インカジ 新宿の摘発事例 お店の場所は安全にカジノを楽しむ方法

新宿のインカジ

インカジは違法&店員だけでなく客も逮捕されます!

自分が遊んでいるときは大丈夫、と思いがち。

でもそう思っている人ほど運悪く摘発のタイミングにハマってしまうもの。

リスクをなくすにはスマホでも遊べるオンラインカジノにしましょう。

インカジ店舗で遊ぶかわ悪いんであってスマホなら逮捕されません。

登録ボーナスで遊んでみる
入金不要ボーナス額で選ぶオンラインカジノ特集

日本でも最大級の繁華街がある東京、新宿では多くのインカジ店舗があると言われています。

摘発ニュースもあるため、今日もひっそりと新宿繁華街の片隅で営業していることでしょう。

ただし、摘発され逮捕者が出ていることからもインカジは100%違法であることは間違いありません。

店舗運営の胴元だけでなく、摘発時にそのインカジで遊んでいた客まで逮捕されてしまいます。

お店に行くかどうかは個人の判断になりますが、かなりハイリスクであることは知っておいてくださいね。

それよりも、安全に楽しめるオンラインカジノを自分のスマホなどで遊んだほうがいいです。

どうせインカジでもオンラインカジノを遊ぶだけですからね。

それならまともに運営しているオンカジで逮捕される心配もなくギャンブルを楽しみましょう!

 

で、この記事では新宿のインカジ摘発事例をピックアップし、お店がどんなところになるのか?を調べてみました。

またインカジで遊ぶ危険性についても解説しています。

過去にあった新宿のインカジ摘発事例

歌舞伎町がほとんどです。

ネットにお店の情報がでていることはまずありえないので、キャッチを見つけてインカジ店舗に案内してもらう・教えてもらうことになるでしょう。

もし住所が出ていたら摘発されますからね(汗)

2021年の摘発事例

2021年11月23日 歌舞伎町 違法カジノ店摘発

新宿歌舞伎町にある賃貸ビルの一室で違法営業していたカジノ店が摘発、客と関係者14名が逮捕されています。

2021年5月にオープンしてから約半年の売上が2700万円ほどとのこと。

あまり稼げていない感じなのでイカサマが少ないお店だったのかもしれませんね。

だからこそお客さんもたくさんいたんだと言えます。

歌舞伎町は過去に30名以上が一斉逮捕された事例もありましたが、10名を超える摘発事例自体があまりありません。

やはり歌舞伎町には人が集まるんですね。

それだけにインカジのような違法カジノ店で稼ぎやすいと言えます。

反面摘発もされやすくなりますが、それでも今後なくなることはないでしょうね。

2020年の摘発事例

2020年3月10日 歌舞伎町他4店舗を摘発

警視庁が歌舞伎町や渋谷で違法営業していたインカジを一斉摘発しました。

経営者の酒井崇寛容疑者(46)と店員の横町光志容疑者(34)のほか胴元側は20名、客11名でトータル31名を逮捕しています。

この摘発により約3億4000万円を押収とかなり景気がよかったようですね。

2019年の摘発事例

なし

2018年の摘発事例

2018年11月29日 デジタルバカラ店を摘発

新宿歌舞伎町で自らが製造したタブレット端末でバカラ賭博をさせた容疑で、経営者&ゲーム機製造会社社長「嵯峨隆由」容疑者(43)を逮捕。

2018年6月22日 バカラ・パチスロ賭博店を摘発

新宿区歌舞伎町の雑居ビルで営業していたバカラ店「フラワー」、違法パチスロ店「クランキー」の責任者「阿佐美利光」容疑者(49)と「大畑亮二」容疑者(31)など、トータル15名を現行犯逮捕。

