【BONS×当サイトのタイアップ企画】
\コード:daysの入力で35ドルもらえる!/


ビットカジノ違法性 – 詐欺やイカサマはない?怪しいと感じる要因は?

ビットカジノ違法性 アイキャッチ画像

オンラインカジノ業界で初めて仮想通貨「ビットコイン」に対応したのがビットカジノ(BitCasino)です。

名前もビットコインをそのまま利用した感じでわかりやすいですね。

ビットカジノは匿名性の高い仮想通貨をメインで扱っているため、本人確認不要で遊ぶことも可能です。

ただし、いまでこそビットコインなどの仮想通貨も知られるようになってきましたが、まだまだ怪しい・詐欺といった悪い印象を持っている人も多いでしょう。

また、オンラインカジノそのものの違法性も不安に感じている人は多いのでは?

そこで、ビットカジノの違法性は大丈夫なのか?についてさまざまな角度から解説していきます。

ビットカジノの違法性は大丈夫?

ビットカジノ違法性 大丈夫?

ビットカジノのようなオンラインカジノの違法性を判断する基準にはこの6つが挙げられます。

違法性を見るポイント
  • 運営ライセンスの取得状況
  • 拠点がある場所
  • 運営会社の違法性
  • 第三者機関に監査されているゲームの採用
  • ビットカジノサイトの日本語の質
  • ビットカジノのサポート対応の質
  • ユーザーのネガティブな評判

    では上でリストアップした違法性のチェックポイントをそれぞれ解説していきます。

    運営ライセンスの取得状況

    まず第1に違法性を測る判断基準になるのが運営ライセンスです。

    ビットカジノがどの国のライセンスを持っているのか?ですが、オランダ領のキュラソーという島国で取得しています。

    ビットカジノの違法性 キュラソーライセンス

    参照元:curacao-egaming.com

    日本人にはあまりなじみがない国だと思いますが、ライセンスの信頼性的には平均的なレベルです。

    上/中/下で信頼性を判断すると中くらいでしょう。

    世界トップクラスに信頼性の高いライセンスではないものの、運営基盤や会社の信頼性、違法性についてはしっかり審査されていますし、なにより取得しているだけで違法性はなくなります。

