ハウスエッジとは?その意味や計算方法とオンラインカジノで勝ちやすいゲームを紹介!

ハウスエッジとは アイキャッチ画像

オンラインカジノなどギャンブルについて調べているとたまに見かけるキーワード「ハウスエッジ(控除率)」。

「ハウスエッジってなんなの?」

ってな状態の人もいるのではないでしょうか。

すでにオンカジを楽しんでいる方たちの中にも、マニュアルを絶対見ない人って多いはず。

中にはきっと初期の私のように「ハウスエッジ」を知らずに遊んでいる人もいると思います。

でもハウスエッジはオンカジで勝つためにはハズせない要素です。

そこで、ハウスエッジとはどんなものなのか?についてまとめました。

VIP待遇のあるオンラインカジノ
魅力的なVIP待遇を受けられるオンラインカジノならいつでもどこでも遊べます。

VIP待遇が充実!ハイローラー向けオンラインカジノ一覧

ハウスエッジとはどんなもの?

ハウスエッジの意味

よく「控除率」と紹介されている例を見かけますが、まずは意味を核にしておきます。

House=家

Edge=端、鋭さ

直訳だけでは全然意味不明なハウスエッジですが、日本にあるカジノ専門学校「カジノスクール」ホームページでは

「ハウスアドバンテージを具体的な数字で表したものがハウスエッジ」

と解説されていました。

ハウスは運営側(胴元)のこと、アドバンテージは優位性なので、ゲームにおける運営側が有利な割合が「ハウスエッジ」ってことですね。

カジノもボランティアじゃないので、このハウスエッジ分で利益を上げていけるように最初から組み込まれているわけです。

日本の宝くじなんかだとハウスエッジが45.7%もあるので、胴元どんだけ儲けとんねん!ってなります。

1枚300円の宝くじのうち、137.1円は運営側の利益ってわけです。
(といってもほとんど国に納税することになりますが)

ってことでハウスエッジが低い%になっているゲームほどプレイヤー側が稼ぎやすいと判断できます。

そこでオンカジで人気のゲーム別にハウスエッジの計算方法をまとめてみました。

オンラインカジノのゲーム別ハウスエッジ計算方法

ハウスエッジの計算方法

ルーレットのハウスエッジ計算

【ストレートアップの場合】

アメリカンルーレットを例に挙げると、円盤のポケットの数は1~36のほか「0」「00」が加わってトータル38種類あります。
(他のルーレットは1~36と「0」の37種)

となるとストレートアップ(その数字だけにベットする賭け方)して勝利した場合、38倍の配当がなければカジノとプレイヤー側が平等になりません。

なんですが、実際は「0」「00」は省かれて36倍にしかならないんですよね。

で、1÷38≒2.63%なので、この2個分×2.63%=約5.26%はカジノ側の儲けになっているわけです。

よって10万円分をルーレットに使ったら、単純に5260円はカジノ側が儲かる計算です。

もちろんイカサマでもしてない限りゲームの結果は運しだいなので、プレイヤーが全勝すればカジノは大損しますが、統計的にはこのハウスエッジ分だけ利益がでるわけですね。

ポケットが37個のヨーロピアンルーレットなら、1÷37≒2.7%のハウスエッジです。

バカラのハウスエッジ計算

バカラで一般的な8DECK(ジョーカー以外のトランプ52枚×8セット分=416枚)のハウスエッジ計算について。

計算式

(ベット額-期待値)÷ベット額

期待値とはベットした額に対して確率的に戻ってくる金額のこと。

勝率2分の1のゲームに1万円ベットしたなら、(1万円-期待値5000円)÷1万円=50%ですね。

プレイヤー・バンカーの勝率と引き分けが出る確率

  • プレイヤーの勝率・・・44.6247%
  • バンカーの勝率・・・・45.8597%
  • 引き分けの確率・・・・9.5156%

1万円ベットしたときの計算

【プレイヤーにベット】

プレイヤーにベットした場合、勝てば配当2倍なので2万円の配当を得られます。

この時の期待値は

0×0.458597+20000円×44.6247%+10000円×0.095156=9876.5円

なので、ハウスエッジは(10000円-9876.5円)÷10000円=約1.24%となります。

【バンカーにベット】

バンカーにベットした場合、勝てば配当2倍なんですが5%のコミッションが引かれてしまいます。
(ノーコミッション=手数料なしバカラは除く)

