ビットコイン対応オンラインカジノのおすすめは?入金・出金や税金情報も紹介!

ビットコインでプレイ可能なオンラインカジノ

2017年に価格が急騰して一気に注目度が上がった仮想通貨「ビットコイン」。

言わずと知れた仮想通貨のドン的な存在です。

そして日本で一番登録者数が多いと言われるオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」も2020年からついにビットコイン対応となりました。

ほかのオンラインカジノもその波に乗っかり1社、また1社とビットコインに対応し始めています。

そこでビットコイン対応のオンラインカジノを一覧で紹介!

その中でおすすめのオンラインカジノをピックアップしました。

またビットコインの入金方法についてもまとめたので参考にしてください。

ビットコイン対応オンラインカジノを選ぶ前のポイント

ビットコイン対応オンラインカジノを選ぶ時に注意したいのが

  • ビットコインのままベットできるのか
  • ウォレットのセキュリティ
  • 運営ライセンスの信頼性

です。

ビットコインのままベットできるのか

オンラインカジノのビットコインでのベット

税金に関わってくるためここが一番大事なポイントですね。

2020年あたりから急激にビットコインに対応するオンラインカジノが増えてきたんですが、それはハイローラーと呼ばれるお金持ちプレイヤーたちが良く使うからだと言えます。

オンカジ側にとって利益をもたらしてくれるのは一般プレイヤーよりハイローラーです。

そしてビットコインの急騰で資産を増やした人の使い道の1つとして認知されてきている感があります。

ビットコインは一部の国で法定通貨になるなどすでに一定の地位を築いていますが、それでもいまの日本でお手軽に使えるのか?というとそうではありません。

ビックカメラがビットコインに対応していたりしますが、それでもコンビニやスーパーなど日常的に使うことってまだできないですよね。

さらにビットコインで億り人になった人が国税に入られて税金が払えず酷い目にあっている、なんてニュースを結構見かけます。

日本ではビットコインをほかの通貨に換金した時点で税金がかかってしまうんですよね。

以前は日本円にしなければ問題ないと思われていた時期もあったんですが、いまはほかの通貨(仮想通貨も含む)に交換したら税金がかかります。

となるとビットコインのままで使い続けるしかないんです。

もちろん現状での話なので、法改正があったり解釈が異なる税務署もあるかもしれませんのでご注意ください。

ただそれは差し置いても税金面の関係でビットコインのまま他の通貨に交換せず使えるオンラインカジノであることは大事なポイントと言えるでしょう。

ウォレットのセキュリティ

ビットコインはウォレットというもので管理します。

オンラインカジノのアカウント内のウォレットに保管されるため、そのセキュリティが甘いようだと安心して預けられません。

さずがにザルのような穴だらけのセキュリティってことはまずないとは思いますが、プレイヤー側では管理の裏側までわかりようもありません。

またウォレットの管理方式についてはあまり情報がないためセキュリティに関して調べようがなかったりします。

なので、せめて管理方式がわかっているオンラインカジノを選ぶようにしたいですね。

ちなみに以前580億円相当の仮想通貨を盗まれたコインチェックは、当時こんな管理方法になっていました↓

  • ホットウォレット(ネット接続されているもの)に仮想通貨NEM(ネム)を保管
  • マルチシグウォレットではなかった(セキュリティ甘め)

「どうか盗んで下さい!」と頭を下げてお願いしているレベルのセキュリティです(汗)

さすがにこんなセキュリティガバガバな状態ではないと信じたいものですね。

ただ一部のオンラインカジノはウォレットの管理状況がわかっているので、そういったオンラインカジノをおすすめします。

用語について
ホットウォレットとは?

オンライン上で管理しているウォレットなので入出金はスムーズですが盗まれやすくなります。反対にコールドウォレットはオフライン環境での管理なのでネット上からのハッキング被害は起こり得ません。

マルチシグとは?

