仮想通貨の手数料を安くするオンラインカジノ入金方法

オンラインカジノの仮想通貨送金手数料の節約方法 アイキャッチ画像

通貨としての地位が認められてきた仮想通貨(暗号資産)。

金融業界からは厳しい対応をされがちですが、一般の利用者にとっては1つの通貨としてすでに確立されていると言ってもいいでしょう。

実際に買い物にも使えますからね。

で、そんな仮想通貨はオンラインカジノでも使えます。

オンラインカジノは入出金時の手数料が結構かかる弱点があるんですが、仮想通貨を使えばかなり抑えられるんです。

ただ、よく遊ぶ人にとっては1円でも手数料が安くなればうれしいですね。

そこでオンラインカジノへ仮想通貨で入出金するときの手数料を安くする方法を紹介していきます。

オンラインカジノで仮想通貨利用時の手数料一覧

オンラインカジノサイト上で「無料」とあっても手数料は発生します!

実際にオンラインカジノのサイト上で手数料をチェックすると「無料」と掲載しているところも多いです。

良心的なところは別途ブロックチェーンの仕組み上かかる手数料は発生します、など注意書きをしていますが、まだまだ無料になっているサイトも目立ちます。

ですが実は仮想通貨で送金する時に必要になる手数料には以下のようなものがあるんです↓

・仮想通貨の仕組み上必要になってくる手数料
・オンラインカジノ運営側の事務手数料
・オンラインカジノへ入出金時の換金でかかる為替手数料
・仮想通貨を購入する時の入金/売買/送金手数料

それぞれどんな手数料なのか見ていきましょう。

仮想通貨の仕組み上必要になってくる手数料

仮想通貨送金の手数料

仮想通貨(暗号資産)はデジタルデータの通貨です。

円やドルのようにお札や硬貨といった現物として存在するわけではありません。

そんな価値があいまいなデータに対して唯一無二である価値を生み出すため「ブロックチェーン」という仕組みで管理されています。

ブロックチェーンとは?
一般財団法人JBA(全国銀行協会)によるとこのように定義されています↓

取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術

もうちょっとかみ砕かないとわかりにくいかもしれません。

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」の一種で、たくさんの関係者でデータを分散管理する仕組み。

