グッドマン法(1235法)の使い方 – オンラインカジノで最適なゲームを紹介

グッドマン法(1235法) アイキャッチ画像

カジノが出来てから100年以上。

これまでカジノプレイヤーたちはは数々の攻略法を生み出してきました。

そんな手法の1つ「グッドマン法(1235法)」。

ここでは「グッドマン法(1235法)」に注目しその仕組みや使い方、オンラインカジノで使えるゲームなどを解説していきます。

【初回入金限定】最大5万円/50%キャッシュバックあり!

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説!

カジノゲーム攻略法「グッドマン法」とはどんなもの?

グッドマン法(1235法)とは?

グッドマン法とは?

グッドマン法
別名「1235法」といい4連勝を基本とした賭け方。勝つ度に賭ける金額を1→2→3→5倍と変えていく方法。配当2倍、勝率50%のゲームで使う。

グッドマン法は、連勝中に出た利益を手元にキープしながらも、少しずつ利益を増やしていく事が出来るカジノで使える攻略法の1つ。

まず4連勝することが難易度高そうですが、しなければ使えないわけではないので問題ありません。

カジノ攻略法といっても色々とあり、どんどん賭け金額を増やしていき短時間で大きな利益を得ようとする必勝法もあります。

確かにそういった必勝法と比較すると、グッドマン法は得られる利益は少ない為、魅力は小さいと感じる人もいるかもしれません。

しかしこの方法は、着実に勝つ事が出来るので、非常に魅力的な戦略の1つです。

ではグッドマン法(1235法)の使い方を具体的に見ていきましょう!

カジノでのグッドマン法(1235法)の使い方

  1. ベット額を決める
  2. 1戦目 $1ベットで勝利(負けたら2から再スタート)
  3. 2戦目 $2ベットで勝利(負けたら2から再スタート)
  4. 3戦目 $3ベットで勝利(負けたら2から再スタート)
  5. 4戦目 $5ベットで勝利(負けたら2から再スタート)
  6. 5戦目以降はずっと$5ベット