シグはSignature(署名)のこと。マルチシグは仮想通貨の送金時に必要になるシグが複数必要となる仕組み。対してシングルシグは署名1つだけなのでハッキングされやすくなります。

運営ライセンスの信頼性

オンラインカジノの信頼性

ビットコインに対応できるかどうかは運営ライセンスによります。

そして世界トップクラスに信頼性の高いライセンスではできなかったりします。

そのためイギリスやマルタ共和国などトップクラスに審査の厳しいライセンスを取得していたベラジョンカジノなど多くのオンラインカジノがワンランク下のライセンスに切り換えています。

いままでオンラインカジノを選ぶ時の目安の1つだった高いランクのライセンスを取得しているかどうか。

それが今はざっと見た感じ「キュラソー」という国のライセンスが多くなっています。

信頼性のランクは普通なので、オンラインカジノに不安を感じている人にはマイナスかもしれません。

そこでおすすめの選び方は、以前まで高いランクのライセンスを取得していてビットコイン対応のためにランクを下げたオンラインカジノを選ぶこと。

すでに厳しい審査をクリアできる実力を持ち合わせていながらあえて実利をとったところを選べば安心です。

 

では本題の日本人が快適にプレイできるビットコイン対応のオンラインカジノをピックアップ。

おすすめを紹介していきます。

日本語OKのビットコイン対応オンラインカジノでおすすめは?

ビットコイン対応オンラインカジノ一覧(50音順)

  1. 1XBET
  2. インターカジノ
  3. エルドアカジノ ※旧パイザカジノ
  4. 賭けっ子リンリン ※旧10ベットジャパン
  5. カジ旅
  6. カジノイン
  7. カジノフライデー
  8. カジノミー
  9. クイーンカジノクイーンカジノ
  10. コニベット
  11. スポーツベットアイオー
  12. トラストダイス
  13. バオカジノ
  14. ビットカジノ
  15. ビットスターズ
  16. ベットティルト
  17. ベラジョンカジノ
  18. ボンズカジノ
  19. ミスティーノ
  20. 遊雅堂
  21. ユースカジノ
  22. ユニークカジノ
  23. ライブカジノアイオー
  24. ライブカジノハウス
  25. ラッキーデイズ
  26. ラッキーニッキー
  27. ロキカジノ
  28. ワンダーカジノ
    など

ここ数年でオンラインカジノが急増&既存サイトもビットコインに対応してきているのでまだまだ確認できていないところもありますが、ある程度知名度のあるオンカジはこれくらいですね。

そしてこの中でビットコインのままベットできるのはこちら↓

ビットコインのままベット可能なオンラインカジノ(50音順)

  • カジノイン
  • スポーツベットアイオー
  • トラストダイス
  • バオカジノ
  • ビットカジノ
  • ビットスターズ
  • ライブカジノアイオー
  • ロキカジノ
  • ワンダーカジノ

これらオンラインカジノはウォレットがあるためビットコインで直接賭けられます。

この中でおすすめのオンラインカジノをピックアップし特徴を紹介していきます↓

おすすめは「ビットカジノ」

ビットコイン対応カジノ ビットカジノ

特徴

  • 本人確認不用でプレイできる
  • 平均出金スピードが約2分で世界トップクラス
  • 遊べるゲーム数は2000以上
  • 日本語サポートOK
  • イーサリアム・ライトコイン・トロン・テザー・カルダノ(エイダコイン)・リップルにも対応
  • 入金額 0.001BTC~無制限
  • 出金額 0.002~50BTC/日
  • 登録ボーナス なし
  • 入金ボーナス 最大0.08BTC

ビットカジノは2014年1月~運営スタート。

ビットコイン価格が急騰した2017年よりかなり前からビットコイン対応していたオンカジ業界の仮想通貨対応において先駆者的存在です。

それだけに信頼性も高く、ビットコインで遊びたい人はここが一番おすすめです。

ゲームによって通貨単位がユーロなどの法定通貨で表示されているものもありますが、ビットカジノ側で自動変換してくれるので気にしなくても遊べます。

ビットコインでのプレイをとことん快適にしているオンラインカジノですね。

ちなみに「ライブカジノアイオー」「スポーツベットアイオー」はビットカジノ系列のオンカジなので本家が一番おすすめです。

本人確認不要で遊べる

ビットカジノは身分証明不要でサクッとアカウント作成してすぐに遊べます。

出金するときも本人確認不用なのでお手軽さも魅力。
(日本円で高額出金するときは必要)

