渋谷のインカジ事情 – 店のある場所や摘発ニュース、 安全に遊べるオンラインカジノも紹介

渋谷のインカジ事情 アイキャッチ画像

東京は日本で特にインカジの多い場所ですが、その中でも摘発事件がかなり発生している渋谷界隈。

渋谷は駅周辺に若者向けのショップも多くターゲットにしている若年層が集まっている街。

アンダーグラウンドな世界や違法行為に興味を持ったりカッコいいと思ってしまう人も多いでしょう。

そこで仲間にインカジを進められたらほいほいついていってしまう人もいるはず。

でもインカジは違法賭博です。

絶対に行かないでくださいね?

とはいえ、渋谷でインカジはどの辺にあるのか知っておくのも防衛のためには大事です。

そこで渋谷でインカジがある場所についてまとめました。

\安全に遊ぶならオンカジがおすすめ!/

\当サイトから登録でボーナスあり!/

登録無料金額もらい方
2000円+
最大1万円
入金ボーナス
登録ページ(FULL選択)
プロモコード欄に入力↓
2000bonus
1500円+
フリースピン60回
登録するだけ!

 

渋谷でインカジがあるのはどこ?

渋谷にある違法賭博のインカジが、堂々とお店の住所をインターネット上に公開していることはありません。

そんな店があったら経営者の頭がおかしいか、負けた腹いせに客が投稿したくらいでしょう。

なお、店名は5chなどのネット掲示板で投稿されているのを見かけます。

となると、警察側に把握されているはずなので絶対に行ってはダメですよ?

あなたが店内に入って遊んでいるタイミングを見計らって摘発される可能性大。

とはいえ、インカジが渋谷のどこにあるか目安を付けることはできます。

それは過去に渋谷で摘発されたインカジ情報をチェックすること。

というわけで、渋谷で過去にあった摘発ニュースを見ていきましょう。

渋谷の道玄坂であったインカジ摘発事例

渋谷 道玄坂のインカジ
渋谷であった摘発事件
  • 2015年5月の渋谷道玄坂のインカジ摘発事例
  • 2017年2月の渋谷道玄坂のインカジ摘発事例
  • 2020年3月の渋谷など4店舗で同時摘発された事例

渋谷の中でも特に多くのインカジがあるのは道玄坂です。

実際にこの地域には昔から多くの闇カジノが存在していて、警察に摘発された例も少なくありません。

というか渋谷では道玄坂しか摘発事例が出ていないので、あるとしたらこの界隈に集中していると考えられます。

2015年5月の渋谷インカジ摘発事例

2015年の5月にも渋谷の道玄坂で営業していた店が警察に摘発されて、オーナーを含む関係者3人が逮捕されました。

警察が捜索した時に、偶然遊んでいた6人の客も逮捕され、その中には女性の客もいました。

非合法のインカジで遊んでいると警察がやってきた場合、関係者と一緒に逮捕されてしまう危険性があるので、法律に触れるようなことをしたくない人は、こうしたお店に立ち寄らないようにしましょう。

このお店では10台のパソコンを設置して、利用客はパソコンを使ってカジノを楽しめるようになっていました。

逮捕された関係者は非合法だと知っていたうえで営業をしていて、警察の目を逃れるために監視カメラを設置。

利用客にも注意をはらっていて、覆面警察が客にまぎれて店内に入るのを防ぐためにいつも通っている客であることを核にしてから入店させるなど徹底して取り締まり対策していたようです。

