ブラックジャックのルールや勝ち方は?おすすめオンラインカジノも紹介!

ブラックジャック(blackjack)のルール

ブラックジャックと聞くと、日本では手塚治虫の漫画を最初に思い浮かべる人もいるかもしれませんね。

でも世界的にブラックジャックといえば、トランプを使った遊びでカジノで人気のカードゲーム。

リアルカジノで遊んだことがある人は少ないと思いますが、トランプ、テレビゲーム、ゲームセンターのメダルゲームなどで遊んだ経験がある人も多いのでは?

日本で利用者急増中のオンラインカジノでも人気で、初心者から大金をベットするハイローラーまで多くのプレイヤーが楽しんでいます。

ここではそんなブラックジャックのルールや勝ち方、おすすめサービスなどをサクッと解説していきます。

知っているようで意外と忘れていることもあるので、カジノで賭ける前に再確認しておきましょう!

目次

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはカードを管理するディーラーとプレイヤーに分かれて競うトランプ遊びとなります。

基本的ルールとしては、最大を「21」としてとして「22」以上になった場合にはその時点で敗北が決定する単純なもの。

プレイヤーが複数人いても、基本はディーラーとプレイヤーの一体一が基本であり、プレイヤー同士で協力することはありません。

ゲームの流れ

ゲームの基本的流れは、まずは掛金をプレイヤーが出し、次にディーラーが自分を含めた全員に2枚のカードを配ります。

この時、先に配られるカードはオープン、2枚目のカードは伏せて配られた本人だけが見ることのできる場合と、2枚ともオープンな場合があります。

ブラックジャックの流れ1

ただ基本的には同じで、2枚配布された時点でAと10か絵札が来ている場合は、「21」のナチュラルブラックジャックとしてほぼ勝負は決まります。

上画像の例だとディーラー勝利が確定しています。

ディーラーとプレイヤーの両方が双方21の場合は、引き分けかディーラーの勝利となります。

引き分け=ディーラー勝利のカジノは注意しよう

ただし、ディーラーの勝利としているカジノの場合、プレイヤー側はディーラーのトランプテクニックによっては勝ちにくくなりますので、採用ルールの時点でディーラー勝利としている場所は注意が必要です。

ヒットとスタンド宣言について

次にヒットとスタンドですが、ナチュラル21でないプレイヤーやディーラーがナチュラル21でない場合、追加でカードをもらう「ヒット」、これ以上カードをもらわないなら「スタンド」の宣言が必要になります。

ブラックジャック ゲームの流れ2

大抵の場所は5デッキ以上のカードセット(1デッキ=52枚)を回して使うことが基本ですが、どのカードが出たかを覚えておくことで自分の今の数字と相談しながらヒットかスタンドを考える必要があり、勝つ確率を少しでも上げるためには記憶力がカギとなります。