個人情報を海外サービスに知られたくない人にとってもおすすめできるオンラインカジノです。

日本語対応

運営サイト表記はもちろん、日本語でのサポートにも対応。
(ライブチャット・メール)

2019年4月には日本円での入金にも対応し、積極的に日本人向けサービスを充実させています。

信頼性

「Luckbox Ent Ltd」が運営するビットカジノの運営ライセンスは「キュラソー」政府のもの。

信頼度は中程度と言えます。

第三者機関の監査は受けていないようですが、監査チェックされている企業のソフトウェアを採用しています。

ほか、ゲーミング(オンラインカジノ)業界のオスカー賞ともいわれる「ライジングスター賞」にノミネートされたこともあります。

ウォレットのセキュリティ

プレイヤーへの入出金ように一部だけホットウォレットで管理、あとはコールドウォレット管理なのでハッキングされる心配はないでしょう。

複数の署名を必要とするマルチシグウォレットを採用しているので二重でハッキングの心配が軽減されています。

ゲームの種類

  • スロット(1900種類以上)
  • ジャックポット(30種類ほど)
  • バカラ(45種類以上)
  • ブラックジャック(30種類以上)
  • ルーレット(20種類以上)
  • テーブルゲーム(80種類以上)
  • ライブカジノ(300種類以上)
    ※種類数は記事投稿時点のもの

一番人気は24時間いつでも遊べるライブカジノ。

全77種類を好きな時間にプレイできるのは大きな魅力です。

キャンペーン

オンラインカジノの中でもキャンペーン数が多いことで知られるビットカジノ。

イベントやトーナメント、抽選会などでボーナスゲットの楽しみもあります。

ボーナス面は他社に一歩劣るところもありますが微々たる額です。

それよりビットコインプレイの快適さで選んだほうがいいですね。

入金ボーナス

初回入金ボーナス100%なので、入金したビットコインの倍額でスタートできます。

さらに2回目以降も入金ボーナスがいくつか用意されているため、より多くの金額で楽しめます。

プレイし続ければVIPだけに提供されるVIP制度への道も開けてくるので、まずはビットコイン入金でボーナスゲットしてみてくださいね。

登録はこちら
ビットカジノで遊ぶ

個人的におすすめ「エルドアカジノ」

エルドアカジノ登録方法

 

特徴

  • 入出金スピードが業界トップクラス
  • 入金額 $10~
  • 出金額 $30~
  • ゲーム数 2000種類以上
  • 日本語サポート対応(チャットは24時間OK)
  • 仮想通貨での出金は身分証明不要

大金をベットするハイローラーに支持されているオンラインカジノがここ。

ここで選ぶには趣旨が異なってしまいますが、私が愛用しているので勝手におすすめとして取り上げました(笑)

ビットコインそのままではベットできませんが、入出金は可能です。

入金の反映は約1分、出金は約2分で完了するためノーストレスです。

さらに多くのオンラインカジノでは高額出金に時間がかかることも多いのですが、ここは過去に500万円以上の出金も1分以内で完了した実績あり。

また出金額に上限も設けられていません

ハイローラーにとっても快適な環境が整っています。

日本語対応

24時間対応のメール・チャットサポートあり。

カジノサイトも完全日本語表記なので、安心してプレイできます。

信頼性

イギリス領のヴァージン諸島に拠点がある「GLOBAL SYSTEM TECHNOLOGIES INC.」によって運営されていますが、オンラインサイト運営はフィリピンです。

運営ライセンスは次の2つ取得しています↓

  • カナワケライセンス
  • キュラソーライセンス

また、PT gamesのみパグコーライセンスの認可あり。

信頼度は中の上といったところ。

カナワケライセンスは過去の大きなトラブルも起きていないため比較的信頼度高めなライセンスです。

ゲームの種類

  • バカラ
  • スロット
  • ジャックポット
  • ポーカー
  • アーケード
  • スクラッチカード
  • フィッシュゲーム
  • テーブルゲーム
  • ライブカジノ