ですが、結局は警察に逮捕されてしまったので、これらの行為も全てに無駄になってますね。

道玄坂のこのインカジは2年ほど営業していましたが、その間に億単位の売上があったことが関係者の証言で明らかになっています。

売上なので利益がどれくらいなのかまではわからないものの、初期投資にそれほどお金がかからず億の売り上げが出せるなら手を出す人もいるでしょうね。

その多くは反社との関わりがあるんですが、一般人でもできないことはありませんし。

2017年2月の渋谷インカジ摘発事例

渋谷では2017年の2月にも同じようにインカジが警察に摘発されています。

この時警察の捜査を受けたのも、道玄坂にある闇カジノです。

この時逮捕されたのは3人のスタッフで、その中の1人は責任者でした。

ここでは室内に12台のパソコンを設置して、インターネットにつなげる環境を用意し、客がパソコンでカジノができるようになっていました。

このインカジでは利用客から手数料を徴収する形で利益をあげていて、海外のオンラインカジノサイトを利用。

会員制のシステムを採用していて、会員になった人だけしか遊べないような仕組みでした。

会員だけを入場させることで警察の捜査からうまく隠れることもできたため、経営側にとっても都合の良いシステムです。

ただし当然個人情報を渡すことになるため、摘発されたら警察側に知られることになります。

プレイ履歴が証明できるような証拠があったら逮捕される可能性大。

とはいっても運営側も警察に通報したらあんたも逮捕されるよ?絶対にするなよ?という脅し的な意味も含まれているはずなので、利用するなら覚悟したうえで、ということになるでしょう。