ブラックジャックの特別ルール

ここからはブラックジャックをプレイするうえで重要になる特別ルールを解説していきます。

スプリット

スプリットとは、最初に配られたカードの数が同じだった場合にそれを二組に分けて、ディーラーの一つの数字に対して二度勝負を行える行為のこと。

ディーラーの数が弱いと思ったとき、こちらの数字が優位に働くと感じたなら強みになる場面があります。

ダブルダウン

ダブルダウンとは、初期の2枚のカードを見た後で掛け金を倍にして、一枚だけ追加カードをもらう行為です。

初期の2枚のカードの合計が11や10だった場合に次の1枚が絵札やAだった場合に強みの出てくる攻めのルールです。

サレンダー

サレンダーとは、自分の手札が弱いと感じた場合に、掛け金の半額を支払って勝負を降りる行為です。

当然親の手札との兼ね合いではありますが、これは親の2枚目を見てからでも許される場合と、親の2枚目が確定する前までに宣言しなくてはならない場合があります。

インシュランス

インシュランスとは、ディーラーのオープンカードがAであった場合に、プレイヤーが掛金の半額を保険として追加する行為。

ディーラーがこの後ナチュラル21であった場合には、掛け金を取られる代わりに保険として出した半額の倍が返ってくるという手法です。

実際には差し引き0ですが、ディーラーがナチュラル21でない場合には保険金分だけを取られて勝負は続行となります。

このインシュランスで重要なのは「ディーラーのオープン札がAの場合」であって絵札などには適用できないことや、ナチュラル21でディーラーとプレイヤーが引き分けの場合には、掛け金は動かないが保険として出した額は「ディーラーがナチュラル21」なので戻し金が発生してプレイヤーが得をすることになります。

ブラックジャックの勝ち方は?攻略法も紹介

「ブラックジャックの勝敗なんて運でしょ?」

と言われたらそうですね、としか言えません(汗)

でもほかのギャンブルと比べて特別に高い還元率を誇るオンラインカジノ(約95%)のゲームの中でも特に高いブラックジャック。

この還元率を1%でも上げていくことは可能です。

まずはルールを知ること

ブラックジャックのルール

そんなん当然でしょ?と言われそうですね(汗)

でも相手を知り尽くすことは勝負において重要な要素です。

ここまでに特別ルールも含めて紹介していきましたが、ブラックジャックで勝つためにはどのルールをどういう形式で採用しているかを熟知していることが大前提になります。

サレンダーが採用されていなければ、カードが配られるまで触れることがほぼないプレイヤーには勝負を運にただ任せるしかありません。

ディーラーは特にプレイヤーよりも多くの回数の勝負をしていますし、カードの扱いには慣れているものです。

実戦経験の量でいったらディーラーほど数をこなしている人間はいないはずですからね。

まったくなんの手も加えずに勝負を挑むという状況は少ないと考えるのが妥当です。

サレンダーやインシュランスが採用されていないなら特に要注意で、プレイヤーは一度勝負を宣言したら追加は許されても、一勝負が終わるまでは降りることも保険を掛けることも許されません。

逆にサレンダーやインシュランスが採用されている場合にも、もしそのディーラーの手筋を見ている機会があればよく観察してから勝負には望むことをお勧めします。

カジノなどでディーラーに立つ人間は基本的に相手をよく見ていますし、商売でやる以上はある程度勝たせて、ある程度負けさせるタイミングを見ているはず。

大抵の場合には特別の接待勝負でない限りは「最初に勝てると思わせること」と「ある程度のところまで気分を良くしたら勝ち分を取り返すこと」に必ず行くはずです。

勝ち負けをある程度操作してくれないとカジノ経営側に莫大な損失になる可能性があるので、ブラックジャックで勝つことを最優先に考えるなら、賭け事のなんにでもいえる話ではありますが「引き際」を見極めることです。

前置きはこれくらいにして、実際にブラックジャック攻略でよく使われる方法を紹介していきます。

ブラックジャック攻略法

  • カウンティング
  • ベーシックストラテジー

ここではブラックジャック攻略に使われることの多い2つの必勝法について解説していきます。

カウンティングとは?使い方は?