ハイローラーに人気の「バカラ」が充実しています。

ベット可能額も1円~1000万円台まで幅広いのも特徴。

種類も豊富でハイローラー以外も十分楽しめますが、やはりハイローラーをターゲットにしている印象です。

キャンペーン

コンプポイントという、勝敗に関係なく1000円ごとに2ポイントたまる仕組みが用意されています。

1ポイント=1円で換金できるのですが、たまにコンプポイント増量キャンペーンが開催されます。

入金ボーナス

ボーナスはありませんが、その分キャッシュバックがあります。

最大5万円までキャッシュバックされるので入金ボーナスより有利です。

VIP待遇あり!ハイローラーに支持されるオンカジ
エルドアカジノで遊ぶ

 

つづいてビットコインで遊ぶメリット・デメリットについて解説していきます。

オンラインカジノでビットコインを使うメリット・デメリット

ビットコインを使うメリット

オンラインカジノでビットコインを使うメリット
  • 入出金が簡単
  • 手数料が安い
  • ビットコインだけ限度額が大きいオンカジが多い
  • キャピタルゲインも狙える

入金が簡単

銀行送金のようにATMへいって手続きする、クレジットカードのようにカード情報を入力する、といったひと手間がいらないビットコイン入金。

平日・休日に関係なくいつでも送金できるのはオンラインカジノにピッタリです。

24時間365日対応するネット銀行ならスマホで最初だけ振込先を登録しておけば次から簡単になるなど例外もありますが、その他入金手段にくらべて手数を減らせるのは大きなメリットです。

手数料が安い

ビットコインでの送金は手数料が安く抑えられるのもメリットです。

具体的にいくらぐらいなのか?は手段によってまちまちなので何とも言えませんが、頻繁に入出金する人ほど手数料コストを抑えられます。

銀行からの送金は高額な手数料になりやすいですし、そもそも対応してくれないこともあります。

エコペイズなどの電子決済サービスもオンラインカジノへの入出金は無料なところも多いんですが、使用する電子決済サービスへの入金、そこからの出金手数料は高額になることが多いです。

ビットコインなら間にマージンを取るサービスがないので一律なのもお得です。

ビットコインだけ限度額が大きいオンカジが多い

ほかの入出金手段は限度額が100万~200万円程度に抑えられているオンラインカジノがほとんどです。

対してビットコインはそれらより限度額が大きくなっているところが多いです。

たとえばこのページでおすすめしたビットカジノは入金限度額なしの無制限。

出金も1日50BTCまでなので実質無制限みたいな金額です。

1BTC=100万円で計算しても1日5000万円まで出金できる計算。

記事を書いている時点のビットコイン価格は500万円以上だったため、2億5000万円も出金できることになります。

いくらハイローラーと言っても、これだけ出金できるなら不自由しないでしょう。

キャピタルゲインも狙える

ビットコインは価格変動の激しい通貨ですが、まだまだ上昇するとの声もありますね。

もちろん下落する可能性もあるわけですが(汗)

でもこれだけ認知され試算としての価値も認められつつある状況になっていることは間違いありません。

これから突然ビットコイン価値がなくなるとは考えずらいと思っています。

法定通貨で言えばアメリカドルの役回りでもあるビットコイン。

大量にあるアルトコインの中でニッチなコインと交換できるのはビットコインだけです。

仮想通貨のドン的な立ち位置ですし、これにとって代われるコインがすぐ出るとは考えにくいですね。

よってまだまだ価格は上がっていくと私は思っています。

となると今ビットコインで持っておくだけでも資産を増やせる可能性が高いと言えるでしょう。

ビットコインを使うデメリット

オンラインカジノでビットコインを使うデメリット
  • ほかの仮想通貨より反映が遅くなる
  • 初めての人はビットコインを買うまでが面倒
  • 価格変動が激しい

