オンラインカジノの勝利配当金で税金が課税されない3つのパターン

オンラインカジノ勝利金に税金がかからないとき

日本特有のギャンブルといえばパチンコやパチスロがあります。

もし勝てば換金→収入ゲットとなりますが、これは基本的に「一時所得」扱いで、最高50万円の特別控除枠を超えた部分には税金がかかります。

ただし、まともに確定申告している人はどれだけいるのかは調べようもありません。

まぁここでその話は置いといて、オンラインカジノも勝利すれば配当を得られます。

日本にはオンラインカジノ関連の法律がないため「こうすればいい」という絶対的なものはありませんが、勝利配当を日本の銀行口座などへ出金すれば「一時所得」扱いになります。

仕事としてやったことを証明できるなら経費も落とせる「雑所得」にできるんでしょうけど、実際そうすることは難しいでしょう。

となると、けっこうな税金がとられてしまいます。

せっかく稼いだお金なんだから自由に使いたいと思いますよね?

そこで、オンラインカジノで得た勝利配当に税金がかからないパターンについて調べてみました。

念のため断っておきますが、脱税を推奨するものではないのでご了承ください。

オンラインカジノの配当で課税されない3つのパターン

  1. 法定通貨で年間50万円以下の勝利配当
  2. 配当が仮想通貨&換金しない場合
  3. 配当の仮想通貨を税金の控除額範囲内で換金した場合

それぞれについて、もう少し掘り下げてみていきます。

法定通貨で年間50万円以下の勝利配当

オンラインカジノで勝ったら、自分へのご褒美に使うためなどするため日本の口座へ出金することになります。

となると税務署は口座情報を把握しているので、確定申告しなければいけません。

ただ、そこは娯楽費として認めてくれるのかわかりませんが、年間50万円までなら課税されません。

【例】年間で100万円勝ったときの一時所得の算出方法

配当100万円+支出-特別控除枠50万円=50万円

「特別控除枠」というものがあり、50万円分だけはなかったものとして計算されます。

「支出」はオンラインカジノで遊ぶときにベットした金額ですが、配当を得たゲームのみが対象となります。

というわけで、50万円を超えないようコントロールしながらオンラインカジノをプレイするようにすれば、税金は課税されないわけですね。

残念ながら私もこのレベル(笑)

はやく上のステージに上がりたいですね~。

なお、ここで紹介した内容はオンラインカジノの配当だけの場合なので、ほかに一時所得がある人は合算してください。

オンラインカジノで得た報酬の計算方法に注意しよう

オンラインカジノのようなギャンブルで得た配当報酬は、トータルでマイナスになっても関係なく課税されます。

たとえば、

  1. 1000円勝利
  2. 2000円勝利
  3. 5000円負けた

この場合、負けた分は無視して「勝利配当の合計3000円-①と②のゲームでベットした金額」に対して課税されてしまいます。
(この場合は50万以下なのでまず課税されないと思いますが)

プレイ履歴は残っている

「いくら勝利したかなんてわからないでしょ?」

と思うかもしれませんが、違法なオンラインカジノでもない限り、プレイ履歴は残っています。

どれだけ勝利し配当をゲットしたかわかってしまうので隠そうとするのはダメですよ。

ただ、日本の税務署が勝敗データを見せるよう言ったところで「ハイそーですか」と素直に渡すオンラインカジノはいないと思いますけどね。

その辺はご自身の判断のお任せしますが・・・。

関連記事
オンラインカジノの違法性・合法性を徹底解説

 