カウンティングとはそれまでに出ているカードから今後出てくるカードを予想する仕組みです。

全部記憶しておくのはまず無理なので大前提としてメモが必要です。

記憶力に相当自信がある人なら問題ありませんが、多くの人はメモしないと使えないと思います。

そしてランドカジノではメモを禁止しているところもあり使えないパターンもあります。

その点オンラインカジノのライブブラックジャックは問題ないので思う存分使えます。

そしてストックされているカード(シューという)が交換されるタイミングを待てばそこからカウンティング開始できます。

カウンティングのブラックジャックでの使い方

使い方は、たとえばシュー内部に10のカードが多く入っている状況だとします。

そこで自分の手札が15~17で微妙な数字ならスタンドする。

またディーラーが同じような状況なら逆に10のカードを引く可能性が高くなるので自分はスタンドして相手のバーストを狙う、といった戦略がとれます。

カウンティングの方法

カード1枚1枚を全部メモするのは大変です。

そこでザックリとこんな感じで数字を割り振って加減算していきます。

  • -1・・・10/J/Q/K/A
  • 0・・・7/8/9
  • +1・・・2/3/4/5/6

しばらく観察してマイナスが多ければシュー内部に10のカードが少ない状態です。

逆にプラスなら多い状態だとわかります。

そこでスタンドするかヒットするか?を判断していくわけです。

ブラックジャックで使われるデッキはたいてい52枚×6~8デッキ。

トータル300~400枚ほどのカードが使われます。

ある程度テータを貯めないと効果が出てこないのでせめて100枚分くらいは調査してからトライしたいですね。

この辺は個人の判断ですが終盤になるほど制度が高くなるので準備は大事です。

ベーシックストラテジーとは?使い方は?

ベーシックストラテジーとは基本戦略の意味。

ブラックジャックはもともとプレイヤー側有利なルールがあるため、それを活用した誰もが同じようにできる方法が生み出されています。

使い方はその表を見ながらカードのヒット・スタンドをしていくだけ。

それが面白いかどうかは別そして勝利することこそ正義の人には最適な攻略方法です。

表は手持ちカードに応じて選択していきます。

【表記について】
  • H・・・ヒット
  • S・・・スタンド
  • D・・・ダブルダウン(ベット額倍にし1枚カードを引く)
  • P・・・スプリット
手持ちカードにAがない場合
ブラックジャック ベーシックストラテジー ハードハンド表
手持ちカードにAがある場合
ブラックジャック ベーシックストラテジー ソフトハンド表
手持ちカード2枚が同じ数字の場合
ブラックジャック ベーシックストラテジー スプリット表

この3パターンの表を使い分けます。

表のとおりに実行するだけなので簡単です。

ブラックジャックの体験&トレーニングにおすすめのサービス

ランドカジノでリアルにお金を賭けながらブラックジャックで勝負するのが一番経験値を積めるとは思いますが、現状日本にはブラックジャックで賭けられるお店はありません。

ひっそり営業している違法賭博店なら賭けられるブラックジャックもあるんでしょうけど当然ですが行かないでくださいね?

で、ブラックジャックを楽しむ&トレーニングできるサービスには以下のようなものがあります。

ブラックジャックを体験できるサービス

  • 海外のランドカジノ
  • トランプを買って自分で実践
  • ゲームセンターのメダルゲーム
  • アミューズメントカジノ
  • スマホのカジノゲームアプリ
  • ネットの無料ゲーム
  • オンラインカジノ

