マンシュリアン法とは?ルーレットでのやり方や仕組みを解説!

マンシュリアン法 アイキャッチ画像

これまでカジノ攻略法が数えきれないほど生み出されてきました。

そんな中でも比較的ニッチな攻略法の1つに「マンシュリアン法」があります。

ただし解説しているサイトも少なくマンシュリアン法を使って攻略してますって人も見かけません。

でもマンシュリアン法は勝率の高さが魅力的。

そこで「マンシュリアン法」がどんな攻略法なのか?

その使い方や仕組み、メリットとデメリット、攻略に使えるゲームについてまとめました。

【初回入金限定】最大5万円/50%キャッシュバックあり!

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説!

目次

ルーレット必勝法「マンシュリアン法」とは?

マンシュリアン法とは?

マンシュリアン法とはどんなもの?

マンシュリアン法はあまり知られていないベット戦略の1つで、ルーレットに特化した攻略方法です。

仕組みは負けるたびに賭け金とチップと置く箇所を増やしていくもの。

連敗が続いてもそのうちに勝てること、一度の勝ちで十分に取り戻せることがマンシュリアン法の特徴です。

「そのうち勝てる」ってのはどんな攻略法にも言えますが、その勝率が高いってことですね。

マンシュリアン法のデメリットとしては、連敗すると賭け金も賭ける箇所の数も増やしていくためトータル賭け金額が膨らんでいくこと。

結局勝てなければドカッと損失が出てしまいます。

そんなわけで、ある程度の資金力がないとマンシュリアン法は有効活用できません。

ただし一般的な賭け方とは違って負けるたびに賭ける箇所の数を増やしていく=勝率もどんどんと上がっていきます。

なので確率的にあまりにひどい連敗はあり得ないのがマンシュリアン法の安心材料の一つと言えます。

まぁあり得ないことが起こるのがギャンブルなんですけどね(汗)

マンシュリアン法が使えるおすすめゲーム

記事タイトルに「ルーレット必勝法」って書いてるやん、とツッコまれそうですが、そのまんまルーレットがおすすめです。

というか仕組み的にマンシュリアン法はルーレット専用で使える攻略法です。

他のゲームに応用することは難しい、というか無理でしょう。

ルーレット特有のベット方法を利用することがポイントなので、マンシュリアン法がほかに使えそうなゲームはありません。

マンシュリアン法の賭け方・使い方

マンシュリアン法を利用する時の流れ

  1. 1ユニットの賭け金額を決めます。
  2. 【1回目】好きな数字のコーナーベットに賭ける(勝ったら終了)
  3. 【2回目】前回負けた数字のコーナーベットを追加する(勝ったら終了)
  4. 【3回目】前回負けた数字のコーナーベットを追加し、賭け金額を倍にする(勝ったら終了)
  5. あとは勝つまで繰り返し

ここでは1回のベット=1ドルで解説していきます。

なおマンシュリアン法ではルーレットのチップの置き方の1つ「コーナーベット」を利用します。

詳しくはこちらで解説しているので参考にしてください。

【1】最初はコーナーベット×1に賭ける

具体的な賭け方ですが、ルーレットの賭け方にある「コーナーベット」と呼ばれる4点賭けを利用します。

コーナーベットの例↓

ルーレットのコーナーベット

この画像の例なら、「4/5/7/8」のコーナー(角)が1つに交わるところにチップを置けば、4か所同時に賭けたことになります。

ちなみに100円ベットしたなら、×4か所で400円とはならないので安心してください。

あくまで1チップ(100円分)を使うだけです。

そのため1マスあたりの賭け金は4分の1になり、配当も4分の1になります。

コーナーベットの勝率は約11%(37分の4)、当たったときの配当は9倍となります。
(アメリカンルーレットは38ポケットあるので10.5%ほど)

