カジノが違法でパチンコなどのギャンブルが合法は納得できない?違いは?

カジノとパチンコの違い比較

カジノ法案が成立し、IR事業が着々と前に進んでいる今、カジノをビジネスにしたい人・企業が増えています。

そんな日本では、賭博行為が法律上違法となっています。

でもパチンコは世界的に見てもトップクラス(トップか?)に売り上げのある賭博なんじゃないの?と思います。

「じゃあカジノだっていいじゃない」と感じたのでお勉強のつもりで調べてみました。

日本の違法賭博ってどんなもの?

賭博とは、金銭やその価値がある品物を賭けてゲームをすることです。

しかし、ボートレースや競馬も当然ながら現金を支払って楽しむ賭け事ですし、パチンコなども勝てば現金化できるゲームです。

競馬・競輪などは公営ギャンブルなので合法だと広く知られていますが、公営以外の合法的なギャンブルと違法賭博の違いが分からないと言う人も多いでしょう。

競馬場

賭博が違法にならない条件は?

ギャンブルは生活の中で日常的に行われている場合も少なくはなく、どのレベルまでが合法なのかと言う判断は難しい一面もあります。

例えば、野球チームの勝敗を仲間内で賭けた場合に必ずしも法律違反になるとは限りません。

勝った方に負けた方がビール一杯をおごると言うルールがあるとすれば、一時娯楽物の範囲と判断できるので賭博行為の例外になり合法となり得るでしょう。

しかし、勝った方に負けた方が100円支払うといったルールがあれば、たとえ低額であっても賭博罪が適用されます。

これが、5,000円のコース料理に連れて行くとしたルールで賭けた場合は合法です。

明確な金額が提示されていますが、コース料理を賭けたとされるため現金によるギャンブルではないと言えるのです。

しかし、300万円の自動車など、常識を超えた高額な品物や財産と見なされる物品を賭けた場合は賭博罪に触れる可能性が高くなります。

このように、合法と違法の大きな違いは、現金やそれに値する品物でのやりとりが直接行われているかと言う点です。

賭けマージャンをする時に、メダルなどを現金の代替品としてゲームに用いていれば合法になりますが、現金で取引していれば違法になります。

でもパチンコだって現金取引してるんじゃないの?ってことで、合法な理由を調べてみました。

パチンコは現金化できるのに違法じゃないのはなぜ?

パチンコの場合も、運営側が出玉を景品に交換するだけなので、直ちに賭博罪とはならないギャンブルとされているのです。

パチンコは三点方式と呼ばれる営業スタイルで運営されています。

出玉を景品に交換したユーザーは、現金化するために換金所で景品と現金を交換し、換金所から景品を買取った古物商である景品問屋がパチンコ店へ景品を売却すると言うものです。

結局、ユーザーが現金を得ている実態はある訳ですが、運営側は出玉をユーザーに店外へ持ち出させないために景品を交換していると言う立場を取っています。

景品交換後、ユーザーが景品を現金と交換するかはユーザーの判断に任せているため、運営側は現金化に直接関与しておらず、違法賭博ではないとされているのです。

カジノが違法になるのはなぜ?

一方のカジノは、三店方式ではなく胴元と言われる賭博場の元締めや主催者が直接運営するスタイルで、ユーザーやプレイヤーとの間で現金が直接やりとりされます。

このため、法律上の賭博行為と判断され一般的に日本では許可されないビジネスとなってしまうのです。

カジノもパチンコ方式で営業すれば合法にならないの?

パチンコのように、カジノも現金をプレイヤーと直接やりとりせずに済む営業スタイルを採用すれば違法ではなくなり、合法的に多くの人が利用できるようになると考える人も少なくはないでしょう。

たとえば三店方式を導入すれば、ユーザーは景品かそれに該当する品物を換金所で現金で交換が可能になります。

カジノは風営法に引っかかってしまう

風営法

現金のやりとり以前に、風営法と呼ばれる風俗営業に関する法律によって経営自体が違反となってしまうので、カジノは合法にはなりません。

カジノは賭博を行うための遊技場ですから、刑法の186条にある、賭博場を開いて利益を図った場合に懲役刑になるなどの項目に触れます。

また、遊技場に行き賭博行為をした人は、一度のプレイでも賭博罪に当たりますが、何度も該当する場所で賭博に参加すれば常習賭博罪が適用される場合も考えられるでしょう。

オンラインカジノはグレーな状態

ただし、オンラインカジノに関してはグレーゾーンと言われています。

日本ではインターネットに関する法整備が未熟な部分が多く、オンラインカジノを縛る法律はまだありません。

カジノ法案は、あくまでリゾート開発におけるランドカジノに関する取り決めです。

また、合法であるかどうかはオンラインカジノの運営サイトによって異なりますが、実際に運営者が起訴された事件もありました。

といっても警察側によるこじつけっぽい理由での起訴なので、納得していなかった被告はその後不起訴を勝ち取っています。

パチンコは風営法でも認められている

一方のパチンコ店は風営法で第4号営業に適用されていますから、賭博場の扱いではありません。

遊戯球を用いた遊技機の設置でユーザーにプレイさせるビジネスであり、ゲームの結果によって賞品の提供を行う店舗として風営法施行令第7条で営業を認められています。

客に対して射幸心を誘発するおそれがある営業を行う店舗としての定義はあるものの、風営法で認められている以上、当然ながら客として何度も出入りしても法律上まったく問題がありません。

違法となる賭博の定義

違法賭博の定義

法律違反に値する賭博は、偶然による勝ち負けを競うゲームに金品を賭けることと定義されています。

パチンコやマージャンは、ある程度練習をすれば上達するゲームと定義されていますので、客がゲームに対して持つスキルがゲームの結果を左右すると考えられており、賭博には当たらないのです。

一方で、カジノでプレイされるカードゲームのほか、ルーレットやスロットマシーンなどは客のスキルとは関係なくゲームの結果が出ますから、偶然による勝ち負けの結果が出るゲームとなります。

となると、練習すれば上達していく系のカジノゲームだけにすれば賭博の定義からは外せそうです。

ただし、ルーレットやバカラなどはどうしたって運による勝ち負けになってしまうので無理なんですけどね。

まとめ

カジノとパチンコで違法・合法が違うのはなぜなのか?について疑問を感じたので調べてみました。

賭博、そして風営法に引っかかってしまうため、カジノ運営は違法になることは免れません。

パチンコも無理やり法律の隙をつついている感じですが、カジノゲームで同じように対処することはできなさそうです。

そんな状況でもインカジ・闇カジノと呼ばれる違法なカジノ運営をしているお店もありますし、間違っても行かないようにしてくださいね。