細かく探せばまだまだあると思いますが、ブラックジャックを実践する主な方法はこれくらいです。

本場カジノへ行く方法からスマホで手軽にプリする方法までいろいろありますが、トレーニングや暇つぶしならスマホでの実践が最適ですね。

それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

海外のランドカジノ

一番ホンモノを味わえるのがランドカジノのメリット。

ですが海外のカジノ施設に行くまでの旅費やベットに使用する軍資金、必要な時間などを考えるとまったく割に合わないのがデメリット。

身だしなみもサンダルに短パンなどラフすぎる格好は入場拒否される施設がほとんどなので最低限は整えなければいけません。

ルールを覚えたい、練習して勝ち方を学びたい人にとってはもっとお手軽な方法を選ばざるを得ません。

トランプを買って自分で実践

リアルでブラックジャックを練習する方法の1つとしてはあり。

自分がディーラーも兼ねるので両方の視点から経験値が積めるのは大きいですね。

ブラックジャック好きな知人がいるなら理想的。

カジノではトランプ1デッキ52枚を6~8セット使うことが多いので、できれば8セット購入して使うことをおすすめします。

ゲームセンターのメダルゲーム

私が初めてブラックジャックに触れたのはゲームセンターのメダルゲームだったと記憶しています。

きっと同じ人は多いんじゃないかと。

でも昔ほどゲームセンターもありませんし、リアルで遊べると言ってもただのビデオゲームです。

そしてメダルを買うお金もかかります。

練習やルールを覚えるためにやる分にはこれでもありですが、あまりおすすめではないですね。

アミューズメントカジノ

日本で合法的に本格的なブラックジャックを楽しめる唯一の施設がアミューズメントカジノです。

生ディーラーとのやり取りを楽しめるのは大きなメリットですね。

近年店舗が増えてきた業種だけにまだ全国各地にお店が充実しているわけではなく都心部中心なのはデメリット。

またお金を賭けると日本では違法賭博になってしまうためゲームセンターのメダル的な代替え手段でベットしていくことになります。

最近人気になっているホールデム(ポーカー)の影響で割と田舎の地方都市に住む私の地域にもポーカー専門のアミューズメントカジノがオープンしていました。

ですが大手企業が運営するアミューズメントカジノでないとブラックジャックがないことも多いので行く前に必ず確認しましょう。

なお、もしアミューズメントカジノのつもりで入ったお店で現金が賭けられるならそれは違法カジノ店です。

絶対に遊ばずすぐ退店してくださいね。

そういう店は入店時に身分証明書の提示や電話番号を教えるパターンがほとんどなのでその時点で断りましょう。

反社が関係していることも多いので一度入ってしまうと出ずらくなると思いますよ。

スマホのカジノゲームアプリ(ルールの勉強や練習におすすめ)

ブラックジャックの練習には最適です。

iOS版、アンドロイド版のどちらも無料で遊べるブラックジャックアプリが何種類かリリースされています。

  • BlackJack
  • ブラックジャック21
  • ブラックジャック
  • 21Pro BlackJack Multi Hand
    など

とりあえずアプリストアで「ブラックジャック」と検索してみましょう。

おすすめはMobilityWareの「Blackjack – カジノカードゲーム」。

ベーシックなデザインでわかりやすいので隙間時間にでもサクッとプレイできるはず。

一切お金を使わずにトレーニングできるのはありがたいですね。

ネットの無料ゲーム

インターネット上にはブラックジャックをタダで楽しめるホームページがいくつかあります。

そのまま「ブラックジャック 無料ゲーム」とでも検索すればヒットします。

  • Othello! JAPAN(無料・登録不要)
  • Card Stadium(無料・登録不要)
  • My Cloud ゲーム(無料・登録不要)
  • トランプスタジアム(ログイン必須)

といったサイトがあるので好きなところを選んでプレイしましょう。

アクセスすればブラックジャックのゲーム画面が用意されています。

トランプスタジアムはログインの手間がかかるだけあり多少デザインがキレイで操作性もいいです。

ただパソコンでやるならまだいいのですがどのサイトを選んでも動作はスマホアプリゲームより少し重め。

いまどきスマホを持っていない人の方が少ないと思いますし、勝ち方を研究するならアプリ版ブラックジャックゲームのほうがおすすめです。

オンラインカジノ

日本にいながらお金を賭けてブラックジャックを楽しめる唯一の方法です。

今どきのオンラインカジノはスマホ対応が当たり前なのでスマホでいつでもどこでも手軽に楽しめます。

またお金が必要と言ってもログインせずにゲームにアクセスすれば無料でブラックジャックを楽しめるため練習用にも最適です。

単に遊ぶだけならスマホアプリ版で十分ですが、ルールを熟知し勝ち方を検証したら最終的には稼ぎたいはず。

そうなると海外のランドカジノへ行くかオンラインカジノの2択になります。

日本でもリアルカジノがオープンする流れですが2020年代の後半の話。
(これもあくまで予定ってだけ)

となると現実的にはオンラインカジノ一択でしょう。

オンラインカジノにはディーラーのいるライブブラックジャックも遊べます。

将来的には対ディーラーで勝負して思う存分楽しんでください。

日本で現金を賭けられるオンラインカジノに違法性はない?