この時点ではそうそう勝てないでしょうね。

勝ったならマンシュリアン法はいったん終了し、また1か所のコーナーベットから再スタートしましょう。

でも勝率10分の1なので、最初は負けるものと考えておいたほうがいいですね。

【2】2回目のコーナーベット

マンシュリアン法2回目のコーナーベット

2回目のベットでは、外れた「17」の出目を含むコーナーベットを次の賭けに追加し、賭け金はまだ上げません。

3回目のコーナーベット

マンシュリアン法3回目のコーナーベット

2連敗したら賭け金額を倍にします。

で、外れた数字「24」のコーナーベットをさらに追加しましょう。

あとは勝つまでこの手順を繰り返していきます。

続けられればいずれ100%勝てるマンシュリアン法

このようにマンシュリアン法は外せば外すほど賭ける箇所が4か所ずつ増えていくわけなので、そのうち間違いなく当たります。

軍資金がいくらでもあるなら最終的にすべてカバーされて100%あたることになるでしょう。

賭け金が倍々で増えていくのはマーチンゲール法みたいな感じです。

マンシュリアン法のゲームの流れとベット額・勝率の推移

初期ベット1ドルでマンシュリアン法を使った時の流れ

マンシュリアン法のより詳しいベット戦略についてサクッと説明していきます。

まず単位となる賭け金ですが、これはいくらでも構いません。

ですがマンシュリアン法では負けると賭け金を上げていくことになるため少なめスタートがいいですね。

ここでは話を分かりやすくするために、賭け金額は1ドルとし、37ポケットのヨーロピアンルーレットで解説していきます。

【1回目は勝率11%】
コーナーベット×1×1ドル=1ドル使用

1回目の賭けでは、任意の1か所のコーナーベットに1ドルを賭けることになります。

そして2回目以降ですが、もし賭けが当たれば一旦マンシュリアン法はリセットです。

最初、つまり1回目に戻って、また任意の1か所のコーナーベットに1ドルを賭けるところから始めます。

ですがルーレットはヨーロピアンタイプでも合計37か所の出目があるわけですから、4点賭けとはいえ1回目で当てるのはなかなかの至難でしょう。

ではマンシュリアン法で負けたときのベット戦略はどうなっているのか。

賭けに負けた場合は、そのときの出目を含むコーナーベットを次の賭けに追加します。

【2回目は勝率22%】
コーナーベット×2×1ドル=2ドル使用

前の回に賭けたコーナーベットもそのまま継続しますから、単純に言って2回目は8か所賭けになります。

2回目の賭けに関しては、1か所あたりの賭け金は1回目と同じとします。

つまり、2か所のコーナーベットに各1ドルを賭けることになるわけです。

【3回目は勝率32%】
コーナーベット×3か所×2ドル=6ドル使用

2回目でも外れた場合その2回目の出目を3回目のベットにおいてコーナーベットに追加することになります。

3か所のコーナーベットで合計12か所賭けになります。

2連敗以上の連敗をしたとき、つまり3回目以降の賭けにおいては賭け金について追加のルールがあります。

2回目では各コーナーベットの賭け金は1回目と同じく1ドルでした。

ですが3回目以降は直前の賭け金を2倍にします。

直前の2回目は1ドルだったのですから3回目はその2倍の2ドルを3か所に賭けることになり、合計で6ドルの賭けになります。

【4回目は勝率43%】
コーナーベット×4か所×4ドル=16ドル使用

4回目以降は3回目と同様で、もし3回目も負ければ1か所あたりの賭け金を3回目の2倍である4ドルに増やした上で、計4か所のコーナーベットで合計16点賭けをすることになるわけです。

合計の賭け金は16ドルです。

一気に増えますね(汗)

