カジノバーは換金可能?遊び方と店のシステムや違法性について解説

カジノバーは換金可能? アイキャッチ画像

ポーカー人気の後押しもあり、日本でもカジノゲームが楽しめるバー「カジノバー」が増えています。

2016年に成立したIR法案の影響もあるのでしょう。

そんなカジノバーでは実際にお金を賭けられるのか、また景品などに交換できる店舗はあるのでしょうか。

結論から言うと、あったら違法です。

よってまともに営業している店舗なら換金不可能ですし景品交換もないでしょう。
(景品交換はやっちゃってるお店もいくつか見かけますが汗)

でも残念ながら違法賭博店もあります。

そこで換金可能&景品交換できるカジノバーはなぜ違法なのかについて解説。

また、健全なカジノバーでの遊び方やシステムについても紹介していきます。

間違って違法店で遊んでしまわないよう注意してください。

なお日本で楽しむなら、自分のスマホや端末で遊べば違法性はないオンラインカジノがおすすめです。

\当サイトから登録でボーナスあり!/

登録無料金額もらい方
2000円+
最大1万円
入金ボーナス
登録ページ(FULL選択)
プロモコード欄に入力↓
2000bonus
1500円+
フリースピン60回
登録するだけ!

 

カジノバーは換金できる?現金ベット可能?

健全なカジノバーでは換金できません

カジノバーは換金不可

最初に触れたとおり通常なら換金できません。

健全に営業しているお店なら、と前置きは付きますが…。

インカジのような闇(裏)カジノとして隠れて違法営業しているようなカジノバーなら換金できます。

もちろんそういった違法賭博店には行かないでくださいね?

なお、似たような形態の「アミューズメントカジノ」も同様です。

とはいえ、インターネットで検索してホームページが出てくるようなカジノバーならまず問題ありません。

SNS上や5chといった掲示板などだけで名前が出てくる店舗は、換金できてしまう違法賭博店である可能性が高いです。

摘発されたときに、その場にいて遊んでいればあなたも逮捕されてしまうでしょう。

店内に入ってしまった後で換金可能だと知ったなら何が何でも即退店しましょう。

ただ、反社っぽいスタッフがいると難しいかもしれませんが(汗)

そもそも入店の際に監視カメラが備え付けられていたり二重扉になっているようなお店は、VIP向けでないなら間違いなく違法なお店です。

というか、VIP向けを建前にしてこっそり賭博させている可能性も高いでしょう。

また、普通の賃貸マンションの一室でやっている、インターネットに繋がったパソコンが複数台置いてある場合も高確率で違法賭博店です。

日本で合法的に換金可能なギャンブル

換金可能な日本のギャンブル

日本国内で換金可能なギャンブルは以下のとおりです↓

換金できるギャンブル
  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレース
  • 宝くじ
  • スポーツくじ
  • IRカジノ
  • パチンコ・パチスロ
  • オンラインパチンコ・パチスロ
  • オンラインカジノ

国が認めている公営ギャンブルと法の隙間を潜り抜けているものに限られます。

パチンコ・パチスロは三店方式によって刑法の賭博罪が適用されないようにしていますね。

パチンコ店では景品交換は可能ですが現金への換金はできないものの、近くにある違う店舗で特定の景品を換金できる謎システムなのはみなさんご存じでしょう。

個人的にはどうかと思いますが(汗)

オンラインカジノやオンラインパチンコ・パチスロは、拠点が国内にないことで賭博罪の適用条件からうまい具合に外れています。

100%合法とは言えないものの、違法ではないという状態です。

カジノバーの営業形態

まず換金できない健全なカジノバーから解説していきます。

まともなお店は「風俗営業法(風営法)」を基準にして運営されています。

風営法は景品交換可能なパチンコ・パチスロが該当する「風営法4号営業」とゲームセンターなどが該当する「風営法5号営業」といったいくつかの種類に分かれています。

そしてカジノバーはゲームセンターと同じ「風営法5号営業」です。

パチンコ・パチスロは店内で景品交換まではできますね。
(換金は店の外にあるお店で)

ゲームセンターはUFOキャッチャー系のゲームで景品をゲットできます。

またメダルゲームでカジノ系のゲームも楽しめますが、換金できないのはご存じだと思います。

というわけでカジノバーも換金不可なわけですが、景品交換はどうなんでしょうか。

金目の景品と交換できればメルカリなどで売れば換金できてしまいますからね。

カジノバーでチップの景品交換は可能?

