オンラインカジノの歴史と運営歴からみる日本で人気のカジノまとめ

オンラインカジノの歴史

このページではオンラインカジノの歴史をわかりやすくまとめました。

歴史を知っておくとどんなオンラインカジノを選べばいいのか?の参考にもなるのでぜひご一読ください。

オンラインカジノの歴史をサクッと解説!

オンラインカジノのはじまりは1994年

オンラインカジノの歴史 はじまりの年

まだサービス開始してから20年少々しか経っていないオンラインカジノ。

インターネットを一気に広めたウィンドウズ95が1995年なので、割とネットが広がりだした初期から始まっているネット業界ではそこそこ歴史あるサービスです。
(インターネット自体の歴史は1960年代まで遡りますが)

数字にすると短いように感じますが、人間が生まれて成人するまでの年数なので、ようやく大人になった=サービスが成熟しはじめた頃って感じですね。

運営ライセンス制度の歴史

オンラインカジノ運営には特定の国が発行している運営ライセンスが必要です。

中には運営ライセンスなしでやっている違法なオンラインカジノもありますが、間違ってもそんなところで遊ばないように!
(ライセンスチェックは公式ページにどこかに必ず掲載されています)

世界初のライセンス発行国「アンティグア・バーブーダ」

初めてライセンスを発行したのは「アンティグア・バーブーダ」という国。

おそらくほとんどの人が聞いたこともない国名だと思いますが、カリブ海のアンティグア島(とバーブーダ島)にあるイギリス連邦加盟国です。

アンティグア・バーブーダ国マップ

キューバやドミニカ共和国の東に位置する島国ですね。

ここで世界初のライセンスに関する法律が可決され、それと同時にオンラインカジノの歴史も正式にスタートしたと言えるでしょう。

いまでは数多くのオンラインカジノがここのライセンスを取得し運営しています。

オンラインカジノで使われるソフトウェアの歴史

オンラインのカジノなので、当然ながらソフトウェアでゲームなどを動かしています。

このゲーミングソフトウェアを世界で初めて開発したのが「マイクロゲーミング社」です。

マイクロゲーミング社は1994年に設立され、本拠地はイギリス領のマン島にあります。

マン島マップ

ここのソフトウェアは多くのオンラインカジノで採用されています。

オンラインカジノが普及し始めたのはいつごろ?

サービス開始はインターネットが広まりだした1994年ですが、そのころはいまのようにスマートフォンやタブレット端末もなく、インターネットをするには高額なデスクトップパソコンを買うくらいしかなかった時代。

とても一般人が暇つぶしに遊ぶようなぎゃんぶるではありませんでした。

また回線速度も遅く、モデム接続やISDNが主流だったころですね。

たしか最大速度も「64kbps」とかだったはずで、今ならスマホのプラン容量を超えて速度制限されても「128kbps」なのでその半分しかありませんでした。

そもそもオンラインカジノに向ている環境ではなかったので、広まるはずもありません。

【1996年】世界初のオンラインカジノ「インターカジノ」登場

オンカジの走り「インターカジノ」

ウェイジャーロジック社が1996年に立ち上げたのが世界初のオンラインカジノサイト「インターカジノ」です。

世界で初めて正式な運営ライセンスを取得したのもここ。

その後さまざまな関連企業を買収し現在では業界内での地位を確固たるものにしました。

日本人に人気のペラジョンカジノの親会社もここに買収されています。

まさにオンラインカジノの歴史における道しるべともいえる企業ですね。

ここのオンカジサイトはシックなデザインで統一されていて老舗としての風格を感じます。

公式ページはこちら
インターカジノ公式

ただ、プレイするなら系列の「ベラジョンカジノ」のほうが遊びやすいです。

インターカジノでは扱うゲーム数が約600種類なのに対し、ベラジョンは1000種類以上で、最近はVIP対応も充実しています。

さらに無料登録するだけで30ドルもらえるので、とりあえずオンラインカジノを体験してみたい人はこっちにしておきましょう。

【関連記事】無料登録の流れ
ベラジョンカジノの登録方法をわかりやすく解説!

2000年代に日本語対応のオンラインカジノ登場

初期は日本語対応のオンラインカジノはなく、海外だけで提供されているサービスでした。

そして2000年代に入り、少しづつ日本語対応が広がっていきます。

ただし、当初は翻訳精度も低く、日本人にとってはとても快適なプレイ環境とは言えませんでした。

また変な日本語だと怪しさも倍増するため、破産するほどハマっていた日本人は少なかったと予想されます。

最初に日本語サポートを開始した「インペリアルカジノ」

まともな日本語で遊べるようになったのは2000年代後半から。

ここで日本語サポートを初めて開始したのが「インペリアルカジノ」です。

ゲーム数は300種類以上で、多くの日本ユーザーに利用されているオンラインカジノの1つです。

ただ今となっては多くのオンラインカジノが日本語対応してますし、24時間年中無休で日本語サポートも受けられます。

インペリアルカジノも信頼性の高いオンラインカジノではありますが、これから登録するなら別のカジノをおすすめします。

日本語対応オンラインカジノの歴史

日本語対応オンラインカジノの歴史

とくに人気のある日本語で遊べるオンラインカジノの歴史、というかオープン時期を調べてみました。

オンカジ自体がまだそれほど長く続いているサービスではないため老舗と言えるほどの歴史があるわけではないものの運営歴は信頼性を測る上で大事な要素です。

ぜひ参考にしてもらえれば。

日本で人気の高いオンラインカジノのオープン時期

  • 1996年11月・・・インターカジノ(日本語対応は2000年代に入ってから)
  • 2011年2月・・・ベラジョンカジノ
  • 2014年1月・・・ビットカジノ
  • 2015年2月・・・エンパイアカジノ(エンパイア777)
  • 2016年12月・・・パイザカジノ→エルドアカジノに名称変更
  • 2017年2月・・・ラッキーニッキー
  • 2017年7月・・・チェリーカジノ
  • 2017年12月・・・10BetJapan→賭けっ子リンリンに名称変更
  • 2018年1月・・・ライブカジノハウス
  • 2018年12月・・・カジノシークレット
  • 2020年4月・・・カジ旅
  • 2020年4月・・・ボンズカジノ
  • 2020年7月・・・ユースカジノ
  • 2021年5月・・・遊雅堂

