バカラのベット額を上げるタイミングは?バカラ攻略法も解説

オンカジのバカラでベット額を上げるタイミング

バカラはオンライン・実店舗それぞれのカジノで人気が高いといわれていますが、大金をゲットしたという人や、大損したという人など、その体験は様々です。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

賭けるタイミングを間違えた人や、ベットを上げるチャンスをつかみ損ねた人が多いといわれている為、どの部分で大金を賭けたらいいのか、理解して実践を続けることで攻略につながるでしょう。

そこでバカラ攻略の上で大事なベット額を上げるタイミングについてまとめました。

オンカジのバカラでベット額を上げるのはいつがいい?

勝っているときにやめる、ができる人は少ない

最も大切なことは、買っている時にやめる事ですが、なかなかできないという人が少なくありません。

できる限り短期間でやめることや、時間を区切ってプレイし、勝っても負けてもその時にやめるといった方法を採用している人もいますが、全ての人が導入できるルールではありませんので、自分に最適と思えるルールで勝負をして勝利につなげてください。

最初は少額ベットから始めよう

基本的にはじめてある程度資金が増えるまでは、少額を賭け続けたほうが安心できます。

なるべく軍資金を貯めてから金額を増加したほうが、より満足感が増すだけではなく、増やすチャンスにつながるからです。

最初に遊ぶときには少額ではじめ、ある程度少額で賭けていた金額が増えてから金額を増加して遊ぶことが、最も確実性の高い掛け金を増やすことにつながります。

どちらかが連続勝利しているときにベット額を増やす

最も多くのバカラファンが採用している攻略法としては、バンカーかプレイヤー、どちらか連続して勝っている方に賭ければ、少額でも掛け金を増やすチャンスになりやすいです。

3連続でバンカーあるいはプレイヤーが勝利したら、確実に掛け金を増やすチャンスと考えて賭けてみましょう。

交互に勝利しているときにベット額を増やす

また、バンカーとプレイヤーが交互に勝つときにも、チャンスといえます。

バンカーとプレイヤーが交互に2回ずつ勝利した場合、3回目もその順番で勝利する可能性が高いと考え、賭けている人は多いです。

それぞれ勝負の行方を最初は見守り、ある程度チャンスが回ってきたと思った時にベットすると勝利しやすいです。

少額で少しずつ勝負のパターンを読み、ある程度軍資金を手に入れられたら大きくかけてみる事が勝利につながるでしょう。

勝率が拮抗しているときはバンカーを選んでみる

基本的にバンカーとプレイヤーでは、バンカーの方が勝ちやすいという説もあります。

必ずしもすべてのテーブルで適用される説ではありませんが、勝利パターンを見ていてバンカーとプレイヤーの勝率が拮抗している場合、迷ったらバンカーに賭けると勝利しやすいといえるでしょう。

ある程度資金がたまったら、テーブルの流れを見極めてベット額をアップさせてください。

軍資金に余裕が出てきたらベット額を上げる

ベット額をアップさせるタイミングとしてはこれが一番安心ですね。

大きな金額をベットしても収益がマイナスにならないタイミングになったら増額してみましょう。

たとえば、1ドル賭け続けて20ドル勝ったら、今度は10ドル賭けてみるといった形で、少しずつ金額を増やして行くと設けるチャンスにつながりやすいといいます。

10ドルかけ続けて150ドル稼いだら、今度は20ドルや50ドル賭けるようにすると、儲けるチャンスをつかみやすくなるでしょう。

特に、テーブルの流れから、どちらかが勝利を続けていることや、交互に勝利していることが明らかな場合、賭けるチャンスにつながります。

バカラプレイ時に注意したいこと

損しないことが最優先

大切なのは、自分の資金が絶対に損しないように賭ける事です。

掛けた金額を少しずつ増やしていくこと、増えた金額が負けたとしても、再び同じ金額を少額から賭けて貯められるようにするまで続けることで、高い金額をかけてもそれほどストレスにならずにかけ続けられます。

無理して高額を賭け続ける事はなく、大きな金額を損したら、また少額からかけるパターンを続けることで、極端なマイナスにならずに賭けができるでしょう。

集中力が切れない程度のプレイ時間にしよう

ただし、このパターンでは勝利することは確実ですが、時間に気を付けなければなりません。

長時間遊び続けていると集中力が欠けてしまい、本来賭けるべき方ではなく、間違ったほうに賭けてしまうこともあるからです。

集中力を高め続けて遊ぶためには、遊ぶ時間をある程度制限しましょう。

1時間程度遊べば、目や集中力に疲れが出てくる人が多いです。

ファミコンが登場した当初に言われた、「ゲームは1日1時間」ではありませんが、1時間遊んだら少し休憩をはさんで遊ぶなど、遊び方に工夫が必要です。

引分けにはベットしない

なお、バカラでは「引き分け」に賭けることもできますが、引き分けの場合は掛け金が戻ってくるうえ、あまり出てきません。

そのため、引き分けに賭けずにバンカー・プレイヤーどちらかに賭けることを忘れないでください。

熱くなりすぎないこと

これが一番難しいかもしれませんが、冷静さを失うこと、熱くなりすぎることは厳禁です。

とくに負けていると損を取り戻そうと無茶な高額ベットに走りがちです。

次こそ勝てるだろうというただの願望でベットすることになりかねません。

そして、そういうときこそ負けるのはたぶんみなさん実体験からご存じかと思います。

反対に大勝したときも金銭感覚が緩みがちです。

これも冷静さを欠いていると言えるでしょう。

これだけ勝ったら手じまいするなど自分ルールを作ってきっちり守ること、これも大事なポイントですね。

オンラインカジノではどんなに遊んでいても心は冷静でいる事が、勝つために必要です。

大金を賭けたとしても精神的に不安定にならないよう、徐々に掛け金を上げる事、絶対負けない金額で賭け続ける事が勝率を高められます。

少しでも負けてしまうと、再び同じ金額を手にするために熱くなってしまう人は少なくありませんが、暑くなりすぎないように絶対に掛け金が増えている状態でベット額をアップさせることを忘れないでください。

まとめ

オンラインカジノの人気ゲーム「バカラ」でベット額を上げるタイミングについて紹介しました。

ここで取り上げたタイミングはあくまで一般的なもので、必勝法ではありません。

が、ある程度確率論的にこうなる可能性が高いと判断できたなら、ベット額を上げるチャンスと言えますね。

もちろん自分の希望的観測に従っていては負けるだけ。

データから導き出されたものでないと意味はありません。

そのためにも一度ゲーム結果をデータどりして法則性(流れ)がないか検証してみることをおすすめします。