カジノバーのチップの景品交換

基本的にチップの景品交換もできません。

でも営業形態が「風営法5号営業」で同じゲームセンターは景品交換できるゲームが置いてあるため「できるんじゃないの?」と思う人もいるはず。

あれはどういうことなんでしょうか。

これについて風営法では「二次交換禁止」となっているのですが、この部分の解釈しだいでもあります。

たとえば「景品と繋がっているヒモを引っ張ると商品がもらえる」なら二次交換ではありません。

ただゲームセンターのUFOキャッチャー系のマシンで当選番号を書いた何かしらのモノをゲットした後で番号に合致する景品と交換する場合、二次交換禁止に反するため風営法違反となり違法です。

ゲームセンターでこういうマシンが置いてあったら違法ってことですね。

でも風営法とは全く関係ないお店で景品交換できるマシンを置いてあることもあります。

私の近所の本屋がそうなんですが、本屋なので風営法とは無縁の営業形態のため風営法違反ではありません。

で、店舗の外に景品交換できるマシンが置いてあります。

これに関して適用される法律の詳細はわかりませんが「景品表示法」で解釈されるのかもしれませんね。

適当なこと書いててもダメなのでこのくらいにして…。

とりあえず、風営法によって営業許可が与えらえているカジノバーでは換金だけでなく景品交換もできません。

それなら風営法が適用されない営業形態でやれば良さそうなものですが、バーを開くには風営法の許可が必須です。

また、バーのようなサービスを一切排除したカジノゲームだけを楽しめる娯楽施設を作ったとしても風営法の許可が必要です。

どうにもならないでしょう。

このように飲食店や娯楽施設ではどうやっても換金性のあるサービスは提供できません。

カジノバーのチップはドリンクなどと交換可能?

カジノバーでは最初に入場料的なものを支払ったときにチップをもらう流れが多いです。

ゲームセンターのメダルゲームは専用の機械で交換しますが、扱い的にはチップとメダルは似たような感じですね。

で、バー店内でチップをどれだけ増やそうと換金も景品への交換もできないため、ただゲームを楽しむことしかできません。

では店内で注文できるドリンクや食べ物などはどうなんでしょうか。

実はこれも違法となります。

飲み物や食べ物などのお店で注文できる商品は景品とは違うように思うかもしれませんが景品扱いです。

要するにモノとの交換はNGってことですね。

チップと交換できるのはゲームで楽しむという娯楽サービス・体験だけです。

ただし、一部カジノバーは公式ホームページでドリンクなどへの交換も可能とハッキリ書いてるところもあり、問題なく営業できているお店も見かけます。

結局は警察のさじ加減しだいなんでしょう。

 

ここまででお店では換金できないこと、景品交換できないことについて紹介してきました。

でも、世の中には換金できてしまうお店もあります。

そこでカジノバーの違法性について見ていきましょう。

カジノバーの違法性

カジノバーの違法性

カジノバーを営業するには警察で風営法(風営法5号営業)で許可を得なければできません。

よって「風営法5号営業」の許可があれば違法ではないのですが、なかったり許可証を偽装していれば当然違法です。

また、飲食店でもあるので保健所から飲食店の営業許可も取得しておく必要があります。

これら2点を取得していないお店なら違法です。

ただ、これは換金行為とは別の話。

実際に換金できるカジノバー(闇カジノ)は存在します。

また、そういった違法店舗が真面目に飲食店許可証や風営法の許可証なんて取得しないでしょう。

違法カジノバーとはどんなもの?

