ラッキーニッキーカジノの違法性・信頼性と遊んで逮捕される可能性は?

ラッキーニッキーの違法性 アイキャッチ画像

ここ最近見かけるようになったオンラインカジノ「ラッキーニッキー」。

日本でIR法(カジノ法案)が成立してから日本人向けのオンカジが増えてきましたが、ラッキーニッキーもその中の1つ。

サイトの日本語対応やサポートなども充実していて、日本人が遊びやすい造りになっています。

ただ、オンカジって違法でしょ?と思っている人、心配している人もまだまだ多いはず。

そこでラッキーニッキーカジノの違法性や信頼性についてまとめました。

登録前に躊躇している人はぜひ参考にしてください。

\ここから登録で30ドルボーナスあり!/

オンラインカジノ「ラッキーニッキー」の違法性は?

オンカジの違法性とラッキーニッキー

まずオンラインカジノの違法性を知ろう!

正規のライセンスを取得していれば違法性なし

世界にある200ほどの国で、オンカジを法律で認めている国があります。

そこで発行している許可=ライセンスを取得していることが違法性のあるなしを判断するポイントです。

違法としている国で遊べば違法性あり

ラッキーニッキー自体が違法性なしだとしても、ライセンス側で認めていない国でアクセスして遊べば違法性ありです。

日本国内でのオンカジ運営は違法性あり

海外の合法国に対して日本は法律すらない状態。

そのためグレーな状況ですが、賭博罪があるので認められてないギャンブルは違法となります。

よってもしラッキーニッキーが国内運営していたら完全にNGです。
(プレイに関しては別の話なので、その点はページ下で解説していきます)

国内運営にもいろいろな基準がありますが、過去の摘発事例を見ると現状では本社ではなく何かしらの拠点が1つあるだけでも違法性ありと判断されるようです。

たとえば日本語サポートセンターが国内にあったりすれば違法ですね。

カジノ法案は無関係

日本のカジノ法案はオンカジについて一切触れられていないので無関係です。

あくまでリゾート施設でカジノ事業についてと営業しても賭博罪に問いませんよ、という内容です。

 

とりあえずざっくりですがオンカジそのものの違法性についてはこんなところです。

ではラッキーニッキーは正規のライセンスがあるのか、日本で運営されていないのか?が違法性を測る大事なポイント。

日本以外でも法がない国、認められてない国で運営していたら違法性ありですからね。

その点についてみていきましょう↓

ラッキーニッキーの違法性をチェック!

ラッキーニッキーが取得しているライセンスはどこのもの?

ラッキーニッキーのマルタ共和国ライセンス

ラッキーニッキーはマルタ共和国の運営ライセンスを取得し、同国に拠点をもってサイト運営しています。

よって違法性はありません

ただギャンブルに馴染みがない人はマルタ共和国なんて聞いたこともないんじゃないでしょうか。

私も最初は胡散臭そうな印象をもってました(笑)

そこでマルタ共和国の信頼性を見ていきましょう↓

マルタ共和国の信頼性は大丈夫?

