【BONS×当サイトのタイアップ企画】
\コード:daysの入力で35ドルもらえる!/


クイーンカジノ違法性 – 日本で遊ぶ時は合法?安全性は大丈夫?

クイーンカジノ違法性 アイキャッチ画像

リニューアルされた新クイーンカジノに違法性はあるのか?

ここでは、オンラインカジノ「クイーンカジノ」の違法性について徹底解説していきます。

\出玉規制前の爆裂機が遊べる!/
\今なら下記から登録で最大88ドルプレゼント!/

 

クイーンカジノの違法性についてAIツールに聞いてみた結果

日本でも知名度の高い3つのAIツール「チャットGPT」「Bard」「Bingチャット」それぞれに対し、以下の質問をしてみました。

質問
【Q】クイーンカジノを日本で遊ぶ時、違法性はありますか?

チャットGPTの違法性に関する回答

クイーンカジノ違法性 チャットGPT

私は法的なアドバイスを提供する資格はありませんが、一般的な情報として、日本の法律ではオンラインカジノの運営は認められていません。ただし、多くのオンラインカジノは海外で運営されており、特にクイーンカジノも海外でライセンスを取得して運営されています。そのため、日本の法律がどの程度適用されるのかは一概には言えません。

いくつかの報告では、日本国内でオンラインカジノをプレイする個人が逮捕されたケースはほとんど報告されていないとされています。しかし、それが絶対的な安全を意味するわけではありません。オンラインカジノの使用がどのように処罰されるか、または処罰されないかは、将来的に法的判断や状況によって変わる可能性があります。

ハッキリ違法とも合法とも言っていません。

グレーな感じですね。

私もおおむねこの回答に賛成です。

グーグルBard(Gemini)の違法性に関する回答

クイーンカジノ違法性 グーグルBard Gemini

はい、クイーンカジノを日本で遊ぶことは違法です。日本の法律では、国境を越えて行われる賭博も違法とされています。そのため、クイーンカジノは日本の法律で違法であると判断できます。

具体的には、刑法185条の「賭博」に該当します。刑法185条では、賭博を営んだ者は3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処すると定められています。また、賭博をした者は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処すると定められています。

クイーンカジノは、フィリピン政府から正式なカジノ運営ライセンスを取得していますが、日本の法律では違法です。クイーンカジノで遊んだ場合、逮捕される可能性は低いですが、資金を失うなどの被害に遭う可能性は高くなります。

クイーンカジノで遊ぶ前に、これらのリスクを十分に理解しておきましょう。

クイーンカジノ日本からアクセスして遊ぶことは違法と断言しています。

ただし、内容はところどころ間違いもあり。

クイーンカジノのライセンスはキュラソー共和国のものです。

また、国境を越えて行われる賭博が違法との回答も、インターネットに国境はないため当てはまりません。

グーグル検索結果で、更新されていない古い情報のままの上位サイトの間違った記事を参考にしているようです。

マイクロソフトBingチャットの違法性に関する回答

クイーンカジノで遊ぶことは、日本の法律では完全に合法とは言い切れないため、あくまでグレーゾーンです。しかし、クイーンカジノの運営拠点は海外であり、定期的に不正がないか調査する第三者機関の審査が行われているため、安心して利用できます。

また、クイーンカジノはキュラソーのライセンスを取得して合法的に運営しており、運営所在地もキュラソー島になっています。そのため、今後「オンラインカジノに登録して遊ぶことが違法である」という法律が新しくできない限りは判例法主義の日本ではオンラインカジノで遊ぶことで罪に問われる可能性は限りなく低いということになります。

ただし、これらの情報はあくまで参考までにしてください。自己責任で行動することをお勧めします。また、不明な点があれば専門家に相談することをお勧めします。

グレーとの回答です。

Bingの検索結果でヒットした上位サイトは、合法ではないがグレーといった記事になっています。

3つのAIの回答から判断するクイーンカジノの違法性は?