よって、10000円×2倍-10000円×5%=19500円の配当です。

期待値は

19500円×0.458597%+0円×44.6247%+10000円×0.095156%=9894.2015円

なので、ハウスエッジは(10000円-9894.2015円)÷10000円=約1.06%となります。

【引き分けにベット】

引き分けにベットして勝利すると9倍の配当がもらえるので、一見ほかにベットした時とバランスが取れてるように思えます。

でも期待値を計算してみると

0円×0.458597%+0円×44.6247%+90000円×0.095156%=8564.04円

で、ハウスエッジは(10000円-8564.04円)÷10000円=約14.4%となります。

かなりカジノ側が儲かる数字になっています。

基本的にバカラで引き分けにベットしないほうがいいですね。

ブラックジャックのハウスエッジ計算

ブラックジャックは基本的にハウスエッジが2~5%程度になるよう設定されているもの。

還元率にすると95~98%なので大負けする可能性の低いゲームです。

オンカジの中でもハウスエッジが低く勝ちやすいため人気です。

なおブラックジャックではベーシックストラテジーという誰がやっても同じ結果になる定型的な攻略法が生み出されています。

これを利用すればハウスエッジを1%以下にまで低くできる優れもの。

ブラックジャックで遊ぶならまずはベーシックストラテジーを活用していきましょう。

ハウスエッジが0もしくは100%超えのゲームってあるの?

基本的にありません。

0%のゲームならぜひやりたいんですが、ハウスエッジ100%=カジノの取り分100%だったらやる意味ないですし絶対負けるゲームですからね。

私の勘違いだったら申し訳ありませんが、ハウスエッジ100超え=絶対勝てるみたいな逆の意味で紹介されてる記事を見かけたので間違えないようにしましょう。

でも上で取り上げたカジノスクールの説明では「運営側の優位性の割合」と明言されているので、100%なら運営側が100%優位=胴元が絶対儲かるってことですね。

よってハウスエッジ100%なら運営側が儲かるだけって結論で間違ってないでしょう。

ただギャンブルなんて運しだいですし、ハウスエッジの計算条件にもよります。

オンカジで1ゲームだけやって負けたのちそれでやめてしまえば、その条件下ではハウスエッジ100%ってことになるわけです。

逆もしかり。

とりあえずハウスエッジ0%のゲームなんてあったら勝ちまくっている人が続出しているはずです。

なおRTP(ペイアウト率/還元率)の数値を見られるようにしているオンカジもいくつかあり、直近24時間では100%超え(ハウスエッジ0%以下)になっているゲームも見かけます。

そういったゲームなら流れが来ているとも考えられるので選び方の1つとして参考にするのはありでしょう。

オンラインカジノのゲーム別ハウスエッジ一覧

オンラインカジノのゲーム別ハウスエッジ一覧

ハウスエッジが低い(稼ぎやすい)順にメジャーなゲームに絞って紹介していきます。

オンカジのハウスエッジランキング

順位/ゲームハウスエッジ備考
1位
ポーカー
0.1~5%
2位
ブラックジャック
0.4~0.6%ベーシックストラテジー使用時
3位
スロット
1~5%
4位
バカラ(バンカーにベット)
1.06%
5位
バカラ(プレイヤーにベット)
1.24%
6位
ヨーロピアンルーレット
2.7%0~36の37種類
7位
アメリカンルーレット
5.26%00、0~36の38種類

勝ちやすいゲームはブラックジャック

単純にハウスエッジだけをみればポーカーが1位です。

ただし誰にでもできるものではなく経験や攻略法の駆使が必要です。

そういったベテランプレイヤーでないなら、ベーシックストラテジーというパターン化された攻略法を利用したブラックジャックが最適ですね。

ベーシックストラテジーを利用してハウスエッジを下げる

ベーシックストラテジーは自分とディーラーの手札から次の手をどうすればいいのか一覧表にしてあるもの。

一覧表を見てカードの数字に対応するマスをチェックし実行するだけの簡単なものです。

こちらの記事で解説しています
ブラックジャックのルールや勝ち方とは?