    よって入金したお金が返ってこないなど、詐欺まがいな目には合わないでしょう。

    そんな話があがったら、すぐにライセンスはく奪→運営停止になってビットカジノにとってデメリットしかありません。

    またキュラソーライセンスは100以上のオンラインカジノが取得しています。

    日本一のユーザー数がいるベラジョンカジノも2番手のカジ旅もここで取得しています。

    そういった面を総合的に見ても信頼性は十分と言えるライセンスです。

    というわけで、キュラソーライセンスを持っているビットカジノ自体に違法性はありません。

    【おまけ話】オンラインカジノのライセンス事情

    オンラインカジノの免許・資格的なものでもある運営ライセンスは世界中のさまざまな国が発行しています。

    日本では発行されていないため馴染みがないと思いますが、数十カ国がオンラインカジノを合法にしています。

    また規制する法律を定めていない国も含めると100カ国以上が該当します。

    逆に禁止にしている国は40カ国もないレベル。

    割合的に見るとオンラインカジノは世界的に認められているギャンブルと言えるでしょう。

    そしてライセンス発行している国は当然オンラインカジノを法的に認めているため、違法性はありません。

    またインターネットに国境はないため、合法国で運営されているビットカジノのようなオンラインカジノを日本でプレイしても逮捕されることはないでしょう。

    といっても日本には現状オンラインカジノを取り締まる法律がないためグレーな状態です。

    いずれ規制されてしまったら間違いなくニュースに取り上げられるので、それまでは違法性はないと言えるでしょう。

    拠点がある場所

    ビットカジノ自体には違法性がありません。

    ただし、日本国内で遊ぶ場合は刑法の賭博罪の影響もでてきます。

    賭博罪では次の条件を満たすと違法になり、胴元は摘発され遊んでいた客も逮捕されます。

    賭博罪で違法となる条件
    • 胴元が日本国内に拠点を持ち賭博サービスを提供している
    • 客が遊んでいる、遊んだ証拠がある

    ポイントは拠点が日本国内にあること、客が遊んだ証拠があることです。

    どちらか片方だけ成立していても違法性は問えません。

    客が遊んでいる証拠については当てはまってしまいますね。

    でも、ビットカジノの拠点は日本国内に1つもありません。

    拠点とは本社や支店だけでなく、サポートセンター的な施設でもNGですが、該当する拠点はありません。

    よってビットカジノで遊んでも違法性は問えないわけですね。

    今後規制法案が成立して法改正されれば話も変わってきますが、現状は国会で議題に上がっても何1つ進展が見られません。

    政府が動くまでは気にせず遊べるでしょう。

    運営会社の違法性

    ビットカジノはあくまでもただのオンラインカジノサイトの1つです。

    そして、このサイトを運営する会社が違法行為をしていれば違法性ありとなってしまいます。

    ビットカジノは「mBet Solutions NV」という企業が運営しています。

    そして、公式ページに掲載されている住所は「Heelsumstraat 51 E-Commerce ParkCountry Curaçao」とあるように、ライセンス発行国キュラソーにあります。

    ビットカジノの違法性 運営会社mBet Solutions NV

    ※グーグルマップで住所検索した場所にあった建物

    上場企業ではありませんが、2014年にオープンしてから金銭トラブルもなく、信頼性は高いと言えるでしょう。

    また、ライセンスを取得&更新できている以上、大きなお金が動くオンラインカジノを運営するにあたって問題ないと判断されている会社です。

    審査では会社の資金面や運営能力なども判断されますからね。

    とくに仮想通貨を利用するユーザーはハイローラーが多くなります。

    扱う金額も多くなる中でいままで問題なく運営できている実績からも信頼性は高いと言えるでしょう。

    また、マネーロンダリング対策はしっかりできているか、反社勢力との関りはないか、個人情報の扱いは正当にできているか、などの項目も審査されます。

    こういった違法性のある行為への姿勢も評価された上でライセンス発行されているため、運営会社にも違法性はないと言えるでしょう。

    第三者機関に監査されているゲームの採用

    ビットカジノは第三者機関に監査済みのゲームなのでイカサマや詐欺行為はできません。

    ビットカジノで遊べるカジノゲームはビットカジノ自身が開発しているわけではありません。

    カジノゲームを開発しているゲーミング会社が作成し、その会社と提携してビットカジノサイト上で遊べるようにしています。

    よって、ビットカジノ側がゲームプログラム内にイカサマを組み込むことはできません。

    出された結果からユーザーとお金のやり取りをするだけなので、アルバイトのレジ担当的な感じですね。

    となると、ゲーミング会社のソフトウェアに不正が組み込まれていないか?が問題です。

    そこはビットカジノ側がいくら頑張ってもわからない部分ですからね。

    ではどうやって信頼性を確保しているか?ですが、オンラインカジノ業界にはゲームプログラムを監査する第三者機関という組織があります。

    この機関では会社側から提示されたRTP(ペイアウト率)どおりの結果が出ているのか、イカサマプログラムが仕込まれていないか、と言ったポイントを厳正にチェックします。
    (RTP=いくら使ったらどれだけ戻ってくるのか?の割合)

    ビットカジノ派この第三者機関の審査をクリアしたゲーミング会社のゲームを採用しているため、ゲーム内での不正はない=違法行為はないと言えるでしょう。

    ビットカジノと提携している主なゲーミング会社

    提携ゲーミング会社
    • エボリューションゲーミング
    • マイクロゲーミング
    • プラグマティックプレイ
    • プレインゴー
    • ネットエント
    • ユグドラシル
    • レッドタイガー
    • リラックスゲーミング
    • ゴールデンヒーロー
    • イズギ
    • クイックスピン
      など70社ほど

    これらはキュラソーより厳しい審査の運営ライセンスを取得しているオンラインカジノのほとんどで採用されているゲーミング会社です。

    信頼性は非常に高いと言えます。

    ビットカジノサイトの日本語の質

    オンラインカジノの中には翻訳ソフトで変換しただけのような不自然な日本語になっている怪しいサイトもあります。

    さすがに日本市場参入を堂々と宣伝しているオンラインカジノにそういったところは見かけなくなりましたが、とりあえず対応しただけのやっつけ仕事的なサイトもまだまだあります。

