日本で運営してるオンラインカジノってあるの?

日本運営のオンラインカジノ

海外企業が法的に認めている国で運営しているオンラインカジノ。

ここ数年日本でも人気急上昇中で、ユーザー数は50万~100万を超えたとも聞こえてきます。

でも日本はオンラインカジノを認める以前に「どう扱うのか?」の法律すらありません。

だから日本人が国内で悠々と遊べている状況なんですね。

いまはカジノ法案が成立してリゾート地でのランドカジノ運営ができるようになりましたが、いろいろごたついていたいつオープンするのか見当もつきません。

ただ将来的にオンラインカジノ関連の法律が制定されないとも限らないので、プレイヤーは注意しておきたいですね。

そんなオンラインカジノを日本で運営しているところはあるのか?法的にどうなのか?についてまとめました。

オンラインカジノは日本で運営できる?

日本で合法的にできるのは公営ギャンブルのみ

日本では国が認めた公営ギャンブル以外は賭博罪が適用されます。

公営ギャンブルは競馬・競輪・競艇・オートレースなど。

それら以外のギャンブルはNGです。

検察トップが賭け麻雀で大した処罰を受けなかったテンピンルールも庶民がやれば逮捕されます。
(原則現行犯逮捕なのでその場に警察がいないといけませんが)

この賭博罪は日本国内で賭博サービスを提供していた場合に適用されるもの。

ようするに日本でオンラインカジノを運営したらダメってことですね。

将来的にオンカジが公営ギャンブルに入るか?というと難しいでしょうし。

むしろランドカジノの収益に悪影響かもれないってことで規制の方向へ行ったりしたら困りものです。

(一応ギャンブルではないものの)パチンコ・パチスロみたいに政治家に旨味がある仕組みができたらわかりませんが。

それにはオンラインカジノ運営元から税金をとれないと、ですね。

1にも2にも日本政府にお金をもたらしてくれるかどうか?でしょう。

オンカジプレイヤーたちがガッツリ稼ぎまくって納税すればよい方向に行くかもしれません(笑)

日本で運営されているにはオンラインカジノはないの?

いま現在、日本で運営しているオンラインカジノがあるかどうか?はわかりません。

「こんな記事書いといて知らんのかい!」ってツッコまれそうですがそれらしき情報は聞いたことがありません。

ただダークウェブと呼ばれる普通にインターネットを利用している人ではたどり着けないアンダーグラウンドなところで運営されている可能性はあるでしょうね。

またトップページはオンカジと全く関係ない内容で、ログインするとオンラインカジノになっている、なんてパターンもありえます。

「現金の入出金で足が付くんじゃ?」と思いますが、今は仮想通貨でもベットできるオンカジが多いですからね。

さらに匿名性の高い仮想通貨もあるので、その点は問題ないでしょう。

とりあえず誰もがアクセスできるサイトにて日本でオンカジ運営していることはないでしょう。

なにかのツテがないとその存在を知ることも難しいと思います。

2016年6月10日にあったドリームカジノ事件

過去に日本企業が運営していたと判断され、オンラインカジノ「ドリームカジノ」の経営者たちが逮捕された事件がありました。

このオンカジサイトはオランダ領のキュラソーというところで運営ライセンスを取得している、とホームページ上に記載されていましたが、実質的な胴元は日本の大阪にあったようです。

これではいくらサイトが海外サーバー上にあっても、日本で運営していると判断されても仕方ないですね(汗)

あくまでも日本国内で公営ギャンブル以外の賭博サービスを提供していれば違法です。

またそれを客が遊んでいたら現行犯が原則の賭博罪にて逮捕されてしまいます。

逮捕条件が現行犯なのでけっこう難しいでしょうし警察も大変でしょうけど、繁華街の片隅でひっそり違法営業しているインカジより逮捕しやすそうではありますね。

アクセス履歴やベット状況をチェックするだけでしょうし。

こういったオンカジで間違って遊んでしまわないためにも、すでにメジャーなところを選んだほうが安心です。

私も良く利用している「ベラジョンカジノ」なんかは日本でトップのオンカジなので安心できます。

まとめ

日本企業が日本で運営しているオンラインカジノについて解説しました。

どんなに摘発されても違法なインカジがなくならないように、日本で運営・管理されているオンカジもアンダーグラウンドな世界にはきっとあることでしょう。

ただ一般人が簡単にたどり着くことはできないと思います。

とりあえず運営しているのがバレれば、オンカジにあまり良いイメージを持ってなさそうな警察が水を得た魚のように飛びついてくると思うので早々出てこないでしょうね。

それなら自分でやろう!なんてことは間違っても考えないでくださいね。