で、台帳に記録する際は、毎回過去から現在までの取引を全部再検証して不正や間違いがないかチェックしています。

よって健全性を保っているわけです。

このブロックチェーンの維持管理費的なものとして、仮想通貨を利用するユーザが送金のたびに手数料を負担します。

通常時の送金手数料

ここでは最も取引量の多いビットコインを送金する場合で考えてみましょう。

ビットコインを送金するときは、ブロックチェーンの仕組み維持のため手数料がかかります。

具体的な金額はその時の取引量によって変わるためハッキリとは言えませんが、日本円にすると数十~数百円くらいです。

ただし最近は仮想通貨投資する人も増え、一般利用もしやすくなってきたことから取引量が増加。

手数料も以前のような数十円とはいかなくなってきています。

上乗せ分の手数料

ビットコインの場合、送金時に手数料を上乗せして支払うことでブロックチェーン上の処理の順番を早くすることができます。

で、送金する人がその上乗せ金額を決めることができます。

ビットコインの承認作業は10分に一度実施されているため、より高い手数料を支払えば最優先で処理され10分以内に着金するでしょう。

なお逆に安くすることもできます。

ただし取引量が増えている現在、いつまでたっても10分以内にこなせる処理可能枠に余りがなく処理されない可能性もでてきます。

ですので基本的にはデフォルトで設定されている手数料にしておくことをおすすめします。

そうすれば遅くても1時間くらい待てばオンラインカジノアカウントに着金しているはずです。

ちなみに仮想通貨の中には送金手数料が1円以下のものもあります。

オンラインカジノ運営側の事務手数料

仮想通貨の仕組み上で必要となる手数料の他に、オンラインカジノへ支払うものもあります。

ただし、ユーザー離れを防ぐためなのか多くのオンカジでは無料ですね。

私が知る限りで仮想通貨決済の処理手数料を徴収しているオンカジはほとんど見たことがありません。

他の手段ならクレジットカード入金が手数料5%くらいかかりますし、一部決済手段も数%とられます。

対して無料で使える仮想通貨を選ぶだけで入出金コストを安く抑えられます。

オンラインカジノへ入出金時の換金でかかる為替手数料

上の欄でほとんどのオンカジ側へ支払う決済処理手数料は無料です、と紹介しました。

ただし1つ注意点があって、仮想通貨で入金してもアカウント上は法定通貨(米ドルや日本円)に換金されてしまうオンカジがほとんどです。

サイト上に明記はされていませんが、この為替交換手数料が含まれているっぽいですね。

一例として日本一ユーザー数が多いベラジョンカジノのBTC⇒米ドル換金価格をみていきましょう。

実際にビットコインの市場価格とベラジョンで同じタイミングでチェックしたときの1BTC価格はこのように違っていました↓

コインマーケットキャップの1BTC価格

コインマーケットキャップの1BTC価格

ベラジョンカジノの1BTC価格

ベラジョンカジノの1BTC価格

市場価格より少し安い設定になっているのがわかります。

19959.79-19688.0171=271.7729ドルの差があります。

この差額はそのまま為替交換手数料と言っていいでしょう。

パーセンテージ的には1.4%くらいですね。

この割合はオンカジによって異なりますが、だいたい1~3%くらいの範囲内になっています。

手数料を安くするためにはこの目に見えにくい部分の為替手数料も重要です。

仮想通貨を購入する時の入金/売買/送金手数料

仮想通貨購入時の手数料

すでに仮想通貨を持っている人はそのまま入金すればいいのですが、これから用意する人はそこでも何かしらの手数料が発生します。

どこの取引所で買うのか、またそれ以外の経路で購入するのか、利用する手段によってもコストは違ってきます。

仕事の報酬・給料、その他何かしらのイベントで賞金として獲得する以外の方法で仮想通貨を手に入れるには次の3パターンが考えられます。

・日本の取引所で購入
・海外の取引所で購入
・オンカジで直接購入

日本の取引所で購入する時の手数料

・日本円の振込手数料
・取引所の売買手数料
・オンカジへの送金手数料

この3つがかかります。

コインを買うにはまず日本円を入金しなければいけません。

日本でメジャーな仮想通貨取引所の銀行振込での入金手数料は以下のとおりです↓

DMMビットコイン

・クイック入金は無料
・振込での入金は利用する銀行の手数料に準じます

DMMならマイページ内から手続きできるクイック入金が最適です。

300以上の金融機関に対応しています。

ビットフライヤー

・通常振込は銀行毎の振込手数料
・クイック入金を利用する場合は手数料330円(税込)
※住信SBIネット銀行からならクイック入金手数料は無料

クイック入金に使える銀行は「住信SBIネット銀行・イオン銀行・じぶん銀行」の3行です。

無料で振込できる住信SBIネット銀行で口座開設しておくことをおすすめしますが、住信の口座へ入金するときも結局手数料がかかってしまいます。
(給料受取先として使っているなら別)

今後どれくらい遊び続けるのか、何度も入金することになるのか、を考慮して利用し続けるなら住信SBIネット銀行がいいですね。

リキッド

使う銀行側の振込手数料がかかります。

ビットバンク

使う銀行側の振込手数料がかかります。

 

このように差は数百円程度ですが、使う取引所によって振込手数料も変わってきます。

つづいて仮想通貨の売買手数料(販売所ではなく取引所で買った場合)は次の通りです↓

DMMビットコイン・・・無料
ビットフライヤー・・・0.01%~0.15%
リキッド・・・・・・・無料
ビットバンク・・・・・0.12%
※2022/7時点のビットコインの場合

取引所によってかなり変わりますね。

 

そして最後はこれら取引所からオンラインカジノへ仮想通貨送金するときの手数料も必要です。

ここでは一例としてビットコインの入出金手数料を紹介しておきます↓

※入金/出金の順

DMMビットコイン・・・無料/無料
ビットフライヤー・・・無料/0.0004 BTC
リキッド・・・・・・・無料/0.0007 BTC
ビットバンク・・・・・無料/0.001 BTC

入金するときはどの取引所も基本無料です。

出金するときだけ手数料をとられます。

かりに1BTC=100万円で計算した場合、DMM以外は400~1000円かかることになります。

ここまでトータルすると取引所でコインを買ってオンカジへ送金するまでにDMMビットコインなら無料で使えるのでおすすめです。

ただしコインチェックやGMOコインからオンカジへ送金するとアカウント凍結された事例が報告されています。

ほかの国内取引所はまだそういったトラブルは起こっていませんが、不安要素ではあります。

心配なら海外取引所やウォレットアプリを介して送金しましょう。

海外の取引所で購入するときの手数料

バイナンスやバイビットなど日本の取引所より規模が大きく扱う仮想通貨の種類も圧倒的に多い海外取引所。

オンカジも海外サービスなのでこちらのほうが親和性は高いです。

ただし日本円で入金できないためコイン購入先としてはイマイチですね。

今後使用していくことを考えるなら、一度日本の取引所でコインを買って送金することになります。

となると手数料的には割高になってしまいます。

ちなみにバイナンスからオンカジへのビットコイン送金手数料は0.0005 BTCです。
(1BTC=100万円なら500円)

