バカラスクイーズって何?普通のバカラと何が違う?やり方やマナーを解説

バカラスクイーズ

カジノゲームの王様ともいわれる「バカラ(Baccarat)」。

世界各国のカジノには必ずあるゲームで、近年日本でも人気があるオンラインカジノにも必ずと言って良いほどラインナップに加えられています。

それだけ多くのプレイヤーからバカラが愛され続けている理由の一つに「スクイーズ」というものがあります。

そこでバカラのスクイーズとはどんなものなのか?これのあるなしで何が違うのか?またバカラのルール・攻略法についても紹介していきます。

バカラスクイーズとはどんなもの?

バカラスクイーズとはカードの”絞り”のことで、バカラの種類やバリエーションの一つではありません。

カジノ未経験の人はバカラスクイーズと聞くと、通常バカラとは違う別のゲームと思うかもしれませんね。

でもバカラスクイーズ=絞りは、通常のバカラで行われているカードをめくるときに使われるテクニックの一つです。

テクニックと言うと攻略法みたいに思えるかもしれませんがこれも違い、ただ単に「どんな数字が出るかな~?」と恐る恐るめくる感じってだけですね。

よってゲームのルールや攻略法とに違いないので、別のゲームではありません。

実際にお金を賭けているからこそカードの数字で天国か地獄にわかれるわけなので、徐々にめくっていくドキドキ感を味わえるのがスクイーズの醍醐味と言えるでしょう。

スクイーズについて知ると通常バカラがもっと刺激的になり楽しくなることが多いと思いますし、カジノで楽しむならやり方やマナーについて知っておくと良いでしょう。

スクイーズ(絞り)ならオンラインカジノでもハラハラ・ドキドキが体験できる

カードの絞りといわれても、初心者にはわかりづらいかもしれません。

バカラスクイーズについて具体的に説明すると、カードを少しずつめくる行為になります。

通常バカラの最も楽しい瞬間は、めくられたカードの絵柄が判明するときでしょう。

絵柄によって勝利か敗北か決まるため、運命の一瞬といっても過言ではありません。

そんなハラハラドキドキするときに、カードが素早くめくられ絵柄が判明すると面白みがありません。

勝利か敗北かの緊張を味わえないので、あっけなく感じてしまうとされます。

そこでカードをめくるプレイヤーが使うのが、バカラスクイーズです。

カードを少しずつ見えるようにめくることで、参加しているプレイヤー全員がハラハラドキドキの緊張感を味わえます。

もちろんカードを絞って少しずつめくっても、一気に素早くめくっても絵柄は変わりません。

結果はどちらでも同じですが、プレイヤーの興奮度を高めてバカラをより面白くさせるテクニックとして、カジノでは当たり前のように行われています。

実際にカードをめくるわけではないオンラインカジノでも演出の一つとして取り入れられており、バカラがカジノゲームの王様である理由の一つに挙げられているほどです。

カジノでスクイーズするためには?

カジノでバカラに挑戦するなら、スクイーズをしてみたい人もいるのでは?

スクイーズができるのは、当然ながらカードをめくる一人だけです。

そしてカードをめくれるのは最も多くチップを賭けた人のみなので、権利が欲しければ高額ベットをしなければいけません。

スクイーズ目的でベット額を増やすのはおすすめしません

実際にカードを絞る権利目当てで賭けるプレイヤーも多くいますが、そのためだけに賭け金を増やすのはあまりおすすめしません。

初心者はやってみたい気持ちがあっても、マナー的な意味合いからも狙って行うのは避けるべきかもしれません。

基本的には最も多くのチップを賭けた人に権利がありますが、他人に譲るケースもあります。

他に勝っているプレイヤーがいればその人に譲ってゲンを担いだりと、必ず賭け金の大きな人が行うわけではありません。

場の空気を読むのも大事なポイントです。

ゲームに参加したてのプレイヤーがスクイーズに手を出すのは譲られて時くらいにしておいたほうがいいですね。

狙っていなくても権利を譲られカードを絞る役目を行うこともあるので、スクイーズのやり方は覚えておくべきでしょう。

スクイーズのやり方

スクイーズの攻略法と言うほどのものではありませんが、やり方には縦絞りと横絞りの2種類があります。

縦絞りはカードを縦に、横絞りは横にしてカードをめくっていきます。

縦絞りと横絞りの違いは絵柄が判明するタイミングだけで、基本的には横向きの方が早くわかります。

緊張感のある時間を長く楽しみたいなら、縦絞りが良いとされますがどちらを選ぶかは完全に自由です。

スクイーズ時に知っておきたい基本ルール

縦絞りでも横絞りでも注意しておきたいルールは、数字や記号が見えないように両端を指で隠すことです。

上手く指で隠せないと興ざめしてしまうので、事前にコツをつかんでおくと良いでしょう。

バカラスクイーズで遊ぶ時のマナーを知っておこう

バカラスクイーズに細かいルールはありませんが、気をつけたいマナーはあります。

マナー違反は周囲のプレイヤーを不快にさせるので、通常バカラをするなら覚えておきたいルールといえるかもしれません。

大きな声を出さない(ランドカジノ)

絶対に守っておきたいマナーとは、カードを絞っている最中に大声を出さないことです。

オンラインカジノではあまり関係ないマナーですが、海外旅行や将来日本でカジノ施設ができたときに遊ぶなら気を付けたい部分ですね。

自分が期待している絵柄が見えてくると、興奮して大声を出してしまうのは仕方がないかもしれません。

しかし自分にとっては望みの絵柄でも、別のプレイヤーには期待どおりの結果ではありません。

自分が勝って喜びたい気持ちはわかりますが、あまりにも喜びすぎると負けた他のプレイヤーは嫌な気持ちになるので、場の空気を乱さないようにマナーは守りましょう。

かけ声はしない

同じようなマナーとしては、相手チームの不利になるかけ声はしない点です。

かけ声自体は禁止されていませんが、相手チームのプレイヤーが絞っているときに大きな声を出すとマナー違反となり、トラブルになるケースもあるので注意しましょう。

焦らし過ぎない

またスクイーズを行うときには、焦らし過ぎない点にも注意です。

絞りに時間をかけすぎるとゲームの進行を止めてしまいディーラーに注意されるので、適度なタイミングで行いましょう。

オンラインカジノではある程度時間がたつとカードオープンされるので問題ないんですけどね。

まとめ

バカラスクイーズについて紹介しました。

バカラの派生ゲームではなく、単にカードのめくり方の手法をスクイーズ=絞りといいます。

自分にとってスリルを味わえる大金をベットしているときほど効果を発揮できるやり方ですね。

ただひたすらゲームを進めたいプレイヤーにとっては不要なモノ。

そういった人はスピードバカラなど展開の早いバカラを選びましょう。