31システム法ならオンカジで勝てる?メリット・デメリットや使い方まとめ

31システム法

先人たちが身銭を切って生み出してきた数々のカジノゲーム攻略法。

その中の1つに「31システム法」があります。

ここではオンラインカジノ攻略に使える「31システム法」についてまとめていきます。

31システム法を徹底解説!

31システム法の特徴をザックリまとめると?

31システム法はカジノで古くから利用されている、負けを抑えるために有効な方法です。

「どんだけ負けていても最後に一発大逆転できればいい」みたいなスリルを味わいたいタイプの人だと、この方法は必要ないと思うかもしれません。

が、カジノのようなギャンブルでは損失を抑えたい、リスクを減らしたいってタイプも多いはず。

私も長く楽しめればいいのでこっち派ですね。

このシステムはあらかじめ損失の上限を把握できるので、リスクを減らすには最適なシステムなんです。

名前の由来

31システム法の名前由来

31システム法は基本的に2連勝すれば利益が出る仕組みなので別名「2連勝法」とも呼ばれているこの方法。

名前の由来は、万が一負け続けた場合でも損失が最大31ドルで済むことから名づけられたともいわれています。

実際のところはわかりませんが(汗)

31システム法はどう使う?使い方を解説

31システム法の使い方はけっこう複雑です。

が、負けを抑えるだけでなく、軍資金の予測やその後のゲームの組み立ても効果的にできるようになるので、知っておくとワンランク上のプレイヤーになれる・・・かも?

31システム法は基本的に掛け金の順番が決まっているのが特徴。

賭け金を1ドルとした場合のベット方法

  • 1ドルを3回
  • 2ドルを2回
  • 4ドルを2回
  • 8ドルを2回

といったようにベットしていきます。

すべて負け続けた場合は9ゲーム、31ドルの損失となります。

途中でもし勝ったら賭け金を倍に、2連勝したらまた1ドルから再スタートします。

この合計9回をワンセットとし、これを一定の法則に従って繰り返すことで損失を最小限に抑えます。

また、流れの中で利益を得られるタイミングを上手に制御する方法となっています。

ゲームの流れ

たとえば1ドルでゲームを始めたとします。

まずはじめに1ドルをかけてその結果を待ちます。

買った場合には掛け金を2倍、すなわち2ドルにして次のゲームに進み、ここで負けた場合には再度2ドルをかけてゲームを再開します。

もし2回連続で勝った場合には次に4ドルの賭けには進まず、もう一度1ドルからやり直すというのが肝となっています。

2回勝ち続けているのでこの流れに乗ってさらに2ドルを賭けたり、もしくは勢いに乗って4ドルを賭けたくなるものですが、そこで堪えてもう一度1ドルからやり直すのが31システムの肝なんですね。

31システム法は勝っているときにベット額をむやみに増やさない

31システムでは賭け金を順に倍にしていく点ではその他の方法と似ているところもありますが、ポイントは2連勝したら再度基本の1ドルからやり直すと言う点にあります。

調子がいい日ってカジノに限らずありますからね。

その時のゲームの流れに興奮して賭け金を増やしてしまうと、そこで負けた時に大きな損失を出してしまいがち。

でもそういう場面で我慢できないプレイヤーはなかなか勝てないでしょう。

負けが予測できるのがポイント

ワンセットでいくら負けるかが計算できるため、最悪の結果=9連敗の予測ができる点がポイント。

「いくら負けたら今日はやめよう」みたいなざっくりした予定でもどれくらい遊べるか予測しやすいはず。

 

現在でも31システムはいろんな場面で使われていて、大勝ちはできなくてもいいから確実にゲームに勝ちたい場面などで広く利用されているようです。

31システムが利用される場面はとにかく負けを抑えたい場面。

1ドルでスタートする場合には最大でも31ドル、5ドルでスタートする場合には最大でも155ドルに損失を抑えることができます。

この金額がわかっていれば、軍資金の準備やどれくらいの時間カジノで遊べるかなどもある程度絞れるでしょう。

31システム法のメリット・デメリット

31システム法のメリット

【メリット1】最大の損失額がわかっている

あらかじめ負けた時の金額がわかっているので、心を落ち着けてゲームを楽しみやすくなる傾向はあるでしょう。

もちろん負け続ければこのシステムに限らず損失は大きくなっていくんですけどね。

【メリット2】損失を抑えられる

2連勝すると初めの少ない金額でベットする段階から再スタートになるため、必要以上にベット金額が増えません。

よって調子に乗って大金を賭けて大敗することはまずないでしょう。

このシステムを上手な使い方は、できるだけリスクを減らしたい場合。

ゲームにはいろいろなものがありますが、人気ゲームは2択でベットできるものが多いです。

勝つ確率と負ける確率が五分五分なら、リスクを減らすことが非常に有効なのでこの方法があっています。

またゲームのルールがよくわかってないときでも、むやみに損失を増やさず続けられるのもメリットと言えます。

【デメリット1】大勝はできない

31システム法は一見デメリットが少ないように思われますが、最も大きなデメリットは大勝ちできないことです。

大勝ちするにはチャンスに多額の賭け金を投入しなければそうそうできません。

でもこの方法では基本的に負ける金額を少なくすることが目的なので仕方ないですね。

大きく稼ぎたい人は別のハイリスクハイリターンな方法を選びましょう。

【デメリット2】ギャンブルをとことん楽しみたい人には向いてない

思いっきりギャンブルを楽しみたい人には、思う存分お金を賭けられないのでストレスになってしまうかもしれません。

まぁそういう人は「〇〇法」みたいなベット方法は使わないと思いますけどね。

相性のいいカジノゲームは?

31システム法向けのカジノゲーム

勝率がイーブンベット(50%)になるゲームで使えます。

  • ルーレット(赤黒/奇数偶数)
  • ブラックジャック
  • バカラ
    など

選択肢が2択ならなんでもOK。

ある程度回数をこなして、流れを読むのも大事ですね。

この3つともカジノでは人気の高いゲームなので、ほとんどの人がプレイするはず。

ぜひ31システム法を使って遊んでみてください。

まとめ

勝率50%のゲームで使えるベット方法「31システム法」を紹介しました。

堅実に増やしていきたい、長く遊びたい人にはおすすめできるベット方法でした。

その時の感情に任せて闇雲にかけてリスクを増やすのではなく、順序立ててルール通りに繰り返すことで利益を得られる可能性が高くなる方法です。