オンラインカジノの入金方法と注意点

オンラインカジノへの入金方法について

いつでもどこでもネットにつながる環境さえあれば現金で賭け事を楽しめるオンラインカジノ。

賭けることなく無料で遊べるゲームがあるオンラインカジノもありますが、身銭を切るからこその充実感は得られませんし、当然稼ぐこともできません。

となると、プレイするオンラインカジノへまず最初に入金しなければいけません。

そこで入金方法にはどんな手段があるのか?について、人気オンラインカジノで採用されている方法を中心にまとめました。

初心者におすすめの安全な入金方法も紹介と、入金時の注意点についても解説しているので参考にしてください。

オンラインカジノへの入金方法

主な入金手段

クレジットカード

オンカジで使えるクレジットカードブランド

クレジットカードが一番手っ取り早い入金手段です。

初めてオンラインカジノで遊ぶ人の約7割はクレジットカード入金というデータも。

ほとんどのオンラインカジノがVISAとMasterCardに対応しているので、これからクレカを作るならこの2種類を選びましょう。

JCBはほとんど見かけないので注意!

エコペイズ(ecoPayz)

多くのオンラインカジノで扱われている一番ユーザー数の多い入金手段がイギリス発の電子決済サービス「エコペイズ」。

イギリス政府公認であること、日本語対応、利便性が高いなど非常に使い勝手のいい電子決済サービスです。

初心者はまずここでアカウント開設して入金しましょう。

登録時につまずきそうなポイントを徹底解説!
エコペイズ(ecoPayz)の登録方法 口座開設の流れを細かい部分まで解説!

ヴィーナスポイント(Venus Point)

送金手数料がお得な電子決済サービスが「ヴィーナスポイント」です。

ここではお金をポイントとして扱っているため手数料が安く、ポイントバックなどの特典も期待できます。

手数料は900ポイント=1.8ポイントなので、手数料は0.2%です。
(1ポイント=1ドル)

ポイントバック特典は、ヴィーナスポイントでオンラインカジノへ入金すると、500ドルあたり2ポイント付与されます。

ここも初心者におすすめの電子決済サービスです。

アイウォレット(iWallet)

iWalletカードを使えばコンビニATMでの出金もできる電子決済サービス「アイウォレット」。

エコペイズと並ぶ日本でメジャーなサービスです。

日本語でのサポート対応もあり、プリペイドカードにも対応してます。

ただし、手数料が0.5%とちょっと割高に感じるので、もしものために複数開設しておく決済手段のうちの1つとして持っておくといいですね。

スティックペイ(STICPAY)

カードを作ればコンビニATMで仮想通貨を日本円で引き出せる電子決済サービス「スティックペイ」。

登録時にサポートに問い合わせたら「ちょっと抜けてるかな?」と感じましたが、そうそう問い合わせることはないと思いますし問題ないでしょう。

対応するオンラインカジノも増えてきているので作っておくと入金がスムーズになります。

口座開設の流れをわかりやすく解説!
STICPAY(スティックペイ)で口座開設する流れをまとめました

ペイトラ(paytra)

銀行口座へ入金する形式のオンライン送金サービス「ペイトラ」。

為替手数料、送金手数料などさまざまな手数料が0円でできる魅力的なサービスです。

クレジットカード入金できないので、利便性を高めるには24時間対応のウェブバンキングを開設しておくと使い勝手の良いサービスに早変わりします。

積み重なると地味に響いてくる手数料が安いので、遊ぶオンラインカジノが対応しているならぜひ利用したいサービスですね。

ウェバンク(webanq)

まだ普及率は低めですが、オンライン講座は本人確認なしで開設できる「ウェバンク」。

ちょっと怪しげに感じますが、日本語にも対応していて、コンビニATMなどからも入金できる利便性の高いサービスです。

本人確認なしなのでスムーズに入力できれば3分ほどで開設可能。

そのかわり手数料が0.99~1.99ドルとほかのサービスより高めなのが惜しいところです。

ジェイバンク(JBANQ)

口座開設も簡単でオンラインカジノへの入金・出金に便利なジェイバンク。

クレジットカードを介したペイパル経由の入金も可能なので、エコペイズのように審査に少し時間がかかる決済サービスでアカウント開設できるまでのつなぎにも最適。

ただし対応しているオンラインカジノが少ないので、複数で遊んでいる人がメインとして使うのは難しいですね。

プリペイドカード

コンビニで買えるプリペイドカードでも入金できるオンラインカジノは多いです。

日本人に人気のところならペラジョン、ジパングカジノ、ジャックポットシティなどがあります。

急ぎで入金したいとき、24時間いつでもコンビニで入金できる便利は手段です。

仮想通貨(ビットコイン)

一時期の熱狂が冷めてしまった仮想通貨「ビットコイン」ですが、決済手段として使えるところも多く、オンラインカジノでも対応しているところがいくつかあります。

日本人に人気のペラジョンもビットコインで入金可能。

高いときに買って急落しそのまま寝かせている方は、オンラインカジノに使ってみるのも1つの方法です。

入金時に注意したいこと

入金時にありがちな要素を知っておくと、トラブル時に安心です。

クレジットカード入金は反映されるまでのタイムラグに注意

けっこうあるのが、クレジットカードで入金したときにすぐ反映されないこと。

ほかの手段だとすぐ反映されるので、できてないと勘違いして繰り返し入金処理してしまうと思わぬ出費になってしまいます。

ほか、入金エラーになることもあるので、チェックしておくとことをおすすめします。

入金エラーになる原因は?

情報入力ミス

よくある人的エラーです。

クレジットカード入金ならカード番号間違いや名前のアルファベット間違いなどですね。

クレジットカードが対応していない

よくあるのがクレジットカードで入金できないトラブル。

原因はブランドが対応していないことが多いです。

たとえば日本人プレイヤーの多い「ペラジョンカジノ」ではVISAしか対応していません。

MasterCardやJCB、アメックスでは入金できないわけです。

日本だとJCBカードの利用者が多いのですが、オンラインカジノは海外のサービスのため、ほとんどはJCB非対応だったりします。

逆にVISAはほとんどのオンラインカジノが対応しています。

そのため、これから新しくクレジットカードを作るならVISAにしておきましょう。

最低入金額以下で処理している

オンラインカジノごとに違いますが、最低入金額というものがあります。

たとえばペラジョンカジノなら、最低10ドルからとなっているため、「損するの嫌だしためしに10円分でやってみよう!」なんてことはできません。

1000円少々は必要です。

最大入金額以上で処理している

最大入金額も決まっています。

初心者でこれに引っかかる人はあまりいないと思いますが、ハイローラーと呼ばれる大きな金額で遊んでいる人たちには意外と盲点だったりするんです。

ここでもペラジョンを例に紹介しますが、クレジットカードなら2500ドルまで、エコペイズなら20000ドルまでとなっています。

200万とかポンポン入金できるようになりたいものですね。

出金は入金方法と同じ手段になる

クレジットカード入金の場合は基本的に別ですが、多くのオンラインカジノでは入金に使った方法で出金することになります。

エコペイズ入金ならエコペイズ口座へ出金する流れです。

まとめ

オンラインカジノへの入金方法を紹介しました。

入金を済ませたら、あとはゲームを楽しむだけ!

ただし「ご利用は計画的に」。

ハマりすぎないよう適度に楽しんでくださいね。