現状では日本国内で唯一お金を賭けてブラックジャックを遊べるのがオンラインカジノです。

でも過去にオンラインカジノプレイヤーが逮捕されたり、オンラインカジノが摘発された事件も起こっています。

本当に遊んでも大丈夫なんでしょうか?

そこでオンラインカジノでブラックジャックを遊ぶまでに違法性や信頼性について解説。

法律面での現状も知っておくと安心してプレイできますよ。

オンラインカジノそのものの違法性について

  • 正規のライセンスがない
  • ライセンス発行国で会社運営していない
  • ライセンスで禁止されている国でサービス提供している
  • 運営会社が違法なことをしている

これらが確認されればそのオンラインカジノは違法です。

正規のライセンスがない

オンラインカジノは法律でオンラインカジノを合法と定めている国が発行しているライセンスがなければ運営できません。

ライセンス発行国はイギリスやアメリカ、カナダなど大国もありますが、多くはタックスヘイブンになるような自国内にお金を生み出す資源がない小国が多いです。

地中海にある島国のマルタ共和国やカリブ海にある島国キュラソーなどが有名です。

これらに国で厳しい審査をクリアして認められなければライセンスは取得できません。

そして取得時や更新の際にお金もかかるため、経営基盤がしっかりしていないと維持できません。

なお日本はライセンスを発行していないので国内でのオンラインカジノ運営はできません。

取得ライセンスについてはオンラインカジノのページ最下部に必ず取得ライセンスのアイコンが貼ってあります。

クリックかタップすると発行機関側の証明ページが開くので確認しておくと安心です。

逆にリンクになっておらず画像だけだと怪しいですね。

ライセンス発行国で会社運営していない

ライセンスを取得しているだけではダメで、ライセンス発行国内に会社拠点を置いて運営する必要があります。

たまに複数のライセンスを取得して違う国で運営しているように見えるオンラインカジノもありますが、ちゃんと拠点のある国のライセンスを取得しているはずです。

取得していないいなら違法ですね。

会社拠点のある住所や国は公開されているのでチェックしておきたいところ。

グーグルストリートビューでどんな建物か見てみるとより安心できるでしょう。

ライセンスで禁止されている国でサービス提供している

正規のライセンスを取得し、その国に会社拠点を置いてあっても、運営可能な国以外でサービス提供していると違法となります。

たとえば上で紹介したキュラソーのライセンスならキュラソー国内でのサービス提供は禁止されています。

運営会社が違法なことをしている

いくら正規のライセンスを取得していたとしても、会社や関係者が反社との関わりがあったりゲームでイカサマなど不正行為をしていたりすれば当然NGです。

この点に関してはプレイヤー側で調査することは難しいのでどうにもならないんですけどね(汗)

オンラインカジノが日本で違法になる条件

  • 運営元が日本国内にあること
    (+お客さんが遊んだ事実を確認できること)

これが主な条件です。

日本には違法ギャンブルの罰則が定められている賭博罪という法律があります。

そして賭博罪を適用するにはギャンブルの運営元が国内にあり、さらにそこでお客さんが遊んでいること、この2つの条件が満たされたときに適用されます。

基本的に現行犯逮捕ですね。

ただしオンラインカジノなのでインターネット上でアクセスして遊ぶもの。

そしてお店があるわけではありません。

よって現行犯逮捕はほぼ無理です。

なので運営拠点があることと客のプレイ実績が必要になるわけですね。

これで日本国内で違法賭博サービスを提供したとされます。

公営ギャンブルやパチンコ・パチスロが違法じゃないのはなぜ?

公営ギャンブルはなぜ問題ない?