ほかの仮想通貨より反映が遅くなる

仮想通貨の中では一番取引量が多く認知されているビットコインですが、一番最初に登場した仮想通貨だけあって仕組みが古くなっています。

そのせいで送金速度が遅いのは大きなデメリットですね。

ビットコインは10分に一度承認処理が実施されてようやく送金されるわけですが、必ず処理されるわけではありません。

人より多く手数料を上乗せした人が優先されてしまうため、運が悪いと数十分以上かかってしまうことも・・・。

そうなると手数料もかかってしまい踏んだり蹴ったりですね(汗)

初めての人はビットコインを買うまでが面倒

すでにビットコインを持っている人ならオンラインカジノで使うことはおすすめです。

でもこれから購入する人はその日のうちにオンラインカジノへ送金してベットに使うことはできないでしょう。

基本的なビットコイン購入の流れはこうなります↓

  1. 仮想通貨取引所で口座開設
  2. 本人確認を済ませる
  3. 日本円を入金する
  4. ビットコインを購入する
  5. オンラインカジノへ送金する

可能が気にすればたった5ステップですが、本人確認で時間をとられますし、休日では入金がスムーズにできない人もいるはず。

さらにビットコインを買う、オンラインカジノへ送金手続きするのも初めてのはずなのでスムーズにはできないかもしれません。

これだけのハードルを乗り越えて遊ぶまでにモチベーションも下がってしまうことだってありえます。

ただ、そんなときはここでもおすすめした「ビットカジノ」に登録しましょう。

このオンラインカジノはなんと直接ビットコインを購入できてしまいます。

上で紹介した基本的なコイン購入の流れをほぼ省くことが可能なんです。

ビットコインを使うメリットに魅力を感じた人はビットカジノで購入することをおすすめします。

価格変動が激しい

メリット部分でも触れましたが、ビットコインは価格変動が激しいです。

キャピタルゲインが狙える反面、逆の結果になる可能性も・・・。

せっかくオンラインカジノで勝ってもコインそのものの価格が急落したらプラスどころかマイナスになることだってありえます。

そのあたりのリスクは考えておく必要があります。

なので、これから新規にビットコインを購入する人より、安いときに買って急騰したものの使い道がなくて困っている人にこそオンラインカジノをおすすめします。

 

メリット・デメリットについてはこれくらいにして、次にビットコインで稼いだ時の税金面についてもまとめました。

仮想通貨の税率は高いので気を付けてください。

ビットコイン収益の税金について知っておこう

ビットコイン収益の税金

ビットコイン収益の所得の種類は?

オンラインカジノの稼ぎは一時所得

オンラインカジノは多くの一般プレイヤーにとってただのギャンブルです。

そこで勝利して稼いだお金は「一時所得」として扱われ、けっこうな税金をとられてしまいます。

ただしビットコインで得た所得なのでギャンブルでなく仮想通貨の利益と考え「雑所得」と判断する税務署があるかもしれません。

あとでトラブルにならないよう一度管轄税務署へ相談してみてください。

事業としてできれば雑所得

一般プレイヤーとは異なり、事業として取り組んでいる一部の人にとっては事業収入となり「雑所得」扱いです。

この場合、オンラインカジノをプレイするために購入した機器やサービスなどを経費計上できるので節税できます。

でも、ギャンブルを事業として税務署に認めさせるには、たとえばパチンコなら雑誌で記事を書いてるパチプロレベルならとおる可能性は高いでしょう。

普通に遊んでいるだけの一般プレイヤーではできないと考えておいた方がいいですね。

以前ニュースになっていたので知っている人も多いと思いますが、競馬ソフトを販売していた方が馬券代が経費として認められなかった件について裁判を起こし見事勝訴を勝ち取っています。

このことからもわかるようにオンラインカジノにおいてもゲームで使う賭け金を経費にできる明確な理由が必要になりますね。

たとえば私も購入したことがあるんですがオンカジルーレットの攻略商材。

このルーレット攻略商材を作成するためという名目ならルーレットのベット額を経費にすることは十分可能でしょう。
(販売実績なども必要ですが)

個人事業だと難しいかもしれませんが、法人格でやればとおる可能性は高そうです。

この辺は管轄の税務署によっても考え方が異なるので、一度相談してみてください。

仮想通貨は持っているだけなら課税されない

すでにご存じの方も多いと思いますが、ビットコインをはじめ仮想通貨を所有しているだけなら当然課税されません。

いくら値上がりして資産が数百倍になろうと確定扱いにならない限り税金とは無縁の存在です。

決済に使ったり他の通貨に換金すると、その時点で価値が確定します。

その時点で増えた分に課税されるわけですね。

日本円に換金しなければいいんじゃないの?