    当然そんなサイトは信頼性が低いと言えるでしょう。

    対してビットカジノサイト内の日本語はごく自然なもの。

    日本人か日本語に達者な担当者がしっかり監修していると言えます。

    利用規約の一部を抜粋。

    ビットカジノ違法性 利用規約の一部

    よってサイトの日本語対応状況も問題ありません。

    日本人、もしくは日本語に通じた人員により管理されている点も信頼性できるポイントです。

    そして、質の高いサービスを提供する姿勢の面からも違法行為をする可能性は低いと言えるでしょう。

    ビットカジノのサポート対応の質

    ビットカジノは日本語でのサポートにも対応しています。

    メールとライブチャットがあり、ライブチャットなら3分ほどあれば繋がります。

    ビットカジノが怪しいと感じる理由の1つでもあるサイト内の日本語表記と同じく、サポートの日本語対応も問題ありません。

    電話サポートはないため日本語がどれくらいのレベルなのかまではわかりませんが、違和感なくやり取りできれば十分でしょう。

    よってサポートの信頼性も問題ないと言えます。

    ユーザーのネガティブな評判

    最後はビットカジノで実際に遊んでいるユーザーの声から違法性・信頼性を判断しましょう。

    とくに出金関係に悪評がないオンラインカジノは信頼性が高いと言えます。

    そこで「ビットカジノ 出金」でツイッター検索してみるとこんな声がヒットします。

    出金関連の評判
    • ビットカジノは安心できる
    • 出金が早い
    • 30万/日以下の出金なら日本円でも本人確認不要

    このように違法性が疑われるような投稿は見られませんでした。
    (そのままコピペせず内容を簡潔にしてあります)

    サポートが対応いいという声もありかなり好印象。

    悪い評判は「最近出金遅くなった?」といった投稿が1件ヒットしました。

    ビットカジノの出金スピードは割と早いほうですが、状況により遅くなることもあるでしょう。

    それでも明らかに違法行為でもある、不当な出金拒否や遅延は確認できませんでした。

    ネットの評判を見る限り、ビットカジノの違法性はまずないと言えるでしょう。

    まだビットカジノが怪しいと感じる人へ

    ビットカジノの違法性 怪しいと感じる理由

    ここまで紹介した項目に、ビットカジノの違法性が疑われるようなことはありませんでした。

    それでもまだ怪しいと感じてしまう人はいることでしょう。

    そこで怪しいと感じる要素について見ていきます。

    ビットカジノを怪しく感じる要素

    怪しいと感じる要素
    • オンラインカジノそのものへの不信感がある
    • 日本でインカジ摘発ニュースをよく見かける
    • 映画などで印象付けられたマフィアが絡んでそうなカジノ業界のイメージ
    • ビットカジノ特有の仮想通貨メインのサービス

      このあたりが影響していると考えられます。

      オンラインカジノそのものへの不信感がある

      実際オンラインカジノで遊んだことがなければ、どんなサービスなのかわかっていない状態です。

      とりあえずやってみましょう、と言いたいところですが、海外のギャンブルサイトにお金を入金するのって初めはハードル高く感じるはず。

      クレジットカード入金する人が7割と言われていますが、カード情報を悪用される不安もあるでしょう。

      また個人情報の悪用も心配です。

      でも、これらの不安要素はライセンス取得時の審査でクリアされています。

      審査項目には個人情報の扱いが含まれているため、合格できなければライセンスを取得できず運営不可となります。

      それでもごく一部のオンラインカジノはクレジットカードを悪用する事例もでているんですが、ビットカジノは問題ありません。
      (ロシア系のオンラインカジノでけっこうみかける)