かなり簡単なベット手法です。

勝ったら賭け金を増やしていくパーレー法(逆マーチンゲール法)と類似していますが、パーレー法は勝ったら次は倍額ベットです。

連勝が途切れれば儲けもゼロに逆戻りとなります。

止め時が難しい賭け方ですね。

対してグッドマン法(1235法)は比較的緩やかに賭け金を増額していくため負けても少しつづ増やしていきやすい攻略法と言えます。

たとえば1ドルベットの場合なら、1勝して負けても1ドルマイナス、2連勝して負けたらプラス1ドル、3連勝後に負けたらプラス2ドルとなります。

連勝したときの資金の増え方は次の次の項目でまとめているので参照してください。

グッドマン法(1235法)利用時のポイント

  • 賭け金は低額でスタート
  • 連勝したら賭け金を増やしていく
  • 負けたら最初から
  • 4連勝目以降はずっと同じ賭け金

賭け金は低額でゲームスタート

最初の賭け金は1ドル程度からのスタートをおすすめします。

慣れてきたら残高と照らし合わせて連敗しても復帰できる金額に設定しましょう。

連勝したら賭け金を増やしていく

(賭け金1ドル設定時なら)勝ったら2ドルの配当が得られるので、次のゲームではその2ドルを賭けます。

また勝った場合は4ドルもらえます。

そして3戦目は3ドル賭け、ここで勝てば6ドル手元に入ります。

こうした形で賭け続けていき、4連勝を狙いましょう。

負けたら最初から

仮に途中で負けてしまったら、最初に戻り初期ベット額からやり直します。

連敗中はずっと初期ベット額のままですね。

4連勝以降はずっと同じ賭け金

連勝が続き4連勝出来た場合どうするか。

グッドマン法では掛け金をそれ以上増やしません。

賭ける金額は1ゲーム最大5倍の金額までです。

仮に10連勝したとしても、11戦目に賭ける額は初期ベット額×5倍のままです。

そして負けたら再び初期ベット額に戻して再開します。

これを繰り返していけば、利益は小さいですが確実に手元に利益を得る事が出来ます。

もちろんより利益を確実にしたい場合は、連勝し続けている間に、再び初期ベット額に戻しても問題ありません。

というか一旦ゲームから降りたほうがいいですね。

グッドマン法(1235法)で10連戦したときの資金の増え方・減り方

初期ベット額を1ドルにした場合でシミュレーションしています。

ベット額勝利時
配当
(利益)
勝利時
通算利益
敗北時
損失
敗北時
通算損失
1戦目$1$2
(1ドル)
$1$1-1ドル
2戦目$2$4
(2ドル)
$3$2-1ドル
3戦目$3$6
(3ドル)
$6$30ドル
4戦目$5$10
(5ドル)
$11$5+1ドル
5戦目$5$10
(5ドル)
$16$5+6ドル
6戦目$5$10
(5ドル)
$21$5+11ドル
7戦目$5$10
(5ドル)
$26$5+16ドル
8戦目$5$10
(5ドル)
$31$5+21ドル
9戦目$5$10
(5ドル)
$36$5+26ドル
10戦目$5$10
(5ドル)
$41$5+31ドル

4戦目からずっと同じベット額なので大きな変化はありませんが、2連勝さえしてしまえばいつ負けても損失ができることがありません。

また3連勝目以降ならいつ連勝が途切れても損失は出ません。

安心して勝負し続けられるのは強みですね。

グッドマン法(1235法)は勝った利益を確保しながら稼いでいけるベット方法と言えます。

また最低限2連勝することがポイントです。

グッドマン法(1235法)を使うのは勝率が5割ほどのゲームなので連勝し続けるのは難しいものの、負けたら稼ぎをすべて失わず徐々に貯めていける安定性の高い攻略法です。