オンカジで直接購入するときの手数料

日本語対応しているオンカジの中でも「ビットカジノ(BitCasino)」は仮想通貨をクレジットカードで直接購入することができます。

取引所を利用すると

・取引所の口座開設
・本人確認申請
・日本円の入金
・仮想通貨の購入
・オンカジへの送金

といった作業が必要です。

慣れていないと1日以上かかってしまうかもしれません。

これらの手間を考えるとクレジットカード購入してしまえばすぐに仮想通貨で遊べます。

ただしこれだけ便利な分、デメリットもあります。

・購入手数料がかかる
・すぐ出金できない

オンカジ内での仮想通貨購入は代行業者を利用します。

そしてクレジットカードも利用します。

マスターカードブランドはBTCXEというサービスを利用し手数料は2%ほど(変動)。

VISAカードならMoonPayと言うサービスを利用し手数料は4.5%ほどかかります。

となるとマスターカードを持っていないとかなり割高になりますし、持っていても購入額が高額になるほど割高になっていきます。
(日本の取引所「DMMビットコイン」購入なら手数料ゼロ)

また直接購入しビットカジノアカウントに入るコインには出金条件1倍のルールが適用されます。

かりに1BTC購入したら、1BTC分はどのゲームでもいいので賭け金として消化しなければいけません。

さらに購入後48時間は出金条件をクリアしていても出金できません。

マネーロンダリング(資金洗浄)対策の一環なので仕方ないですね。

とはいえ、マスターカードを持っている人なら直接購入もおすすめです。

オンカジへ仮想通貨入金する時の手数料を安くする方法

オンラインカジノの入金手数料

・手数料が安い仮想通貨を利用する
・仮想通貨のウォレットから送金する
・手数料が安い取引所を利用する
・サイト内で法定通貨に換金しないオンラインカジノを使う

1つ1つ詳しく解説していきます。

手数料が安い仮想通貨を利用する

サンプルとして日本で人気のオンラインカジノで対応している仮想通貨は以下のとおりです↓

・ビットコイン
・イーサリアム
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・リップル
・テザーOMNI
・テザーTRC20
・カルダノ(エイダコイン)
・トロン
・ドージコイン

取引所によって異なりますが、送金手数料が少しでも安いコインを選べばかかるコストを安くできます。

なお違うコインに換金する際にも売買手数料が発生してしまうため、まとめて換金することをおすすめします。

サンプルとして多くのオンラインカジノで対応している仮想通貨3つの送金手数料を紹介↓

・ビットコイン・・・0.0004BTC(1 BTC=300万円なら1200円ほど)
・イーサリアム・・・0.005ETH(1 ETH=約15万円なら750円ほど)
・ライトコイン・・・0.001LTC(1 LTC=約7000円なら7円ほど)
※2022/7/14時点の価格

すべて1 BTC価格分に換算してみるとこんな感じです↓

・ビットコイン・・・1200円ほど
・イーサリアム・・・300万÷15万円×750円=15000円
・ライトコイン・・・300万÷7000円×7円=3000円ほど

ビットコインが一番安いですね。

このように使うコインによって手数料は大きく違います。

なお最近注目度が急上昇中で日本の取引所にも上場している「ステラルーメン(XLM)」は、送金速度が5秒以下で超高速、さらに手数料も最低0.00001 XLM~です。

2022/7/14現在の価格は 1 XLM=20円くらいなので、0.00002円ですね。

この場合も1BTC価格に換算すると

300万÷20円×0.00002=3円

となります。

300万円分の送金で個の手数料ならほぼ無料と言ってもいいレベルでしょう。

いまはまだ使えるオンラインカジノが見当たりませんが、今後対応してくる可能性は十分あるでしょう。

とはいえ現在は上の一覧リストの中から選ぶことになります。

仮想通貨のウォレットから送金する

日本で人気の仮想通貨ウォレットアプリには次のようなものがあります↓

・Ginco
・BRDビットコインウォレット
・TokenPocket

こういったウォレットアプリからの送金は基本無料です。

ブロックチェーンを利用する際のシステム利用手数料だけで済ませられます。

アプリへの仮想通貨送金時にも手数料が発生しますが、DMMビットコインなど送金手数料無料の取引所を利用すれば問題ありません。

手数料が安い取引所を利用する

これから仮想通貨を準備する人はまずコインを手に入れなければいけません。

給料や報酬をビットコインなどで受け取る、なにかの賞金でゲットする、といった特殊な方法以外では日本の取引所で購入するしかないでしょう。

でも日本の取引所の一部はオンラインカジノへの送金でアカウント凍結されてしまうリスクもあります。

現在ネット上で報告されているのは次の2社↓

・コインチェック
・GMOコイン

これら以外の取引所から選びましょう。

おすすめは上で紹介した入金・売買・送金手数料無料の「DMMビットコイン」です。

ただしあくまで現状での話なので、念のため公式サイトのチェックもしておきましょう。

仮想通貨で出金するときの手数料を安くする方法

仮想通貨出金時の手数料

オンラインカジノでは入金と出金は同じ決済手段でなければいけないルールがあります。

そのため入金時にビットコインを使ったなら、出金時もビットコインだけしか選べません。

イーサリアムやライトコインなどほかの仮想通貨では出金できません。
(海外の一部オンカジはできるところもあるらしいですが見つけても怪しいので使わないように!)