      過去にそういった話もありませんし、個人情報の扱いに関しての違法性・信頼性は問題なしと言えるでしょう。

      日本でインカジ摘発ニュースをよく見かける

      日本では毎月のように闇カジノ「インカジ」の摘発ニュースが報じられています。

      インカジはインターネットカフェっぽい店舗形態でオンラインカジノを客に遊ばせる違法賭博店のこと。

      オンラインカジノ=オンカジと響きも似ているため遊んだら逮捕されるイメージを持ってしまっている人もいるんじゃないでしょうか。

      この点については編集部としてもいちユーザーとして不満に感じる部分ですが仕方ないですね。

      さらに政府や警察庁も同じ意味で使い違法だと言っている傾向が見られます。

      でも、インカジとオンカジは全く違います。

      前述しましたが、インカジが日本で違法賭博扱いになるのは刑法「賭博罪」の適用条件を満たしているから。

      賭博罪では次の2点を満たしていると適用されます。

      賭博罪の適用条件
      • 賭博サービス提供側の店が日本国内にある
      • 客がそこで遊んだ証拠がある

      摘発ニュースでは現行犯逮捕が多いため、インカジ店舗で客が遊んでいる現場で逮捕されることから条件は満たされていますね。

      対してビットカジノのお店、というか会社拠点はキュラソーにあります。

      サービス拠点が海外で、しかも合法国なので違法性はなし。

      また店が国内にないことから賭博罪も適用外となります。

      これについては日本にオンカジを規制する方がないだけなので合法ってわけではないものの、逮捕される心配はないでしょう。

      現に過去にオンカジプレイヤーが逮捕された事件では裁判で違法性なしと判決が下されています。

      映画などで印象付けられたマフィアが絡んでそうなカジノ業界のイメージ

      これは私個人のイメージかもしれませんが、カジノのようなギャンブルは薄暗い部屋でたばこや葉巻を吹かせながらマフィアが楽しみつつ裏では麻薬取引している印象があります。

      そして実際どんなやり方で資金運用されているか?はユーザー側では調べようもありません。

      ですが、そういった反社会的組織とのつながりがあるかどうか?はライセンス取得時に厳しくチェックされています。

      会社や関係が犯罪組織とつながりがあればライセンスは発行されません。

      また違法行為であるマネーロンダリング(資金洗浄)についてもしっかり審査されています。

      よって、この要素に関してもビットカジノは問題ないと言えるでしょう。

      ビットカジノ特有の仮想通貨メインのサービス

      いまでこそ仮想通貨は認知度もあがり、実際の保有する人も増えています。

      日本での複数の仮想通貨取引所が政府公認の元で運営されて日々トレードされている真っ最中です。

      とはいえ、仮想通貨はデジタルデータでしかありません。

      古い考え方の人間からすれば怪しいと感じることもあるでしょう。

      また詐欺師にとって天国とも言える日本では、数々の仮想通貨投資案件に騙された人がでています。

      お金の教育を受けていない国民性から、格好のカモにされている状態です。

      となると、仮想通貨を扱うビットカジノも詐欺業者なのでは?と怪しんでしまう可能性はあります。

      とはいえ、仮想通貨市場はすでに数十兆円規模にまで膨らんでいます。
      (2020年データでは3645億米ドル=40兆円ほど)

      さらに給料をビットコインで支払う企業、エルサルバドルのように法定通貨にする国が誕生するなど、もはや通貨としての地位は確固たるものになっています。

      新しく誕生した仮想通貨は詐欺ビジネスが横行しているため怪しいと感じる面もありますが、ビットコイン、イーサリアムなどすでにメジャーになっているコインなら問題ないと言えるでしょう。

      むしろ仮想通貨を使ってオンラインカジノを楽しむのが当たり前の時代と言えるかもしれませんね。

      ここまで怪しいと感じる要素をいくつか紹介してきましたが、とりあえず勝利金が支払われないなどのトラブルはありませんので安心してください。

      最後にビットカジノのおすすめポイントを紹介しておきます。

      違法性なしというプレイヤーと違法性ありという警察庁/消費者庁はどっちが正しい?

      2022年に警察庁と消費者庁がオンラインカジノは違法とホームページ上で明言しました。

      https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/hoan/onlinecasino/onlinecasino.html

      ですが、編集部では自分の端末からサイトにアクセスして遊ぶ分には違法性なしと考えています。

      その根拠は2016年にあったプレイヤー逮捕事件の裁判で、客側が勝っているから。

      ニュースで見かけるインカジ摘発はまた別の話なので、自分の持っているスマホなどでオンラインカジノを遊ぶ場合とは関係ありません。

      対して、警察庁(と消費者庁)は、違法と主張している割に逮捕しようとしません。

      プレイヤー数が100万人以上いる中で、まともに逮捕した事例が上の事例しかなかったりします。
      (京都府警が遊んでいた警官を逮捕した事例はありますが、名前などは一切公開されず信ぴょう性は微妙です)