ここまでの内容からグッドマン法(1235法)のメリットとデメリットをまとめました↓

グッドマン法(1235法)のメリット・デメリット

グッドマン法のメリット

グッドマン法 メリット
  1. 資金を失うリスクが小さい
  2. 初期投資が少ない
  3. 3連勝で利益確保できる
  4. 止め時の判断が不要

【メリット1】資金を失うリスクが小さい

オンラインカジノで一番痛いのは資金をすべて失うことです。

やり直しができない状態なので完全なる敗北ですね。

そうなる理由の1つが損失を取り戻そうとして1発大勝負に出てしまうことにあります。

その点グッドマン法(1235法)なら、賭け金コントロールのルールを守ってさえいればそんな暴挙にでてしまうことはありません。

リスクを小さく抑えられるのはメリットと言えるでしょう。

グッドマン法(1235法)は、最初低い金額から賭け始め、たとえ連勝中だとしても大きく賭け金を上げること無く利益を確保していくからです。

仮に負けたとしても大きな資金を失う事がないのもメリットとして挙げられます。

その為リスクを最小限にして、一歩ずつしっかりと利益を上げていきたいという人には向いています。

【メリット2】初期投資が少ない

初期投資が少ないというのもメリットです。

ドルの場合ゲームによっては0.1ドルからベットできるものもあります。

0.11ドルから始められれば、大きな資金は必要ありません。

攻略法の中には、1度に大きな額を賭けなければならないものもあり、それだとじっせんするためにはある程度の手持ち資金資金が求められます。

しかしグッドマン法であれば、そんな必要もないのでお手軽に使えるでしょう。

【メリット3】3連勝で利益確保できる

連勝中の利益を確保出来るというのもメリットの1つとして挙げられます。

グッドマン法(1235法)はたとえ連勝を重ねていっても、1度に賭け金が5ドル以上になる事はないです。

そのため連勝中に出た利益はしっかりと手元に確保しながら勝負を続ける事になります。

また連勝が途切れて負けたとしても損失は小さくて済みます。

しかも勝ちが続けば続くほど利益を大きく増やせるのも魅力です。

【メリット4】止め時の判断が不要

上で触れたように3連勝以上していると利益が確定します。

それ以降はどこまで連勝し続けられるのか?になるだけ。

賭け金はずっと一緒なのでいけるところまで行けばよくなります。

撤退時期を判断しなくていいのは1つのメリットと言えるでしょう。

グッドマン法のデメリット

グッドマン法 デメリット
  1. 稼ぐには最低3連勝以上必要
  2. 勝ち負けが交互に出るとマイナスになる
  3. 利益が出るまでに時間がかかる

【デメリット1】稼ぐには最低3連勝以上必要

まず利益を出すには、最低でも3連勝以上しなければならない点です。

2連勝ではプラマイ0で稼げません。

この攻略法は1勝だけでは損失が出てしまい、2連勝ではじめてプラスマイナスゼロ、3連勝目でようやく利益が出ます。

つまりリスクが小さく負けにくい反面、利益を出すには少なくとも3連勝以上しなければなりません。

グッドマン法(1235法)を使うのは勝率5割のゲームです。

勝率5割で3連勝する確率は12.5%と決して高くありません。

何も考えずにベットするのではなく、できるだけ過去データから流れを読むなどプラスαで攻略法を使っていくことが大事です。

【デメリット2】勝ち負けが交互に出るとマイナスになる

勝率5割のゲームでも勝ち負けが交互にくるとマイナスになっていくだけです。

グッドマン法(1235法)はあくまでも3連勝以上が必須。

資金の減りは抑えられますが、意外と稼ぎにくい方法でもあります。

【デメリット3】利益が出るまで時間がかかる

利益を出すのには時間がある程度掛かるのもデメリットです。

1度に大きな金額を賭ける事がないため、当然大きな利益を出すにはそれなりの時間がかかってしまいます。

短時間でとにかく大勝ちしたいという人にはあまり向いていません。

グッドマン法(1235法)は、時間がかかっても良いから、とにかく少しづつでも利益を上げたい人向けのものですね。

グッドマン法(1235法)と相性のいいオンラインカジノのゲーム

グッドマン法(1235法)が使えるオンラインカジノのゲーム

グッドマン法はどういったゲームに使えるのか?ですが、基本的に勝率が2分の1で、配当も2倍であれば良いので色々あります。

オンラインカジノでおすすめのゲーム

  • ルーレット
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • シックボー
  • バスタビット
    など

とくにおすすめなのは過去データがわかるライブバカラとライブルーレットです。

ルーレットでグッドマン法(1235法)を使うときの賭け方

  • 赤/黒
  • 奇数/偶数
  • ハイ/ロー

一番おすすめなのはルーレット。

ルールも非常にシンプルなので初心者でもいきなり試す事ができます。

赤か黒・奇数か偶数・ハイかローのどちらかにチップを置けばいいだけなので、グッドマン法との相性がバッチリです。

なおライブルーレットなら過去データが見らえるので有利。

データの見方は下で解説していきます。

バカラでグッドマン法(1235法)を使うときの賭け方

  • バンカー/プレイヤー

バカラではバンカー・プレイヤー・ペアなどに賭けることができます。

この中で勝率約半分となるバンカーかプレイヤーのどちらかに賭けていきましょう。

どっちがいいのか?は過去データを見ながら判断することをおすすめします。
(詳細は下で解説)

