666戦略ならルーレットで勝てる?使い方やメリットデメリットまとめ

666戦略

カジノ攻略法の1つ「666戦略」。

6が3つ並んでるのでスリーセブンみたいで縁起よさそうな攻略法ですね。

とあえて明るく言ってみましたが、まぁ悪魔の数字をイメージする人の方が多いんじゃないかと。

そんな「666戦略」ってどんなんやねん?というわけで、調べてみると、ルーレット必勝法って紹介されてることが多い。

「必勝?ホンマかいな~、ならみんなハイローラーなっとるわ!」

なーんて思わずツッコんじゃいました(笑)

いままで「絶対」「必ず」などの文言に騙され続けてきたもので・・・。

そんなわけで、666戦略は何がどう必勝法になるのか、使い方やメリットについて調べてみました。

ルーレット必勝法ってホント?666戦略とはどんなもの?

666戦略とは?

カジノで遊ぶなら誰しも勝ちたいはず。

運営側に寄付できるし負けてもええわ、なんて聖人はいないでしょう。

で、すでに上でも触れてますが、666戦略はルーレットを遊ぶ時に活用できる攻略法です。

Q.ルーレットってどんなゲーム?
ルーレットは回転する円盤にディーラーが球を投げ入れ、球がどこに落ちるのかを当てるゲーム。ポケットによって数字や色が割り当てられていて、数字や赤・黒といった色に賭けられます。カジノでは定番のゲームとして知られていて世界中で幅広い世代に親しまれています。ディーラーとの駆け引きも楽しめますし、ハラハラしながら球がどこに落ちるのか見守るなどスリルも味わえます。分かりやすいルールなのでルーレットをしたことがない初心者でも最初から楽しむことができるカジノの王様とも呼ばれるゲームです。

「ルーレットのルールなんて知っとるわ!」と言われそうですが、666戦略を解説するうえで念のため解説しておきました。

で、ルーレットには37個の数字がありますが、その33個に賭ける方法が666戦略です。

これだけ幅広い数字をカバーしているので、当たる確率は非常に高いといえますね。

33÷37=0.89189・・・%なので勝率は約9割。

負ける確率は約1割ってことになるわけです。

「そりゃすごい!」とも思いましたが、厳しいこと言うと必勝ではないよね?とも思います(笑)

まぁこれくらいは大人として流しといてあげましょうか(謎の上から目線)。

3種類のルーレットベット方法を組み合わせたもの

666戦略のベット方法

で、666戦略とは、このルーレットにおいて

  • 「赤黒賭け」
  • 「スプリットベット」
  • 「ストレートベット」

の3種類の方法を組合わせて行う必勝法になります。

スプリットベットとストレートベットについて

ルーレットのインサイドエリアには、スプリットベットとストレートアップという方法があります。

スプリットベットとは、1か所の賭けを利用して2つの数字に賭ける方法のことをいいます。

一方のストレートアップは、1つの数字に賭ける方法になります。

当然ですが1つの数字だけを当てる方が難しいので、配当は高くなります。

赤黒賭けについて

また、赤黒賭けは赤と黒といった色に賭ける方法で、アウトサイドベットエリアにあります。

赤か黒か2つに1つを選ぶ賭け方なので、当たる確率は高いといえます。

初めてルーレットをするという人は、色を当てる赤黒賭けから始める人も多くいます。

666戦略の使い方

666戦略の使い方を説明すると、まずは1ユニット当たりの金額を設定します。

ゲームに使用する金額は、ユニット単位になっています。

あらかじめ設定しておいた金額を毎回ゲームの度に賭けていきます。

ベット方法

666戦略では賭け方が決まっています。

赤黒賭けで赤を選択して36ユニットを賭けます。

それからインサイドベットエリアで黒が並んでいる6つの場所に、スプリットベットの賭け方で4ユニットずつ配置します。

使用する賭け金は、4ユニットが6か所なので24ユニットとなります。

数字「00」が余分にあるアメリカン/ヨーロピアンルーレットには注意!
アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットでは1か所だけ配置する数字が異なるので、実際に賭ける際には注意する必要があります。

