21.comってどんなオンカジ?入金・出金方法や特徴まとめ

21.com

ここでは比較的新しいオンラインカジノ「21.com」について紹介していきます。

21.comってどんなオンラインカジノ?

運営ライセンスや日本語対応状況

21.comは2014年に新登場したオンラインカジノで、運営ライセンスはシンガポールにあります。

2014年当初はシンガポール国内とインドネシア・韓国・マレーシアの4か国向けにしかサービスを提供していませんでしたが、2020年7月時点では世界55か国に対応したオンラインカジノの中でも非常に広域サービスを展開しています。

この55か国の中には日本も含まれており、日本語に対応したカジノゲームとサポートを受けることが可能です。

独自性の高いカジノゲームもある

21.comでは計120種類ものカジノゲームが用意されているのが特徴で、そのゲームは一般的なカジノで見受けられるスロットマシン・ポーカー・ブラックジャック・ルーレットなどです。

さらに、シンガポールのカジノでしか遊べないクロスダイヤというトランプゲームも用意されていて、どれも趣向を凝らしたビデオゲーム的な演出をなされているのが特徴です。

モバイル対応で他のユーザーと交流できる

パソコンはもちろんのことタブレット端末とスマートフォンでもアクセスができ、双方向データ通信技術を生かしたコミュニケーションにも対応しているのが21.comの魅力といえます。

一般的はオンラインカジノの場合、ユーザー自身の画面しか各端末で見られません。

さらに他のユーザーと情報交換をしようとすれば、何かしらのSNSツールを使って外部のWEBサービスを使用するのが常です。

ところがこのオンラインカジノの場合はユーザー画面内にチャットスペースがあり、さらに他ユーザーに対してフレンド申請をおこなえます。

ゲーム内で愛好家同士が交流を持てるという点が、世界各国で人気を得た理由といえるでしょう。

21.comの信頼性・安全性は?

カジノで遊ぶ際に重視したいんが安全性ですが、21.comはシンガポール政府から発行された運営ライセンスを取得しており、1年間の運営ライセンス更新も滞ることなくなされています。

そのため、非常に高い信頼性を持つサービスであることが伺えます。

さらに通信システムはSSL方式を採用した暗号化対策もなされているので、サイト内で入力したクレジットカード情報を外部に知られる心配もありません。

対応する入金方法

21.comでゲームに興じるためには、BETを購入する必要があります。

このBETの購入にはクレジットカードと銀行口座振替という2つの方法でサービスの入金することになります。

クレジットカード入金

まずクレジットカードの場合はVISA・マスターカード・アメリカンエクスプレスなど、計50種類のカードを使って入金可能です。

入金方法は非常に簡単で、ゲームトップ画面の右上にあるマイページからユーザー情報にアクセスして入金フォームをクリックします。

その後にあらわれるクレジットカード番号入力画面内にカード番号と暗証番号を入れて、希望する金額を決めたら完了です。

なお、1BETが1ドル(アメリカドル)ですが、最初金額が10ドルからとなっているのが特徴です。

日本円では最低1,000円から遊べると考えておきましょう。

銀行入金

もう一つの入金方法である銀行口座振替の場合、リアルタイムな入金がおこなえません。

そのためカジノゲームをいつでも遊べるように環境を整えるのであれば、クレジットカードの入金をするのが望ましいといえます。

銀行口座振替の場合も1BET1ドルの最少額10ドルからです。

さらに振替手数料が800円必要なので注意をしましょう。

オンラインカジノの魅力は、ゲーム内で獲得したBETをお金に換えられるという点です。

21.comも換金システムを用意されており、8%の手数料を支払えば24時間いつでもどこからでも換金申請が可能です。

出金方法や対応速度

出金方法も入金と同様にクレジットカードと銀行口座振替に対応しています。

クレジットカードの場合、1000BETから出金が可能で日本円に換算すると5,000円です。

この時、日本円だと事務手数料に加えて通貨手数料も別途必要なのが特徴です。

通貨手数料は各国の通貨によって変わりますが、円・ポンド・フランが12%と他国よりも高くなっており米ドルで出金した方がお得です。

この手数料は常に変動するので、正確なパーセンテージを把握したい場合は日本語サポートのチャットフォームを利用して問い合わせるのが望ましいです。

出金申請は24時間対応で、約5日後に振込がなされます。

出金時は身分証明書の提出が必要

口座振替の場合の出金方法は少し複雑な書類審査があるので時間が掛かります。

まず身分証明書となる書類と銀行通帳・パスポートの3つの書類を用意しなくてはいけません。

これらの書類の写真を撮って、運営事務局宛てにメールに添付をして送信します。

数日後に本人確認が完了したという旨のメールを受け取って、ようやく銀行口座へと出金が可能です。

約1か月間の申請手続きとなるため、非常に手間と時間が掛かります。

オンラインカジノでスムーズに遊ぶには、クレジットカードを持っておく方が賢明でしょう。

このカジノは特に信頼性が高いサービスで日本語にも対応しているため、安心して遊べます。

入金ボーナス100%×4回まで!
21.com公式ページ

まとめ

新し目のオンラインカジノ「21.com」の特徴を紹介しました。

日本語対応しているオンラインカジノはいまやたくさんありますが、けっこうどこもに頼り寄ったりなんですよね。

そんな中で21.comは他があまり扱っていないゲームがあったり、プレイヤーとやり取りできるチャットがあったりと個性を感じられるオンカジです。

この点に魅力を感じられる人はここを選ぶのもありですね。