キャンセレーション法の使い方 – オンラインカジノで使うメリット・デメリットまとめ

キャンセレーション法 アイキャッチ画像

日本では公的な機関が運営する競馬や競輪など以外の賭け事は禁止されていますが、オンラインカジノはいまのところ法律で規制されていないため遊んでも逮捕されることはありません。
(警察の思惑しだいなところもありますがそれはオンカジ以外も同じです)

本場のカジノに行かなくても自宅でインターネットを使って臨場感あふれるゲームを楽しめます。

でもせっかくオンカジで遊ぶのならただ楽しむだけでなく勝負に勝って稼ぎたいはず。

基本的に運だけで勝負が決まるものですがベット方法で工夫はできます。

そういった資金管理法を知っているのと知らないのとでは結果が全く違ってくるでしょう。

そしてオンカジでは熱くならずに感情を抑えて資金を管理する方法がいくつかあります。

そんな数あるやり方の中でうまくいけば絶対に負けることのない「キャンセレーション法」という攻略法に注目。

ここでは「キャンセレーション法」のロジックやゲームでの使い方、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

【初回入金限定】最大5万円/50%キャッシュバックあり!

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説!

キャンセレーション法とはどんなもの?

キャンセレーション法の仕組み

キャンセレーション法はまず最初にメモを準備します。

そして獲得したい目標金額を決め、その額を分割してメモに数字を並べ、勝敗に応じて並んだ数字の両端の合計をベットしていくベット額コントロール手法です。

ゲーム自体の攻略法ではありません。

それで勝利すれば両端を消していき、負ければ右端にかけた額を書き、数字を全部使うまで勝負を続けます。

キャンセレーション法が使えるカジノゲーム

キャンセレーション法が使えるカジノゲーム
  • ルーレット
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • シックボー
  • ドラゴンタイガー
    など

キャンセレーション法が向いているゲームは配当2倍か勝率が50%のゲームです。

スロットなどの勝率が割り出せないゲームでは使用できません。

そして確実に利益を得るには目標額を分割した数字がすべて消えるまで長い時間ゲームしつづける必要があるので忍耐力がある人に適しています。

またキャンセレーション法はテーブルリミット内で終了できれば確実に稼げる攻略法です。

使うときはけっこう面倒くさいんですが堅実に稼ぎたい人にはおすすめです。

なおキャンセレーション法は人を選ぶ攻略法だと思いますしほかにも資金管理法(システムベット法)はたくさんあります。

自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

カジノゲームでのキャンセレーション法の使い方

キャンセレーション法を使う手順・流れ

  1. 目標金額を決める
  2. 目標金額をいくつかに分割してメモに数列を書き込む
  3. 両端の数字を足した金額をベットする
  4. 【勝ち】両端の数字を消す
    【負け】右端にベット額を追記する
  5. 数字がなくなれば1サイクル終了

キャンセレーション法では最初にいくら稼ぐのか目標金額を決めます。

たとえば目標金額を20ドルにとして50回ゲームすることに決めたとします。

そして20ドルを「10・10」「5・5・5・5」「4・5・5・6」などと適当に分割し、まずは両端の合計数を賭けていきます。

ここでは「4・5・5・6」をチョイスしたとしましょう。

この場合なら両端の数字「4」と「6」を足した「10」をかけ、勝利すれば4と6を消し「・5・5・」→「5・5」に、負ければ10を右端に書いて「4・5・5・6・10」とします。

次のゲームでは1回目に勝った場合は、4と6は消されているので真ん中の2つの5と5の合計である10をかけます。

1回目に負けた場合は、4と10の合計である14をベットすることになります。

このような使い方で数字がなくなるまでゲームをするのですが、ゲームが終了し手数字がすべて消えた時点で、目標金額になるという仕組みになっているのがキャンセレーション法です。

キャンセレーション法を検証した結果

キャンセレーション法をバカラで検証

ここではバカラでキャンセレーション法を使っていきます。

ルールを知らない方はこちらを参考にしてください。

【1戦目】バカラですべて「プレイヤー」にベット

  • 目標額・・・20ドル
  • 数列・・・【1 1 2 2 3 3 4 4】
  • リミット・・・10ゲームまで

Onetouch社の「Baccarat」を使用します。

検証記録(数列/賭け金/勝敗/配当)

    は削除した数字、    はベット額

  1. 1 1 2 2 3 3 4 4
    $5/負け/なし
  2. 1 1 2 2 3 3 4 4 5
    $6/引分/$6
  3. 1 1 2 2 3 3 4 4 5
    $6/負け/なし
  4. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 6
    $7/勝ち/$14
  5. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 6
    $6/負け/なし
  6. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 6 7
    $8/勝ち/$14
  7. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 6 7
    $8/引分/$8
  8. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 6 7
    $8/負け/なし
  9. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 6 7 8
    $9/負け/なし
  10. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 6 7 8 9
    $10/負け/なし

