. 負け→右端に負けたユニット分を書き込む・決めたりミッド額から負けた分を減らす
  4. 数字がなくなる・リミット額に達したら終了

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

まずは両端の数字を足した2ユニット×設定金額でベットします。

勝ったら両端の数字を消しリミット額を増やします。

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

 

目標100ドル/リミット50ドル/1ユニット10ドルでシミュレーション

5連敗したときのシミュレーション結果

回数数列賭け金累計損益リミット額
11111111112ユニット(×10ドル)-2ユニット(-20ドル)48
111111111123ユニット(×10ドル)-5ユニット(-50ドル)45
1111111111234ユニット(×10ドル)-9ユニット(-90ドル)41
11111111112345ユニット(×10ドル)-14ユニット(-140ドル)36
111111111123456ユニット(×10ドル)-20ユニット(-200ドル)30

このように負けが続くと損失額も増えていってしまうのはデメリットです。

この調子で負け続け、リミット額に達するのは9ゲーム目。

もしシミュレーションの条件で9連敗したらマイナス54ユニット=540ドルもの損失になります。

デメリットの項目で紹介したように、負けが続くと大きなリスクになってしまう方法なのがわかります。

5連勝したときのシミュレーション結果

回数数列賭け金累計損益リミット額
11111111112ユニット(×10ドル)2ユニット(20ドル)52
11111111112ユニット(×10ドル)4ユニット(40ドル)54
11111111112ユニット(×10ドル)6ユニット(60ドル)56
11111111112ユニット(×10ドル)8ユニット(80ドル)58
11111111112ユニット(×10ドル)10ユニット(100ドル)60

最初から連勝がつづくと当然ながら順当に増えていきますが、大きな稼ぎはでていませんね。

この場合、5ゲーム目でいったん10ユニット法は終了し、最初から再スタートとなります。

 

10ユニット法の所要時間は目標金額やゲーム展開によるので、終わる時は案外あっさりですし、反対に長引くと時間がかかります。

目標が大きければ大きいほど終わりは遠くなるので、現実的な金額を設定して挑戦しましょう。

この方法が使えるカジノゲームは?

この攻略法が適用できるのは、2倍配当の賭け方ができるゲームで、定番のルーレットやブラックジャック、そしてバカラが当てはまります。

とくにおすすめなのはルーレットで、中でも勝率がやや高いとされるヨーロピアンスタイルが狙い目です。

ルーレットであれば、赤黒か奇数偶数、数字の大小のいずれかを選んで賭けるだけなので、初心者におすすめですし簡単です。

カジノは難しいゲームが大きな配当を得るコツだと思いがちですが、それはあくまでも方法の1つに過ぎませんし、攻略法を用いれば話は違ってきます。

ブラックジャックは単純に配当が2倍のゲームなので、難しく考えることなく攻略法が試せるでしょう。

バカラはバンカーかプレイヤーに賭けるゲームですが、勝率の上ではバンカーが少し有利なので、こちらだけに限定して賭けるようにします。

一見難しそうに思える攻略法も、紙に書く内容を頭に思い描くことができるようになればメモなしも可能です。

そこに至るまでの道のりには個人差がありますが、実際に使い続けることで、頭の回転数が上がって集中力が発揮されます。

後は繰り返していくことによって、ゲームが長引いても集中力を保てますし、紙に頼らず瞬時に判断できように成長します。

オンラインカジノは初心者におすすめですが、パソコンやスマートフォン頼りだと攻略法は身につきにくいので、やはり基本を覚えたら紙を使わずにやってみてくださいね。

まとめ

勝てないイメージを持ってる人も多いらしい「10ユニット法」についてまとめました。

準備の面倒さ、連敗するとリスクが大きくなるデメリットはけっこうキツイですね。

また連勝してもあまり稼げないので、稼ぐ目的で使う方法ではないと思います。

連敗後に数回連勝するだけです取り戻せる攻略法ではあるので、長くゲームを楽しみたいプレイヤーにはおすすめです。