ラスベガスのカジノにもっていきたい軍資金や最低賭け金はいくら?

ラスベガスのカジノに持って行きたい軍資金額

ラスベガス、と言えば何を思い浮かべますか。

噴水ショーで有名なベラッジオはもちろん、M&Mのチョコレートのお店、エクスカリバーなどとにかく賑やかな観光地を思い浮かべる人が多いのでは?

ですが、ラスベガスと言えばカジノを忘れてはいけません。

ここで一発当てれば一夜にして大金持ちになるのも夢ではありません!というのは大げさですが、それぐらいの楽しい夢の場所と言っても良いでしょう。

ここではカジノに行くのには具体的にどのくらいの軍資金を用意しておけばいいのか解説します。

初心者でも安心して楽しめるよう、具体的な金額をルールやマナーと交えてご紹介していきます。

ラスベガスに持って行く軍資金の目安はどれくらい?

まず、カジノと言えば大金が動くイメージがあり、お金持ちの遊びだから最低でも数十万のお金を用意しないと話にならない、相手にしてもらえないという印象を持っている人がほとんどでしょう。

しかし、実際には国内外から観光目的で立ち寄ったお客さんであふれています。

ここには高額な利益を得ようというプロたちの方が圧倒的に少なく、初心者でも問題なく遊ぶことが出来ます。

むしろ、利益を求めてくるプロたちばかりに来られると経営が立ち行かなくなり、あっという間に商売あがったりです。

あくまで、ほとんどが負けてくれる一般人がいるからこそ成り立っているビジネスですからね。

では具体的にどのくらいの軍資金を用意したらいいでしょうか。

一般人が持っていく軍資金は?

ラスベガスの軍資金

人によってかなり意見は変わってきますが、大体数万円から、高くても100万円程度までを持って行かれている人が多いようです。

純粋にカジノを楽しむだけの目的であれば、数万円~10万円程度あれば一日たっぷりと遊んで、それなりの高揚感を味わうことが可能です。

軍資金が少ないのであれば、その予算に合ったレートやゲームを選べばよいのです。

カジノでベットする以外の費用も忘れずに

注意しなければいけないのは入場料等が1万円かかることもあります。

また、場所によってはドレスコードの指定があったりするため、洋服代が必要になることも。

せっかく用意した軍資金が減らないよう、他に掛かる費用がないかあらかじめ確認しておくことも必要です。

一般的なゲームの最低賭け金

ここからは、一般的なゲームの最低賭け金について説明します。

あくまで一般的な金額であり、参考の賭け金としてください。そしてこの最低賭け金×どのくらい遊びたいか、で軍資金を計算しておくことをお勧めします。

最もポピュラーなゲームと言えばポーカー、ブラックジャック、ルーレット、スロットマシンです。

ポーカーの最低賭け金

ポーカーは5~10ドルほど。

ブラックジャックの最低賭け金

ブラックジャックは5~10ドルほどでポーカーと同じレベルです。

ルーレットの最低賭け金

ルーレットは1ドルほど。

スロットの最低賭け金

スロットに関しては1セントから賭けることが出来ます。

1セント、という額に驚いた人はいませんか?

ここが観光客や一般の人向けと言われる理由です。

カジノ初心者におすすめのゲーム

最初はスロットマシンにチャレンジしてみよう

ラスベガスで初心者おすすめのスロット

スロットマシンはこの中で最もシンプルで、初心者でも気軽に楽しめるゲームです。

スロットマシンにコインを入れて、リールを回して揃えるだけというルールがシンプルと言われる理由でもあります。

このそろえた図柄によって払い戻される金額が変わります。

スロットマシンでは当たるタイミングによっては数百万ドルの払い戻しが出ることもあり、少ないお金で夢を見ながら楽しむのにうってつけでしょう。

ルーレットもルールが簡単でおすすめ

また、スロットマシンと同様、ルールレットも掛け金が低く、ルールも簡単なので初心者にはお勧めのゲームです。

数字が書かれた穴の空いた円盤にディーラーがボールを投げ入れ、そのボールがどの番号に落ちるかを当てていきます。

テーブルに数字等が書かれており、予想した数字の上に賭けたい分だけチップを置きます。

チップを置いた場所が偶数か奇数か、数字が当たったかどうか、で配当倍率が変わります。

賭ける金額しだいで長く遊べるのが特徴です。

軍資金が少ない場合は避けたほうがいいゲーム

一方でポーカーやブラックジャックは、軍資金が少ない人にはお勧めできません。

これらのゲームは上級者向けで、スキルがあるプレイヤーがディーラーとの駆け引きを楽しむものです。

また、他のプレイヤーの賭け金をつり上げて、逆につりあげられることもあります。

ポーカーやブラックジャックをした人の中にはビギナーズラックに気分を良くし、気づいたらお金が無くなっていた、という話も良く聞かれます。

カジノは100%儲けることが出来ないと言われる所以は、このポーカーとブラックジャックにあります。

ラスベガスともなると、ディーラーはビギナーズラックでプレイヤーを気持ちよくし、その後、負けさせて大金を落としてもらうような技を持つプロばかりです。

これらのゲームをしたいと考えている方はしっかりと身の丈に合った賭け金で楽しんでください。

最高賭け金は?

一般客が遊ぶところなら$5000までなど上限があったりしますが、ハイローラーの中でもさらに上のウェールと呼ばれる上客は、毎回フェラーリなどの高級スポーツカーを賭けるなど桁が違います。

よって明確な最高賭け金はわかりませんが、仮に世界一のお金持ちが「1兆円ベットする」といっても、勝たれたらカジノ側が支払えませんし潰れてしまうため止められるはず。

カジノ運営に支障が出ない範囲に制限されるでしょう。

まとめ

ラスベガスでカジノを楽しむときに必要な軍資金やゲームごとに賭け金などについて紹介しました。

日本で統合型リゾート整備推進法案、いわゆるカジノ法案が成立し、日本人にとっても身近な楽しみになろうとしています。

もし興味を持っているならば、ぜひ一足早くラスベガスへ行って、実際に体験してみてください。

この経験があれば、日本とラスベガスとの違いを楽しむことも出来るかもしれません。

ルールとマナーをしっかり守って適度に遊べば安心して楽しむことが出来ます。