検証結果

  • 勝率・・・2勝6敗2分 勝率25%
  • 利益・・・42ドル-73=マイナス31ドル

バカラのプレイヤーベットは勝率がほぼ半分になるはず。

そんなゲームで勝率25%では利益が出るはずもありません。

異常なほど勝てないパターンでした。

都合上10ゲームで撤退にしていますが、資金に余裕があるならまだまだ継続していけば挽回できていたかもしれませんね。

というわけでもう1戦同じバカラでキャンセレーション法を検証していきます。

【2戦目】バカラですべて「プレイヤー」にベット

  • 目標額・・・30ドル
  • 数列・・・【1 1 2 2 3 3 4 4 5 5】
  • リミット・・・10ゲームまで

同じOnetouch社の「Baccarat」を使用。

1戦目の損失をカバーするため目標額を上げて検証していきます。

検証記録(数列/賭け金/勝敗/配当)

    は削除した数字、    はベット額

  1. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5
    $6/勝ち/$12
  2. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5
    $6/勝ち/$12
  3. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5
    $6/負け/なし
  4. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6
    $8/勝ち/$16
  5. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6
    $6/負け/なし
  6. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6
    $8/負け/なし
  7. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 8
    $10/負け/なし
  8. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 8 10
    $12/負け/なし
  9. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 8 10 12
    $14/勝ち/$28
  10. 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 8 10 12
    $13/勝ち/$26

検証結果

  • 勝率・・・5勝5敗 勝率50%
  • 利益・・・94ドル-92=プラス2ドル

どうにか勝率5分で利益もプラスになったものの、途中の4連敗で一気に苦しい展開に。

ラスト2連勝の巻き返しがなければ1戦目同様にヒドイ結果になっていました。

続けるゲーム数はもう少し多めにしないとキャンセレーション法の旨味が得られないパターンもありますね。

もしくは数列を5~6個にして短期決戦にしてみるのもありでしょう。

というわけでもう一戦、短期決戦設定でキャンセレーション法を検証していきます。

【2戦目】バカラですべて「プレイヤー」にベットした場合

  • 目標額・・・20ドル
  • 数列・・・【2 3 3 3 4 5】
  • リミット・・・10ゲームまで

1~2千目と同じ条件で検証していきます。

検証記録(数列/賭け金/勝敗/配当)

  1. 2 3 3 3 4 5
    $7/負け/なし
  2. 2 3 3 3 4 5 7
    $9/負け/なし
  3. 2 3 3 3 4 5 7 9
    $11/引分/$11
  4. 2 3 3 3 4 5 7 9 11
    $13/勝ち/$26
  5. 2 3 3 3 4 5 7 9 11
    $12/勝ち/$24
  6. 2 3 3 3 4 5 7 9 11
    $10/負け/なし
  7. 2 3 3 3 4 5 7 9 11 10
    $13/勝ち/$26
  8. 2 3 3 3 4 5 7 9 11 10
    $10/負け/なし
  9. 2 3 3 3 4 5 7 9 11 10 10
    $13/勝ち/$26
  10. 2 3 3 3 4 5 7 9 11 10 10
    $11/勝ち/$22
  11. 2 3 3 3 4 5 7 9 11 10 10
    終了

検証結果

  • 勝率・・・5勝4敗1分 勝率56%ほど
  • 利益・・・135-109=プラス26ドル

勝率5割を超えればさすがに勝てます。

また数列を短めにしたことでうまい具合に10ゲームできっちり1サイクルが終了できました。

キャンセレーション法では1サイクルを終えられば利益も確定します。

数列はこれくらいが程よい長さかもしれませんね。

今回はバカラで検証しましたが、ルーレットやブラックジャックなどでもキャンセレーション法の使い方は同じです。

 

つづいてキャンセレーション法を検証した結果わかったメリットとデメリットをまとめました。

キャンセレーション法を使うメリットとデメリット

キャンセレーション法のメリット

キャンセレーション法のメリット
  • 軍資金が少なくても使える
  • 数列がなくなれば利益確定
  • 数列を調整して賭け金をコントロールできる
  • 感情に左右されずプレイ可能