チャットGPTグレー
Bard違法
Bingチャットグレー

合法0件、グレー2件、違法1件という結果になりました。

違法と回答したBardでは、参考にしたと思われるサイトの情報が間違っているため信頼性はイマイチです。

よって、AIツールによる判定はグレーと結論付けます。

個人的にも、合法ではないが規制する法律がないためグレーという見解です。

では、なぜ違法ではないグレーと言えるのか?について解説していきますが、その前に警察庁の見解も紹介しておきます。

警察庁によるオンラインカジノの違法性に対する見解

オンラインカジノは、海外の事業者が合法的に運営しているものであれば、日本国内で、個人的にこれを利用しても犯罪にならないと考えていませんか?海外で合法的に運営されているオンラインカジノであっても、日本国内から接続して賭博を行うことは犯罪です。実際にオンラインカジノを利用した賭客を賭博罪で検挙した事例もあります。

賭博は犯罪です。絶対にやめましょう。

賭博罪   賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料
常習賭博罪 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役

(参照:警察庁ホームページ

クイーンカジノのようなオンラインカジノは違法だと明言しています。

ただし、上記の見解が書かれているページをよく読むと、根拠となる具体例は「検挙事例」「オンラインカジノに係る賭博事犯の取締状況」といった書き方です。

たしかに、過去にオンラインカジノプレイヤーが検挙された事例はあります。

でも、その事件ではプレイヤーが裁判で不起訴を勝ち取っていて、プレイによる違法性は認められていません。

この裁判により、司法がオンラインカジノで遊ぶことに違法性は認められないと判断しています。

また、オンラインカジノに係る賭博事犯の取り締まり例も、おもに日本で違法営業していた闇カジノ(インカジ)に関する摘発事件です。

自分のスマホやパソコンからオンラインカジノにアクセスして遊んだプレイヤーを逮捕したものではありません。

嘘ではないけど・・・といった感じですね。

このように、ハッキリ違法と断言しつつ、その根拠となる事例は少しズレたものとなっています。

とはいえ、クイーンカジノの運営体制に問題があれば、日本の法律に関係なく違法となります。

そこで、クイーンカジノの運営体制について解説していきます。

クイーンカジノの運営会社に違法性はない?

違法性はありません!その理由とは?

違法性がない理由
  • ライセンス取得済み
  • 日本国内に拠点を置いていない
  • 詐欺・不正行為は確認されていない

ライセンス取得済み

オンラインカジノを合法的に運営するには、ご報告が発行しているライセンスを取得しなければいけません。

クイーンカジノはアメリカの南にあるカリブ海に浮かぶキュラソーという国でライセンスを取得しています。

よって、違法性はありません。

キュラソーライセンスは、クイーンカジノ以外にも100社以上のオンラインカジノが取得する信頼性の高いもの。

安全性の面でも問題ないでしょう。

日本国内に拠点を置いていない

いくらライセンスを持っていても、日本国内に拠点があると違法になります。

本社だけでなくサポートセンターなどの拠点があるだけでも摘発されてしまうんですね。

クイーンカジノの運営会社は「RWB Solutions International LTD」で、本社はライセンス取得しているキュラソー共和国にありますが、それ以外の拠点は日本国内に1つもありません。

よって、日本の法律的に見ても違法性はありません。

詐欺・不正行為は確認されていない

オンラインカジノのライセンスがあり、日本に拠点がなければ違法性はありません。

でも、クイーンカジノ側が不当な出金拒否・遅延行為をしていれば大問題です。

ただし、インターネット上で調べた限り、詐欺行為に当たるような出金遅延や拒否は確認できません。

ツイッター(X)などで見かける出金遅延や拒否の内容は、全情報が公開されていないことが多く、不当な拒否かどうかわかりません。

そして、ユーザー側による利用規約違反や、出金条件の未達、本人確認書類に未提出などによるパターンです。

この点に関しても、クイーンカジノの違法性はないと言えるでしょう。

 

ここまで、クイーンカジノに違法性がないことについて解説してきました。

違法性はありませんが、ギャンブルなのでリスクはあります。

遊ぶ前にリスクについて確認しておきましょう。

クイーンカジノで遊ぶリスク

主なリスク
  • お金を失うリスク
  • ギャンブル依存症になるリスク
  • クイーンカジノ破産によるプレイ資金喪失リスク
  • 個人情報流出リスク
  • 詐欺被害のリスク