以前はそう認識していた人が多かったようです。

私もそうでした(汗)

でもそれ以外でも利益確定するパターンがあります↓

  • ビットコインを売って利益が発生
  • ビットコインをほかの通貨に換金し当時の購入価格より高くなったとき
  • ビットコイン購入額より高いものを購入したとき
  • ビットコインをマイニングでゲットしたとき

おそらくオンラインカジノで使う人は安く買ったビットコインの価値が増えたから使うってパターンが多いと思います。

となるとすでに大幅に値上がりしているので通貨や商品など違うものに変わった時点でその分だけは利益確定ですね。

オンラインカジノサイト上でベットに使ったら税金はどうなる?

ビットコインのままでベットできるオンラインカジノなら勝ってもビットコインのまま増えるだけ。

税務署側でオンラインカジノの勝負履歴がわかるわけではないのでそのまま持っておけば利益確定にはならないはず。

ですが、中には決済に使ったと見なす税理士さんもいるようです。

もしそう考えている税理士さんとかかわりがあるなら縁を切りましょう(笑)

とはいえ、ここは管轄税務署の判断しだいですね。

ただ、そもそも海外サービス上でやりとりしているビットコインの動きを日本の税務署が把握するのは難しいでしょう。

というかプレイヤー側が明細を自発的に提示しない限り無理です。

法のもとで健全に運営している海外のオンラインカジノが、日本人プレイヤーのプレイ状況という個人情報を税務署に教える必要性や強制力もないですからね。

そもそもそんなことしたら、個人情報を漏らしたとして運営ライセンスはく奪にもつながるでしょう。

デメリットの方が大きいので、この線はまずないと考えられます。

となると、オンラインカジノで勝った分を仮想通貨のまま持っておけばいいだけの話。

ビットコインをそのままATMで引き出せる電子決済サービスもあるので、ごにょごにょできてしまいますね(汗)

一応言っておきますが、おすすめはしませんよ(笑)

 

というわけでビットコインと税金についてはこのくらいにして、オンラインカジノの仕組み的に気を付けたいポイントについても触れておきます。

オンラインカジノは入金→出金は同じ手段でなければいけない

オンラインカジノの入金と出金手段

クレジットカード入金は別ですが、いくつか対応している入金手段の中でどれかを使ったら、基本的にそれと同じ方法でしか出金できません。

よく利用されている入出金サービス↓

  • ecoPayz(エコペイズ)
  • iWallet(アイウォレット)
  • VenusPoint(ヴィーナスポイント)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • 銀行振込
    など

マネーロンダリング対策が主な理由です。

で、たとえば一番上のecoPayzで入金したなら、出金先もecoPayzとなります。
(一部違うサービスに出金できるオンラインカジノもありまずがずっとは続かないでしょう)

というわけで、ビットコインで遊ぶにはビットコインで入金しなければいけません。

ビットコインはまだまだこれからの通貨。

そしてビットコインに対応するオンラインカジノも続々と増え続けています。

その中でもイチ推しは「ビットカジノ」ですね。

登録はこちら
ビットカジノで遊ぶ

まとめ

ビットコインに対応する&直接ベット可能なオンラインカジノを紹介しました。

ビットコイン対応オンラインカジノは20社以上ありますが、ビットコインのままゲームに賭けられるところは限られています。

世界中を見れば数多くあると思いますが、日本語対応オンラインカジノとなると10社程度しかありません。

その中でとくにおすすめなのが仮想通貨対応の先駆者でもある「ビットカジノ」です。

ビットコインでプレイするなら迷わずここを選ぶことをおすすめします。