ここのものは業界でも世界トップレベルの厳しい審査を課すところとして有名です。

小さな島国なので国の産業が少なく収入源がないため、ギャンブルライセンス事業からの収益に対する重要度は他国の比じゃありません。

それだけにブランド力を高くしてギャンブル運営企業を集めているわけですね。

そのため、もし発行先の企業が悪さなんてしようものならブランドに傷がついてしまいます。

そして一度キズが付いてしまえば、企業は他国の信頼性が高い発行国へ行ってしまうでしょう。

ライセンスは一度取得したらずっと維持されるものではなく、定期的に更新していく契約形態なので更新してもらえなくなります。

また逆に適当な審査で取得しやすさをウリにした場合、今度はギャンブル運営会社側の信頼性が低くなるため、ユーザーが集まらないことになります。

ただでさえギャンブルというマイナスなイメージが強いオンカジなので信頼性まで低いと思われては余計に集客できません。

よってマルタ共和国が不正に手を出すとは考えにくく、信頼できる国・およびライセンスと言えるでしょう。

つづいてマルタ共和国発行のライセンス取得時の審査項目も知っておくとより信頼性が高まると思いますので簡単に紹介しておきます。

マルタライセンス取得時の審査項目

マルタライセンスの審査項目

2001年に設立されたライセンス発行機関「マルタ・ゲーミング・オーソリティ」では、ギャンブル運営事業者に対し以下のような審査を実施しています。

  • 事業者の資金面
  • 事業者の経営能力
  • 犯罪歴
  • 若者の保護施策
  • マネーロンダリングなど犯罪予防対策
  • 顧客資産と事業者資産の分別管理
  • 顧客が安心して楽しめる環境の構築
    など

これらの審査を3~6ヶ月ほどかけて実施し合格するとようやく認められます。

審査が緩いところでは1か月ほどで取得できてしまうため、それらと比較してもかなり厳格に実施しているのがわかりますね。

事業者の資金面

オンカジの運営において最も大事な資金力。

お金がなければサービスを維持できませんし、プレイヤーの勝利金を出金対応することすらできません。

プレイヤーからすれば一番罪が重いと感じるのは出金拒否です。

客に対する裏切り行為ですからね。

事業者の経営能力

資金力だけあっても経営を続けられなければ意味がありません。

運営会社の経営能力も問われます。

過去にどんな事業をしてどうなったのか、などを審査されます。

犯罪歴

ただでさえイカサマなど悪いイメージが持たれやすいギャンブルサービスを提供することになるため、過去の犯罪歴は大事なポイント。

運営会社や関係者の犯罪歴をチェックされます。

またふさわしくない組織や人との関りがないかもチェックされます。

若者の保護施策

まだお金の知識が乏しい若者にギャンブルをプレイさせることがないよう対策しているか?もチェックされます。

21歳未満はNGといった文言がホームページの登録画面や利用規約に必ず記載されているのもライセンス審査に含まれているからですね。

マネーロンダリングなど犯罪予防対策

ギャンブルはマネーロンダリング(資金洗浄)など犯罪行為に利用されやすいサービス。

入出金時に悪用されない仕組みが構築できているか?も審査項目です。

入金と出金手段を別の方法にできないこと、また入金してすぐ引き出せないのもこれが理由です。

ただ入金した現金に1倍の出金条件が付けられているのはオンカジ側に都合がいいからってのもあるでしょうね。

出金が簡単すぎると消費する前に引き出されてしまいますし。

顧客資産と事業者資産の分別管理

ユーザーが入金したお金と運営会社の資産が同じ口座に保管されていては、経営がピンチになったら勝手に使われてしまう可能性大です。

きちんと口座を分けて管理しているのか?も審査ポイントです。

顧客が安心して楽しめる環境の構築

サポート体制がしっかり構築されているか?もチェックされます。

 

このようにマルタライセンスは業界でもトップクラスに信頼性の高いもの。

このライセンスを持っているラッキーニッキーは信頼性が高く、違法行為はしない=違法性はないと考えられます。

マルタライセンスを取得している他のオンカジ

ラッキーニッキーと同じライセンスを取得しているオンカジについても知っておくと、より安心できると思います。

  • チェリーカジノ
  • ロイヤルベガス
  • レオベガス
  • ロイヤルパンダ
チェリーカジノ

創業は1963年で他社に比べて圧倒的に老舗の会社が運営しているチェリーカジノ。

ライセンスはもちろん、会社への信頼性の高さも申し分なしです。

こういうオンカジが取得しているライセンスなのでラッキーニッキーの安心感アップに繋がります。

ロイヤルベガス

2000年にスタートした老舗オンカジです。

マルタライセンスを取得しつつ運営歴も長く信頼性の高いオンカジですね。

レオベガス

世界中で人気のレオベガス。

日本語にも対応していますが、日本での存在感はイマイチです。

とはいえ信頼性においてはトップクラスのオンカジと言えます。

ロイヤルパンダ

ロイヤルパンダはレオベガスグループのオンカジです。

ライセンス、運営会社ともに信頼性は高いです。

 

このようにどのオンカジも違法性がみじんも感じられないところばかり。

ラッキーニッキーもこの仲間に含まれる信頼性の高いオンカジと言えるでしょう。

ラッキーニッキー運営会社の信頼性は?

