カジ旅に違法性はない?遊んだのバレたら逮捕されたりしない?

カジ旅の違法性

カジ旅はたくさんあるオンラインカジノでも人気のサービスです。

他社がオンカジのゲームだけを提供しているだけなのに対し、カジ旅はRPGゲームの要素を取り入れたり、世界中のロトくじが買えたりと一風変わってるのが特徴ですね。

ただ日本ではカジノのイメージがまだまだ良くないなって感じます。

2019年には議員が中国のカジノ関係者から賄賂を受け取ってうんたらかんたら、と余計イメージ悪くなっていい迷惑(汗)

オンカジやってるだけでなんとなく印象悪くなってる気がする(汗)

まぁそれはいいとして、オンラインカジノまで違法性あるんじゃ?と思われてそうなのがモヤっとします。

そこでカジ旅に違法性はないのか?スマホで遊んでて警察にバレたら逮捕されないのか?についてサクッと解説していきます。

オンラインカジノ「カジ旅」の違法性

カジ旅はMalteseゲームライセンスを取得している

カジ旅のライセンス

オンラインカジノを運営するには国が発行したライセンスが必ず必要になります。

なければ違法性バッチリ。100%違法です。

もちろん「取得してるよー」って嘘のライセンス情報をオンカジサイトに掲載していても違法です。

で、カジ旅を運営するスウェーデンのゲーミング会社「Hero Gaming Limited」はマルタ共和国が発行する運営ライセンスを取得しています。

オンカジに馴染みがない人は

「マルタ共和国?なにそれうまいの?」

って思うかもしれませんね。

私も最初聞いたときなんとなく胡散臭さを感じてしまいました(マルタ国民さんすんません)。

でもライセンスの信頼性は真逆で、世界トップレベルの厳しさで取得難易度ハードモードだったりします。

Malteseゲームライセンスの信頼性は世界トップクラス

取得するには、運営企業の財務体質や運営姿勢、顧客への対応などサービスの質までさまざまな部分を厳しく審査されます。

ライセンス発行側も取得させたオンカジが違法なことやらかしたら信頼に傷がついてしまいますからね。

また一度取得しても次更新できるとは限りません。

もちろんお金もそれなりにかかりるので、ちゃんと儲かってないと維持も大変。

ここのライセンスを持ってるってだけでも信頼度がググっと上がる素敵なライセンスなんです。

最近はチェックの厳しさと取得コストの高さからもうちょいランク低めのライセンスで運営するオンカジも増えているようですが、カジ旅はしっかりマルタと付き合ってるので違法性はないと言えるでしょう。

※カジ旅は2014年4月28日にライセンス番号「LGA/CL1/942/2013」のMalteseゲームライセンスを取得

無料登録で40ドルプレゼント!
カジ旅公式ページ

 

ここまでカジ旅のオンラインカジノとしての違法性がないことを紹介してきましたが、日本人が遊ぶのはほぼほぼ日本国内です。

国内でカジノやったら逮捕されそうって思う人も多いでしょう。

そこで逮捕されるかどうかについても解説していきます。

日本でカジ旅を遊ぶと逮捕されたりしない?

日本の賭博罪にひっかからないの?

カジ旅と賭博罪

日本では競馬・競輪のような公営ギャンブルなど認められたものしか合法ではありません。

ではカジ旅はどうなのか?っていうと、もちろん公営ギャンブルではありません。

ただ、現在日本には「カジ旅」を含むオンラインカジノプレイヤーが50万人以上いるらしいんですが、日本で遊ぶことはいまのところグレーです。

ホワイト、完全合法ではありません。

あくまで違法ではないっていう状況ですね。

そしてもし「カジ旅」が日本で運営されているオンラインカジノだったら100%違法なんですが、ここは海外企業で海外サーバーで運営しているオンカジ。

日本の賭博法では裁けないので違法とはいえないってことですね。

 

なんですが、過去に無理やりオンラインカジノプレイヤーを逮捕した事件がありました。

スマートライブカジノ事件

ことの詳細は別の記事でまとめているのでそちらで
【スマートライブカジノ事件】逮捕の理由やことの顛末とオンラインカジノの違法性

ここでもサクッと紹介しておきますが、この事件は2016年3月10日に日本で初めてオンカジプレイヤーが逮捕された事件として業界では知られています。

スマートライブカジノ事件は、イギリス拠点のオンカジで「スマートライブカジノ」で遊んだ日本人プレイヤー3名を逮捕したもの。

日本で賭博罪に問われるには、サービス提供側とプレイヤーが日本のものでなければいけないんですが、イギリスのオンカジなので本来逮捕できません。

でも逮捕に動いた京都府警は、

  • 日本人向けのサービスだったこと
  • 日本語ディーラーとライブカジノが楽しめたこと
  • 当然日本語で遊べたこと
  • ブログでプレイ状況を公開していた

などでほぼほぼ日本で運営してるみたいなもんやろ!って判断したようです。

これも含めて、逮捕に至る流れには違和感しかなかったりするんですよね。

  • 他にもたくさんプレイヤーがいるのに3人だけ逮捕
  • 証拠不十分のまま逮捕(これはまぁ警察もよくやることですが)
  • 略式起訴でサクッと有罪にしようとした

など、警察側が増加するオンカジプレイヤーに歯止めを賭けたかったんでしょうねっていう思惑が透けて見えます。

結局二人はお金を支払ってしまったものの、一人は不服申し立てして無罪を勝ち取っています。

オンラインカジノの未来のためによくやった!といいたい。

いま私がオンカジで遊べているのは、あなたのおかげかもしれない。

 

最後に、ここ最近ニュースを賑わせているリアルカジノネタについても触れておきます。

カジノ法案が成立してるから大丈夫ってわけじゃないの?

カジノ法案が成立・施行され全国各地でカジノ誘致がお盛んですが、この法案ではオンラインカジノについて一切触れられていなかったりします。

あくまでもリゾート開発においてカジノ施設を合法化するためのもの。

ギャンブルとしてのカジノをなんでもかんでも合法化するものではありません。

 

まとめ

個性的なオンラインカジノ「カジ旅」の違法性、遊んでも逮捕されないのか、について解説しました。

カジ旅自体に違法性はほぼないと言えます。

ただ日本で遊んでても逮捕されないか、はまず逮捕されないでしょうって答えですね。

上でも触れたように、警察は証拠不十分でも逮捕に動くことがあります。

「オンラインカジノ目ざわりやわ~」ってなったら、むりやりこじつけて逮捕に動くかもしれません。

そうなったら個人的にもめんどくさいので、プレイ日記とかをこのサイトに積極的に上げようとは思いませんが(無料ゲームで検証するくらい)、不起訴を勝ち取っている事例から遊んでも罪に問えないのは明白。

普通にスマホでカジ旅を遊んでいるくらいでは問題ないと言えるでしょう。

無料登録で40ドルプレゼント!
カジ旅公式ページ