公営ギャンブルには競馬・競輪・競艇・オートレース・宝くじ・スポーツくじtotoといったものがあります。

これらは特別な法律が定められていて賭博罪の適用外になっているんです。

そのため堂々とギャンブルを提供できています。

ただし国が法律で認める以上はそれに見合ったメリットを提供しています。

要するにお金ですね。

中でもスポーツくじtotoに至っては半分ほどを国に納めています。

スポーツくじ運営サイドからすれば3競オートと呼ばれる4つのギャンブルより割の悪いビジネスですね。

パチンコ・パチスロはなぜ問題ない?

これについてはすでにご存じの方の方が多いと思いますが三店方式という強引な方法を使っているからですね。

パチンコ・パチスロ施設内では換金せず景品と交換するだけ。

そして店外にある景品買取所で受け取った品を売ることで現金化する方式です。

というわけでパチンコ・パチスロは違法ではありませんしそもそもギャンブルでもありません。

が、日本人のほとんどがギャンブルと思っていることでしょう。

 

つづいて日本で過去に起こったオンラインカジノ関連の事件が起こった原因も知っておくとより安心できます。

オンラインカジノ「ドリームカジノ」摘発事件はなぜ起こった?

2016年6月、大阪府天王寺区でドリームカジノ運営に携わっていた関係者5名が逮捕されたこの事件。

ドリームカジノのサイト運営会社の拠点は海外にありました。

が、実質的な事務処理などは大阪で行われていたため、拠点は日本にあると警察側が判断したわけです。

その結果運営拠点が日本国内にあるため賭博罪が適用されてしまったんですね。

実質的とは言いますが、そもそも日本国内に拠点があったらどんなに小さくてもアウトでしょう。

面倒なトラブルに巻き込まれないためにもオンラインカジノを選ぶときは会社拠点がちゃんと海外にあるのか?の確認も大事です。

オンラインカジノ「スマートライブ」プレイヤーの逮捕事件はなぜ起こった?

イギリスで運営されていたオンラインカジノ「スマートライブ」に日本からアクセスして遊んでいた3人のプレイヤーが逮捕された事件です。

ハッキリ言ってこの事件でプレイヤー側に問題はなかったと考えられます。

それでも逮捕に至ったのは警察側が利用者が増え続けているオンラインカジノ業界に警告を与えたかったからともいわれています。

タダの見せしめですね。

そして思惑通り?3名のプレイヤーの内2名は罪を認めてしまいました。

決して責められはしないでしょう。

私でも屈服すると思います(汗)

でも1名は裁判を起こして戦ってくれました。

その結果プレイヤー側が勝利。

司法が問題ないとの判決を下し見事釈放されたわけです。

これがなかったら現在のようなオンラインカジノの繫栄はなく廃れていたと思われます。

これ以降はオンラインカジノプレイヤーの逮捕事例は出ていませんし、オンカジ運営の摘発もありません。

インカジ(インターネットカジノ)は違法なので注意!

オンラインカジノ(オンカジ)と似たような響きのインカジ。

インカジはお店でオンラインカジノを客に遊ばせて店舗で換金できるシステムなので100%違法です。

目立つところに店がないので間違ってはいることはあり得ないと思いますが、知人に誘われたりキャッチや夜のお店で勧誘されても絶対に行かないようにしましょう。

イカサマありきなのでほぼ勝てませんし、最悪の場合は逮捕されて人生の道を踏み外すだけです。

オンラインカジノで遊ぶ前に違法性をチェックしよう!

初めて遊ぶ人はとくに選んだオンラインカジノが健全に営業されているのか?をチェックすることをおすすめします。

面倒な人は当サイトのページ下部でおすすめしているオンラインカジノを選んでもらえば安心して遊べます。

違法性チェックのポイント

  • ライセンスの取得
  • 運営会社の拠点のある場所
  • プレイヤーの評判

ライセンスを合法国で取得しているのはもちろんですが、本当に取得しているのか?も発行機関のホームページにアクセスして確認しましょう。

またオンラインカジノホームページやライセンスページに会社拠点の住所情報が載っているはず。

本当に存在するのか?もグーグルマップなどで調べてみましょう。

最後はプレイヤーの声のチェック。

ツイッターなどにはオンラインカジノ好き達が何かしら投稿しています。

とくに出金面でトラブルがないかチェックしましょう。

獲得した勝利金を出金する=オンラインカジノの損失なので不当な理由で出金拒否しているようなところは避けたほうがいいです。

 

