モンテカルロ法でカジノ攻略するときの賭け方や使えるゲームを解説

モンテカルロ法

このページではカジノゲームで使える「モンテカルロ法」についてまとめています。

カジノでベットするときの戦略として使えるモンテカルロ法ですが、使うメリットやデメリット、具体的な賭け方や相性のいいおすすめカジノゲームを紹介していきます。

これで稼げる?!モンテカルロ法を徹底解説!

この方法は初心者にとっては頭の中で覚えて活用するのはけっこうハードルが高く、最初のうちは紙に書くなどして試したほうが良いですね。

実際のカジノでそんなことをしながら遊んだらディーラーや同席したほかのプレイヤーに渋い顔されるかもしれませんが、オンラインカジノなら全然問題ないですし。

では具体的なベット方法について解説していきます。

モンテカルロ法の賭け方

モンテカルロ法では、ある数列を賭けに使います。

覚えておくこととして、その数列の両端の数字を足した数値がその回の賭け金を表します。

そして、賭けの勝ち負けによって数列は変化します。

もし賭けに勝てば、その数列の両端の2つずつ、つまり計4つの数字を消します

一方、もし賭けに負ければ、その数列の右端に、前回の賭け金額を追記します

基本はこれだけで、確かに頭の中で全てを覚えて計算するのは複雑でも、文章にすればそれほど複雑なものではありません。

そして、初期の数列は123で、ここから始めます。

途中で数字が無くなったり、あるいは1つだけ残って両端の数字を足すことができなくなれば終了で、また最初の123の数列から開始することになります。

勝率3分の1、勝利金の倍率3倍のカジノゲームに向いている

モンテカルロ法 勝率3分の1のゲームで使う

そして、この方法のもう一つ重要なこととして、勝率がほぼ1/2で、勝ったときの倍率が2倍となるようなゲームではなく、勝率はほぼ1/3で、勝ったときの倍率が3倍となるようなゲームに向いていることが挙げられます。

勝率1/2のゲームに全く応用できないことはありませんが、微妙にややこしい攻略法をさらにややこしくしても頭がこんがらがるだけ。

基本的に勝率1/3のゲームに利用するものと覚えておいたほうがいいですね。

分かりやすいところで言えば、ルーレットには使えます。

賭け金の推移

では実際にどのような賭け金の推移になるのかちょっと見てみましょう。

最初の数列は123なので、1回目の賭け金は1+3で4です。

モンテカルロ法1ゲーム目ベット額

別に$4ベットすると決まっているわけではなく、ベット金額は自分で設定しましょう。

  • 1ゲームで$1ベットするなら賭け金は4ドル
  • 1ゲームで$5ベットするなら賭け金は20ドル
  • 1ゲームで$1000ベットするなら賭け金は4000ドル

ですね。

この場合4の倍数の賭け金であればいくらでも良いわけですが、分かりやすくするために1単位は1ドルとしておきます。

ということで、4ドルの賭け金となるわけですね。

もしこの賭けに負けた場合、数列の右端にその回の賭け金を書き加えます。

つまり数列は「1234」と変化します。

モンテカルロ法1ゲームは負け

2回目の賭け金は1+4で5ドルとなります。

モンテカルロ法2ゲーム目のベット額

2回目にも負ければ数列は12345となります。

モンテカルロ法2ゲーム目負け

3回目の賭け金は1+5で6ドルになります。

モンテカルロ法3ゲーム目ベット額

勝率ほぼ1/3のゲームに賭けているのですから、2連敗した後の3回目には勝ったと仮定しましょう。

すると、12345の数列において、両端から2つずつの数字を消すことになります。

モンテカルロ法3ゲーム目勝利

結果として3だけが残ります。

1つだけの数字が残ってしまったので、ここで終了となります。

次からまた「123」で再スタートです。

3ゲームの収益結果は?

ごく簡単な3回の賭けだけを見てみましたが、この場合の収支はどうなったのでしょうか。

1回目4ドルで負け、2回目5ドルで負け、3回目6ドルで勝ちです。

勝ったときの配当が3倍になるゲームでプレイしているはずなので、支出が合計15ドルで利益が18ドルとなり、差し引き3ドルのプラスとなったわけです。

確率どおりの3回に1回の勝利だったわけですが、差し引きはプラスマイナスゼロではなくプラスになっているので上々な結果ですね。

3ゲーム目も負けた場合をシミュレーションしてみる

でも実際のゲームでは、こんな単純なケースだけではないもの。

もう少し考えてみます。

たとえば上の例で、2連敗の後の3ゲーム目も負けてしまったとします。

ゲームですからごく普通にあることですね。

すると、数列は「123456」に伸びます。

4回目の賭け金は両端の1と6を足した7なので$7でベットします。

仮に4回目に勝ったとすると、払い戻しとして3倍の21ドルを得ることができます。ですが、4回の賭けでの合計賭け金は22ドルですから、収支はマイナスになることが分かります。

シミュレートをもう少し続けてみましょう。

4回目に勝ったのですから、数字を両端から2つずつ消し、「34」だけが残ります。

5回目の賭け金は4回目と同じで、3と4を足した7なので$7です。

5回目は負けたとすると、数列は「347」と変化します。

この数列の変化に注意して下さい。

負けた場合は、前回の賭け金を数列の右端に追加するのです。

6回目の賭け金は3と7を足して$10になります。

6回目にも負ければ、数列は347・10になります。

数字を列記すると1と10の区別がつきにくくなりますので間に中点を入れて表示しました。

で、7回目の賭け金は3と10を足して$13になります。

ここで勝ったとしると、両端から2つずつ数字を消すのですから7だけが残り、ここで終了となります。

さて、この7回の賭けで収支はどうなったか?ぜひ自分でも計算してみてください。

賭け金の合計は4+5+6+7+7+11+14で54ドルです。

一方で利益は4回目の7ドルと7回目の13ドルに勝ったときの21ドルと39ドルであり、合計60ドルです。

差し引きすると6ドルのプラスになっています。

7回のゲームで2勝5敗と、確率的な勝率である1/3よりも低い勝ち数であるにも関わらず全体として利益を得ることができています。

実はモンテカルロ法では、数字がすべて消えたり残り1つになって終わることができれば常に利益が得られることが分かっているんだそうですよ。

 

それにしても、よくこんなベット方法を考えたものですね。

考案者のモンテカルロさんはどんな頭してるんだか、と思って調べてみたら、全然違ってました(汗)

モンテカルロ法を考案した人

中性子が物質中を動き回る様子を探るためにスタニスワフ・ウラムが考案しジョン・フォン・ノイマンにより命名された手法。 カジノで有名な国家モナコ公国の4つの地区(カルティ)の1つであるモンテカルロから名付けられた。 ランダム法とも呼ばれる。
(ウィキペディア参照)

全然カジノと関係ない(汗)

最先端科学の粋が詰まっているNASAの技術が一般市場の商品で使われるようになったかの如く、研究所で考案された手法が娯楽で使われてるのって興味深い。

今後もぜひカジノ攻略に使える手法を頭のいい方たちには生み出してもらいたいものです。

まとめ

全然違う畑で生み出されたにもかかわらず、なぜかカジノゲームの攻略に使われている「モンテカルロ法」について調べてみました。

ちょっとややこしい方法なので、私なんかは紙とペンがないと使えそうもありませんが、オンラインカジノで遊ぶ時なら余裕で使えますね。

モンテカルロ法を使ってルーレットなどにチャレンジしてみてください。