【5回目は勝率54%】
コーナーベット×5か所×8ドル=40ドル使用

同様に5回目は8ドルを5か所のコーナーベットで20点賭けし賭け金は合計40ドルになるといった具合です。

ここまでくるとそろそろ勝たないと懐事情に黄信号が灯り始める人も多いはず。

合計1+2+6+16+40=65ドルの損失です。

マンシュリアン法で6回目までいくと賭け金額は96ドルまで膨れ上がりますが、勝率65%なのでぼちぼち勝てるはず。

ここがダメでも7回目こそは大丈夫・・・なはず。

マンシュリアン法を使うときのコツや注意点

  • ヨーロピアンルーレットを選ぶ
  • 同じ数字に被らないように賭ける
  • 資金管理を徹底する
  • 撤退する連敗数を決めておく

ヨーロピアンルーレットを選ぶ

ルーレットには次のような種類があります。

  • ヨーロピアンルーレット(0~36)
  • フレンチルーレット(0~36)
  • アメリカンルーレット(00、0~36)
  • メキシカンルーレット(000、00、0~36)

上のようにルーレットの盤面にある数字の量が違ってきます。

1つ数字が増えればそれだけ勝率が下がるため、マンシュリアン法を使うときに限らすルーレットで勝ちたいなら「ヨーロピアンルーレット」か「フレンチルーレット」を選びましょう。

この2つの違いは「0」に賭けた結果による次ゲームの展開にありますが、ここでは触れません。

詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください。

そしてマンシュリアン法では基本的に「0」に賭けることがないためどちらを選んでも問題ありません。

そしてオンカジのルーレットでメキシカンルーレットは見かけませんが、アメリカンルーレットはあります。

利用時に選ばないようにしておきましょう。

同じ数字に被らないように賭ける

マンシュリアン法のコツ 数字が被らないようにチップを置く

コーナーベットは4か所に賭けられる方法です。

少しでも勝率を上げるためには上画像のように1つも数字が被らないようにしましょう。

もちろん被った数字が当たれば配当は倍増するんですが、勝率は約2.7%下がります。

連敗するほど勝率があがるマンシュリアン法のメリットの価値が下がるので避けることをおすすめします。

資金管理を徹底する

マンシュリアン法に限らず、ギャンブルでは資金管理が大事です。

負けてもいい金額を決めてそれ以上負けそうならその日はやめる、といった自分ルールを決めておくことをおすすめします。

たとえば10万円の軍資金があるなら、10%(1万円)失ったら撤退、といった感じですね。

で、次の日も9万円スタートで同じように10%失ったらやめましょう。

アツくなるとなかなか守れないこともありますが、ギャンブルでは資金管理が甘いと一瞬で全額失うことに繋がります。

撤退する連敗数を決めておく

マンシュリアン法では6連敗目以降になると勝っても損するだけなので、5連敗で撤退がおすすめです。

また数字が被らないようにチップを置けるのは6回目(6か所)までなので、最大でも6連敗したら撤退しておくことをおすすめします。

マンシュリアン法のメリット

  • 連敗するほど勝率が高くなっていく
  • 初期に勝てれば配当が大きい

連敗するほど勝率が高くなっていく

マンシュリアン法は仕組み的にチップを置く箇所が増えていくため、単純に負けるほど次のように勝率があがっていきます。

  1. 約10.81%
  2. 約21.62%
  3. 約32.43%
  4. 約43.24%
  5. 約54.05%
  6. 約64.86%

7回目からは数字が被るため上昇率が減ること、勝っても元が取れないのでおすすめしません。

ここまで繰り返して勝てないときはあきらめたほうがいいでしょう。

負けを受け入れて気持ちを切り替えることをおすすめします。

初期に勝てれば配当が大きい

マンシュリアン法を使い始めて初期に勝つほど損失が少なくなる分、利益が大きくなります。

初期ほど勝率が低いためなかなか難しい部分ですが、それでも1回目から勝率1割ほどあるなら十分可能性の高い賭けです。

マンシュリアン法のデメリット

  • 5連敗以上は1回の勝利で損失を取り戻せない
  • 連敗すると賭け金が高額になる
  • テーブルリミット(限度額)があるためずっと続けられない
  • 賭ける場所が増えぎるとローリスクベット扱いになる可能性も

