ブラックジャックのルールを徹底解説!カジノで勝つためのコツは?

ブラックジャック(blackjack)のルール

ブラックジャックと聞くと、日本では手塚治虫の漫画を最初に思い浮かべる人もいるかもしれませんね。

でも世界的にブラックジャックといえば、トランプを使った遊びでよく知られるゲーム。

オンラインカジノでも人気で、初心者から大金をベットするハイローラーまで多くのプレイヤーが楽しんでいます。

ここではブラックジャックのルールをサクッと解説していきます。

知っているようで意外と忘れていることもあるので、カジノで賭ける前に再確認しておきましょう!

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはカードを管理するディーラーとプレイヤーに分かれて競うトランプ遊びとなります。

基本的ルールとしては、最大を「21」としてとして「22」以上になった場合にはその時点で敗北が決定する単純なもの。

プレイヤーが複数人いても、基本はディーラーとプレイヤーの一体一が基本であり、プレイヤー同士で協力することはありません。

ゲームの流れ

ゲームの基本的流れは、まずは掛金をプレイヤーが出し、次にディーラーが自分を含めた全員に2枚のカードを配ります。

この時、先に配られるカードはオープン、2枚目のカードは伏せて配られた本人だけが見ることのできる場合と、2枚ともオープンな場合があります。

ブラックジャックの流れ1

ただ基本的には同じで、2枚配布された時点でAと10か絵札が来ている場合は、「21」のナチュラルブラックジャックとしてほぼ勝負は決まります。

上画像の例だとディーラー勝利が確定しています。

ディーラーとプレイヤーの両方が双方21の場合は、引き分けかディーラーの勝利となります。

引き分け=ディーラー勝利のカジノは注意しよう

ただし、ディーラーの勝利としているカジノの場合、プレイヤー側はディーラーのトランプテクニックによっては勝ちにくくなりますので、採用ルールの時点でディーラー勝利としている場所は注意が必要です。

ヒットとスタンド宣言について

次にヒットとスタンドですが、ナチュラル21でないプレイヤーやディーラーがナチュラル21でない場合、追加でカードをもらう「ヒット」、これ以上カードをもらわないなら「スタンド」の宣言が必要になります。

ブラックジャック ゲームの流れ2

大抵の場所は5デッキ以上のカードセット(1デッキ=52枚)を回して使うことが基本ですが、どのカードが出たかを覚えておくことで自分の今の数字と相談しながらヒットかスタンドを考える必要があり、勝つ確率を少しでも上げるためには記憶力がカギとなります。

ブラックジャックの特別ルール

ここからはブラックジャックをプレイするうえで重要になる特別ルールを解説していきます。

スプリット

スプリットとは、最初に配られたカードの数が同じだった場合にそれを二組に分けて、ディーラーの一つの数字に対して二度勝負を行える行為のこと。

ディーラーの数が弱いと思ったとき、こちらの数字が優位に働くと感じたなら強みになる場面があります。

ダブルダウン

ダブルダウンとは、初期の2枚のカードを見た後で掛け金を倍にして、一枚だけ追加カードをもらう行為です。

初期の2枚のカードの合計が11や10だった場合に次の1枚が絵札やAだった場合に強みの出てくる攻めのルールです。

サレンダー

サレンダーとは、自分の手札が弱いと感じた場合に、掛け金の半額を支払って勝負を降りる行為です。

当然親の手札との兼ね合いではありますが、これは親の2枚目を見てからでも許される場合と、親の2枚目が確定する前までに宣言しなくてはならない場合があります。

インシュランス

インシュランスとは、ディーラーのオープンカードがAであった場合に、プレイヤーが掛金の半額を保険として追加する行為。

ディーラーがこの後ナチュラル21であった場合には、掛け金を取られる代わりに保険として出した半額の倍が返ってくるという手法です。

実際には差し引き0ですが、ディーラーがナチュラル21でない場合には保険金分だけを取られて勝負は続行となります。

このインシュランスで重要なのは「ディーラーのオープン札がAの場合」であって絵札などには適用できないことや、ナチュラル21でディーラーとプレイヤーが引き分けの場合には、掛け金は動かないが保険として出した額は「ディーラーがナチュラル21」なので戻し金が発生してプレイヤーが得をすることになります。

ブラックジャックで勝つための大事なポイント

ルールを知ること

ブラックジャックのルール

ここまで特別ルールも含めて、ブラックジャックで勝つためには、どのルールをどういう形式で採用しているかを熟知していることが大前提になります。

サレンダーが採用されていなければ、カードが配られるまで触れることがほぼないプレイヤーには勝負を運にただ任せるしかありません。

ディーラーは特にプレイヤーよりも多くの回数の勝負をしていますし、カードの扱いには慣れているものです。

まったくなんの手も加えずに勝負を挑むという状況は少ないと考えるのが妥当です。

サレンダーやインシュランスが採用されていないなら特に要注意で、プレイヤーは一度勝負を宣言したら追加は許されても、一勝負が終わるまでは降りることも保険を掛けることも許されません。

逆にサレンダーやインシュランスが採用されている場合にも、もしそのディーラーの手筋を見ている機会があればよく観察してから勝負には望むことをお勧めします。

カジノなどでディーラーに立つ人間は基本的に相手をよく見ていますし、商売でやる以上はある程度勝たせて、ある程度負けさせるタイミングを見ているはず。

大抵の場合には特別の接待勝負でない限りは「最初に勝てると思わせること」と「ある程度のところまで気分を良くしたら勝ち分を取り返すこと」に必ず行くはずです。

勝ち負けをある程度操作してくれないとカジノ経営側に莫大な損失になる可能性があるので、ブラックジャックで勝つことを最優先に考えるなら、賭け事のなんにでもいえる話ではありますが「引き際」を見極めることです。

まとめ

オンラインカジノでもメジャーなゲーム「ブラックジャック」のルールについて解説しました。

ブラックジャックはバカラやルーレットなどにくればるとルールが複雑です。

カジノによって微妙に違うこともあります。

それだけに賭ける前にルールを詳細に知っておくことが大事です。

ここで文章だけ読んでもなかなか身に付かないと思いますし、まずはオンラインカジノで少額ベットか無料プレイに対応しているところで実際に体験してみてください。