お金を失うリスク

クイーンカジノのようなオンラインカジノはギャンブルです。

ギャンブルは基本的に必ず運営会社側が儲かるように還元率が設定されています。

オンラインカジノではればおおむね95%となっています。

100万円注ぎ込んだら、95万円になる計算ですね。

一発勝負でもしない限りすぐなくなることはありませんが、遊び続けていくうちに減っていくのが普通です。

高確率でプレイ資金を失うことになるでしょう。

とはいっても、パチンコやパチスロ・競馬・スポーツくじなど、ほかのギャンブルの還元率はたいだい8割以下です。

稼ぎやすさで言えば、オンラインカジノはおすすめです。

ギャンブル依存症になるリスク

いつでもどこでもスマホさえあれば遊べてしまうクイーンカジノ。

入金もクレジットカードがあれば即時送金できます。

利便性が高く、登録料や利用料もかからないこと、億単位の高額当選も狙えることなどから中毒性は高いと言えます。

パチンコ・パチスロのように、台の派手な演出や、玉箱を積み上げる優越感などは味わえませんが、ハマり過ぎる要素は揃っています。

ギャンブル依存症になる可能性は高いでしょう。

さらに、クイーンカジノには他社にない過去に大人気だったパチンコ・パチスロ台が遊べるため、危険度が高くなります。

依存しないためにも、自己規制は大事です。

クレジットカードではなく、銀行の口座残高の範囲内までしか使えないデビットカードを利用するなど、自分で制御するのはおすすめです。

クイーンカジノ破産によるプレイ資金喪失リスク

オープンしてから健全に運営してきたクイーンカジノですが、破産リスクはないわけではありません。

たまたま超高額ジャックポットが連発したり、トップクラスのハイローラープレイヤーが高額ベットで大勝ちしたりすれば、会社経営がピンチになる可能性はあります。

現状ならそのリスクは低いと感じられますが、もし破産したらあなたがアカウントに預け入れているプレイ資金は返ってこないでしょう。

手数料はかかりますが、遊ぶ時だけ入金して、終わったらすぐ出金するのも1つの対処法です。

ただし、手数料がかさんでしまうため、コストを抑えるなら仮想通貨での入出金がおすすめです。

個人情報流出リスク

クイーンカジノの個人情報管理体制はライセンスの審査をクリアしていることから十分です。

ただし、しょせんは人間が関わるサービスです。

絶対的な安全はありません。

もし誤って個人情報が流出してしまっても、どうにもならないでしょう。

詐欺被害のリスク

ライセンスを取得して運営されている以上、クイーンカジノの健全性には問題ありません。

でも、上の項目同様に、人が関わるものに100%はありません。

ふと魔がさして詐欺行為をしてしまう可能性はゼロではないでしょう。

まずないことですが、1つのリスクとして心構えを持っておくことは大事です。

 

    クイーンカジノで遊ぶ時は、これらリスクを踏まえた上で利用しましょう!

    \出玉規制前の爆裂機が遊べる!/
    \今なら下記から登録で最大88ドルプレゼント!/

     

    クイーンカジノの違法性についてよくある質問

    よくある質問
    ・海外で遊んでも大丈夫?
    ・詐欺やイカサマはない?
    ・運営に反社勢力が関わっていることはない?

    海外で遊んでも大丈夫?

    オンラインカジノ合法国、または規制する法律がない国なら問題ありません。日本でのプレイに違法性はありませんが、海外もオンラインカジノを禁止している香港のような国もあります。ラスベガスのあるアメリカも州によって禁止しているところがあります。そういった国に旅行に行ったときにクイーンカジノにアクセスして遊ぶのはやめましょう。雨が降って観光が楽しめなかったりすると、ついついスマホから遊んでしまいがちですが、行く前に調べておくようにしましょう。

    詐欺やイカサマはない?

    ありません。正確には確認されていませんが、これまでのクイーンカジノの実績を見る限り詐欺行為はないでしょう。ゲームのイカサマに関しても、ソフトウェアは第三者機関に監査されていますし、ライブゲームもイカサマができない仕様です。不正はないでしょう。

    運営に反社勢力が関わっていることはない?

    ありません。オンラインカジノライセンスの取得時の審査で、反社との関りがあるかどうか?もチェックされています。取得できている以上、問題ないと言えます。

      まとめ

      クイーンカジノの違法性について紹介しました。

      クイーンカジノ自体はもちろん、日本でサイトにアクセスして遊ぶことに関しても違法性はありません。

      現在ここだけで遊べるパチンコ・パチスロ機はもちろん、ジャックポットスロットやライブゲームなど充実のゲームを思う存分楽しんでください。