オンラインパチンコは違法?換金や景品交換はどうなってる?

オンラインパチンコ

いまでは公営ギャンブル(競馬・競輪など)もオンラインで券が買えますし、ライブ中継も提供されていてネット上で楽しめるようになりました。

ギャンブル好きにとっては便利な世の中ですね。

また海外で誕生したオンラインカジノもここ数年で日本語対応がすすみ国内プレイヤーが増えてきています。

一部のオンカジはCMをうつまでになりさらに増えていくのは間違いなさそうです。

こんな感じでほかのギャンブルはオンライン化が進んでいますが、日本最大の市場を持つ(もはや持っていた?)パチンコ業界はなかなか進んでいません。

店舗数も全国に2万店あったのがいまは半減したって話もあります。

そして日本ではカジノ法案が施行されたこともあって、パチンコ業界はますます右肩下がりの業界になっています。

パチンコ業界の売上高はいまのところ世界上位のリアルカジノがあるマカオやラスベガスを足した額より大きいんですが、いずれ抜かれそうですね。

じゃあパチンコもオンライン化すればええやんって思って探してみたらあるもんですねー。
(正確にはあった、ですが)

どの業界にもチャレンジャーはいるものです。

そこで過去にあったオンラインパチンコについて調べてみました。

オンラインパチンコの仕組みや違法性、景品関係の処理がどうなっていたのか?など気になるポイントをまとめました。

オンラインパチンコってどんなもの?

オンラインパチンコの仕組み

オンラインパチンコの仕組み

アミューズって企業が2年ほど運営していたオンラインパチンコ。

スマホ画面にテレビゲームみたく表示されるパチンコゲームでは本来の楽しみ方はできないのが難しいところですが、そこは「パチンコ台をオンラインでつないで動画をみながら遠隔操作する」っていうけっこう原始的な方法でクリアしてました。

けっこう力業です(笑)

なんだか運営側の準備が大変そうですが、これならテレビゲームとは違うのでパチンコっぽい。

ネット回線が安定していないとラグなど気になりそうですが・・・。

でもそんなオンラインパチンコも残念ながら2019年11月にサービス終了してしまってます。

うまくいかなかったんですね。

ただ曲がりなりにも2年運営していた以上ある程度の実績はあります。

ではパチンコの醍醐味でもある換金はどうなっていたのか。

日本でやると違法になるので気になるところです。

今後似たようなサービスが出てこないとも限りませんからね。

その点については次の項目で増えていきます。

オンラインパチンコは違法?遊んでも逮捕されない?

オンラインパチンコで逮捕の可能性

単にオンライン上で別の場所にあるパチンコ台を遠隔操作するだけなら違法でも何でもありません。

ですが、ギャンブル=お金を稼げるかどうか?がポイントですね。

パチンコで勝ってゲットした出玉をどうしていたのかしだい。

そこは短いながらもオンラインパチンコを運営していた「アミュライブ」さんも四苦八苦していたようです。

勝ったときの換金や景品交換はどうなっていた?

この点に関してはパチンコ玉の購入は「遊技ポイント」で、また景品交換は別のポイントを用意し、それ使って景品抽選応募制にすることで法の網をかいくぐっていたようです。

抜け道はあるものなんですね。

風営法は問題なかったの?

アミュライブさん側の発表では「グレーゾーン解消制度」を利用した結果「風営法には該当しない」との確認が取れたようです。

「グレーゾーン解消制度?なにそれウマいの?」って感じですね。

まあ制度自体に興味ある人はきっといないと思うのでスルーしますが、簡単に言うと「いまやってるグレーな事業が白黒どっちか国家公安委員会に聞ける制度」です。

知りたい人はこちらで国側の回答と制度解説があるのでお読みください。

【結論】オンラインパチンコは違法ではない

オンラインパチンコに違法性はなし

ってことで、アミュライズさんが運営していたオンラインパチンコは違法ではなかったようです。

はじめての事業だけに準備から違法性の確認まで大変だったと思います。

終わってしまったのは残念ですが、オンラインパチンコに限らずその情熱を活かして活躍してもらいたいですね。

今後オンラインパチンコはどうなる?

今後別のオンラインパチンコサービスが登場したらどうなるかわかりませんが、少なくともこの事例を参考にするはず。

というか、日本でも営業できているオンラインカジノみたいにすればいいだけ。

オンラインカジノは海外で合法的に運営されているので、同じように海外にパチンコ台を持って行ってそことオンラインでつなげれば堂々と換金や景品交換ができます。

送料等は非常に厄介ですが・・・。

また日本では賭博罪という法律がありますが、これによって逮捕するにはサービス提供側と遊ぶ人の両方を罪に問わなければいけません。

でも国外運営のサービスなら日本の法律ではどうにも対処できないので違法ではなくなります。

結構強引なやり口ですが(汗)

それでもオンラインカジノが堂々と遊ばれている現在ならやれないことはないでしょう。

ってなわけで、お隣韓国あたりで誰か始めてくれないかな?

距離が近い分ネットの遅延も少ないだろうし。

まとめ

過去実際に営業していたオンラインパチンコサービスの違法性や仕組みについて調べてみました。

私はパチンコ店の雰囲気がどうも苦手だったんでほとんどやったことありませんが、オンライン上ならやってもいいかなって思います。

きっとアミューズさんも規制がきつくなってどんどん廃れていくパチンコ産業をどうにかしたいって熱いパトスを持っていたに違いない。

アミューズさんは残念な結果でしたが、別の企業がまたサービス提供してくれるといいですね。