ラッキーニッキー会社 SkillOn Net LTD.

マルタライセンス機関に認められているラッキーニッキーの運営会社。

それだけで違法性や信頼性は問題ないわけですが、どんな会社なのか簡単に紹介しておきます。

2017年に設立された「Titanium Bracelet Marketing Ltd.」がラッキーニッキーの運営元です。

かなり若い会社だけに信頼性に不安がある、と思われても仕方ないですね。

ただ、だからこそオンカジ業界で信頼性の高いマルタ共和国ライセンスを取得することでカバーしていると言えます。

取得時の審査では、企業の姿勢や資産状況など厳しくチェックされているため、ラッキーニッキーを運営していく上で問題ないと判断されているわけです。

たとえば、高額当選がでるジャックポット機で10億円単位の賞金獲得者が出た場合、きちんと支払えない・支払いを渋るような企業では大問題です。

そういった点に問題ないと判断されているわけなので信頼性は高いと言えるでしょう。

日本でラッキーニッキーで遊ぶ違法性は?

インカジは完全に違法です

インカジとはインターネットカフェ形式の仕組みでオンカジを遊べるようにしているお店のこと。

たいてい繁華街のマンション一室などで隠れて営業していて、毎年摘発ニュースが何件も報道されています。

それなのに無くならないのは経営も簡単で稼ぎがいいから。

ってことでインカジは今後もなくならないと思いますし、何かの機会に誘われても絶対行かないようにしてくださいね。

バレればあなたも逮捕されます。

個人がオンカジを楽しむのは?

