インカジの遊び方は?ツテのない人はどうすれば行ける?

インカジの遊び方

インカジは「インターネットカジノ」の略です。

言葉だけを見るとネットカジノ全般を指しているように思えますが、通常この言葉を使うときは国内の違法ネットカジノのことを指しています。

政府のライセンスを取得して合法的に運営されている海外のオンラインカジノとは異なるので注意が必要です。

この記事では、そんな違法賭博店でもあるインカジの遊び方や行く方法について調べてみました。

違法なインカジでの遊び方

インカジはどこにある?

インカジは主に新宿歌舞伎町・渋谷・池袋などの繁華街に存在しています。

東京だけでなく、大阪ミナミ・名古屋・仙台などにもあるのが過去にあった摘発ニュースからもわかります。

違法なので基本的に看板は出しておらず、出していてもカモフラージュするために雑貨店などの看板になっています。

また雑居ビルやごく普通の賃貸マンションの一室で秘密裏に営業しています。

そのため、行ったことがない人が一人でたどり着くのはほぼ不可能です。

たいてい入り口周辺に監視カメラが付いてるので目安にならないこともありませんが、一般の家庭でも監視カメラを取り付ける世帯が増えてきて昔ほど判別はできないでしょう。

知り合いのツテなどない人がインカジへ行くには?

ツテのない人が行く方法ですが、基本的にはキャッチに声をかけられるのを待つしかありません。

違法営業なので、バレたらすぐに警察に摘発されます。

そのため、短期間で場所を変えながら営業していることがほとんどです。

歌舞伎町や渋谷などのそれらしい場所を歩いていると、「スロットどうですか」などと声をかけられることがあります。

それが裏カジノのキャッチです。

風俗のキャッチと併用しているケースもあります。

「女の子どうですか」と声をかけられたら、「スロットある?」などと聞き返します。

すると、「ありますよ」とかえってきたらそうです。

自分からインカジがあるか聞くと警戒される可能性もあるので、普通に歩きつつキャッチから声を賭けられるのを待って聞き返したほうがいいですね。

また部屋には鍵がかかっているので、初めての人がいきなり部屋に入ることはほぼ不可能です。

そういう意味でもキャッチについていくのが一番の方法です。

キャッチの人が電話をかけたら部屋の鍵を開けてくれる仕組みになっています。

インカジ店舗内での遊び方

遊び方は場所によって異なりますが、基本的に現金をそのまま台に入れて遊びます。

店員に現金を支払うとクレジットが入金されるようになっているところなど、仕組みは様々です。

ポイント制になっていて最初のポイントを購入するところもあります。

帰るときにクレジットが残っていれば店員に声をかけて換金してもらいます。

客が逮捕される・違法賭博行為になるタイミング

注意点ですが、お店に入るだけなら違法ではありませんが、店内で金銭のやりとりをしてゲームをはじめると違法です。

帰るときにクレジットを現金に交換してそれを受け取った時点で、違法になると誤解をしている人がいるので注意が必要です。

クレジットを現金に交換しなくても、ゲームを遊んだ時点で違法になります。

つまり、負けた場合でも賭博罪は成立し、警察に逮捕されても文句言えません。

とはいえ、インカジ店舗内に入ってしまったら遊んでいないと証明できるのかどうか微妙なライン。

お店に入ったら遊んでなくても逮捕されると思っておいた方がいいですね。

なお一度でも遊んだら単純賭博罪が、継続的に遊んだら常習賭博罪が成立します。

ただし、何回も逮捕されているなど、よほどのことがない限りは常習賭博罪は成立しないようです。

ツテのない人のインカジの遊び方まとめ

さて、ここまで紹介してきた「ツテのない人はどうすれば行ける」の話題についてまとめておきます。

それらしい場所を歩いていてキャッチが声をかけてくれるのを待つというのが一番無難な方法です。

そしてまずはキャッチがいる繁華街へ行くことですね。

中には、ネットカフェだと思っていたらインカジだったというように、偶然たどり着くこともあるようです。

しかしそれは例外的なパターンで、確率はかなり低くなります。

歌舞伎町・渋谷・池袋などの繁華街といっても広いので、あらかじめ情報収集しておくといいです。

池袋なら北口周辺の繁華街やホテル街などでよくキャッチが出現するという情報があります。

キャッチは風俗・裏カジノ・裏スロットなどで声をかけていることもあるので、声をかけられたら「インカジですか」と確認するのがいいです。

インカジで遊ぶ時の注意点

最後に注意点を説明しておきます。

イカサマはある?

運営自体が違法ですので、イカサマなどやりたい放題という口コミがあります。

警察に摘発された場合、最も重い罪になるのは運営側です。

なので、短期間でがっつり稼がなければ割にあいません。

お店側は短期間で大きな利益を出せるような仕組みになっているので、プレイヤー側は短時間で大きな損失を出す可能性が高いです。

あからさまにイカサマをしていると疑わせると客が来なくなるので、それなりには勝てるようにもなっています。

しかし、トータルでは大きく負ける可能性が高いでしょう。

でなければ毎月1000万以上など大きな稼ぎは望めません。

警察がこなさそうな時間帯ならいい?

警察が動くのは主に夕方から夜の10時くらいなので、それ以降の時間なら警察に摘発される可能性は低いという声もあります。

しかし、それは絶対ではなく逮捕される可能性もあります。

 

このようなリスクをおかしてまでやるメリットはほとんどないでしょう。

あえてメリットをあげるならアカウントを開設したり出金したりという手間がないことくらいです。

違法ではないオンラインカジノにしておきましょう

政府のライセンスを取得して運営している海外のネットカジノなら安全かつ安心に遊べます。

インカジの遊び方と書いておいてなんですが、当サイトでは違法なインカジではなくオンラインカジノで遊ぶことをおすすめします。

ただし、海外のサイトの中には悪質なものもあるので、安全・安心なサイトを見極めることも重要です。

関連記事
オンラインカジノの信頼性 イカサマや不正・犯罪行為、運営会社は大丈夫?

ルールや制限なども海外ネットカジノのほうが有利になっている傾向です。

違法なお店は運営がやりたい放題やっています。

仮にゲームで勝てたとしても、お店からたたきにあってお金を奪われるケースもあるようです。

その他、身分証明書の提示を求めてくるようなお店では個人情報が流出するというリスクもあります。

基本的にはネットカジノを遊びたいならそちらを利用するほうがおすすめです。

まとめ

情報があまり表に出てこない違法賭博店「インカジ」の遊び方や行き方についてまとめました。

情報がないといっても元インカジ従業員さんなどがネットに書き込んでることもあります。

内容の信頼性がどうかまではわかりませんが、参考にはなるでしょう。

ただし!逮捕される可能性大なのでインカジで遊ばないようにしてくださいね。

カジノで遊ぶならオンラインカジノにしておきましょう。