クイーンカジノでの高額出金の限度額や出金完了までの時間、手数料、手段まとめ

クイーンカジノの高額出金

クイーンカジノで大きな利益を上げた場合の高額出金の限度額や出金完了までの期間、それに手数料はどれくらいなのか?

について解説しつつ、これらの複数の要素を踏まえた上でおすすめの出金手段を紹介していきます。

クイーンカジノの出金方法と限度額

まず基本的なところですが、クイーンカジノの出金には4つの方法があります。

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • 銀行振り込み
  • ビットコイン

です。

エコペイズとアイウォレットはいずれも有名な電子決済サービスで、オンラインカジノを楽しむならアカウントを開設しておいて損はありません。

クリーンカジノ以外の多くのオンラインカジノで対応しています。

銀行振り込みは古典的な方法で、既に持っている銀行口座がそのまま利用でき信頼性も高いというメリットがあります。

ビットコインはいわゆる仮想通貨ですが、口座を持っていれば単に資産運用のみならずオンラインカジノの入出金用としても使えるメリットがあります。

入出金反映速度の速さや手数料の安さもあり、高額で楽しんでいるハイローラーに特に人気です。

高額出金時の限度額はどれくらい?

まずは高額出金時の限度額ですが、これは4つの出金方法ともに共通で、1回あたりかつ1週間の期間内に5000ドルまでとなっています。

1回の出金限度が5000ドルですが、5000ドルまで出金すると1週間の間はそれ以上は一切出金できなくなります。

1週間あたりでも5000ドルが上限なので、たとえば1日目に2000ドル、2日目にも2000ドルを出金した場合、1日あたりの上限にはいずれも達していませんが、3日目には1000ドルしか出金できないわけです。

1週間を経過した場合は制限はリセットされますので、次の週にはまた上限5000ドルまで出せることになります。

要するに毎週5000ドルまでは引き出せると考えればよいでしょう。

5000ドルといえば日本円で50万円ほどに相当します。

確かにオンラインカジノでは大勝ちする可能性もあり、それこそ日本円にして億単位のお金を手にすることも確率としてはないわけでは決してありません。

そういった万が一があった場合、アカウントにいくら大金が入っていても、1週間に50万円しか引き出せないのでは1年間でも2500万円程度にしかならず、ある意味で宝の持ち腐れ状態だと言えるかもしれません。

よってクイーンカジノ派高額でベットするハイローラーにとっては厳しいオンラインカジノかな?という印象ですね。

ですが、いくら大勝ちする可能性があるとはいえ、こんなことはほぼ考えなくてよいレベルであり、実際問題として何かの足かせを感じることはまずないと言えます。

高額出金が完了するまでの時間はどれくらいかかる?

続いて出金完了までの期間ですが、これはどの方法を選んでも手続き完了から1日か2日程度と思っておけばよいでしょう。

ほとんどのケースで、エコペイズ、アイウォレット、ビットコインの場合は1日以内に完了するはずです。

銀行振り込みの場合であっても2日以内に完了するため、まずまず使い勝手は良いと考えられます。

なお、基本的には全ての手続きは電子的に行われているはずですが、それでも一瞬では終わらないのはハッキングなど何らかの不正行為でないか常にチェックしているためです。

儲けたお金が実際に手元に来るまで待ち遠しいかもしれませんが、その間はむしろ自分の大切なお金を守るためにクイーンカジノ側がしっかりとしたチェックをかけてくれている時間と考えれば納得もできようというものでしょう。

出金手数料はいくらくらい?

出金に関する手数料ですが、まず銀行振り込みに関してはかかりません。

一方、エコペイズ、アイウォレット、ビットコインを利用した場合、出金額が50ドル未満のときに限って5ドルかかります。

50ドル以上の場合には無料となります。

50ドル未満で5ドルかかるのは10%以上かかっていることを意味しますから、決して安いものではありません。

どうしてもという場合を除き、50ドル未満の出金はしないほうが良いでしょう。

それなら銀行振り込みであれば無料なのだからそちらのほうが良いのでは?と思われるかもしれません。

ですが、確かにカジノ側から口座に振り込む際にはかからないものの、その口座からATMを利用して現金を引き出すときにはいくらかのお金がかかることが多いはず。

ですから、その点も併せて考えておく必要があります。

もちろん、例えばクレジットカードや公共料金の引き落としなど、口座に入れたままでの決済のために使うのであれば、これが一番有利と言えるかもしれません。

クイーンカジノでおすすめの出金方法

ここまでに挙げた複数の要素を勘案し、どれがおすすめの出金手段になるのかですが、多くの人が既に保有しているという意味では銀行口座への振り込みは決して悪くはありません。

少額でも手数料がかかりませんし、口座に入れたまま決済するつもりの人であればデメリットは特にないからです。

ただ、あくまで出金に関してのデメリットという意味であり、入金のことも含めれば考え直す余地はあるかもしれません。

エコペイズやアイウォレットは、確かに50ドル未満で5ドルの手数料がかかるデメリットはあるものの、電子決済に特化したサービスだけあって、入出金のトータルで見れば使いやすいと言えます。

ビットコインも同様ですが、もともとが仮想通貨ですから、資産価値の変動が激しくなるかもしれないことは理解した上で利用する必要があります。

まとめ

日本語対応で日本人プレイヤーも安心して楽しめるオンラインカジノ「クイーンカジノ」の高額出金について解説しました。

クイーンカジノは、高額ベットするようなハイローラーにとっては微妙かもしれません。

出金限度額も低めですし、対応する手段も少なめです。

複数のオンラインカジノを登録し、そのときどきによって遊ぶオンカジを選ぶようなプレイスタイルであれば選択肢の1つとしてはおすすめです。

が、高額出金のサービスレベルを求める方はエルドアカジノなどハイローラー向けサービスが充実しているオンカジをおすすめします。

関連記事
エルドアカジノ(ELDOAH CASINO)に登録するときの流れを解説!