それが面白いのかどうかは人それぞれだと思いますが、簡単にハウスエッジを低くできるため稼ぎやすくなります。

とはいえハウスエッジが0%以下になるわけではないため、収益はトントンになる可能性大。

稼ぐにはもう一歩先の攻略法や経験が必要です。

バカラも比較的勝ちやすくおすすめ

カジノの王様と言われるゲーム「バカラ」もハウスエッジが低く稼ぎやすいと言えます。

バカラはバンカーとプレイヤー、タイ(引き分け)、ペアといったベット方法がありますが、プレイヤーとバンカーだけにベットすればハウスエッジが低くなります。

罫線情報を活用する

よりハウスエッジが低いバンカーだけにベットしていればいいのでは?と考える方もいるはず。

もちろんそれもアリです。

とはいえバカラにはテーブルによって流れがあります。
(信じる信じないは人それぞれですが)

過去の出目表(罫線という)をみると明らかにプレイヤーばかり出ていて極端に偏っているテーブルもあるんです。

そういった台ならプレイヤーだけにベットしたほうが勝てる可能性が高くなると言えるでしょう。

マーチンゲール法を利用する

罫線情報を見つつプレイヤーとバンカーのどちらが優位かチェック。

その後負けたら次のゲームで倍額ベットするマーチンゲール法で賭けていきます。

勝率半分のギャンブルでどっちかに賭けて連敗が続く可能性は限りなく低いため、いつか勝ちます。

でも妄信は厳禁。

バカラは同じ側が20回続くことだったありますからね。

結局は運ですが、連敗が4つ続いたら損切りする、といった自分ルールを設定しつつ利用していくことをおすすめします。

このようにハウスエッジの低さだけで選んでもオンカジで稼ぐのは厳しいです。

結局のところ運しだいではあるんですが、それをいってしまったら元も子もありません。

流れを読む、運を引き寄せるスピリチュアルな感覚も勝負には大事な要素と言えるでしょう。

日本の公営ギャンブルのハウスエッジはどれくらい?

日本の公営ギャンブルのハウスエッジ

日本では公営ギャンブルがいくつかあります。

競馬や競輪、競艇、宝くじ、スポーツくじなどが代表的なものですね。

最近はIR法案が成立してランドカジノも合法化&公営ギャンブル化しましたが、まだオープン前の状態。

といっても遊べるゲームはオンカジと同じなのでハウスエッジも一緒と言えます。

というわけで各公営ギャンブルのハウスエッジを見ていきましょう。

主な公営ギャンブルのハウスエッジ比較

  • 競馬・・・30%ほど
  • 競輪・・・30%ほど
  • 競艇・・・30%ほど
  • オートレース・・・30%ほど
  • スポーツくじ・・・50%ほど
  • 宝くじ・・・50%ほど
  • IRカジノ・・・5%ほど
  • パチンコ・・・20%ほど

一応触れておきますがパチンコ(パチスロも)は公営ギャンブルではありません。

三店方式によりギャンブルではなく遊技場扱いになっているだけです。

で、ザックリとした数字ですがおおむねこのくらいとなります。

ランドカジノはオンカジと同じですね。

プレイヤーにとって稼ぎやすいギャンブルは?