配当が仮想通貨&換金しない場合

一時所得を50万円以下にする以外にも、仮想通貨で遊ぶと税金が課税されないパターンもあります。

2017年にブームになりいまは落ち着いた感のある仮想通貨。

仮想通貨の売買で得た収入は、ほかの通貨に換金したり決済利用して価値が確定したら課税されます。

となると換金しない限りは税金は課税されないわけですね。

まぁ賭けに使う=決済利用したと判断するやっかいな税理士もいるようですが・・・。

その辺は管轄税務署に要確認です。

ってことで、仮想通貨でプレイできるオンラインカジノにすればいいんです。

何回でも、どれくらい勝利配当をもらおうと、仮想通貨で保有している限り税金を気にせず遊べます。

もちろん必要にかられて日本円にすると税金がかかってしまいますが、これも20万以下にすれば問題なし。

ビットコインの収益は基本的に「雑所得」になるので控除分の20万円以下なら税金はかかりません。

ただ、ハイローラー・VIP客のような大金をベットするプレイヤーなら、「現状は」との前置き付きですが遊ぶだけなら仮想通貨がおすすめです。

取引所などにどれだけ仮想通貨を保有していても、「現状は」国税庁が持っているだけなら所得ではない=課税しないと決めているので安心です。

配当の仮想通貨を税金の控除額範囲内で換金した場合

次のパターンに該当する人は、税金を課税されません。

  • サラリーマンなど給与以外の所得に課税されない人で配当が20万円以下
    (給与を複数個所からもらっている場合は違ってきます)
  • 主婦や学生等、所得税が課税されない人で配当が38万円以下(2020年分から48万円)
  • 主婦や学生等、所得税/住民税が課税されない人で配当が33万円以下(2020年分から43万円)

なお、サラリーマンの方で確定申告しなくていい場合も、住民税は住んでいる自治体へ申告しなければいけないので注意が必要です。

また、仮想通貨の収益は雑所得に分類されますが、その他の雑所得と合算になるので合わせて注意してください。

経費計上できるものがある場合

仮想通貨収益は雑所得ということで、その収益を得るために必要だった出費を経費計上できます。

ただし、オンラインカジノ投資で使ったと証明できるものでなければいけません。

この辺は税務署などから突っ込まれない限り相手もわからないんですが、もしものために理論武装しておいたほうがいいです。

たとえば、オンラインカジノをプレイするためのパソコンやスマホ、マウスなどは、別のことに使うこともあると思います。

その場合、客観的にみて利用割合が半々なら経費計上する金額も半分だけする、など税務署が納得できるレベルにとどめておきましょう。

ほか経費計上できそうなものにこんなものもあります↓

  • 関連書籍の購入費用
  • セミナーなどの参加費用
  • インターネット回線の利用料
  • 仮想通貨売買にかかった手数料
    など

これらも妥当な割合の分だけ経費計上しましょう。

仮想通貨でオンラインカジノを遊ぶまでの流れ

  1. 仮想通貨を買う
  2. 仮想通貨対応のオンラインカジノへ入金する

オンラインカジノでは、マネーロンダリングなど不正な使い方を防ぐ目的もあり、入金した方法でしか出金できません。

クレジットカード入金の場合だけはカードへ出金できたいため例外的に別の方法で出金するんですが、仮想通貨なら仮想通貨でしか出金できないわけですね。

そこで、まず仮想通貨を買いましょう。

その後、対応するオンラインカジノへ入金し、ベットに使って遊びます。

勝ったなら、仮想通貨ウォレットや取引所の口座へ出金するだけ。

税金を気にせずオンラインカジノを思う存分楽しめます。

簡単ですね。

オンラインカジノで対応している仮想通貨の種類

まだ数少ないのですが、ビットコインを中心にアルトコインも使えるオンラインカジノがあります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
    など

買うならどの仮想通貨がいい?

一番メジャーなビットコインがおすすめ。

使えるオンラインカジノが最も多いので、選択肢が広がります。

仮想通貨で遊ぶならここ!おすすめオンラインカジノ2選

  • Bitcasino(ビットカジノ)
  • PAIZACASINO(パイザカジノ)

ほかにもいくつかありますが、日本語対応でわかりやすく、信頼性の高いオンラインカジノを2つピックアップしました。

まずはより信頼性の高い運営ライセンスを取得し入出金スピードが業界トップクラスに早い「PAIZA CASINO」をおすすめします。

大きな金額を動かす人ほど、入出金がスムーズに反映されないと「失敗したんじゃないか?」と不安にもなりますし、ストレスが溜まりますからね。

ここはボーナスこそありませんが、その分ポイント還元がありVIP特典も充実しています。

VIP待遇あり!ハイローラーはここ!
パイザカジノで遊ぶ

まとめ

オンラインカジノでゲットした勝利配当金で税金が課税されないパターンを紹介しました。

お遊び程度でプレイするなら、法定通貨で遊んでも税金がかからないパターンもあります。

ただし、大金をベットする方は仮想通貨でのプレイをおすすめします。

この方法なら、現状は1000万円勝っても税金を支払わず済ませられます。

最後に。

ここではあくまで節税の方法としてまとめてきただけですので、脱税はゼッタイだめですよ?