オンラインカジノでやってはいけないこととは?どんな行為がNG?

オンラインカジノでやってはいけない行為

遊び方しだいでは長く楽しくプレイできるオンラインカジノですが、やってはいけない行為というものはいくつも存在します。

そこでオンラインカジノでやってはいけないことを解説していきます。

何をやってはいけない?オンラインカジノの禁則事項とは?

まずは登録する際に各運営会社が提示している注意事項や利用規約を十分に確認した上で登録しましょう。

その後に入金してゲームをプレイする流れですが、最初の基本ルールがこれです。

アカウントは1人1つまで

アカウントは1人につき1つまでと定めている運営会社が多いので、注意しなければならない大切な項目です。

オンラインカジノの会社によっては、初回登録後に入金をした際に、入金額を含めて条件が揃ってさえいれば、ボーナスポイントを受け取れるサイトは複数あります。

従って1人でいくつものアカウントを取得すると、ボーナスも全てのアカウントで受け取れてしまう可能性があるため禁則事項にしているオンラインカジノが多いです。

本人確認書類の偽装

大体のサイトで初回の登録時には公的な本人確認用証明書の画像をアップロードする必要性があります。

この時点で通常では1人で1アカウントに限定されてしまうので問題はありませんが、異なる人物の証明書類を提出したり、撮影した公的証明の画像を加工して虚偽の申請を行ってしまう可能性もありえますからね。

どちらも違法行為になるので絶対にやってはいけない行為です。

複数アカウントがバレるとどうなる?

複数のアカウントの問題は、ゲームそのものの勝ち負けに大きく影響を与えてしまう場合もあります。

例えばルーレットをプレイする場合、1人で複数のアカウントを駆使して賭ける場所を広げられることになるので、ゲームそのものの公平性を損ねてしまう問題が出ます。

そもそもオンラインカジノに関わらず、公的な証明書類を加工、偽装してしまう行為においては犯罪行為に該当するので、あらためて言うまでもなくやってはいけません。

当然ながら該当するアカウントが発覚した際には、全てを削除され入金した資金も取り戻せなくなるのでプラスに感じる面は1つもないと判断した方が賢明です。

他人のクレジットカードで入金する

入金時においてはクレジットカードを利用するプレーヤーも多く存在していますが、このカードも本人名義以外で登録することもやってはいけない行為です。

クレジットカードは所有しているだけで返済能力がある方、もしくは定期収入を得ている方しか入手できない仕組みになります。

そのため、運営会社側も本人名義のクレジットカードを使っていることで安心安全にプレイできることを約束しています。

家族名義でもNG

クレジットカードを持っていない人は、家族名義であれば問題はないと判断してしまう方もいますが、家族名義でも登録時に拒否されることも一般的です。

家族名義カードで登録できても入金後に発覚してしまうと、入金額さえ没収されるリスクもあるので要注意です。

2重賭け

2重賭けを禁止にしているサイトもあり、分かりやすい事例では、ルーレットを楽しむ場合、赤と黒の両方に掛けてしまうと永遠と資金を一定額に保つことが可能となってしまいます。

ですのでオンラインカジノによりルールは異なりますが、一般的な解釈ではやってはいけない行為に該当します。

資金が増えもせず、減りもしない状態でゲームを進行していても、結局はプレイヤー本人にメリットを感じられないことや、ゲームの種類によっては他人に迷惑を掛けてしまう恐れもあるので注意したいですね。

オンラインカジノという性質上、普通のオンラインゲームのような感覚で遊んでしまう方がいることは想定できます。

ところが現金を賭けてゲームを楽しむというジャンルになることと、そもそもが紳士的なゲームでもあることから、常に正直で公正にプレイすることは当然です。

リスクの少ないゲームや賭け方で反復してプレイする行為、周囲と比較して少額過ぎる賭け金で遊ぶ行為においては、紳士的とは言えない遊び方と言えます。

厳しいオンカジの中には警告がきたりアカウント削除が行われるリスクもあるので、常に正々堂々とプレイしましょう。

 

続いてやってはいけない行為ではなく、できない行為ですが、こんなことをやろうと思っている人は多いです。

ボーナスポイントをすぐに出金する

初回のボーナスポイントにおいても問題になることはあり、受け取ったポイントをそのまま出金することはできないようになっています。

例えば200ドルを入金した方が、200ドルのボーナスポイントをゲットできた場合なら、何もせずに400ドルを出金できてしまうとアカウントの削除→新規登録を何度も繰り返すことで、多額の利益を得ることが可能になってしまいます。

よって各オンラインカジノで当然ながら規制を厳しくしている部分ですね。

出金条件を確認しよう

出金可能になるまでの条件はオンラインカジノによって異なります。

たとえば受け取ったボーナス分の20倍ベットに使わないと出金できない、等ですね。

このあたりは登録したオンカジで事前に確認しておきましょう。

 

細かな点ではありますがオンラインカジノでゲームをプレイしていると、大金をゲットできるチャンスはゼロではありません。

この時点で全てのお金を引き出してしまうことは規約上でも問題になりませんが、大人のゲームとして長く楽しむなら、即座に現金化するのではなく、資金をある程度残しておき長くプレイするという姿勢を見せておくと、オンカジ運営会社にも好印象を持たれる可能性は高まります。

普通のネットで遊べるゲームとは異なることを理解しなければ、後にトラブルに発展してしまう場合もあるので常に注意しながら健全に遊ぶことが必要です。

まとめ

オンラインカジノでやってはいけない行為を紹介しました。

基本的な部分ではありますが、複数アカウントを作ることくらい大丈夫なのでは?と考えるプレイヤーは多いでしょう。

でもボーナスを何度でももらえてしまうなどプレイヤー側にしかメリットはありません。

オンラインカジノもビジネスですし、不当な稼ぎ方には厳しく対応してきます。

やってはいけない行為は軽い気持ちでもやらないようにしたいですね。