ラッキーニッキーカジノの違法性・信頼性は?遊んでも逮捕されない?

ラッキーニッキーの違法性と信頼性

ここ最近見かけるようになったオンラインカジノ「ラッキーニッキー」。

日本でIR法(カジノ法案)が成立してから日本人向けのオンラインカジノが増えてきましたが、ラッキーニッキーもその中の1つ。

サイトの日本語対応やサポートなども充実していて、日本人が遊びやすい造りになっています。

ただ、オンラインカジノって違法でしょ?と思っている人、心配している人もまだまだ多いはず。

そこでラッキーニッキーカジノの違法性や信頼性についてまとめました。

登録前に躊躇している人はぜひ参考にしてください。

オンラインカジノ「ラッキーニッキー」に違法性はある?ない?

まずオンラインカジノの違法性を知ろう!

世界にある200ほどの国で、オンラインカジノを法律で認めている国があります。

日本は法律すらない状態なのでグレーな状況ですが、賭博罪があるので認められてないギャンブルは違法となり、オンラインカジノの運営はNGです。
(プレイに関しては別の話なので、その点はページ下で解説していきます)

なお日本のカジノ法案はオンラインカジノについて一切触れられていないので無関係です。

で、ラッキーニッキーカジノがどの国で運営されているのか?が違法性を測る大事なポイント。

法がない国、認められてない国で運営していたら違法性ありですからね。

その点についてみていきましょう↓

ラッキーニッキーの違法性をチェック!

運営国と取得しているライセンスはどこのもの?

ラッキーニッキーはマルタ共和国の運営ライセンスを取得し、同国に拠点をもってサイト運営しています。

よって違法性はありません

ただ、オンカジに馴染みがない人はマルタ共和国なんて聞いたこともないんじゃないでしょうか。

私も最初は胡散臭そうな印象をもってました(笑)

そこでマルタ共和国の信頼性を見ていきましょう↓

マルタ共和国の信頼性は大丈夫?

ここの運営ライセンスは、オンラインカジノ業界で世界トップレベルの厳しい審査を課すところとして有名です。

小さな島国なので国の産業が少なく収入源がないため、オンカジライセンスからの収益に対する重要度は他国の比じゃありません。

それだけにブランド力を高くしてオンカジ運営企業を集めているわけですね。

そのため、もしライセンス取得企業が悪さなんてしようものなら、ブランドに傷がついてしまいます。

そして一度キズが付いてしまえば、企業は他国の信頼性が高いライセンス発行国へ行ってしまうでしょう。

ライセンスは一度取得したらずっと維持されるものではなく、定期的に更新していく契約形態なので更新してもらえなくなります。

また、逆に適当な審査で取得しやすさをウリにした場合、今度はオンラインカジノ側の信頼性が低くなるため、ユーザーが集まらないことになります。

ただでさえギャンブルというマイナスなイメージが強いオンラインカジノなので、信頼性まで低いと思われては余計に集客できません。

よって、マルタ共和国が不正に手を出すとは考えにくく、信頼できる国・およびライセンスと言えるでしょう。

運営会社の信頼性は?

2017年に設立されたスキルオンネット社(SkillOnNet Ltd)がラッキーニッキーの運営元です。

かなり若い会社だけに信頼性に不安がある、と思われても仕方ないですね。

ただ、だからこそオンカジ業界で信頼性の高いマルタ共和国ライセンスを取得することでカバーしていると言えます。

取得時の審査では、企業の姿勢や資産状況など厳しくチェックされているため、ラッキーニッキーを運営していく上で問題ないと判断されているわけです。

たとえば、高額当選がでるジャックポット機で10億円単位の賞金獲得者が出た場合、きちんと支払えない・支払いを渋るような企業では大問題です。

そういった点に問題ないと判断されているわけなので信頼性は高いと言えるでしょう。

日本でオンラインカジノを遊ぶのは違法性あり?

インカジは完全に違法です

インカジとはインターネットカフェ形式の仕組みでオンラインカジノを遊べるようにしているお店のこと。

たいてい繁華街のマンション一室などで隠れて営業していて、毎年摘発ニュースが何件も報道されています。

それなのに無くならないのは経営も簡単で稼ぎがいいから。

ってことでインカジは今後もなくならないと思いますし、何かの機会に誘われても絶対行かないようにしてくださいね。

バレればあなたも逮捕されます。

個人がオンラインカジノを楽しむのは?

ラッキーニッキーはパソコンはもちろん、スマホなどモバイル端末でも遊べます。

ただ、たとえば警察が目の前にいる状態でスマホにてラッキーニッキーに接続し遊んでいたら逮捕されるのか?というとそれはないでしょう。

日本では公営ギャンブル以外の賭博行為は賭博罪により逮捕されます。

でも、この法律は違法に営業している胴元とプレイヤーがセットで立件できないと逮捕できない仕組み。

なのでインカジはお店でカジノサービスを提供しているためNGなんですね。

対してオンラインカジノ自体は海外で合法的に運営されていて、拠点は日本にありません。

また遊んでいるのは自分の持っている端末です。

よってラッキーニッキーを個人で楽しむ分には問題ないでしょう。

もちろん今後の法改正によってどうなるかはわかりませんが、現状逮捕されることはないと言えるでしょう。

過去にオンラインカジノプレイヤーが逮捕された事例

過去に海外のオンラインカジノ「スマートライブ」で遊んでいたプレイヤー3名が京都府警に逮捕された事件があります。

当時は初のオンカジプレイヤー逮捕事件として注目されました。

ただこの事件は、オンラインカジノ熱が高まっていた時期に抑制したかった警察側が無理やり逮捕したと言えるもの。

裁判で争うことになると負けることがわかっていた警察は、略式起訴と言う形で裁判なしに有罪にできる方法をとっていました。

2名はめんどくさくなったのか脅されたのか知りませんがこれに応じてしまったものの、1名が起訴し無罪を勝ち取っています。

よってオンラインカジノで遊んでいても有罪にはならない=賭博罪には問えないと言えるでしょう。

とはいえ、結局は警察の思惑によってこういったことになる可能性はゼロではありません。

よって100%逮捕されないとはいいませんが、海外運営のラッキーニッキーなら遊んでも罪になることはないでしょう。

参考記事
スマートライブカジノ事件 オンカジ初の逮捕事例について

 すでに日本では50万人以上のプレイヤーが楽しんでいると言われるオンラインカジノ。

海外運営で違法性がないラッキーニッキーは信頼性もありますし、まずは自分の端末でカジノゲームを楽しんでみてください。

初回だけは登録するだけで30ドルもらえるので、実際にベットして体験してみましょう。

入金不用!30ドルをもらう
ラッキーニッキー公式はこちら

 

まとめ

オンラインカジノ「ラッキーニッキー」の違法性や信頼性について解説しました。

違法性はありませんし、会社の信頼性も問題なし。

日本で遊ぶ違法性もないので、タダでもらえる30ドルをゲットしてまずは遊んでみてください。

幸運の女神「ニッキー」ちゃんがよい結果をもたらしてくれる・・・かもしれません。