ダントツでIRカジノですね。

ただし施設がまだ1つもないため、同じハウスエッジになるオンカジで遊ぶことになります。

昔いた(今も?)パチプロのようにギャンブルで食っていこうとするならオンカジが最適です。

オンカジが稼ぎやすい理由

  • ハウスエッジが圧倒的に低い
  • 24時間365日賭けられる
  • どこでも賭けられる
  • 一攫千金が狙える
ハウスエッジが圧倒的に低い

比較した数字のとおり、オンカジのハウスエッジはほかのギャンブルとは比べ物にならないくらい低く設定されています。

この1点だけでもオンカジを選ぶ理由になります。

単純に1万円賭けたら運営側の取り分は500円くらいですからね。

あとはこの5%前後のハウスエッジを自分なりの攻略法を駆使して0%以下に持っていくだけ。

競馬のように30%を0%に持って行くより難易度は低いと言えるでしょう。

24時間365日賭けられる

オンカジは24時間オープンした状態です。

深夜や早朝など日本人が休んでいる時間帯はもちろん、日中も遊べます。

さらに休日や祝日、年末年始などに関係なくいつでも賭けられる利便性の面でもほかのギャンブル以上の環境が整っています。

公営ギャンブルでここまで融通の利くものはありません。

どこでも賭けられる

いつでも賭けられるだけでなく、どこにいてもインターネットさえつながれば遊べる利便性の面でも有利です。

5G回線も充実してきているため、リアルタイムで動画を見つつ賭けられるライブゲームもスムーズ。
(4G回線でも全く問題ありませんが)

なんなら海外旅行先でも遊べてしまいます。
(その国がオンカジ禁止になっていなければ)

パチスロ好きな人が店のオープン前にオンカジのスロットでひと勝負、なんて遊び方も可能。

この柔軟性は魅力です。

一攫千金が狙える

競馬でも万馬券が当たれば一括千金が狙えますし、宝くじも最近は金額が大きくなり夢があります。

でもそれはオンカジでも狙えます。

世界中のプレイヤーが賭けたお金が積みあがっていくジャックポット機能のあるスロットなら、一撃で10億円以上の勝利金が得られる可能性あり。

配当額もけた違いですね。

そして過去に日本人プレイヤーが高額賞金をゲットした事例もでています。

 

このようにオンカジがハウスエッジが有利なだけでなく、利便性でも有利なギャンブルです。

そんなオンカジはなぜ低いハウスエッジでやっていけるのでしょうか。

なぜオンカジのハウスエッジは低い?それで会社は潰れないの?

他のギャンブルに比べて圧倒的にハウスエッジが低いオンカジ。

それで経営が続けられるのか?と心配になる人もいるかもしれません。

収益が悪化すれば不正やイカサマに手を出す可能性も高まりますからね。

では現状オンカジは儲かっているのでしょうか。

大丈夫と言える理由として次のような要因があげられます↓

  • 24時間365日営業している
  • ゲームの種類が多く飽きさせない
  • 世界中にプレイヤーがいる
  • 1ゲームのプレイ時間が短い
  • 大規模な施設が不要で固定費を抑えられる
  • 次々オンカジがオープンしている

