名古屋のインカジの摘発事例は?どこにある?安全に遊ぶ方法は?

名古屋のインカジ

まず最初に・・・

インカジは違法&客も逮捕されます!

でもそれは”インカジ店舗”でオンラインカジノを遊ぶから逮捕されるんです。

オンカジは自分のスマホで遊べば問題ありません。

登録ボーナスで遊んでみる
入金不要ボーナス額で選ぶオンラインカジノ特集

名古屋のインカジ摘発ニュースも見かけます。

というわけで名古屋の繁華街にはインカジがありますね。

まぁおそらく名古屋に限らず、もっと小さな地方都市にだってあると思いますが・・・。

過去の摘発ニュースを見る限り、栄や錦エリアでひっそりと運営されているようです。

で、名古屋では1店ではなく複数の店舗があり、店舗数は増えたり減ったりしているようなのですが、実態はつかむことが難しいそうです。

そんなインカジに軽い気持ちで出入りをしている人もいるみたいですが、お客さんが摘発されるケースも増えてきているので、カジノで遊びたい気持ちがあっても注意が必要となります。

注意が必要と言うか、100%違法なので行かないでくださいね?

いまは逮捕されずにカジノを楽しめるオンラインカジノがあります。

安全に楽しむにはオンラインカジノが最適です。

過去にあった名古屋のインカジ摘発ニュース

2021/9/14の摘発ニュース

名古屋市中区栄4丁目で違法営業していたインターネットカジノ店「ROMEO(ロメオ)」が摘発され、関係者2名が現行犯逮捕されました。

売上金約600万円とパソコンなどが押収されています。

賭博罪は胴元と客が遊んでいる状態で成立するものなので客の逮捕について触れられていないのは不思議ですね。

いろいろなニュースサイトを見ても客逮捕についての情報はなし。

何かしら客も遊んでいたとハッキリわかる証拠でもあったんでしょうか。

2021/10/6 同店舗関係者の追加逮捕あり

同年10月6日に同じROMEOの関係者が1名追加で逮捕されています。

この報道でトータル4名が逮捕されたとあったため、摘発時の逮捕者は2名が関係者、1名は客だったと推測されます。

2021/10/19同店経営者も追加逮捕

摘発当時の経営者で37歳会社員男性も逮捕されました。

2021/6/15の摘発ニュース

名古屋市中区錦3丁目のネットカジノ「チャンス」の従業員と客の7名が逮捕された。

従業員3名と客4名のうち、客3名は容疑を認めている。

2020/9/26の摘発ニュース

名古屋市中区で営業していたインカジ「ゼウス」の従業員と客の5名が逮捕された。

内訳は従業員3名とバカラ賭博をしたとして逮捕された客2名。

1日あたり100万ほどの売り上げがあった模様。

2020/5/16の摘発ニュース

名古屋市中区錦三丁目の違法バカラ店「Q(キュー)」が摘発され、従業員と客の23名が逮捕された。

きっかけは1月の情報提供から、とのこと。

そんなことするのは客だけでしょうね。

大負けした腹いせか、勝ったのにお金をきちんと支払わなくて恨みを買われたのか。

少なくとも半年近く同じ場所で店を構えている時点で摘発は時間の問題でしょう。

2019/5/12の摘発ニュース

名古屋市中区栄4丁目「ジャンプ」 従業員2名、客2名が現行犯逮捕された。

2018/11/10の摘発ニュース

名古屋市中区でインターネットを使ったカジノ店3店舗が摘発、11日までに店の関係者8人を逮捕。

名古屋市中区錦三丁目「サムライ」4名、中区栄三丁目「バグス」2名、栄四丁目「ダブル」2名の従業員、男女の客9名が逮捕。

2015/2/18の摘発ニュース

名古屋市中区錦3丁目「大吉」 経営者と従業員10名、客6名が現行犯逮捕。

名古屋のインカジで遊んだ場合のリスクを知っておこう

名古屋では、従業員と客が摘発されている事例が増加しています。

逮捕され職を失う可能性がある

会社員の場合には、職を失う可能性があるので近づかないことをおすすめします。

負けた客が腹いせに通報するというケースは多く、勝っている客が自分のゲームに夢中になっている間に通報されて、あっという間に摘発されていたという具合です。

罰金や科料、懲役も・・・

国内の店舗で行われているカジノで摘発されると、賭博にあたるため罰金か科料に処されます。

常習者とみなされた場合には懲役がつくことになります。

常習者かどうかは周囲の人の証言や捜査なども参考にされますが、軽い気持ちで2~3回通ってしまうとすでに常習化しているとみなされることがあるのです。

インカジで勝つのは難しい

インカジに行く人の多くが、勝ちたいという気持ちを持って賭けていると思いますが、基本的にインカジで勝つことはかなり難しいですし、法を破ることになるリスクは計り知れません。