そして、チップが置かれていないインサイドベットエリアの黒3か所に、2ユニットずつストレートアップの賭け方で賭けます。

使用する金額をすべて合計すると、66ユニットになります。

切り上げるタイミングなどはとくに決まってはいません。

666戦略のメリット・デメリット

【メリット】勝率89%とかなり高い

666戦略の勝率

666戦略を利用するメリットには、勝率が非常に高いことが挙げられます。

その勝率は89%と非常に高く、利益が出しやすい賭け方といえます。

確実に資金を増やしたいという人におすすめです。

勝率が高いので負けることがあまりなく、勝てば必ず6ユニットの利益を得ることができます。

赤黒賭けの勝率は50%で、配当は2倍となっています。

スプリットベットの勝率は5.4%で、配当は18倍となります。

ストレートアップの勝率は2.7%で、配当は36倍になっています。

1ユニット当たりの設定金額が少なければ、それだけリスクも小さくなります。

1ユニット当たりの金額が大きくなればなるほどリスクは大きくなりますが、その分儲けも大きくなっていきます。

使い方次第では、大儲けすることもできます。

【デメリット1】賭け金が多くなる

反対にデメリットを挙げると、必ず毎回66ユニットの賭け金が必要になる=失うことです。

賭ける金額が大きいので、それなりの資金が必要になります。

【デメリット2】一度負けると取り戻すのが大変

1回負けてしまうと66ユニットの損失なので、それから11連勝しないと負けを取り戻すことができません。

そう考えるとリスクの割に利益が大きくないと感じてしまいます。

勝率は89%と高いとはいっても、10回に1回は負けるわけですからね。

そこで11連勝するのは運も必要だといえます。

で、これっていい手法なの?

666戦略をカジノで上手く使うには、ゲームの展開や自分の運をしっかりと見極めて切り上げるタイミングを逃さないことも大切です。

今日はついていないと思ったら、早めに切り上げる方がいいかもしれません。

この必勝法だと1回のゲームで66ユニットも使ってしまうので、必勝法とはいってもリスク高め。

何度もゲームにチャレンジしていれば負けることも起こるでしょうし、1度負けてしまうと大きな損失になってしまいます。

あくまで勝率が高いってだけで、稼げるか?というと疑問です。

ただし、ポジティブに考えれば勝率が非常に高いので安定的に稼ぐことができる方法とも言えます。

最初のうちは覚えるのが面倒かもしれませんが、数回もベットすれば覚えるはず。

賭け方はとてもシンプルなので、慣れてからは頭を悩ませることもないでしょう。

あれこれ思考をめぐらすよりも、直感に従った方が良い結果を得られることもあります。

短期で利益を得たい時におすすめの方法ですね。

【おまけ】666の名前の由来・読み方

名前の由来

666戦略の由来

1ゲームに使用する賭け金が66ユニットで、勝つと6ユニット得られることから、6が三つで「666」という名前が付けられました。

66ユニットになる理由はページ下部「666戦略の使い方」の項目で。

「ユニット」の意味が明確に解説されてなかったので想像になりますが、1ゲームあたりにベットする手数でいいはず。

で、1ユニット=$1ベットするなら、66ユニット=$66も必要になります。

けっこうきついですね(汗)

読み方

あと読み方ですが、ネット上で調べても見つかりませんでした(汗)

こういうときこそユーチューブ動画だぜ!と思ってみてみたら、人によって「ろくろくろく」「スリーシックス」の両方使われてたんですよね。

解説してる人も「ろくろくろく」「スリーシックス」どっちかわかりませんとか言ってたし・・・。

とりあえず「ろっぴゃくろくじゅうろく」ではないらしい。

ってなわけで好きな方で呼びましょう!(丸投げ)

おしゃれに言いたい人はスリーシックスがいいかなって思います。

まとめ

あんまり印象が良くないネーミングの「666戦略」について調べてみました。

勝率はたしかに高いんですが、結構リスクが高いですねー。

一度負けたら11連勝しないと元獲れないってめっちゃキツイ(汗)

ハイリスクローリターンな印象です。

2~3ゲームだけやるならコンスタントに勝てるかも。

まだ数千円単位でしかプレイしていない身分なので、もうちょい余裕が出たらチャレンジしてプレイ日記として公開してみようかと思います。