オンラインカジノの大会イベントにはどんなものがある?参加方法や賞金は?

オンラインカジノの大会

2000年初頭に登場したオンラインカジノ(オンカジ)は、今ではインターネット網が普及している世界中でプレイが可能です。

実際のカジノに設置されているスロットマシーンやルーレットゲームがあり、ベットを購入して掛けることで配当をえることも可能です。

日本でも幅広い年代層に支持されており、約40万人もの方々がオンラインカジノに興じられている推計が出ています。

オンカジというと自宅等のパソコンやスマートフォンで各サービスにアクセスをして、ひとりで遊ぶというイメージを持たれる方も多いことでしょう。

ところが2005年からオンカジを利用した大会が催されるようになり、今では世界大会という形で非常に名高いものもあるほどです。

そこでオンカジ関連の主な大会イベントについて調べてみました。

主なオンラインカジノの大会イベント

2020年8月時点で計20の大会がありました。

で、、その中でも著名なものが「パシフィックカジノトーナメント」と「オンラインワールドトーナメント」の2つです。

大会その1「パシフィックカジノトーナメント」

開催時期と場所

「パシフィックカジノトーナメント」は毎年9月にマレーシアの首都・クアラルンプールで実施されています。

このトーナメントは世界三大カジノのひとつが主催をしており、実際にオンライン上でもサービスを提供しているので大会もなされているというわけです。

パシフィックカジノトーナメント大会への参加方法

この「パシフィックカジノトーナメント」の参加方法は非常に簡単で、パシフィックカジノに会員登録をするだけで参加可能です。

登録するにはインターネットのブラウザを使用して公式ホームページにアクセスをします。

そのトップページに記載されている新規会員登録をクリックすれば、登録フォームがポップアップするので氏名・年齢・メールアドレスと携帯電話番号を入力して完了です。

数分後に運営本部から返信メールが届き、さらにセキュリティー認証となるSMSも携帯電話に届くのでメールに記載されているURLをクリックした先でSMSの数字を入力して本人確認が完了となります。

パシフィックカジノには無料カジノゲームというものがあり、ベットを購入しなくてもゲームに興じることが可能です。

しかし、大会に出場するには入金をおこなわないと参加権がもらえないので、トーナメントに出場する場合は必ず100ドル以上の入金をおこなってベットを手に入れておきましょう。

パシフィックカジノトーナメントへの入金方法

なお、このゲームサービスの入金方法は、クレジットカード・銀行振込・電子決済・仮想通貨から選ぶことが可能です。

日本人プレイヤーの間ではクレジットカードが利用されやすい傾向で、入金と出金両方に対応しています。

パシフィックカジノトーナメントの獲得賞金

このサービスで獲得できるトーナメント賞金は、1位だと約2万ドルと世界豪華客船のペアチケットが2019年度に贈呈されました。

総額5000万ドルという金額になっており、この点も世界で類を見ないハイレベルなサービスで話題となったほどです。

大会その2「オンラインワールドトーナメント」

もう一つの著名なトーナメントを実施しているサービスが、「オンラインワールドトーナメント」になっています。

開催日時と場所

アメリカ・ラスベガスの拠点をおくカジノが実施しており、計5つのオンランカジノサービスが参加をしているトーナメントというのが特徴です。

毎年12月の1か月間で開催されていて、2019年度は世界20か国の約100万人が参加をしました。

オンラインワールドトーナメント大会へのエントリー方法

オンラインワールドトーナメントでは対象のサービスに登録していればどなたでもエントリーできるというわけではなく、各サービスで勝率が80%を超えている方にしか参加権がありません。

そのため、参加方法としては非常にハードルが高いものの、日本人プレイヤーも上位にランクインしていたので運を味方にすれば参加することは可能です。

オンラインワールドトーナメントの獲得賞金

2019年度の賞金は1位には約4万ドルが贈呈され、副賞としてラスベガスの旅もプレゼントされました。

オンカジのトーナメントで得られるベットは出金対象にもなるので、パシフィックなら約50万ドル・オンラインカジノワールドなら20万ドルを優勝者は手に入れました。

そのほかにも世界中でオンカジの大会が開催されています

昨今は計30のカジノサービスでも独自の大会を催されており、スポンサーとしてソフトウェア会社も入ることから豪華な賞品も贈呈されているほどです。

日本で人気のベラジョンカジノも大会を開催予定

世界で初めて誕生したオンカジ「ベラジョンカジノ」に至っては、2021年に全世界トーナメントカップを開催することを表明しています。

この大会の賞金額は80万ドルを提示していることから大勢のプレイヤーを自身のサービスに呼びこむことに成功しているようです。

1ドル100円計算でも8000万の賞金は魅力的ですね。

パチスロのトーナメントも計画中

このベラジョンに至っては日本人プレイヤーも非常に多く、日本独自の文化であるパチスロを導入したトーナメントも計画されています。

オンカジのトーナメントは1か月間の長丁場となり、勝率・獲得ベットで勝敗を決するのがポイントです。

そのため、毎日ログインして各ゲームに興じる時間を設ける必要があるといえるでしょう。

一攫千金を目指せるバトルでもあり、1日約2時間のプレイ時間を目安にして挑むのが望ましいです。

勝負事なので勝てる日と負ける日もあるでしょうが、勝てないと感じる日は深追いをせずに傍観するという勇気を持つこともトーナメントで上位入賞を狙うための秘訣です。

まとめ

オンラインカジノ関連の大会イベントを紹介しました。

メジャーなものはここでとり上げた2つですが、2021年からは日本でシェアトップのベラジョンカジノも大会を開催しますし、ますます盛り上がっていきそうですね。

我こそは!と思う方はぜひチャレンジしてみましょう!