オンカジで複数アカウントを持つことは可能?方法は?

複数アカウント作成

このページでは同一人物がオンラインカジノで複数アカウントを開設できるのかどうか?について解説していきます。

オンカジで同一人物の複数アカウント開設は可能?

オンカジで複数アカウントを持つことは禁止されていて、ある有名なカジノでも一人のユーザーに対してIPアドレス、およびデバイスが認められているのは一つのアカウントだけです。

基本的に例外はなく、オンラインカジノの運営側は名前・住所・銀行口座・IPアドレスも保存しているため、住所変更や銀行口座の変更をしても同じパソコンなどを使っていれば自然と知られてしまいます。

登録時に色々な情報を保存しているのでまずごまかすことは出来ませんし、方法もないと言えます。

例外はないの?

家族名義は?

別人が登録したとしても手違いで同日人物と誤認されることが無いとは言えません。

これはIPアドレスでバレることが関係しています。

もし家族で一台のパソコンを使っている場合、同じパソコンで他の家族や兄弟などが別にアカウント作成をしても同日の人物とみなされてしまう可能性があるんですね。

ネットカフェなど別のパソコンでは?

仮にネットカフェなど共有パソコンを使ってアカウント作成しても、同一人物とみなされるので要注意です。

パソコン1台について1アカウントという認識で、もしオンカジで複数のアカウントを作成してそれを運営側に知られたら、色々な影響が出てきます。

家族名義など複数アカウント開設がバレたらどうなる?

出金がスムーズにできない可能性

親切なところだと資金を返してくれることもありますが、まずは重複していたアカウントを閉鎖して出金可能な資金の返却する権利も保留されます。

出金可能条件を満たさない限りは出せないため全くメリットもないです。

出金するときも何故複数アカウントを作成したかの理由も聞かれてから、これまでのアカウントを凍結してから出金が出来るようになります。

自分の分を含むすべてのアカウントが凍結になる可能性

また、開設しようとするときも、開設しようとする全ての賭けのためのアカウントもブロックされたり閉鎖されて、どんな賭けも無効になる可能性があります。

バレれば最初に凍結されますしその後いかなる賭けも無効になるため、最悪入金した資金まで戻ってこない恐れもあります。

わかったときの対応の仕方はそれぞれのオンラインカジノによって違いますが、大体は知られたらアカウント凍結になるので作成するのは一つだけにしたほうがいいです。

過去作成したアカウントを忘れていた場合どうすべき?

故意に作る人はあまりいないと思いますが、ありがちなのは前に作っていたけど忘れていたパターン。

慣れてない人にとって数あるオンラインカジノは似たようなサイトに見えているかもしれませんし、記憶も定かではないでしょう。

そんな記憶が確かでないままアカウント開設しようとすることは十分あり得る話です。

もし開設したかどうか怪しいときは運営側に連絡してみてください。

もし先に気が付いたときにも通知しておくことで最悪の事態も避けられます。

記憶があいまいでアカウント凍結の不安を抱えたままだとプレイをしていても楽しめません。

もし、昔作ったかもと思ったら登録前に連絡してみて、もし登録されているならそれでいいですししてないなら新規に作ればいいだけの話です。

なぜ複数アカウント開設はNGなの?

複数アカウントの作成が禁じられているのはセキュリティ面の関係もあると考えられます。

オンラインカジノへの入出金はマネーロンダリングできないよう厳しいルールの元運営されていますし、少しでも怪しい使い方ができないよう禁止されているのでしょう。

ただそれよりもボーナス面の関係が大きくかかわっています。

ボーナスの複数回獲得への対策

複数のアカウント登録は殆どのオンラインカジノで禁止していて、実際に各社の利用規約を確認することでわかります。

理由に関してはそれぞれですが、主にボーナスの重複取得が可能になるため。

オンカジ各社は新規のプレイヤー獲得のため、競い合うように魅力的なボーナス特典を付けています。

それらの中でもたくさんのプレイヤーが恩恵を受けるのが無料の登録ボーナスです。

仮に複数登録出来てしまうとこのボーナスを何回でも受けられることになり、例えばあるカジノの出金条件なしでボーナスを提供していると、アカウントを何個も作成してノーリスクで大儲け出来てしまいます。

これが可能だとオンカジ運営側も大きな損失を出してしまい運営自体が立ち行かなくなります。

2ティアベットへの対策

別の理由では2ティアベットが可能になるためですね。

これはほぼ100%の確率で勝利を収める低リスクな賭け方のこと。

勝率がほぼ半分のゲームで悪用されます。

たとえばバカラでプレイヤーとバンカーの双方に賭けたり、ルーレットでレッドとブラックへ同時に賭けること、ドラゴンタイガーだとドラゴンとタイガーへ賭けます。

ただ、この賭け方はオンラインカジノの利用規約では禁じられていますが、複数アカウントを登録するとライブゲームで2ティアベットは実践可能となってしまいます。

違うオンカジでアカウント開設しよう

同じオンラインカジノでの複数のアカウントを作成することは禁止されているのはここまでに紹介したとおりです。

が、ボーナスで遊びまくりたい人は複数のオンラインカジノでアカウントを開設しましょう。

違うオンカジなら当然禁止されようもありませんからね。

実際に稼いでいるプレイヤーの多くが複数のオンカジに登録し、まずウェルカムボーナスだけで100万円以上稼ぐツワモノもいます。

多くのオンカジがウェルカムボーナスを提供していて、全部合算すると概算ですが100万円を超えます。

ボーナスを出金するにはハードな出金条件を満たさないといけませんが、リスク少なめで稼げるのはかなりのメリットです。

無料でもらえる登録ボーナスに関しても、カジノさえ違えば何の問題もなく受け取れます。

リスク分散にもなる

複数のオンカジに登録する方法だとリスクも分散させることが可能で、一つだけのオンラインカジノへ資金を使っていると大敗したときにもかなりの資金を失う危険が伴います。

これが複数のオンラインカジノへ資金を分散させておけばその心配が小さくなり安心です。

いろいろなカジノゲームが楽しめる

またカジノ各社が取り扱うゲームは違いますが、それぞれ人気のゲームがあるところを登録しておけばいつでもそのゲームが楽しめます。

ライブカジノだと独自のテーブルを用意していてそれをプレイ出来るのも複数登録することの利点です。

まとめ

1つのオンカジで複数アカウント開設できるのか?について紹介しました。

基本的にNGだと思っておいてください。

家族名義を借りて別のパソコンと違う通信回線を契約してやれば可能ではありますが、そこまでして同じオンカジで2つ以上のアカウントを開設するメリットも感じられません。

ボーナスだけで遊びたいならいろんなオンカジでアカウント作成したほうがいいですね。

いずれは登録できる新規オンカジもなくなりますが、そこまでボーナスにこだわる人もいないと思いますし。