客の管理を電話番号でする、店舗前で見張るなど慎重に運営していたみたいですが、お客さんに通報されたら一発ですからね。

隠れて営業し続けるのは難しいでしょう。

2018年4月12日 インカジとパチスロを摘発

歌舞伎町1丁目のインカジ「ペアペア」と同ビル内にあるパチスロ店「ソーキソバ」それぞれの自称経営者や従業員を現行犯逮捕。

自称経営者の「坂本政彦(59)」と「笈田悟(45)」のほか、従業員2名、客5名も現行犯逮捕。

監視カメラで出入りする人のチェックをするなど慎重に運営していたようですが、上の例と同じで隠し通すことは無理ですね。

2017年の摘発事例

なし

2016年の摘発事例

2016年11月17日 インカジ店を摘発

新宿区歌舞伎町のインカジ「J(ジェイ)」の責任者含む5名と客9名を現行犯逮捕。

5か月で4000万円もの売り上げがあった模様。

2016年2月24日 インカジ店を摘発

歌舞伎町で違法営業していたインカジ「JUMBO(ジャンボ)」の経営者と従業員計2名、客2名が摘発・逮捕されています。

当然ながらインカジとわかるような看板も泣く、キャッチで集客していた模様。

1日あたり20名ほどが賭博行為を楽しんでいたとされていて、売り上げは4か月で2000万ほどとのこと。

2015年の摘発事例

2015年1月21日 インカジへの不動産提供会社を摘発

インカジそのものではなく、店舗を貸していた不動産管理会社のトップが逮捕された摘発事例です。

通常は管理会社にわからないようこっそりインカジを運営しているため摘発されることはないのですが、反社勢力とのつながりが疑われたことからこの結果になったようです。

2015年9月20日 インカジ店を摘発

新宿区歌舞伎町で違法営業していたインカジ「X」の経営者と従業員3人を逮捕。

売上は10ヶ月で4000万円ほどあったようです。

インカジって儲かりますね(笑)

新宿のインカジで遊ぶと逮捕される?

新宿のインカジ 歌舞伎町マップ

インカジで遊ぶこと自体が違法です

日本では競馬・競輪などの公営として認められているギャンブル以外はすべて違法です。

個人や仲間内で集まって賭け麻雀をする、くらいなら本来は違法でもすべて取り締まれるわけないですし、世間への悪影響も少ないとの判断でグレーみたいな感じですね。

でもインカジはギャンブルサービスを提供してしまっています。

日本には賭博罪というものがあり、この法律では胴元と客が同時に逮捕される仕組みです。

ようは現行犯逮捕じゃないと違法ギャンブルとして立件できないってことですね。

逮捕されるかどうかは運しだい

上でも触れましたが、基本現行犯逮捕になります。

よって仮にインカジ店舗に踏み込んでも、客がおらず遊んでない状態ならギャンブルなんてやってないですよ?と言えますからね。

客が遊んでいる瞬間に立ち会ってこそ成立する感じです。

となると完全に運しだい。

いくら逆らえない上司に誘われて仕方なく行きました、と言ったところで、インカジで遊んでいるところに警察が踏み込んできたらアウト。

そのまま職まで失う可能性大です。

家族がいるなら家庭崩壊なんて事態にもなりかねません。

まぁ独身ならいいってわけでもありませんけどね。

とにかく、新宿はインカジがとくに多いエリア。

地方都市などにあるインカジよりチェックの目は厳しいと言えるでしょう。

新宿にあるインカジ店舗はどこにある?

インターネットで探しても店舗の場所はそうそう出てこないでしょうし(出たら簡単に摘発される)、口コミでひっそりと知られるくらいです。

知人の紹介以外で行くには、基本的に呼び込みしてるところに出くわす必要があるでしょう。

現実的には呼び込みしてるお兄さんに「インカジある?」って聞くくらいです。

ただ警戒してすぐ教えてくれるとも限りません。

あとは一度キャバクラなどのお店に入ってサービスを受けつつお姉さんやスタッフにインカジ店舗を聞くくらいですね。

でも一応言っておきますが、行かないでくださいね?

そういう違法なことをやるスリルやハラハラ感を好む人もいるとは思いますが、インカジへ行くことはおすすめしません。

たいてい犯罪を犯す人は軽い気持ちでやってしまうことも多いと思いますし、わかっててやる人はなおさらたちが悪いです。

そんな知り合いがいるなら距離を取りましょう。

一夜の娯楽のために人生を棒に振るのはもったいなさ過ぎますからね。

まとめ

新宿のインカジ摘発情報についてまとめました。

さすがに日本一の繁華街だけあって摘発件数も多めですね。

キャッチや知人に誘われることがあったとしても、行かないようにしてくださいね。

逮捕されないかどうかは運でしかありません。

そんな人生を賭けたギャンブルは割に合わないと思いますよ。

カジノ賭博を楽しみたいならスマホなどで安全に楽しめるオンラインカジノにしておくことをおすすめします。