なお、このインカジはさらに巧妙に警察の捜査から逃れるために、表向きはインターネットカフェとして営業していました。

24時間営業をしていたので、客はいつでも好きな時に賭けを楽しめるお店でした。

ちなみに警察に捜査された時、1000人を超える人間が会員登録していて、渋谷ではかなり人気のあったことが伺えます。

非合法と知っていながらこうした違法賭博サービスを利用する客が多いことがわかりますね。

また開業してから数ヶ月で2億円以上の売上があったらしく、かなり景気のいいインカジだったようです。

ちなみに1000人以上の会員たちがどうなったのか?まではわかっていないんですよね。

全員逮捕されたならもっと大きなニュースになっているはずなので、注意された程度なのかもしれません。

これではインカジで遊ぶ人も後を絶たないでしょうね。

2020年3月の摘発事例

2020年の3月にも渋谷ではインカジが摘発を受けていますが、この店も道玄坂に構えていました。

ここの経営者は他にも3ヶ所で同じような店を営業していて、4つの店舗が一斉に警視庁の捜査を受けました。

この事件で逮捕された人間の数は多く、経営者が6人、従業員が14人の他に、利用客も11人一緒に逮捕されています。

押収された金銭の額も3億円を超え、非常に多くの利益をあげていました。

かなり規模が大きかったようです。

逮捕された関係者の一人は2015年にも同じような店を経営していて、当時も告発されています。

やはり簡単に儲かるインカジ経営の旨味には勝てなかったらしく、また手を出してしまったんですね・・・。

ここも一般的な同業者の店と同じように店内に複数のパソコンを設置して、客がゲームを楽しめるシステムでした。

防犯カメラを設置して客の顔を確認してから入場させることも類似の方法で、こうしたお店では日常的に行われていることがわかります。

入り口は鍵がかけられているので、顔見知りの客であることが防犯カメラで確認できなければ、中には入れないシステムでした。

会員制を採用していたことも他と共通していたところで、この店も24時間営業をしていました。

渋谷も含め都内に4つの店舗があり、それぞれ1ヶ月あたり1000万円以上の売上があったと見られていて、4店舗合計すると非常の多くの利益を得ていたようです。

1店舗で月1000万、年間1億円オーバーの店を始めるための初期費用は飲食店を始めるより安く済ませられるのは間違いないでしょう。

必要なものはパソコン10台程度、その他机やいすなど一式、監視カメラなど一通りそろえたとしても1000万円はかかりません。

パソコンなんてネットに繋がってオンラインカジノが動く程度のスペックでいいため安価なものでも十分です。

これなら多店舗展開してしまうでしょうね。

準備もある程度自分たちで出来てしまいますし、これほど始めやすく稼げるビジネスはないでしょう。

インカジとオンラインカジノの違いと違法性

ここまで渋谷界隈の摘発事例で紹介したように、インカジは違法です。

ずっと警察にバレず営業を続けていくことはできないでしょう。

悪いのは運営側だし客は大丈夫、と思っている人はいますぐ考えを変えたほうがいいです。

遊んでいるときに覆面警察がいたらあなたも一緒に逮捕されてしまいます。

こうしたリスクを避けて、日本でもゲームを楽しめるのがオンラインカジノです。

スマホや自宅のパソコンからアクセスして遊ぶ分には違法ではないので、安全にギャンブルを楽しめます。

クレジットカードや銀行振込を使えば簡単に入金でき、本物さらながらのゲームを自宅で楽しめます。

ではインカジでオンカジにアクセスして遊ぶのと、自分の端末でアクセスして遊ぶのではなぜ違法性に違いが出るのか。

その点についても解説していきます。

オンラインカジノの違法性

インカジは賭博罪の適用ルールに当てはまるから摘発されます。

条件はこの2つ↓

  • 日本国内に拠点を構えサービス提供している
  • 客が遊んだ証拠がある

これに対してオンカジは国内に拠点がありません。

インターネット上では日本からアクセスできますが、会社拠点やサイトデータが入っているサーバーは海外です。

なので賭博罪の対象にならないんですね。

またオンカジそのものは海外で発行されているライセンスを取得して運営しているため違法性はなし。

よって逮捕されることはないでしょう。

というわけで、インカジに行くより自分でオンラインカジノにアクセスして遊びましょう。

普通にインターネットカフェにいってオンカジで遊ぶのもあり。

ただしその場合はあとでパスワード変更しておくなどの対策は大事です。

初めての人におすすめのオンラインカジノ

いま日本語に対応するオンラインカジノは数十社あります。

ぶっちゃけどれ選んでいいかわからないと思うので、初心者向けのオンカジをいくつか紹介しておきます。

おすすめはこの辺ですね↓

  • ベラジョン
  • 遊雅堂
  • エルドア

ベラジョンカジノってどんなところ?

ベラジョン 渋谷のインカジ

ベラジョンはテレビCMもやってる知名度やユーザー数日本一のオンラインカジノ。

一番安心感ありますし、ベラジョンで遊んでるって言えば相手も知ってる確率が高いところです。

遊雅堂ってどんなところ?

遊雅堂 渋谷のインカジ

遊雅堂はベラジョンが日本向けにオープンしたオンラインカジノ。

サービス内容はほぼ一緒ですが、日本円で遊べるのがメリットです。
(ベラジョンカジノは米ドル)

サイトの色味が薄いので少し見づらく感じるかもしれませんが、入金するときは日本円なので余計な為替手数料もかからず賭け金も計算しやすい分有利です。

エルドアカジノってどんなところ?

エルドア 渋谷のインカジ

エルドアはハイローラーというお金持ちプレイヤーに人気のあるオンラインカジノ。

入出金の対応が早い、限度額が設定されていないなどハイローラーが快適に使える制度が整っています。

ただそれは初心者プレイヤーも快適に使えることになります。

また最近は入金ボーナスを取り入れるなど初めての人向けのサービスにも力を入れていてより遊び易くなりました。

渋谷周辺やほかの地域のインカジ情報

北海道札幌
東北仙台(宮城) 青森 岩手 秋田 山形 福島
関東
(東京)
秋葉原 赤坂 池袋 上野 お台場 吉祥寺 銀座 渋谷 新宿 新宿歌舞伎町 六本木
関東
(東京以外)
神奈川(横浜) 埼玉 茨城 千葉 群馬 宇都宮(栃木) 山梨
北陸金沢(石川) 新潟 富山 福井
中部名古屋(愛知) 岐阜 三重 静岡 長野
関西大阪 京都 神戸(兵庫)  尼崎(兵庫) 奈良 和歌山 滋賀
中国岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国徳島 姫路 香川 高知
九州福岡 熊本 長崎 佐賀 大分 宮崎 鹿児島
沖縄沖縄

まとめ

東京都渋谷区のインカジ事情についてまとめました。

渋谷では過去に摘発事例がいくつもあがっているので、インカジがあることは間違いないでしょう。

渋谷の中でもとくに道玄坂エリアにはいまもひっそりと営業しているインカジがある可能性が高い地域。

だからといって軽い気持ちで行かないでくださいね。

逮捕されるかどうかのスリルを楽しみたい人は知りませんが(汗)