ラスベガスのカジノのルール(服装/年齢制限)や予算はいくら必要?

ラスベガスのカジノマナーやルール
  • ラスベガスのカジノで自分の運を試す
  • あわよくば一攫千金
  • 観光ついでにカジノを体験してみたい

など、ラスベガスのカジノを訪れる理由はいろいろあると思います。

カジノを楽しむためにはゲームそのものに慣れ親しんでおくことも大事ですが、それ以前に服装や年齢制限などのルールやマナー、予算はいくらぐらいあるといいのか、など知っておきましょう。

最低でもこれらをしっかりとおさえておかないとそもそも入場さえできなかったりすることもありえます。

そこでここでは、ラスベガスのカジノを楽しむ前の基礎知識をまとめました。

トラブルなく快適の楽しめるよう、サラッとでも目を通しておくと安心です。

ラスベガスでカジノを楽しむときのルール

入場するときのドレスコード・服装

ラスベガス カジノの服装・ドレスコード

まずラスベガスのカジノでは上の画像のようなドレスコードと言ったものはほぼありません。

で、服装ですが、日本人が抱く一般的なイメージよりはカジュアルに考えていて構わないことが多いようです。

タキシードとかフォーマルスーツ、フォーマルドレスのような格好でないと入場できないかというと、まずそんなことはありません。

だいたいラスベガス観光にきた外国人がカチッとした格好でないと入場できないとなれば、持っていく服装だけでも大きな荷物になってしまいます。

それだけで観光客に敬遠されてしまうでしょう。

最近ではあまりにラフなものでなければ入場させてもらえないといったことはほぼ考えられなくなっています。

相応しくないラフな服装とは?

あまりにもラフなものとは例えばタンクトップ、ランニングシャツ、ショートパンツ、ビーチサンダルなどが挙げられるでしょう。

このように、夏に海水浴にでも行くようなものがあまりにもラフな格好と考えられます。

このようなものはさすがに避けるべきでしょう。

スマートカジュアルがおすすめ

一般的に言って適している服装とは、スマートカジュアルとでも呼ぶべきスタイル。

イメージとしては、少なくともファミレスよりはましな程度のレストランにディナーをしに出掛けていくようなものを思い浮かべてもらえばそれほどスレてはいないでしょう。

TシャツにジーンズあたりではぎりぎりOKかなといったレベルですし、スーツにネクタイまでは必須とは言えません。

ただ、入場できても周囲から浮いてしまうようではゲームになかなか集中できないでしょう。

かといって普段あまりしないような服装でもやはり自分自身として集中できない可能性があります。

そのあたりの折り合いを適当に見つけることが大事かもしれません。

もしラフな服装しかないなら、余計なお金がかかってしまいますが服を購入する、もしくはファッションレンタルのお店がラスベガス内にあるので利用するなどしましょう。

年齢制限は?

次に年齢制限です。

カジノはお金を賭けて楽しむところですから、大人としての責任が求められます。

ラスベガスのカジノの年齢制限は21歳以上となっています。

これはラスベガス内でどこに行くかによって変わりはなく、全て共通しています。

年齢確認は外国人の場合パスポートで行われるのが原則で、いわゆる顔パスは通用しません。

見た目で明らかに21歳以上だろうと思っていたとしてもパスポートで確認されますから、持っていくのを忘れないようにしましょう。

日本人はとくに若く見られがちなので、パスポートは必須アイテムとも言えます。

ホテルのフロントとか、部屋のセーフティボックスに預けたままでは入場できないわけです。

とくに家族連れで行く場合にはこの年齢制限に留意する必要があります。

入場できると思っていたら家族の中で一人だけ入場できなかったというのではせっかくの旅行が台無しでしょう。

子ども連れは要注意!

ラスベガスカジノの年齢制限

小さい子供を連れている家族も注意が必要です。

明らかに両親同伴で、到底賭け事などするとは思えないような赤ん坊であっても入場はできません

その場合は例えばホテルで両親のどちらかが面倒を見ておくといったことが必要になります。

キッズを預かってくれる施設もありますから、どうしても楽しみたい場合は活用しましょう。

もしそういった施設を利用しない場合、アメリカという国は両親が子供の面倒を見ないまま放置することに対して日本とは比較にならないくらいに敏感な社会です。

それこそ保護責任の放棄などとして警察沙汰になる可能性も十分にありますから注意しておきましょう。

ラスベガスカジノの予算はいくらくらい?

最後に予算ですが、これはもちろんどの程度の賭けをどれくらいの時間、日数にわたって遊ぼうと考えているのかに左右されます。

世の中には信じられないくらいのお金持ちがいて、一般人では想像もつかないくらいの大金を賭ける人もいます。

そういう人にとっては1億円あっても予算としては十分でないかもしれないでしょう。

ですが、そういう極端な話を抜きにして、ごく普通の人が楽しむ場合、どれくらいを見込んでおけば良いのでしょうか。

観光気分なら10万~20万くらいが目安

ラスベガスカジノ旅行の軍資金

ざっくりと言えば、10万円から20万円程度もあればまず十分でしょう。

賭け方によっては1万円から2万円程度でも楽しみ方はあります。

が、カジノにはミニマムベットというものが設けられており、1回の賭けでこれを下回るような賭けはできません。

ミニマムベットはゲームの種類によって、また同じゲームでも台によって変わってきますが、だいたい5ドルから25ドル程度の間です。

意外と大きいと思う人が多いかもしれません。

仮に10ドルとすれば日本円で約1000円ですから、1万円では10回しか賭けられないことになります。

もちろん勝つこともあると思いますし、出入りがあるでしょうから単純に予算はいくらとは言えませんが、常に10ドルしか賭けないわけでもないでしょう。

勝負どころでは賭け金を増やすこともあるはずです。

こうなるとやはり1万円や2万円といったレベルでは心もとなく、もう一桁大きい予算を用意しておいたほうが余裕をもって楽しめます。

まとめ

カジノを知らない人でも名前だけは知ってる可能性大なラスベガスのカジノで遊ぶ時の基本的なルールやマナーをまとめました。

いまでは世界一の規模ではなくなったラスベガスのカジノですが、ルールは他より少し厳しめな印象です。

アメリカだからこその、未成年への配慮が見て取れます。

ただ、服装は極端に厳しいわけでもありませんし、予算も新卒サラリーマンの初任給くらいあれば楽しめます。

ラスベガスへの旅費だけでかなりかかると思いますが、一生に一度の思い出として確実に記憶に残る体験だと思います。

行かれる方はしっかり楽しんできてください。