摘発された事件を見る限り、ディーラーを雇ってバカラが遊べるようにしている違法バカラ店や、パソコンでオンカジサイトに接続させて遊ばせるネットカフェっぽい形式のインカジが目立ちます。

おそらくインカジの方が楽なんでしょうね。

最近は特に目立ちます。

そういったお店に行くには、歓楽街にいるキャッチや直接関りがあるキャバクラなどの店舗スタッフによる紹介などが主な方法となります。

常連客の知り合いがいるなら、そこからの紹介も方法の1つです。

で、お店に入るときに免許証の提示を求めるなど身元の確認があり、チップやポイントに換金して店内で賭博行為を楽しむことになります。

ハイリスクな違法営業をしているため、普通に客に勝たれてしまってはやってられません。

当然のようにイカサマ・不正行為はあります。
(インカジの場合は難しいと思いますが)

ただ、経営者によっては間違った正義感・信念をもっていて、経費分だけはイカサマで稼いでそれ以外はイカサマなしでやっているお店もごく少数ですがあるようです。

それがいいことだとは絶対に思いませんけどね(汗)

どちらにしろ違法は違法なのでそういった店舗に行くのはやめておきましょう。

違法カジノバーで遊ぶ危険性

主な危険性
  • 逮捕されるリスク
  • 勝っても換金できないリスク
  • 反社と関わるリスク

こういったリスクがあります。

逮捕されるリスク

公営ギャンブル以外の違法賭博サービスを利用すると刑法の賭博罪が適用されます。

これまでにも毎年10件以上のペースで違法賭博店が摘発されてきました。

そして今後もなくならないでしょう。

そんな違法賭博店が摘発される条件は

  • お店が日本国内にある
  • お客さんが賭博行為をしている

この2つを満たした証拠が揃った時です。

お店はいくら頑張って隠したところで簡単にバレます。

過去の摘発事例を見ると、1年以上続いているお店は稀です。

警察はとっくに情報をゲットしていることでしょう。

あとは客がお店に入って遊んでいるタイミングで摘発に動きます。

現行犯以外では遊んだ証拠がなければ賭博罪が成立しない可能性もでてきます。

違法カジノバーといってもドリンクを飲んでいただけでは違法とは言えないでしょう。
(飲食店許可証がなければ店側は違法ですが)

となると客が賭けたのを見届けてからの現行犯逮捕が効率的です。

いつどのタイミングで摘発されるのかわかりません。

そんな逮捕されるリスクすらスリルとして楽しむような生粋のギャンブラーにはならないでくださいね。

勝っても換金できないリスク

違法なお店はイカサマありきですが、絶対に勝てないわけではありません。

ただし勝って換金しようとしてもすぐ対応してくれるとは限りませんし、無事換金してお店を出られてもその後襲われる可能性もあります。

相手も違法を承知で営業しているのであまり大勝ちすると身の危険もでてきます。

反社と関わるリスク

違法カジノバーは反社が関わっていることもあります。

インカジならマンション一室借りてパソコン10台ほどを用意すれば簡単にスタートできますからね。

上手くいけば月1000万くらいになることもあるようですし、初期投資費用はすぐにペイできるでしょう。

でもそんな人たちに身分証明書などを見せて住所など個人情報も渡してしまうことになります。

その後どんな危険がやってくるのかわかりません。

最近増えている闇バイトと同じで、個人情報を握られてしまうと脅しの材料に使われてしまうでしょう。

以上のことから違法カジノバーに誘われたり紹介されることがあっても絶対に行かないようにしてくださいね。

ただキャバクラなどでアルコールが入った状態で紹介されると、よく思われたいから、カッコつけたからといった理由で行ってしまう可能性もでてきます。

そこは頑張って自制してくださいとしか言えることはありません。

 

ここまで違法性について解説していきましたが、換金できなくてもいいから健全に営業しているカジノバーで遊びたい人もいると思います。

そこでカジノバーのシステムや遊び方についても簡単に紹介しておきます。

カジノバーのシステムと遊び方

カジノバーのシステム・遊び方

システム・仕組み

遊ぶ時のシステム
  1. 会員登録
  2. チップ交換
  3. チップを使って遊ぶ
  4. 帰るとき余ったチップは預けられる(換金不可)