そこでオンラインカジノ⇒自分のウォレットへ出金する時の手数料を安くするには

・出金手数料が安いオンラインカジノを選ぶ
・換金のないオンラインカジノを選ぶ

の2つが大事です。

おすすめは「ビットカジノ」です。

仮想通貨決済をオンカジで使うメリット

・手数料がほかの決済手段より安い
・大きな金額もスムーズにやり取りできる
・決済処理が早い

手数料がほかの決済手段より安い

オンラインカジノではクレジットカード、海外のオンライン決済業者、銀行送金と仮想通貨が主な決済手段です。

クレジットカードは手数料が5%ほどかかるオンカジが多く最も割高。

海外のオンライン決済業者も口座への入金時や出金時にかなり割高な手数料がかかります。

銀行送金は決済代行業者を介しているパターンがほとんど。

そのため入金時だけなら振込手数料だけで済ませられるものの、出金時は数%の割高なコストを負担することになります。

これら3つの手段は人件費も会社拠点の不動産費用なども掛かるためどうしても高くなってしまうもの。

対して仮想通貨は余分な固定費がありません。

そういった面もあり仮想通貨が一番安くなります。

とくに手数料が%で徴収される決済手段はハイローラーのように入出金額が高額になるほど負担も大きくなるため遊ぶためのお金も減ってしまいます。

仮想通貨ならここで紹介した安くなる方法を使えばかなり抑えることができるでしょう。

大きな金額もスムーズにやり取りできる

手数料が%で計算されないこと、もともと低コストであることから金額が大きくても負担を抑えられます。

1 BTCが1000万円だったとしても送金手数料は1000万×0.0004 BTC=4000円ほど。

4000円と言う金額だけみると高く感じますが、1000万円の送金手数料ならかなり安いと言えるでしょう。

決済処理が早い

ビットコインだけは10分に一度の承認作業となるため遅くなる可能性はあります。

それでも10~60分以内には送金処理が終わるでしょう。
(それ以上かかっても完了しない場合はオンカジのサポートへ連絡しましょう)

仮想通貨決済をオンカジで使うデメリット

・最初に購入しておく手間がかかる
・送金先ミスでコイン喪失リスクあり

最初に購入しておく手間がかかる

まだどの仮想通貨も持っていない場合、事前に購入しておかなければいけません。

取引所の口座開設、身分証明書の提出と審査、入金してコインの購入など慣れていないと手間のかかる作業が発生します。

この先長くオンラインカジノで遊ぶつもりならこのような初期準備に時間をかける価値は十分あります。

が、とりあえずどんな感じか体験してみた人はクレジットカードか銀行振込をおすすめします。

送金先ミスでコイン喪失リスクあり

基本的にウォレットアドレスはコピー&ペーストするのでミスすることはないはず。

でも人間がすることに絶対はありません。

もし操作ミスや端末の不具合などに見舞われれば間違ったウォレットアドレスに送金処理してしまう可能性はゼロではありません。

またセキュリティのためオンラインカジノ側の入金先アドレスが定期的に変わるところもあります。

もしアドレスを登録してあり、その中から送金時に選択する方式でやっている人は要注意です。

仮想通貨で遊べるおすすめオンラインカジノ

仮想通貨が使えるオンラインカジノといってもすべてのコインに対応しているわけではありません。

ビットコインとそのほかの取引量が多いコインに限定されます。

そして送金手数料コストを安くするには

・仮想通貨ウォレットに対応している
・コインの送金手数料が安い
・カジノ側へ支払う決済手数料が無料

のオンラインカジノが最適です。

この条件にマッチするのは「ビットカジノ(BitCasino)」です。

ベラジョンやカジ旅、エルドアなど日本で有名なオンラインカジノはすべてサイト内で法定通貨に換金されてしまうため、手数料が割高になってしまいます。

以上のことから、仮想通貨の送金手数料を安くしたい人には「ビットカジノ」が最適です。

まとめ

仮想通貨を使った時の送金手数料を安くする方法とおすすめオンラインカジノを紹介しました。

決済時にさまざまな手数料がかかります。

これからコインを購入する人は「DMMビットコイン」でBTCを購入するとコストを抑えられます。

また国内取引所の規制が厳しくなるリスクを考えるならウォレットアプリに移しておきましょう。

そして手数料を安く抑えられるおすすめオンラインカジノは「ビットカジノ」です。

ぜひ参考にしつつ、仮想通貨でオンラインカジノを楽しんでください。

【超円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!

高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス

日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です