ピラミッド法(ダランベール法)ならカジノで勝てる?使えるゲームや使い方を解説!

ピラミッド法のカジノでの使い方

数あるカジノのベット方法の中に「ピラミッド法」というものがあります。

なんとなく神聖な力が宿ってそうなネーミングが素敵。

大昔の王様=お金持ちが埋葬されてるんだから、金運上がるかもしれない。

ってことで、ここでは「ピラミッド法」がどんなものなのか?について使い方や仕組みをまとめました。

ピラミッド法の仕組みと使い方

タラベールさんが生み出した投資法

ピラミッド法とは、ジャン・ル・ロン・ダランベールという数学者が開発した投資法のこと。

そのため、ダランベール法とも呼ばれます。

タランベールさんも別にカジノのゲーム攻略で使うために考えたわけではないだろう、と思っていたら、ルーレット攻略のために生み出された、なんて紹介されてることも。

真実はわかりませんが、そうじゃなかった場合、後世でギャンブルに活用されているなんて知ったら喜ぶのか悲しむのか。

使うときは感謝の気持ちをもって臨めば、あの世からタランベールさんがよい念を送ってくれるかも?

ピラミッド法の仕組みと特徴

ピラミッド法の仕組み
  • 最初の賭け金を決める
  • 1ユニットの増減額を決める
  • 勝ち=1ユニット減・負け=1ユニット増
  • 勝ちで得た利益が1ユニットと同じならそのまま

もう少し詳しく解説していきます。

カジノで知名度の高いベット方法に「マーチンゲール法」があります。

関連記事⇒マーチンゲール法とはどんなもの?賭け方や大損しないための注意点

ただ、マーチンゲール法は負けたら倍掛けしていく単純な方法なんですが、現実的に実践すると資金が不足しがちなんですよね。

対してピラミッド法は、その形状があわらすように、堅実に利益を確保し土台を固めながら効率的に投資を継続していく方法です。

ピラミッド法は、負けたときにベットを1ユニット上げて、勝ったときに1ユニットを下げるというシンプルな方法を採用しています。

ユニットは単位のことで、スタート時の賭け金を100ドル、増減額を10ドルと決めたなら、勝ったら1ユニット減らす=90ドルにする、といったもの。

この上げ下げする幅が小さいので、マーチンゲール法と違い資金不足になる可能性が低くなります。

ただ、逆に上げ下げする幅が小さいってことは、勝ったときの儲けも小さくなるデメリットも。

基本的にローリスクローリターンの投資法なので、堅実に儲けを出したいプレイヤーに向いている方法です。

軍資金が少ない人や初心者にピッタリ!

この方法は資金が少ない人でも有効活用できる数少ないベット法です。

多くの投資法は、ある程度の資金を持っていることを前提に考えられているので、少額投資に向いていなかったりするんですよね。

でも1ユニットあたりの増減を繰り返すだけのピラミッド法なら、設定する金額によって自由にゲームを継続できます。

まずは小額ではじめたいっていう初心者でも使えるため、世界中で好まれている手法です。

ピラミッド法と相性のいいカジノゲームは?

勝率50%のカジノゲーム

ピラミッド法がとくにおすすめなのは、勝率を5分にできるゲーム。

2択で選べるものですね。

  • ルーレット
  • バカラ
  • ブラックジャック

などが該当します。

一般的に運の要素が強いカジノでは、勝率も不透明になるケースが目立ちます。

これは、同じ比率で賭けている場合でも負けが重なると安定して勝てなくなるからです。

そこで、こういった運の要素が強いカジノでピラミッド法を利用すると、勝ったときの配当を同じ比率で賭け続けるよりも少し大きくできます。

その結果、ローリターンではあるものの勝てる可能性が高くなります。

ピラミッド法は、堅実に資産を増やしていくことを目指す方法なので、運の要素が強いものほど相性がいいと言えますね。

使うならルーレットがおすすめ

実際使うならルーレットがおすすめです。

ルーレットを攻略する目的で考えだされた投資法ともいわれてるだけに相性はバッチリ。

ただ、ルーレットでなければ必ず勝てないというわけではありません。

ポイントは、自分で基準となる金額を設定できるかどうかです。

ベットするときには、1ベットあたりで金額が決まっているゲームも存在します。

こういったゲームでは、投資金額に差をつける投資法を使えません。

そのため、ルーレット以外で使うときは必ずベット額を自分で設定できるゲームを選んだほうがいいですね。

ピラミッド法を使うときのポイント

実際に利用するときのルールには、いくつか守らなくてはいけないポイントがあります。

まず、1回あたりで投資する金額を明確に決めること。

最初の設定金額をベースにしてゲームを続けていくので、この金額設定に問題があると早い段階でお金が無くなってしまいます。

おすすめ設定金額は全資金の1%から5%くらい。

当然ですが、投資金を多く設定するほどベットをするときのリスクが大きくなるため、不安があるなら小さいパーセンテージから始めていきましょう。

ベット額10ドル/1ユニット1ドル設定でシミュレーション

勝ち負けを交互に繰り返した場合

回数ベット額利益合計収益
10ドル10ドル10ドル
9ドル-9ドル1ドル
10ドル10ドル11ドル
9ドル-9ドル2ドル
10ドル10ドル12ドル
9ドル-9ドル3ドル

地味ですが着実に資産を増やせていますね。

3連勝→3連敗した場合

回数ベット額利益合計収益
10ドル10ドル10ドル
9ドル9ドル19ドル
8ドル8ドル27ドル
7ドル-7ドル20ドル
8ドル-8ドル12ドル
9ドル-9ドル3ドル

同じ勝ち星ですが、手持ち資産は増えています。

3連敗→3連勝した場合

回数ベット額利益合計収益
10ドル-10ドル-10ドル
11ドル-11ドル-21ドル
12ドル-12ドル-33ドル
13ドル13ドル-20ドル
12ドル12ドル-8ドル
11ドル11ドル3ドル

負け先行で同じ勝ち星でも手持ち資産が増えてますね。

めっちゃ堅実なベット方法なのが分かります。

いいですね~、この方法。

この投資法の最大のポイントは、最初に決定したベースの金額を途中で変化させたりしないこと。

途中でベースの金額を変更すると、その時点で投資法として成り立たなくなります。

何度もこの方法を繰り返して、最終的にプラスに転じたときに勝ち逃げすることも重要なポイントです。

長期的に何度か行っていくと、ローリターンながらプラスに転じるタイミングがやってくるはず。

その時点で一度勝負を終えて、また次にベースとなる金額を設定して同じようにプレイしていきます。

こうすることで、少額で延々と楽しめます。

気を付けなくてはいけないポイントでは、勝率が落ちる勝負は避けることですね。

とくにルーレットは賭け方を間違えると勝率が著しく落ちてしまいます。

この方法は、早い段階で10回中4勝以上を確定させればその時点で勝ちを確定させられる便利な方法です。

一方で、3勝以下の場合はベースとなっている金額の設定方法を間違ってしまうと、損失も大きくなります。

なので、自分で決めたルールとそれに見合った勝率が伴うゲームを選択するのが大事です。

まとめ

ピラミッド法(ダランベール法)の使い方や仕組みについてまとめました。

安定感があって長くゲームを楽しみたい人に最適な方法です。

大きな稼ぎを狙うのでなければ、積極的に使っていきたいカジノ攻略法と言えますね。