インターカジノがオープン時期では最初ではあるものの、日本語対応はインペリアルカジノが1番です。
(インペリアルカジノはすでに日本市場から撤退)

インターカジノが日本語対応した時期は不明ですが、グループのベラジョンカジノと同時期だろうと思われます。

そして今では比較的当たり前になっているスマホ対応はベラジョンカジノが最初です。

公共放送でCMを流すなど積極的に日本で展開している一番勢いを感じるオンラインカジノですね。

2020年には数多くのオンラインカジノが日本市場で登場・参入していきています。

オープンしたての頃はたいていボーナス増し増しになっているので、信頼できそうなオンラインカジノなら狙っていきたいところ。

たとえばオープン時期リストの一番下にある「遊雅堂(ゆうがどう)」なんかはインターカジノとベラジョンカジノのグループです。

それだけでも信頼性バッチリですし、そこが日本人向けにカスタマイズしたサイトを新規にオープンさせたってことで人気になっています。

ボーナス額もベラジョンなどの倍ほどもらえるので私も登録しました。

日本語対応のおすすめオンラインカジノ

簡単に調べだけでも数十ものオンラインカジノが見つかります。

かなり群雄割拠な状態です。

そして各オンラインカジノで遊べるゲームに大差はないため、ボーナスを多くしたり出金対応をスピーディーにするなど他社より少しでも優れたサービスにするべく頑張ってます。

でも結局おすすめカジノは歴史の長めなところに落ち着くんですよね。

歴史浅めな新規勢とは安定性や信頼性が違うので、おすすめする側としても安心感が大きいのも理由です。

そこで当サイトでおすすめするオンラインカジノは以下の3つです。

当サイトでおすすめするオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

オンカジの歴史 ベラジョンカジノ

現状では日本一といえるオンラインカジノです。

CM展開もあってユーザー数を伸ばしているようですが、それより業界を先駆けて新しいものに対応していく姿勢が素晴らしいと感じます。

日本語対応やスマホ対応、無料版ページの新設などベラジョンカジノ以降に登場したオンラインカジノに大きな影響を与え続けています。

同じグループのインターカジノの方が親的な存在ではあるんですが、日本ではベラジョンカジノのほうが大きな存在になっています。

エルドアカジノ

オンカジの歴史 エルドアカジノ

 

1回のベットで数十~数百万賭けるようなハイローラーに人気のエルドアカジノ。

初心者に嬉しいボーナス面は弱いんですが、ベットした額の一定割合が確実に返ってくるリベートボーナスが魅力です。

長くたくさん遊ぶほどありがたいボーナスですね。

さらに高額な出金でもすぐに処理&反映されることで信頼を勝ち取っています。

最近出金スピードでここに匹敵、または超えてくる新興オンラインカジノもいくつか登場していますが、これまでの実績からくる信頼性・安心感は別格。

新興カジノではいつ出金が滞るかわかったものじゃないですからね。

ハイローラーではありませんが私もここをメインに遊んでいます。

ビットカジノ

オンカジの歴史 ビットカジノ

オンラインカジノとしては初めてビットコインや仮想通貨を使えるようにしたのがビットカジノです。

日本でビットコインが急騰した2017年より3年早い2014年にオープンしているため先見性も感じられるカジノですね。

日本円での入金にも対応していますが、仮想通貨が主役。

そしてすでに仮想通貨を持っている人にとってはコインのままで賭けられる(ほかの通貨に換金しない)のもハイローラーに喜ばれるポイントです。

何で喜ばれるのか?は仮想通貨の税金面についてになるので税理士でもない私が深く触れないほうがいいので避けます(汗)

「仮想通貨 税金」などでネット検索してもらえれば交換しないメリットについて出てくると思うので興味ある方は調べてみてください。

というわけで、仮想通貨で遊びたい人に最適なオンラインカジノです。

ここまで紹介したおすすめオンラインカジノを簡単にまとめると

  • 万人におすすめなベラジョンカジノ
  • 現金で遊ぶハイローラーにおすすめなエルドアカジノ
  • 仮想通貨を使いたい人向けのビットカジノ

となります。

自分の目的にあったオンラインカジノ選びの参考にしてもらえればと思います。

まとめ

オンラインカジノの歴史を時系列にまとめました。

サービス開始から20年ほどとまだまだ歴史の浅いオンラインカジノ。

歴史というと大げさな感じもしますが、この先も末永く続いていってくれるサービスだと思います。

オンラインカジノはインターネット環境が整った今ならいつでもどこもで快適に遊べるようになり日本でも多くのユーザーが楽しんでいます。

認知度も上がってきましたが、まだまだ遊ぶことに不安を感じている人も多いでしょう。

でも運営ライセンスをきちんと取得している運営会社なら、違法性はいまのところ問題ありません。

まずはここで紹介した中でも運営歴が長く信頼性の高いオンラインカジノでプレイしてみてください。