大阪のカジノはいつできる?オープン時期や場所など関連情報まとめ

大阪カジノリゾート

2016年12月にカジノ法案(IR推進法)が成立し、2018年7月20日にはカジノ法案(IR整備法)が成立。

その後はニュースで見聞きしたこともある人が多いと思いますが、大阪や横浜、札幌、長崎など全国各地がカジノ誘致に名乗りを上げました。

そしてその多くは脱落していきましたが、大阪だけは一足早くカジノ事業者「米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナル」と契約を結び着実に前進しています。

開業に向けて前に進んでいる唯一の自治体です。

オープンが楽しみですねー。

はやく遊んでみたい。

では大阪のカジノ派いつできるのか?できる場所やその他もろもろについて気になったので調べてみました。

大阪のカジノリゾートはいつできる?

2020年代後半に部分開業予定

現在は2020年代後半に一部のみ開業予定となっています。

以前までは2025年の大阪万博に合わせて開業計画が立てられていましたが、コロナの影響で断念せざるを得ない状況になってしまいました。

で、2027~2028年に全面開業予定に変更され、現在の「2020年代後半に部分開業」とあいまいなオープン時期になっている状況です。

個人的にも残念ですねー。

オリンピックが終わってコロナも落ち着いてきた感ありますが、現状ハッキリといつ頃できるとは言えない状態。

また変異株発生で広まらないとも限りませんからね。

生きてるうちにカジノを体験してみたいと思っているギャンブル好きなお年寄りいるでしょうし、私自身も明日事故にあうかもしれないのでいつ死ぬかわかりません。

なんとか早めにオープンしてもらいたいな、と思います。

大阪のカジノリゾートができる場所は?

カジノ建設予定地「夢洲(ゆめしま)」

カジノ施設ができる場所は「夢洲(ゆめしま)」という人工島↓

大阪カジノのある場所「夢洲」

USJ(ユニバーサルスタジオ)の西側に位置する島です。

グーグルマップを見る限り電車が通ってないですね(汗)

その辺はカジノ施設開業に向けて整備されると思います。

ですがもしバスなどの公共交通機関でカバーするなら、このマップを見る限り最寄駅は「ニュートラム(大阪市高速電気軌道の自動案内軌条式旅客輸送システム路線の愛称)」路線の「コスモスクエア」駅でしょうか。

そこからだと夢洲上陸まで2km以上あります。

歩くのはちょっとキツイ(汗)

新幹線が停車する「新大阪駅」との位置関係

新大阪駅→夢洲マップ

直線距離なら20kmないくらいですね。

新大阪駅まで来て、そこからタクシーに乗るならだいたい6000~7000円くらいで到着するはず。

とはいえカジノで遊ぶことを考えると少しでも節約したいところ。

なのでJR線でユニバーサルのすぐ南にある「桜島駅」に行ってそこからタクシーが料金節約できつつ早く現地に着きそうです。

新大阪駅→桜島駅は片道220円。

桜島駅から夢洲まで5kmないくらいなのでタクシーなら2000円くらいで行けるでしょう。

自分が行くことを考え真面目に調べてみました(笑)

夢洲に新駅ができるのか?

年間1500万人が訪れると試算されている大阪カジノ。

ユニバーサルスタジオの来客数のピークが1102万人で、現在は800万人くらいのようです。
(ついでに調べたら東京ディズニーランドは平均約3000万人でした)

となるとその倍ほどを想定しているわけですね。

この人数を捌くには線路を作るしかないでしょう。

で、2024年には大阪メトロ中央線を延長するという計画があるみたいです。

ただし新設される「夢洲駅(仮称)」周辺を開発する企業を公募したところゼロ件だったようで(汗)

もっと計画が具体的になれば応募する企業も出てくるかもしれませんし、まだ時間はあります。

期待しましょう!

関西国際空港から大阪カジノへ行くには?

海外からの集客を考えると、関西国際空港との導線は大事。

夢洲駅ができれば話は変わりますが、現状で調べてみると関西国際空港から桜島駅までの約50kmで乗り換え2回あり1130円とでていました。

時間は約1時間10分かかってます。

最寄り駅の「コスモスクエア」駅だとお金も時間ももう少しかかります。

大阪カジノの基本構想資料では直通のフェリーも運行されそうな感じですが、どのみち夢洲駅はオープンさせるでしょうしスムーズなアクセスを実現して欲しいですね。

ちなみに神戸空港からの直通フェリーも計画に書かれていました。

大阪カジノで気になるポイント

日本人でもカジノ施設に入れる?

(予定では)入れます。

そうしないと稼ぎも減ってしまいますからね。

ただし週3回まで、入場料が6000円かかる、マイナンバーカードでの確認がある、などが提示されています。

今後変更はあると思うのであくまでこんな感じってだけですが、外国人が利用するときよりハードルは高くなりそうですね。

アルコールを飲みながら遊べる?

大阪カジノの基本構想資料ではアルコール禁止の文言は見当たりません。

が、ギャンブル依存症の項目でアルコールについて触れられていました。

それくらいなら禁止にはならなさそうですが、ふたを開けてみたらNGなんてこともないとは言い切れません。

海外のカジノ事情を見て判断されると思いますが、たとえばマカオのカジノではアルコール含め飲み物が無料です。

ラスベガスのカジノもアルコールOKです。

予想では問題なく飲めそうな気がしますね。

年齢制限はどうなる?

成人であることは必須だと予想されます。

が、日本は20歳→18歳成人に変わりますね。

となると18歳からOKなのか?っていうと変わらない気がします。

結局20歳以上かどうか?に落ち着くんじゃないかと思います。

ちなみに海外のカジノは18~21歳くらいの間で国によっていろいろですね。

軍資金はどれくらい必要?

実際に開業してみないと最小ベット額もわからないため不明です。

が、入場料が6000円だと考えると1万や2万円では割に合わないですね。

ゲームによっては一回で全額ベットもできてしまうのでおバカな賭け方をすると入場してすぐなくなるでしょう。

仮に100円づつベットするとしてもスロットばかりやるならどんどん減っていくでしょうし、遊ぶゲームしだいです。

とりあえず5万円くらいは持っていきたいですね。

施設内にATMくらいは設置されると思いますが、ギャンブル依存症対策としてスムーズに出金できなくなっているかもしれませんし、あらかじめ用意しておきたいですね。

大阪のカジノでもインカジは違法です

インカジことインターネットカジノは毎年のように摘発ニュースが出ている違法賭博店です。

大阪の繁華街ではインカジがいまでも隠れて営業しています。

これだけ摘発されても一向に無くなる気配がありません(笑)

リスクを負ってもやる人がでてくるほど儲かるビジネスなんですよね。

大阪のIRカジノについて調べているとインカジネタも目に付くかもしれませんが、100%違法なので絶対に行かないでくださいね。

逮捕されて人生詰むなんてことになるかもしれませんよ。

まとめ

大阪の夢洲に開業予定のカジノはいつできるのか?についてまとめました。

現在は2020年代後半に開業予定となっています。

かなりあいまいな状況なので最悪もっと伸びるかもしれませんね。

とはいえカジノ事業者との契約も済み、開業に向けて1歩1歩進んでいる状況です。

ここから白紙に戻ることはさすがにない(と思いたい)でしょうし、オープンまで楽しみに待ちましょう!