オンラインカジノ選びの第一歩!運営ライセンスをみよう!

オンラインカジノの運営ライセンス

海外にはカジノを合法的に楽しめる国はたくさんありますが、日本ではようやくカジノ法案が成立してこれからといったところです。

まだカジノが楽しめる施設すらありません。
(非合法なモノはあるかもしれませんが)

それだけに、カジノに対して「怪しい」「危険」といったイメージを持っている人も多いでしょう。

でも「オンラインカジノ」なら合法的にプレイ可能です。

ただ、2000以上あるすべてのオンラインカジノが健全に運営されているわけではないんですよね・・・。

そこでオンラインカジノ初心者向けに、信頼性を見る指標の1つ「運営ライセンス」の確認方法や、それがそういったものなのか?についてまとめてみました。

オンラインカジノ選びの参考にしてください。

オンラインカジノの健全性を示す運営ライセンス制度

健全に営業しているオンラインカジノは、必ずオンカジを法的に認めている国が発行する「運営ライセンス」という免許を取得しています。

そしてオンカジ合法国に拠点を置いて企業活動しています。

このライセンス発行国はいくつかあり、審査の厳しさにも差があるため、特定のオンラインカジノで遊ばなければいけない特殊な事情でもないのであれば、より厳しい国で取得しているところを選びましょう。

ではどこが信頼性高いライセンスを発行しているのか?を紹介する前に、制度の成り立ちについてサクッと触れておきます。

運営ライセンス制度のはじまり

キューバの東側に位置するイギリス連邦加盟国「アンティグア・パーブーダ」という国が、世界初となるオンラインカジノ運営ライセンスの法律が可決されました。

ここが発行するライセンスは今でもトップクラスに信頼性が高く、多くのオンラインカジノが取得しているものです。

ライセンスの役割

【運営企業とプレイヤーの問題解決】

運営側とプレイヤーの間でトラブルがあって解決しない場合、発行国の窓口へ問い合わせることができます。

これによって問題解決することが役割の1つです。

【他国との問題解決】

オンラインサービスなので、カジノを認めていない国でもプレイできてしまいます。

それで問題が発生した場合、国と運営企業が直接やり取りするのではなく、ライセンス発行国が問題解決に動くのも大切な役割です。

【きちんと役割を果たしてくれる発行国かどうかが大事】

以上のように、ライセンスだけ発行して後は企業におまかせでは負担やリスクが大きくなり経営に支障をきたすことでしょう。

大きなお金が動くサービスなので、トラブルも大きくなりがちです。

そうなるとオンラインカジノの信頼性も揺らぐ→ライセンスの信頼性も低下する悪循環。

よってきちんと問題に対処してくれないようでは、そのライセンスに価値はないと言えますね。

運営ライセンスの種類でオンラインカジノの信頼性を判断しよう

オンカジ運営ライセンスの信頼性

特定の国が運営ライセンスを発行していて、それぞれ審査基準が違ってきます。

信頼性の高い運営ライセンスは当然ながら審査も厳しく取得が困難です。

プレイするオンラインカジノを選ぶ時の指標として、どの国の承認を得た運営ライセンスなのか?を見ることが第一歩です。

サービスを選ぶ基準に相応しいライセンス発行国は次のとおりです↓

選ぶ基準になる主な運営ライセンス発行国(50音順)

  • UK(イギリス)ライセンス: イギリス
  • アンティグアライセンス: アンティグア
  • オランダ領キュラソーライセンス:オランダ領アンティル諸島キュラソー島
  • オルダニーライセンス: オルダニー島
  • カナダライセンス:カーナウェーク
  • ジブラルタルライセンス: ジブラルタル
  • マルタライセンス: マルタ
  • マン島ライセンス: マン島

この中のどれかが公式サイトに掲載されているオンラインカジノを選びましょう。

この中でも特に「イギリス」「ジブラルタル」「マルタ」「マン島」ライセンスを取得しているなら安心してプレイできるでしょう。

ライセンス未取得のオンラインカジノに要注意!

数あるオンラインカジノの中には運営ライセンス未取得のサービスもあります。

無知が原因で未取得のまま運営スタートしてしまったとしても、そんな勉強不足の運営主がやっているオンラインカジノはしょせんダメですし、必要なことがわかってて未取得ならもっと最悪ですね。

絶対にそんなところでプレイしないようにしましょう。

ライセンスの確認はどこを見ればいい?

たいていオンラインカジノホームページのトップページのどこかに掲載されています。

ただし、正規の運営ライセンスを取得せずやってるようなところは、違法な手段を平然ととってくるはず。

きちんと掲載されてるからと言っても、本当に取得してるのか?まではわかりません。

それならどうチェックすればいいんでしょうか。

特に日本はまだオンラインカジノの法律もなく、隙を見せれば賭博罪で逮捕される可能性も考えられます。

ちょっとくらいいいか、という甘い考えは捨ててください。

運営ライセンスの発行状況を確認する方法

プレイしたいオンラインカジノ公式サイトのどこか(おそらくページ下部)に取得したライセンスが掲載されています。

大手インターカジノの場合↓
インターカジノのライセンス表記

ページ最下部に画像のような「マルタ共和国」のライセンスマークが掲載されています。

このマークをクリックかタップすると、マルタ共和国ライセンスページに飛びます↓

マルタ共和国のライセンス

ここでURLも念のためチェックしておきましょう。

マルタ共和国なら「https://www.authorisation.mga.org.mt/」といったURLです。

ライセンス取得後の監査も大事です

「厳しい審査を乗り越えて無事ライセンスゲット!さぁあとは好き勝手やってやる!」では困ります。

そのため第3者により監査機関情報もチェックしておくとさらに安心です。

第三者監査機関

  • GLI
  • eCOGRA(イーコグラ)
  • iTech Labs
  • TüV compliant(テュフ コンプライアント)
  • GAMCARE

この中ではラスベガスでも多くの実績がある「GLI」は業界最大規模で、オンラインカジノのテスティング事業シェア9割がこことなっています。

また「eCOGRA(イーコグラ)」も一回の審査では通過できないほどの厳格な審査に定評があり、サポート体制も非常に優れている第三者機関です。

ここにチェックしてもらっているオンラインカジノなら信頼性がかなり高いと言えるでしょう。

カジノソフトウェアの信頼性も大事です

運営ライセンスともう1つ、カジノで使うソフトウェア(ゲーミングソフト)にも審査があるんです。

審査OKのゲーミングソフトウェア会社はここ!

  • Microgaming(マイクロゲーミング)
  • playtech(プレイテック)
  • NETENT(ネットエント)
  • Play’n GO(プレインゴー)

この中では「Microgaming(マイクロゲーミング)」は一番の老舗業者で、信頼性の高さから多くの賞を受賞するほど。

第三者監査機関からの審査も受けているため、オンラインカジノのソフトウェアといったらここ、と言えるほどの企業です。

まとめ

オンラインカジノを選ぶ時に一番気をつけたい「運営ライセンス」取得状況のチェックと、ライセンスの役割について解説しました。

トラブルが起こりがちな大金のやり取りが発生する事業なだけに、厳しい審査を通過しなければいけないライセンスを取得していること、また付随するサービスも同様に監査などを常に受けていることが大事です。

ここまでくるとクリアしているオンラインカジノの数も限られてきますし、プレイするならそういったオンラインカジノを選んでいきましょう。

ここまで厳しくする必要あるの?と感じる人もいるかもしれませんが、個人情報やクレジットカード情報などを教える相手ですからね。

これくらいやってもらわないとむしろ困ると言えます。