ラッキーニッキーはパソコンはもちろん、スマホなどモバイル端末でも遊べます。

ただ、たとえば警察が目の前にいる状態でスマホにてラッキーニッキーに接続し遊んでいたら逮捕されるのか?というとそれはないでしょう。

日本では公営ギャンブル以外の賭博行為は賭博罪により逮捕されます。

でも、この法律は違法に営業している胴元とプレイヤーがセットで立件できないと逮捕できない仕組み。

なのでインカジはお店でカジノサービスを提供しているためNGなんですね。

対してオンカジ自体は海外で合法的に運営されていて、拠点は日本にありません。

また遊んでいるのは自分の持っている端末です。

よってラッキーニッキーを個人で楽しむ分には問題ないでしょう。

もちろん今後の法改正によってどうなるかはわかりませんが、現状逮捕されることはないと言えるでしょう。

過去にオンカジプレイヤーが逮捕された事例

過去に海外のオンカジ「スマートライブ」で遊んでいたプレイヤー3名が京都府警に逮捕された事件があります。

当時は初のプレイヤー逮捕事件として注目されました。

ただこの事件は、オンカジ熱が高まっていた時期に抑制したかった警察側が無理やり違法認定して逮捕したと言えるもの。

裁判で争うと負けることがわかっていた警察は、略式起訴と言う形で裁判なしに有罪にできる方法をとっていました。

2名はめんどくさくなったのか脅されたのか知りませんがこれに応じてしまったものの、1名が起訴し無罪を勝ち取っています。

よってオンカジで遊んでいても有罪にはならない=賭博罪には問えない=違法性がないと言えるでしょう。

とはいえ、結局は警察の思惑によってこういったことになる可能性はゼロではありません。

100%逮捕されないとはいいませんが違法性がないことは司法が判断してくれています。

海外運営のラッキーニッキーなら遊んでも罪になることはないでしょう。

すでに日本では100万人以上のプレイヤーが楽しんでいると言われるオンカジ。

海外運営で違法性がないラッキーニッキーは信頼性もありますし、まずは自分の端末でゲームを楽しんでみてください。

初回だけは登録するだけで30ドルもらえるので、実際にベットして体験してみましょう。

\ここから登録で30ドルボーナスあり!/

ラッキーニッキーユーザーの評判

ここまででラッキーニッキーカジノに違法性がないことはわかってもらえたかと思います。

でも実際に遊んでみて不満を感じないとは限りません。

そこでラッキーニッキーユーザーの評判を紹介していきます。

出金関係の評判

不当な出金拒否はライセンス違反です。

法律的に拒否されたからと言って即違法性ありとはいいませんが、ユーザーからすれば実質違法のようなものですね。

そこでラッキーニッキーで過去におかしな出金トラブルがないか調べてみました。

するとこのような声が見られました↓

  • 出金が遅い
  • ボーナス出金条件が厳しすぎる
  • 出金限度額が低い
  • エコペイズの出金手数料が取られる

出金が遅い

ラッキーニッキーは他社にくらべて出金は遅め。

ラッキーニッキーのよくある質問ページにはこう書かれています↓

必要書類のご提出をいただいていれば、24時間~72時間程度で出金が完了するよう努めております。年末年始、土日祭日の出金は通常よりお時間をいただくことがございます。

1日以上かかるわけですね。

プレイヤーの声を見ると1日以内に出金できている事実もありますが、やはり遅いと言わざるを得ません。

私が愛用しているエルドアカジノだと平均5分程度と圧倒的な出金スピードを実現しています。

毎回エコペイズで出金するんですが、2分くらいで着金します。

そういった他社サービスを知ってしまうとラッキーニッキーは遅いですね。

ボーナス出金条件が厳しすぎる

ラッキーニッキーでは数種類のボーナスをもらえます。

ただしボーナスを出金するには30倍分の金額を賭ける必要がある、といった厳しい条件が課されています。

他社が20倍程度に抑えているのに比べるとラッキーニッキーは異常に厳しいですね。

ですが、現在のラッキーニッキーでは15倍に緩和されました。

ネットで過去の悪い評判を見つけても勘違いしないようにしてくださいね。

出金限度額が低い

ラッキーニッキーの利用規約に1回あたりの出金限度額は5000ユーロ、30日間では2万ユーロまでと書かれています。

これは他社に比べると低いですね。

ハイローラーにとっては使いにくいと感じることでしょう。

ただし審査の厳しいマルタライセンスを取得している以上、この限度額を超える出金は今後もできないでしょう。

ただしカジノが稼ぐにはハイローラーの獲得が大事です。

そこで他社はほかのライセンスに乗り換え限度額を上げている中で、ラッキーニッキーはマルタのまま。

信頼性においてはラッキーニッキーが上と言えるでしょう。

エコペイズの出金手数料が取られる

ラッキーニッキーの決済方法の1つにecoPayz(エコペイズ)があります。

この方法は通常手数料無料でつかえるもの。

ですがプレイヤーの方は手数料が表示されたページをみたようです。

原因はただのバグだったとされています。

普通に手数料無料で使えるため問題ないでしょう。

サポート関係の評判

  • 日本語での対応時間が短い

日本語での対応時間が短い

他社で24時間365日日本語サポート対応しているところもあります。

それに比べるとラッキーニッキーの日本語サポートは短め。

夏場は15~翌3時まで、冬場は16~翌3時までとなっています。

この点はラッキーニッキーの弱点でもあるため今後改善していってほしいですね。

 

当サイトではほかにもラッキーニッキー情報を発信しています。

あわせてお読みください。

まとめ

「ラッキーニッキー」の違法性や信頼性について解説しました。

違法性はありませんし会社の信頼性も問題なし。

日本で遊んでも違法性はないため、まずはタダでもらえる30ドルボーナスをゲットしてまずは遊んでみてください。

幸運の女神「ニッキー」ちゃんがよい結果をもたらしてくれる・・・かもしれません。

下記リンクからの登録でボーナスあり!
スムーズに出金できているおすすめのオンカジ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】ユースカジノ

ユースカジノのロゴ画像

【登録特典】
好みの初回入金ボーナスが選べます!
・50%キャッシュバック(合言葉:YFD50CB777)
・最大200%スロットボーナス(合言葉:スロット100%ボーナス希望)
ほか遊ぶだけでキャッシュバックあり!

【3位】ビットカジノ

ビットカジノのロゴ画像

仮想通貨最強カジノ!
コインのままベット可能!
完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です