ベアビック法のルーレット勝率は約95%!メリット・デメリットや使い方を解説

ベアビック法の使い方

先日調べた「666戦略」に近いカジノゲーム攻略法「ベアビック法」。

ここではこの「ベアビック法」の使い方や使いやすいカジノゲームについて調べてみました。

ベアビック法とは?サクッと解説!

使えるゲームはルーレット

ベアビック法はルーレットで利用される様々なベットテクニックの内の1つ。

ルーレットの場合、賭ける対象が37個となる場合に対象を2つだけ外し、残りの35個すべてに1単位ずつ賭けるもの。

その勝率はなんと約94.6%!

初心者でも簡単に利用でき、さらに勝てる確率を格段に上げられます。

勝つ確率が非常に高いのでここぞと言う時に使われることが多いようですが、負ける確率が全くないわけではありません。

勝率が高いことに比例して負けた場合のリスクも大きくなります。

使い方は簡単なんですが慎重に使わなければならない攻略法ともいえます。

ベアビック法はどんなタイミングで使う?

ベアビック法の基本は負けが込んできたときに少しでも盛り返したい場合に使われる方法です。

大逆転を狙う場合だと効果がないため、使い方には充分に注意が必要となります。

ベアビック法の使い方・ベット方法

ベアビック法のベット方法

ベット方法は、まず0~36まである37個の数字のうち、0(00)と前回出てた数字を外し、残りの数字に1か所ずつストレートアップしていきます。

これによりルーレットで出る目の37個のうち、対象から外した35個の数字が出た場合には1単位ずつ儲けられることになり、勝てる確率を上げることができます。

ベアビック法のメリット・デメリット

【メリット】勝つ確率が高い

ベアビック法のメリットは「勝つ確率を高めること」この一点です。

ルーレットで出る可能性のある37個の数字のうち35個に賭けるので、勝率は単純計算で95%ほど。

これだけ高い勝率なので、負けないと言う意味では使い勝手もよくリスクの少ないベット方法です。

【デメリット1】1ゲームあたりのベット金額が多くなる

ベアビック法でベットするには、35個のチップが最低でも必要となるため、負ける事はなくても34個のチップは没収されてしまいます。

トータルでみると必ずしも勝ったとはいえない結果を招くことはデメリットです。

【デメリット2】ローリスク・ローリターン

また35枚をかけても実際に買った場合に手にできるのは1単位なので、その単位の数によっては大勝ちができません。

ベット金額が多いわりにローリターンです。

また勝率が高いのでローリスクではありますが、だいたい20回に1回は負けるわけです。

でも結局カジノゲームは運なので、流れが悪ければ2連続で負けることだって普通にありえます。

そうなったとき、この方法だけで取り戻すのは厳しいでしょう。

【デメリット3】ランドカジノではベットする時間が足りないこともある

この方法では、オンラインカジノ(ライブカジノ除く)なら時間制限がないので35枚ものチップを置く時間がありますが、ランドカジノやライブカジノではこれだけのチップを置いている時間がないことも。

あくまでオンラインカジノで使う手法と割り切っておきましょう。

しかし、ベアビック法ではチップを35枚も多く時間がない実際のカジノで利用できるものに、コラムベットとストレートベットを組み合わせを選ぶことができます。

コラムベットはベットテーブルの上にかけるもので、具体的にはルーレットのテーブルの場合には横の列に1つずつチップを置き、最後に空いたところに1台ずつチップを置くものとなります。

コラムベットは12単位ずつ賭けることで、1つずつ置いた場合と同じ効果を得ることが可能です。

ただしこの場合、勝った場合であっても他のところにベットしたチップは没収されるため34枚は没収されること、さらに勝つことができても1単位での勝ちになるので大勝ちにならない点は共通しています。

とにかく勝利して気分良くなりたいプレイヤーにはおすすめ

ベアビック法でハッピー

ベアビック法はこのように確率が95%弱と非常に勝つ確率が高くなっているので、確実に勝ちたい場合にはおすすめです。

単純に35の数字に1単位ずつベットするというシンプルさも初心者に向いています。

リスクも意外と高いので要注意

ただし、上の項目でも触れましたが、勝率は100%でなくなく95%弱です。

ほとんど負ける事はないと考えて使う人が多いと思いますが、逆に言えば負ける確率が5%もあるんです。

20回に1回は負けてしまうんです。

そしてベアビック法は一度負けると35単位(1か所$1ベットしたなら$35)も資金を失ってしまう可能性は消えません。

とくに初心者だとそこまで大金を持ってないと思いますし、所持金によっては一発で続行不可能になるレベル。

ローリスクなようでいて実は諸刃の剣と言えますね。

使い方を間違えると大きな損失を抱えてしまうことになるため、十分に考慮して使うことが必要です。

おすすめゲームはルーレット

ベアビック法が最も有効なゲームはやはりルーレットです。

比較的簡単に賭けることができるほか、ベットテーブルもシンプルで利用しやすいことから、確実に勝っておきたい場面では利用しやすいでしょう。

ルーレットの場合には時間制限が短い場合も多く、その勝ち方を十分に考慮している時間もあまりない上、スムーズにゲームを進めたい場合などは非常に有効な方法となります。

ただし考え方は他のゲームでも応用できるものの、賭ける対象が異なるため、応用しづらいのは欠点といえますね。

まぁカジノゲームの攻略法は数多くあるので、この方法にこだわる必要はありませんけどね。

まとめ

カジノゲーム(とくにルーレット)攻略時に高い勝率を誇るベット方法「ベアビック法」を調べてみました。

ベットできるところのほとんどに賭けるので、当然勝率も高くなります。

約95%という勝率はなかなかのもの。

でも多くベットすればお金も使いますし、ベット金額に対する勝利金の割合も少なくなります。

負けが続いているので一度勝利して流れを変えたい、初心者がまず勝利を味わってみたい、などのシチュエーションでなら使ってもいいですね。

大きな負けを取り戻すため、大きく稼ぐために使う方法ではないですね。