5連敗以上は1回の勝利で損失を取り戻せない

マンシュリアン法は負けるたびに賭け金を増やす戦略であることから、一度の勝ちで大きく損失を取り戻し、利益を得ることを目指す方法であるのは分かります。

確かにそのとおりですが、5連敗以上すると、連敗後に勝利したとしてもそれだけでは損失の全てを取り戻すことはできない仕組みになっています。

連敗すると賭け金が高額になる

また、5回目の賭け金の合計は上のとおり40ドル、6回目は96ドルというように5回目や6回目以降は賭け金そのものもかなりの高額となります。

ですから、勝てるまでマンシュリアン法を続けるというのはあまりおすすめできません。

だいたい5回から6回を一つの目安とし連敗が続くようなら潔く損切りをするという姿勢も重要です。

テーブルリミット(限度額)があるためずっと続けられない

そのテーブルでのマキシマムベット(賭け金の上限額)に注意することも必要です。

1ドルや10ドルくらいでスタートしている分には気にしなくてもいいのですが、ハイローラーの方だと1回の賭け金額も高額になります。

たとえば最低賭け金額10円で遊びやすいエボリューションゲーミングのライブルーレット「オートルーレット」のテーブルリミットはこうなっています↓

マンシュリアン法 オートルーレットのテーブルリミット

マンシュリアン法で使うコーナーベットの上限は10万円ですね。

一番上にマックス50万円と書かれているので間違えやすいんですがコーナーベットの場合はもっと低めなので気を付けてください。

最初から上限金額に近い数字でスタートしてしまうと続けられなくなってしまうので気を付けてください。

もちろん資金を十分に用意しておくことも必要になるでしょう。

賭ける場所が増えぎるとローリスクベット扱いになる可能性も

オンカジの利用規約を読んだことがない人はきっと多いはず。

私も最初は読みませんでした(汗)

でも利用規約には「こんなことやっちゃだめですよ」という禁止事項が書かれています。

時間があるときにでも遊んでいるオンカジの利用規約をチェックしておくことをおすすめします。

で、禁止事項の中に「ローリスクベット」があります。

リスクが低い賭け方=負けにくい方法ですね。

たとえばルーレットの2択で賭けられる「赤と黒」「ハイ・ロー」「偶数・奇数」で両方にチップを置いてしまえばカジノの取分であるハウスエッジ分損するだけでほぼ勝てます。

負けるのは「0」が出たときだけなので勝率97%くらいです。

こんなことやる意味ないと思うかもしれませんが、オンカジには出金賭け条件というものがあるため、ローリスクベットを認めてしまったら簡単に出金できるようになってしまいます。

そしてマンシュリアン法でも賭ける箇所が増えていくと賭けらえる数字のほとんどをカバーしてしまいます。

8連敗して9ゲーム目は4×9か所=36マスに賭けるわけです。

完全にローリスクベットです(汗)

マンシュリアン法は5連敗でやめるのが基本戦術となるためそこまで粘る人はいないと思いますが、アツくなるとどうなるかわかりませんからね。

知らずに続けてしまうとせっかく勝っても規約違反で勝利金没収になりかねません。

リスクを減らすためにも、5連敗くらいでの撤退がおすすめです。

ルーレットで使えるマンシュリアン法以外のシステムベット法

マンシュリアン法のようにルーレット攻略用に生み出されたシステムベット方法はたくさんあります。

その中でもとくに有名なものを紹介しておきます。

マンシュリアン法が合わないな、と感じた人はそちらも試してみて下さい。

まとめ

ルーレットで使う攻略法「マンシュリアン法」の使い方や仕組みを紹介しました。

負けたら賭け金額を倍にしていくマーチンゲール法をルーレットルールに適用させたような攻略法ですね。

いずれ勝てるのは間違いないとしても、5連敗以上すると勝っても取り戻せないこと、ルーレットのベット上限額しだいであることを考えると使い道は難しいように思います。

興味ある方はチャレンジしてみてください。

【円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス
日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です