マカオのカジノでVIP待遇される条件は?最低掛け金やVIP特典について

マカオのカジノ VIPクラブについて

マカオのカジノにはひっきりなしに土日祝日たえずゲストが訪れます。

このため、運営側としては一過性に過ぎない観光客よりも毎日通い詰める常連の方を大切にする傾向がみられます。

それだけに、たまにしか訪れない日本人観光客が常連と変わらぬVIP待遇を受けるには、いろんな条件をクリアする必要があるのです。

そこでマカオのカジノで日本人がVIPサービスを受けるためのポイントを解説していきます。

マカオカジノでVIPサービスを受けるには?

VIPクラブに入会しよう

ベネチアンマカオ

一例として人気の「ベネチアンマカオ」をピックアップ↓

  • 初回入金額 20万香港ドル(約320万円)
  • 入会時パスポートが必要
  • バカラの最低賭け金 3000香港ドル(約48000円)
  • ルーレットの最低掛け金 2000香港ドル(約3200円)
    など

ベネチアンマカオに限らず、マカオのカジノではVIPカードを持っていないとVIP用の部屋に入れません。

また部屋によって専用のVIPカードが必要なことも。

入る際にはおおむね200万円ほどのお金を預ける必要があり、そこからさらに賭け金分を含めると300万円以上は必要になるでしょう。

最低賭け金でVIPか判断している

まずは、最低掛け金です。

どんなカジノでも賭け金に制限はないので、お金持ちでなくても気軽にゲームに参加できます。

特に初心者は最初から大金をかけようものならルールすらまともに理解していない上に、他のプレイヤーが手練れのためまず勝つことは不可能です。

このため、最初は少しずつ賭けていくのがセオリーですが、ことベネチアンマカオに限り、運営側はお得意様かどうか判断する一つの根拠に最低掛け金を上げています。

つまり、この最低掛け金を一定額以上かけておかないとまともに相手をしてくれなくなるのです。

最低掛け金も一定額ではない

掛け金は一定額とは限りません。

運営が調子良いときは他のお客さんの掛け金を元手にしばらく運営できるため、一人頭そこまでの掛け金を必要としないのが現実です。

運営側も著しく儲けてしまってはお客さんの反感を買うことを理解しているので、危ない橋を渡ろうとはしません。

一度このような評判が立ってしまうと、信用を取り返すのに多大な時間と労力が必要となります。

噂の火消しに躍起になっている内に類似ライバル店にお客さんを奪われることもしばしばあるのです。

週末や季節に変わり目に最低掛け金が変わる傾向がみられる

傾向としては、週末や季節の変わり目に最低掛け金額が変動します。

よほどのプロでなければこの額率が低い時を狙って勝負しましょう。

とはいえ、たまたまその季節にあたっていればいいのですが、頻繁にマカオへ行ける人でないなら運に頼るしかないですね。

店員に好まれる毅然とした行動をみせる

店員と仲良くなっていれば良いのですが、店員も誰とでも仲良くなったりはしません。

店側及び店員にとって、利用する価値のある人物だと認められてからようやくそのようなプレイヤーに役立つ情報を手に入れられるのです。

観光している間は毎日訪れるのはもちろんですが、仮にスッカラカンになってしまったら、手持ちぶさたでその場にぶらぶらせず、すぱっと切り替えて退店する姿が彼らの心を打ちます。

毅然とした態度がカジノ運営にも好まれるので、このようなスタイルで勝負するようにしましょう。

軍資金はたくさん持っていく

また、軍資金を出来るだけたくさん持って行きましょう。

通常の勝負は大金をかけることはそこまで多くありませんが、VIP待遇を目指すのなら早い段階で運営側にその意志を大ばくちによって見せつける必要があります。

一種のパフォーマンスです。

運営が最もプレイヤーに期待していることは勝つことでも負けることでもありません。

大ばくちの状況を作り出してもらうことです。

これにより、ベネチアンマカオでしか味わえないスリルをプレイヤーが味わうことが出来るとライバル店に大きな宣伝になります。

前述したように一旦広まった噂は瞬く間に業界内外に拡がるので、長い目で見るとかなりの顧客効果が生まれるのです。

マカオカジノでVIP待遇を受けるメリットとは?

マカオカジノのVIP待遇

ここまでしてでもVIP待遇を得た方が良い理由がいくつか有ります。

VIPルームへ招待

1点目はVIPルームに招待してもらえるという特典です。

一般プレイヤーの目にとまる場所すべてがカジノが提供するゲーム場ではありません。

店の奥には限られた人しか遊ぶことが出来ないゲームがたくさん有ります。

それは総じてレートが高く、一夜にしてこれまでの負けを取り返すことが出来る場です。

世界中のばくち打ちにとってそれまでの借金をあっという間になくせるのであれば、誰しもこぞってその勝負の場につくことでしょう。

セキュリティの問題など店側が信用に足る人間と認めない限りその場に近づくことさえ出来ないので、これだけでも大きな待遇と言えます。

調子のよい台を教えてくれる

2点目は調子が良い台を教えてもらえると言うことです。

それが顕著に結果として表れるのがスロットになります。

カジノを行う上で最も必要な物は情報収集能力です。

あくまで仕事なので、店員としても確実に稼げるかどうかまでは言及しませんが、どの台がつぎ込まれていてしばらく出ていないか、また、細かな設定日、解放日などの情報であれば限られたVIP会員であれば教えてもいい場合があります。

そのような人と仲良くなっておくことで一気に勝ちやすくなります。

プレイヤー側は店側と比べて非常に立場は低いです。

このため、複数の店員にVIP会員だと認められることによって、彼らから得られる情報の相互比較が出来ます。

リムジンでの送迎もあり

マカオカジノVIP リムジン送迎

ホテルまでの送迎など、移動の際にはリムジンでお出迎えしてくれるサービスもあります。

店員への対応も臨機応変に変えていく

あまりにも精度が悪い情報しか提供しない店員に対しては距離を置きましょう。

これにより、お得意様から見放されていると運営が見なして重要な仕事を任しません。

そうなると店員としては飯が食えなくなってしまうので、より一層プレイヤーに肩入れすることになります。

一旦正常なサイクルを創り出してしまえば、それを適度にローテーションすることによって維持すれば良いのです。

マカオに来る旅に一定額お金を投じさえすれば運営との信頼関係は崩壊しないので、他のお客よりも優位な立場でカジノ勝負出来ます。

まとめ

世界一のランドカジノ規模を誇るマカオのカジノでVIP待遇を受けるために必要なこと、気をつけたいポイントを解説しました。

なにはともあれ、一番大事なのは賭け金として使うお金の額です。

やはりお金を多く使う=お店に利益をもたらしてくれるゲストが優遇されるのはカジノに限ったことではありませんからね。

気前よくベットする、ゲームに買ったならチップをはずむ、などカジノ側や働くスタッフに好まれるお金の使い方をしましょう。