      もっと積極的に逮捕すれば、簡単にプレイヤー数を減らせるはずなのに、です。

      できないのは違法性がない、無理やり逮捕すると裁判で負けることがわかっているからといえるでしょう。

      というわけで、ビットカジノで遊んでも問題ありません。

      ですが、インカジはNGなので行かないでくださいね。

      お知らせ
      2023年9月に、SUMOPAYという決済サービスで日本国内から送金代行していた関係者と客が逮捕されました。これに関しては2016年にも日本国内の決済業者が摘発され、利用客も逮捕された事件が起こっているため、同じ流れです。当時からこじつけ感はありましたが、海外の決済サービスを利用していれば警察はまず逮捕できないでしょう。

      違法性に問題なし!ビットカジノを選ぶメリットは?

      ビットカジノ違法性 選ぶメリット
      主なメリット
      • 仮想通貨でベット可能
      • 本人確認不要で遊べる

      ビットカジノ派日本語完全対応で、サポートもメール/ライブチャットが24時間利用可能で安心して遊べるオンカジです。

      そしてここの特徴は仮想通貨でベットできること。

      いまはほかのオンカジも対応してきていますが、業界初で、ビットコインが爆発的に知名度を上げた2017年より3年も前に使えるようにしていました。

      すごい先見性ですね。

      で、この仮想通貨を利用することで、ほかのオンカジと違って匿名で遊ぶことも可能です。

      なんだか怪しく感じてしまうかもしれませんが、そこはこれまで運営と続けてきた実績からも信頼性はあると言えるでしょう。

      メルアドと生年月日があればその他の本人確認は不要でプレイ可能なので、まずはビットカジノでオンカジ体験してみてください。

      なお仮想通貨でプレイする場合に限り、出金するときも本人確認なしでできてしまいます。

      仮想通貨を持っている人がサクッと遊ぶには最適ですね。

      ビットカジノの違法性についてよくある質問

      よくある質問
      • 日本で遊んだ時の逮捕リスクは?
      • ゲーム結果に不正はない?
      • 預け入れたお金は安全?
      • トラブル発生時のちゃんと対応してくれる?
      • 個人情報を不正利用されたりしない?

      日本で遊んだ時の逮捕リスクは?

      現行の法制度なら逮捕される心配はないでしょう。また国会でも具体的な規制に向けた動きは一向に進んでいません。新しく法律が制定されたらその時に注意することになります。

      ゲーム結果に不正はない?

      イカサマや不正はありません。連敗すると疑いたくなりますが、ビットカジノで提供されているゲームプログラムは第三者機関の審査を合格したものだけです。不正プログラムが組み込まれていることはないでしょう。ライブゲームについても、ディーラーが不正できないよう監視カメラのある状態でゲーム進行されています。

      預け入れたお金は安全?

      安全に管理されています。仮想通貨はコールドウォレットにて保管され、外部からの不正アクセスはできない状態です。また、オープンしてからこれまでに不正利用されたこともありません。

      トラブル発生時のちゃんと対応してくれる?

      しっかり対応してくれます。ライブチャットやメールサポートを利用しましょう。

      個人情報を不正利用されたりしない?

      不正利用されることはありません。ライセンス取得時に個人情報の扱いも審査されていて、合格しているからこそ営業できています。どうしても不安な人は、仮想通貨を利用すれば本人確認情報を提出しなくても遊べます。

      まとめ

      世界で初めてビットコインでゲームを遊べるようにしたオンラインカジノ「ビットカジノ」の違法性・信頼性についてまとめました。

      きちんとした正規ライセンスを取得し健全に運営しているオンラインカジノです。

      違法性はありませんし、信頼性も高いと言えるでしょう。

      安心して遊べます。

      また仮想通貨で遊ぶ時はさらに使いやすくなるオンラインカジノです。

      仮想通貨の価格変動はネックですが、利便性や手数料の安さは大きなメリットです。

      入出金対応も早く、個人情報を渡したくない人は本人確認不要でも遊べます。

      ぜひビットカジノでオンラインカジノを体験してみてください。