仮に大勝ちしたとしても、反社勢力が経営してるようなところだと支払ってもらえるとも限りません。

またプレイヤー側に利益を持っていかれないようイカサマでゲーム結果を操作している、なんて話もあります。

そんなリスクを負うくらいなら国内の実店舗で行われているインカジではなく、合法的に運営されているオンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノなら安全です

オンラインカジノは、ギャンブルが合法となっている国のサービスを受けることになり、国の正式なライセンスを取得して運営しています。

海外のオンラインカジノをプレイすることは、処罰の対象にはなりませんし、会社勤めの人などかたい職業の人でも安心して遊ぶことが可能です。

また誰かに知られたとしても合法なので、後ろめたい思いをする必要は無く安全なので、自分の身も家族の身も守ることにつながるのです。

オンラインカジノは、自宅のパソコンやスマートフォンから24時間プレイ可能な海外のサービスです。

夜の名古屋の繁華街に出掛けることなく、いつでも自由な時間に遊べて、いつでも中断できます。

運営している企業は、健全な企業のことが多く、国のライセンスを取得していたり、外部機関の監査を受けるなど安全性や公平性にも配慮されているので安心です。

日本国内に居ながらインターネットを利用して簡単に登録できますし、クレジットカードや仮想通貨などを利用して誰でも簡単に参加できます。

勝った場合にはもちろん勝利を手にすることになるため、リスクを冒して実店舗に行って遊ぶよりもずっと安全で、楽しくゲームに参加できるのです。

オンラインゲームは、日本でも大変人気があり多くのプレイヤーがカジノゲームを楽しんでいます。

本場さながらの臨場感ある画面で各国の美女がディーラーになっていることも多く、海外カジノに言っているような気持を味わいながらプレイできるところが人気の理由です。

カードゲームをはじめルーレットやスロットなどゲームの種類がたくさんあり、自分の好きなゲームを楽しんだり、いろいろなゲームを経験したりと楽しみ方も多様となっています。

登録するとお試しでプレイできるポイントをもらう事もできる場合があるので、興味がある人はお試し用の初回ボーナスがあるカジノを選んでみると良いでしょう。

登録だけで30ドルボーナスあり
【入力3分】ベラジョンカジノ公式

ほとんどのオンラインカジノは日本語完全対応です

海外のカジノをオンラインで楽しむというと、英語や外国語が分からないと難しそうというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

実際に外国語のサイトのみというところもありますが、日本人に人気があるサイトは日本語でのサポートが充実しています。

日本版として表示がされている場合もありますし、分かりやすいようにサポートページが日本語の場合も多いです。

日本人によるサポートをいつでも受けることが可能なサービスがあるカジノサイトを選ぶと、登録からプレイ、入出金まで安心なのでサポートについて調べてから登録をすることをおすすめします。

オンラインカジノはインカジと違って合法的に運営されています

カジノと言えば、ゲームに勝って賞金を得ることが大きな楽しみのひとつです。

オンラインでプレイできるカジノは、海外企業の運営で、合法となっており国のライセンスも取得しているので、現地と同じように賞金を出金できます。

出金方法は運営サイトによって異なるので、登録前に出金方法を確認しておくと良いでしょう。

また遊びすぎを防ぐための取り組みに熱心なサイトが大変多く、一日の上限金額を設定できるなどの工夫がされています。

つい熱くなってしまいがちなカジノゲームですが、使いすぎてしまうことがないように上限を設定してからスタートしてみてはいかがでしょうか。

安全に遊べる仕組みが備わっており、国のライセンスを取得しているオンカジは、日本に居ながらにして海外のカジノの迫力を味わえるゲームです。

名古屋にはインカジ店舗がいまもどこかにあると思いますが、摘発されるリスクがありますし、負けてしまう可能性も大きいです。

公的に管理され公平性なども第三者機関にチェックされているオンラインカジノをおすすめします。