軍資金が少なくても使える

キャンセレーション法は自分でベット額を調整できるため、元手が少なくても使えます。

目標爆5ドルなら【1 1 1 1 1】のような数列でも始められます。

またオンラインカジノでは最低ベット額が10円(0.1ドル)のゲームもあるため、この10分の1の軍資金でも可能です。

数列がなくなれば利益確定

数列がうまい具合に無くなってくれれば利益確定とわかりやすいのはメリットでしょう。

数字が減っていくほど勝利確定が近づきテンションもあがっていくはず。

またキャンセレーション法は、数列がなくなるまで続けられれば負けることはありません。

それだけの資金が十分にある場合は高確率で利益を得られるでしょう。

数列を調整して賭け金をコントロールできる

キャンセレーション法では目標額を決めたら賭け金を自由に設定できます。

数列すべてをそのゲームの最低ベット額にする、など低くしておけば賭け金が増えすぎることなく安全にプレイできます。

感情に左右されずプレイ可能

負けるとアツくなって高額ベットしてしまうような人は、最初からベット額が決まっているため冷静にプレイできるでしょう。

オンラインカジノで負ける大半の理由は損失を取り戻すための高額ベットです。

とくに負けたら倍額ベットするマーチンゲール法を使っている場合はありがちです。

キャンセレーション法さえ使っておけばそれもないでしょう。

キャンセレーション法のデメリット

キャンセレーション法のデメリット
  • メモ必須
  • メモ禁止のカジノもある
  • ベットが面倒
  • 連敗が続くと賭け金が増える
  • テーブルリミットがある

メモ必須

キャンセレーション法はメモしておかないとほとんどの人は使えないと思います。

よほど記憶力と頭の回転が早いなら大丈夫かもしれませんが、多くの人は難しいはず。

また、メモしててもややこしいので慣れる前までに使うのをやめてしまう可能性も高いでしょう。

メモ禁止のカジノもある

ランドカジノ(リアルカジノ)ではメモしたりスマホを見る行為は禁止されていることが多いです。

明言されていなくてもディーラーに注意されることもあるでしょう。

仮に禁止されていなくてもマナーの面からおすすめできないため、基本的にはオンラインカジノで遊ぶ時に使う攻略法と言えます。

ベットが面倒

1ゲームごとに賭け金が変わることが多いです。

5,10、20ドルなど区切りのいい数字にならないことがほとんどなので、チップを賭ける手間がかかります。

検証時にこれが一番面倒に感じられました。

パソコンひたすらマウスクリックを連打、スマホはタップを連打することになるでしょう。

するとベットミスすることもあって余計に厄介です。

連敗が続くと賭け金が増える

負けが続くほど賭け金がじわじわ増えていきます。

勝率5割のゲームなのでそれほど連敗が続くことはないずなんですが、悪い流れにハマると一向に数列が減らなくなります。

そんな状態が続くと目標額に対して高い賭け金でプレイすることになりリスクも増えます。

テーブルリミットがある

オンラインカジノのゲームには必ずテーブルリミットが設定されています。

バカラなら上限20~100万円(2000~1万ドル)までのテーブルが多いです。

金額的にハイローラー限定ですが、キャンセレーション法の設定しだいでは勝負が長引けば続けられなくなる可能性もあるでしょう。

上手にキャンセレーション法を使うコツと注意点

  • 早く利益獲得を目指すなら分割数を減らす
  • 確実性をとるなら分割数を増やし金額を抑える

キャンセレーション法の良い使い方としては、目標金額の数字の分割する数によって達成までの速さが変わるので、早く目標額を達成させたい場合は分割数を少なくすることです。

極端な例では目標額100ドルにして数列を【50 50】でも利用条件は一応クリアしています。

ですがこれはやり過ぎなので最低でも2回賭けられる4つ以上に分割することをおすすめします。

ただし分割数を少なくすると、負けた時の次のベット数が多額になってしまう可能性があるので注意してください。

逆に時間がかかっても確実に成功をさせたい場合は、分割数を増やして一つ一つの額を少なくすることで、一回のベット数を少額で抑えつつ安全にプレイできます。

その他におすすめのカジノ攻略法

確実性を求める人におすすめ「ココモ法」

たとえばコツコツ貯めたい人には、地道に確実に利益を増やしていく方法としてココモ法という攻略法があります。

ココモ法はルーレットで使われるベットの仕方ですが、1回目に1のベットをしたとすると2回目の1回目と同じ1をかけ、連敗すると3回目以降は1回目と2回目の合計をかけます。

4回目なら2回目と3回目の合計というように前回と前々回の合計分をかけていくようにすると連敗しても利益が得られ、連敗するほどその額も大きくなるというメリットがあります。

しかし資金がなくなると損失が大きくなるというデメリットもある方法で、3倍の配当が出るゲームで活用できます。

頭を使わなくてもいい攻略法「マーチンゲール法」

バカラやルーレットなどで最もよく活用されるマーチンゲール法は、勝つまで倍の数をかけていくだけの方法です。

その方法だと一度勝てば利益を得られます。

勝率50%のゲームでずっと負け続けることはまずありえません。

よっていづれは勝てるわけです。

ただし、キャンセレーション法と同じくゲーム別に一度にベットできる上限額が決まっていることがほとんど。

連敗は何回まで、などルールを決めて使うことになるでしょう。

まとめ

オンラインカジノのゲーム攻略に使えるキャンセレーション法の使い方や仕組みを解説しました。

メモ必須なのでランドカジノなどで使うとゲーム進行の妨げになってしまう可能性もあります。

直接対面でやらないオンラインカジノだからこそ使いやすい攻略法と言えるでしょう。

【円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス
日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です