ですが、とりあえずベットしたいならバンカーにベットしすることをおすすめします。

実は微妙に勝率が異なり、プレイヤーの勝率は約44.62%、バンカーの勝率は約45.86%でバンカーの方が高いんです。

ではなぜみんなバンカーにベットしないのか?というとバンカーで勝つと手数料が5%とられるからですね。

それでも勝つためなら勝率の高い方を選ぶ方が有利となります。

ブラックジャック

ブラックジャックも配当2倍なのでグッドマン法(1235法)を活用できます。

ブラックジャック攻略では誰でも使える攻略法「ベーシックストラテジー」を利用していきましょう。

相手と自分の手札に応じで次の手を一覧表から選ぶだけです。

詳細はこちらで解説しています。

シックボー

  • 大小
  • 偶数奇数

シックボーな3つのサイコロを振った出目や合計値を当てるゲーム。

ルーレットのように大小や偶数奇数に賭けることできます。

バスタビット

バスタビットは2020年に登場した新しいゲームです。

折れ線グラフがあり、上に行くほど配当倍率が増えていきます。

で、伸び率がどこで止まるか予想するもの。

そこで2倍配当の位置で賭けていけば配当2倍のゲームとなりグッドマン法(1235法)も利用できます。

ただしほかのゲームも厳密には配当2倍または勝率5割ではなく多少下回っています。

バスタビットでも1.95倍など少し低めに設定しておくほうが確実性が増すでしょう。

ギャンブルは必ず胴元が勝つようになっているから初めから勝つ事は諦めてゲームをただ楽しんでいるという人もいると思います。

ですが、そんな事は決してありません。

多少時間はがかかるものの少ない利益で良いなら、グッドマン法(1235法)のように使いやすい攻略法もあるので、興味がある人は1度試してみてください。

過去データを利用してグッドマン法(1235法)の勝率を上げる方法

もちろん絶対ではありませんし、オンラインカジノのゲームは機械が作った乱数の結果です。

勝率50%なら最終的にそこへ収束していくもの。

ですが、短期目線では偏りがでてきます。

その流れを判断するのに使えるのは過去のゲーム結果データです。

そこで過去データを見られるライブバカラとライブルーレットでの見方を紹介していきます。

ライブバカラの過去データをグッドマン法(1235法)に活かす方法

ライブバカラにはこのような罫線(けいせん)と呼ばれるデータがあります↓

グッドマン法(1235法) バカラの罫線

大きいの1つと小さいの3つで合計4種類あります。

青○はプレイヤーの勝ち、赤○はバンカーの勝ちです。

そこで大きいもの(大路/ダイロという)を使った賭け方を簡単に紹介しておきます。

なお大路では○が縦に続くと連勝、横にずれると違う色の勝ちとなります。

連勝が続かないバカラテーブルの場合

グッドマン法(1235法) バカラの大路を使った攻略法

大路がこんな感じなら、バンカーもプレイヤーも2連勝でとまりやすいテーブルと言えます。

そこでどちらかが2連勝したら片方の色へベットしましょう。

連勝が続きやすいバカラテーブルの場合

グッドマン法(1235法) 大路を使ったバカラ攻略法

このバカラテーブルは連勝が出やすい傾向が見られます。

とくにプレイヤーの連勝が良く出ています。

そこでバンカーの勝ちがストップしプレイヤーが1勝したらプレイヤーにベットしていきましょう。

4連勝目くらいまでつづけてもいいですし、過去に一度2連勝でストップしているので2連勝までを狙うに留めるのもありです。

ライブルーレットの過去データをグッドマン法(1235法)に活かす方法

【参考例】エボリューションゲーミングのライブルーレットの過去データ

エボリューションゲーミング社のライブルーレットは以下のような過去データが見られます↓

勝率2分の1のエリアにベットしグッドマン法(1235法)を併用

このテーブルならハイローのハイ側の勝率が56%で一番高くなっているのがわかります。

そこでハイを攻めていきましょう。

グッドマン法(1235法)以外の配当2倍ゲームでおすすめのシステムベット法

グッドマン法(1235法)のように勝ち負けの確率が2分の1で配当2倍のゲーム向けシステムベット法は数多く生み出されています。

そこでグッドマン法(1235法)がイマイチだな、と感じた人向けにそのほかの攻略法を紹介しておきます。

ぜひ試してみてください。

まとめ

カジノゲーム攻略法の1つ「グッドマン法(1235法)」についてまとめてみました。

賭け金を抑えた手法なので、大勝ちはありませんが堅実にプレイし続けられる攻略法です。

オンラインカジノを始めたばかりのプレイヤーや長く遊びたい人には最適なベット方法と言えるでしょう。

稼ぐにはどのみち連勝しなければいけないのでグッドマン法じゃなくてもいいんですが、初心者の方ならこれで始めてみるのもおすすめです。

【円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス
日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です