24時間365日営業している

いつでも遊べることから利用率が高くなります。

客が増えればそれだけ負ける人が増え運営側の利益も増えていくでしょう。

日本では小売店がしかけている薄利多売方式みたいなものですね。

突発的に大勝ちするプレイヤーも出てきますが、数が増えるほど結局はハウスエッジの確率に収束していきます。

ゲームの種類が多く飽きさせない

バカラ、ルーレット、ブラックジャック、ポーカー、スロットなど多種多様なゲームで賭けを楽しめるオンカジ。

さらにそれぞれのゲームで何種類も用意されているため飽きさせません。

とくにスロットは1000機種以上がリリースされていて全部遊ぶのは不可能なレベルです。

世界中にプレイヤーがいる

オンカジはインターネット上で運営されているため世界中からアクセスして楽しめます。

だいたい18~21歳以上でなければ遊べないため全人口とはなりませんが、理論上30~40億人以上は潜在顧客と言えます。

発展途上国でもスマホは普及していますし、もはやどの国でもアクセスできる状態です。

そしてギャンブルが廃れることはありません。

もちろん宣伝のやり方やサービス内容しだいですが集客に困ることはまずないでしょう。

1ゲームのプレイ時間が短い

オンカジのゲームは短時間で終わるものがほとんどです。

競馬なら1日数回、宝くじなら年の一度などスパンが長く何度も賭けられるものではありません。

が、オンカジは最短30秒ほどで1ゲーム終了します。

回転率を高くすることで薄利を積み上げやすい構造となっています。

大規模な施設が不要で固定費を抑えられる

ランドカジノのようにリゾートホテルのような施設も不要で賃料もかかりません。

会社拠点は小規模で十分ですし、その分人件費も抑えられます。

あとはソフトウェア会社の契約料やライセンス維持料などが負担になる程度ですね。

あとは残った分を広告宣伝費やユーザーへのボーナスとして配布し新規ユーザーを確保しています。

一度上客がついてくれれば広告費などを多少減らしても収益が極端に悪化することはないでしょう。

次々オンカジがオープンしている

世界中で毎月、毎週のように新しいオンカジが誕生しています。

ブームが来ているってのもありますが、儲けやすいからこそ参入する企業が増えていると言えるでしょう。

違法ではありますが店舗でオンカジを遊べるようにしているインカジ(インターネットカジノ)が絶えないのも元手を少なく始められるからこそ。

オンカジも比較的少ない資金で始められる稼ぎやすいビジネスと言えるでしょう。

 

このようにオンカジは低いハウスエッジでも稼ぎやすい仕組みになっています。

では日本の公営ギャンブルのハウスエッジが高いのはなぜなんでしょうか。

公営ギャンブルのハウスエッジはなぜ高い?

一番の理由は国に収入の一部を収めているから。

賭博罪が適用されないよう特別に法律が作られているのも、売上のかなりの割合を国に支払っているからこそです。

たとえば競馬であれば売り上げの10%とJRAの年間利益の半分が国に納められます。

スポーツくじなら収益の25%ほどが国に納められます。

また公営ギャンブルの収益は公共のために利用されることもあります。

宝くじなら売上の40%ほどが公共施設の整備や防災対策、少子化対策などに利用されます。

スポーツくじはスポーツ施設の整備などですね。

このように公営ギャンブルのハウスエッジが高い理由は、国に支払うためと公的に利用されるためでもあります。

こういった仕組みは素晴らしいものだと思いますし、ギャンブルをしつつ寄付した気分になれるのもメリットと言えそうですね。

ただし稼ぐことを大前提に考えるなら、ハウスエッジの低いオンカジが最適です。

還元率・ペイアウト率・控除率とハウスエッジの違い

還元率、ペイアウト率、控除率(ハウスエッジ)

オンカジについて調べていると目にする

  • 還元率
  • ペイアウト率
  • 控除率

といった基本用語。

ハウスエッジはオンカジ側の利益分でした。

ではこれらの用語はハウスエッジとどう違うのか?について解説していきます。

還元率とは?

ペイアウト率と似ているのですが厳密には違うものです。

還元率は売り上げ全体から胴元の取分を差し引いて客に還元する割合のこと。

1つのオンカジで1日に1000人が遊んでトータル1億円の売り上げがあったなら、オンカジ側の取分が5%の場合は9500万円がプレイヤーに還元されます。

この時の1日の還元率は95%となります。

ペイアウト率とは?

こちらは1つのゲーム・機種に対して設定されているもの。

パチンコ台ならある台はペイアウト率90%、別の台は110%というように設定されている%が異なることもあります。

オンカジではゲームによってペイアウト率が異なることはあまりなく、バカラテーブルならどのテーブルも同じ率です。

控除率とは?

ここまでにも何回か書いたとおりハウスエッジの日本語訳で同じ意味です。

まとめ

オンカジで遊ぶ時に気知っておくとワンランクアップできる(かもしれない)「ハウスエッジ」とはどんなものなのか?について解説しました。

算数だけで計算できるものですが、条件やルールによっても変わるのでなかなか難しいですね。

オンカジではハウスエッジが公開されているところもあるので、まずはそれを参考に遊んでみるのもおすすめ。

ギャンブルの中でもとくにハウスエッジが低いオンカジは、最も稼ぎやすいと言えるでしょう。

【円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス
日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です