ここまででオンラインカジノの違法性についてはクリアになったと思います。

そこでブラックジャックで遊ぶのにおすすめなオンラインカジノをピックアップしてみました。

選ぶ際はぜひ参考にしてください。

ブラックジャック攻略に最適なおすすめオンラインカジノ

健全に運営されているオンラインカジノの中でブラックジャック攻略で使うときにおすすめなのは次のカジノです。

  • ベラジョンカジノ
  • エルドアカジノ
  • ボンズカジノ
  • ユースカジノ
  • ワンダーカジノ

【ベラジョンカジノ】信頼性や実績はトップクラス!

2014年に業界で初めて日本語対応したのがベラジョンカジノです。

それ以来さまざまなサービスを導入し常に先頭を走り続けてきました。

いまではテレビCMも流すほどに成長しています。

ライセンスなどはもちろん問題ありませんし、日本において信頼性の面ではトップのオンラインカジノと言えるでしょう。

ボーナスの充実度や遊びやすさで後発のオンラインカジノに抜かれている部分もありますが、信頼性を大事にする人はベラジョンカジノがおすすめです。

【エルドアカジノ】遊びやすさ・出金速度でイチオシ!

業界最速の出金スピードがウリのオンラインカジノで、私はここメインで遊んでいます。

ここまでにオンカジの信頼性はライセンスどうこうと基本部分を中心に紹介してきましたが、プレイヤー側としては出金対応がきちっとしていることの方が信頼できますからね。

その面でエルドアカジノはトップクラスに信頼できます。

またサイト内も整理されていた見やすく遊びたいゲームにすぐアクセスできるのもメリット。

ベットした金額に応じてもらえるリベートボーナスもありオンカジ初心者にもおすすめ。

他社より少なめですが登録ボーナスも2000円分もらえるので無償でブラックジャックを体験できます。

【ボンズカジノ】入金ボーナスが圧倒的に多い!

昔のテレビゲームを彷彿とさせるドットデザインが個性的なオンラインカジノです。

入金ボーナスが他社より優れていて、最大限受け取れれば約40万円相当になります。

そして初心者に嬉しい入金不要&登録するだけでもらえるボーナスが50ドルついてきます。

これは業界でもトップの金額。

10円ベットのゲームなら500回遊べる計算です。

ブラックジャックにも10円ベット可能なものがあるため、現金を使いながら長く楽しめるでしょう。

とりあえず登録ボーナスでブラックジャックを気ままに楽しんでみたい人にはおすすめです。

【ユースカジノ】リベートボーナス率が高い!

また新しいオンラインカジノですが、後発の強みを活かして先輩達のいいとこどりのようなサービスが魅力のユースカジノ。

中でもプレイヤーに支持されているリベートボーナスが強力です。

ブラックジャックならランクプログラムのランクに応じて0.2%~最大1%までもらえます。

少ないながら登録ボーナスも10ドルついているのでとりあえず登録だけしておくのもあり。

【ワンダーカジノ】リベートボーナス率が高い!