入場料が必要なお店などいろいろですが、大まかにはこんな流れで遊びます。

料金システム

店舗によりますが会員登録代が2000~3000円くらい。

チップは2000円前後から交換できるでしょう。

トータルで5000円~は必要です。

なお入場料とチップ代・ドリンク代などもろもろ一緒になっているお店もあります。

また、ドリンク飲み放題のお店もありますが、別料金のほうが多い印象です。

アルコール、ソフトドリンクなど飲食代は別として考えておいた方が安心ですね。

ゲームの遊び方

ディーラーがルールや遊び方を教えてくれます。

ですが、行く前にある程度知っておいた方が緊張せずより楽しめるのは間違いないでしょう。

ポーカーの遊び方

カジノのポーカーは日本でメジャーな5ドローポーカーではなくテキサスホールデム形式がメインです。

手札は2枚でテーブル上に共通札呼ばれる5枚のカードが置かれます。

その中の3枚と手持ち2枚で役を作って勝負していくのが基本ルールです。

バカラの遊び方

勝負しているプレイヤーとバンカーと呼ばれる2者のどちらが勝つか?に賭けるカードゲームです。

ポーカーやブラックジャックのように自分が勝負するわけではないため手札はありません。

自動で2者に配布される2~3枚のカードの合計値の1桁目が9に近い方が勝ち。

その結果に対してプレイヤーかバンカー、タイ(引分)、ペア(カードの数字が同じ)などに賭けることができます。

ブラックジャックの遊び方

ディーラーとの対戦カードゲームで、配布された手札の合計が21に近い方が勝利となります。

誰でも簡単に使えるベーシックストラテジーという王道攻略法が使えるといいのですが、オンカジのような形式でないと使えません。

よってカジノバーで簡単に使える攻略法はありません。

ベーシックストラテジーがどんなものか?やブラックジャックの詳しいルールはこちらの記事をご覧ください。

ルーレットの遊び方

お店によりますがたいてい0~36までの数字のポケットに分かれた「ヨーロピアンルーレット」が置いてあるはず。

1つ1つの数字にベットするのもいいですし、赤黒など2分の1の勝率の賭け方で楽しむのもあり。

初心者なら赤黒、偶数奇数、ハイローでまずはベットしてみましょう。

詳細ルールについては別記事で開設しているので参考にしてください。

オンラインカジノで慣れておくのもおすすめ

スマホで簡単に楽しめる換金可能なオンカジならいつでも実戦練習できます。

換金できる分、味わえるハラハラドキドキ感はこちらのほうが上と言えるでしょう。

なんだかよくわからない、不安を感じている人は少額ですが入金不要ボーナスでお試しプレイできるオンカジなら安心です。

ただし個人的にはユーザーのお金を素早く出金してくれるオンカジのほうが信用できるのでおすすめです。

カジノバーは換金可能?についてよくある質問

よくある質問
・1人でもOK?
・初心者でも大丈夫?
・何歳から遊べる?

1人でもOK?

問題ありません。

初心者でも大丈夫?

ディーラーが遊び方を教えてくれるので安心です。

何歳から遊べる?

「風営法5号営業」の許可を取得しているカジノバーはゲームセンターと同じです。年齢制限はありません。ただし、未成年は遊べる時間に制限があり、以下のようになります。

16歳未満:18時まで(保護者同伴であれば22時まで)
18歳未満:22時まで

全国のカジノバーを探せます

北海道札幌
東北仙台(宮城) 青森 岩手 秋田 山形 福島
関東
(東京)
新宿 渋谷 秋葉原 赤坂 六本木 銀座 上野 お台場 吉祥寺
関東
(東京以外)
神奈川 埼玉 茨城 千葉 群馬 山梨
北陸金沢(石川) 新潟 富山 福井
中部名古屋(愛知) 岐阜 三重 静岡 長野
関西大阪 京都 神戸(兵庫)  奈良 和歌山 滋賀
中国岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国徳島 姫路 香川 高知
九州福岡 熊本 長崎 佐賀 大分 宮崎 鹿児島
沖縄沖縄

まとめ

最近店舗数が増えてきているカジノバーのシステムや遊び方、換金可能なお店はあるのか?について紹介しました。

換金できるお店があったら100%違法です。

間違って入ってしまったらすぐ退店してください。

そういった違法カジノバーが1年以上続くことは稀ですし、たいてい警察にバレているもの。

逮捕されてからでは遅いです。

きちんと風営法5号営業の許可を得て運営されているお店で楽しんでくださいね。