ここはリベートボーナスに力を入れているオンラインカジノとして人気です。

リベートボーナス率を上げるにはたいていランクアッププログラムで昇格させる必要があるんですが、ワンダーカジノは登録した初期ランクから0.3%のリベートボーナスが配布されます。

これが一番魅力的ですね。

数十万円など一カ月当たりに使う金額が大きいプレイヤーだとユースカジノの方が有利になるパターンもありますが、10万円以下の規模ならこちらがおすすめです。

ブラックジャックの還元率を上げるオンラインカジノ選び

ただ単にゲームに勝つだけでなくブラックジャックを投資として考え稼ぐためにプレイする人もいます。

この場合、還元率を0.1%でも上げることは稼ぐ上で大事な要素。

還元率は賭け金に対して戻ってくるお金の割合で、100%を超えればプラスですね。
(税金などは除外します)

もともとブラックジャックは95%以上還元率を期待できるゲームなのであと数%です。

攻略法は駆使するとしても、それ以外に大事なのがオンラインカジノのリベートボーナス(キャッシュバック)です。

これがあるだけで0.1~1%くらいは還元率が上がります。

このリベートボーナスの率が良いオンラインカジノとしておすすめなのが「ユースカジノ」と「ワンダーカジノ」です。

ユースカジノでブラックジャックプレイ時のリベートボーナス率

ライブカジノのブラックジャック限定ですが、ランク制度のランクに応じてリベートボーナスがもらえます。

  • シルバー・・・0.2%(100ドル入金で昇格)
  • ゴールド・・・0.4%(1000ドル入金&1万ドルベットで昇格)
  • プラチナム・・・0.6%(5000ドル入金&10万ドルベットで昇格)
  • ダイアモンド・・・0.8%(1万ドル入金&50万ドルベットで昇格)
  • プレミアム・・・1.0%(10万ドル入金&100万ドルベットで昇格)

最低ランクのシルバーは100ドル入金するだけで昇格可能です。

わずか0.2%でも権利を獲得しておくメリットはあります。

ワンダーカジノでブラックジャックプレイ時のリベートボーナス率

ユースカジノと同じくリベートボーナスに強いのがワンダーカジノです。

同じくライブカジノのブラックジャック限定ですが、リベートボーナス率は以下のとおりです。

  • エコノミー・・・0.3%(アカウント登録のみ)
  • ビジネス・・・0.5%(5万ドルベットで昇格)
  • ファースト・・・0.6%(10万ドルベットで昇格)
  • レジデンス・・・0.7%(50万ドルベットで昇格)
  • スイート・・・0.9%(条件不明)

最低ランクのエコノミーは登録した時点のスタート位置。

オンラインカジノ初心者の方はこちらのほうが有利ですね。

ユースカジノとワンダーカジノはどっちがいい?

あまり大きな金額を使わないプレイヤーはワインダーカジノがおすすめ。

反対に大きな金額を使うハイローラーの方だとユースカジノの方がランクアップ条件が緩くランクが上に行くほどリベートボーナス率が高くなり有利です。

月間1000ドル以上入金する人はユースカジノがおすすめ

具体的には月間1000ドル以上入金し1か月で10000ドル(約100万円)以上ベットに使う人はゴールドランクに昇格するのでリベートボーナス率が0.4%になります。

ワンダーカジノのビジネスランク(0.5%)は月5万ドル(約500万円)をベットに使う必要があるのでクリアまでのハードルはかなり高くなります。

この金額が最初の境目ですね。

まとめ

オンラインカジノでもメジャーなゲーム「ブラックジャック」のルールや勝ち方について解説しました。

ブラックジャックはバカラやルーレットなどに比べるととルールが複雑です。

またカジノによって微妙に違うこともあります。

それだけに賭ける前にルールを詳細に知っておくことが大事です。

ここで文章だけ読んでもなかなか身に付かないと思いますし、まずはオンラインカジノで少額ベットか無料プレイに対応しているところで実際に体験してみてください。

下記リンクからの登録でボーナスあり!
遊びやすさで選ぶオンカジランキング

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】ワンダーカジノ

ワンダーカジノのロゴ画像

【登録特典】
3種の初回入金ボーナスが選べる!
遊ぶだけでキャッシュバックあり!
全方位にハイレベルなオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノのロゴ画像

仮想通貨を使うなら最強カジノ!
コインのままベット可能!
リベートボーナス&VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です