サンズコタイセントラル – カジノの特徴、VIP待遇、マナー情報まとめ

サンズコタイセントラルカジノ アイキャッチ画像

マカオのコタイ地区にある複合カジノ施設「サンズコタイセントラル(Sands Cotai Central)」の特徴を紹介。

サンズコタイセントラルのカジノでの遊び方やゲームの種類、VIPサービス、服装などのマナーについて解説しています。

リンク先から登録で最大1万円/50%入金ボーナスあり!

【当サイトからの登録で2000円もらえます!】

1.「FULL」で登録
2.プロモーションコード欄に【2000bonus】と入力
3.登録後、クーポン履歴ページで申請する

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説

 

サンズコタイセントラルの特徴

サンズコタイセントラル 特徴

マカオのサンズコタイセントラル(Sands Cotai Central)は、マカオ国際空港のすぐ西側エリアにある大型のリゾートカジノ施設です。

ラスベガスのカジノ企業「サンズ」の子会社「サンズチャイナ」が運営しています。

サンズコタイセントラルは、マカオカジノが売り上げ、利益でラスベガスを抜いて世界トップだった絶頂期の2012年5月にオープンしました。

カジノを中心に、エンターテイメント施設、ショッピングモール、レストラン、ホテルが一堂に集まっている巨大な複合施設です。

ホテルは、ホリデイイン、コンラッド、シェトランといったラグジュアリーな有名ブランドが名を連ね、客室数は合計5800室ほどと圧倒的。

カジノと直結しているため、滞在中は豪華な客室でゆったり過ごしつつ、好きなタイミングで思う存分ギャンブルを楽しめるでしょう。

また、施設内は多くのグルメレストランやカフェ、バーがあり、世界各国の料理を楽しめます。

広大なショッピングモールでは、世界の高級ブランドからカジュアルブランドまで、ショッピングを楽しむことも可能です。

このように、サンズコタイセントラルなら、マカオ滞在時の満足度を大きく高めてくれるでしょう。

サンズコタイセントラルのカジノフロア情報

サンズコタイセントラル施設内にあるカジノは、「ヒマラヤ(Himalaya)」と「パシフィカ(Pacifica)」の2フロアに分かれています。

サンズコタイセントラルのオープンと同時ににできた「ヒマラヤ」は、コンラッドとホリデイインマカオホテルの入っている建物の1Fにあります。

その後しばらくして、2012年9月にはパシフィカがオープン。

こちらはシェラトンマカオホテルの1Fにあります。

2つのフロアを合計すると、面積は約28000㎡あり、世界でもトップクラスに広さです。

さらに、サンズコタイセントラルのあるコタイ地区にもほかのカジノ施設も集中しているため、毎日カジノを変えながら楽しむこともできます。

また、VIPルームも完備し、ハイローラー客でも満足いく時間を過ごせるでしょう。

サンズコタイセントラルのカジノ内ルール・マナー

年齢制限はある?

サンズコタイセントラルに限らず、マカオでは21歳以上がルールです。

韓国は19歳以上、ヨーロッパなど一部の国は18歳以上などもっと若い年齢でも遊べるところはありますが、マカオは少し厳しめです。

子連れでも入れる?

子供は入れません。

大人と一緒でも入れてもらえません。

ショッピングセンター内に託児所もあるので、どうしても遊びたい人は利用しましょう。

カジノは24時間営業なので子供が寝てからこっそり行くこともできますが、起きてしまった子供が親を探して外をに出ないとも限りません。

託児所に預けて遊ぶか、父か母のどちらか一人が子守をして片方が遊ぶようにすることをおすすめします。

入場料は?

サンズコタイセントラルにあるカジノは無料で入場できます。

タダで遊べるゲームはありませんが、見学だけでもできます。

ギャンブルに興味がない人でも、本場の雰囲気を楽しんでみてください。

服装・ドレスコードはある?

ほぼありません。

海外旅行に行くような普通の服装であれば問題なく入れます。

とはいえ、サンダルや短パン、タンクトップ、水着など肌の露出が多すぎる服装は入場拒否されるでしょう。

サンズコタイセントラルがあるマカオコタイ地区の南にあるコロアン島にはビーチもあるので、多少ラフな格好になることもあるでしょう。

ですが、きちんと着替えてから遊びに行きましょう。

なお、エアコンがガンガン聞いているので、1枚羽織れるものを持っていきましょう。

対応通貨は?

香港ドル(HKD)です。

レートは1香港ドル=15~19円くらいの間で推移しています。

サンズコタイセントラル滞在中の短い期間に大きく動く可能性は低いですが、一応為替変動リスクはあります。

チップを渡す文化はある?

サンズコタイセントラルをはじめ、マカオにチップを渡す文化はありません。

フロアでドリンクサービスを利用したり、ディーラーのいるテーブルで遊んでも、チップを気にする必要はありません。

大勝ちしたらディーラーに1~2割渡すという人もいるようですが、絶対ではありません。

フロアやテーブル席でスマホは利用可能?

テーブル着席時のスマホ利用は禁止です。

ディーラーやスタッフに注意される可能性大です。

フロア内でも撮影などはできません。

時計を見るくらいなら揉んだないと思いますが、念のためフロアスタッフやカウンターで確認しておきましょう。

ベネチアンマカオカジノで遊べるゲームと最低ベット額

フロア内のあるゲームの種類

  • スロット
  • バカラ
  • スリーカードバカラ
  • ブラックジャック
  • テキサスホールデムポーカー
  • サンズスタッドポーカー
  • フォーチュンスリーカードポーカー
  • 大小(タイサイ/シックボー)
  • クラップス
  • ルーレット
  • カジノウォー
  • ドラゴンフェニックス
  • ファンタン
  • マネーホイール
    など

サンズコタイセントラル「ヒマラヤ」

  • スロット・・・1300台
  • テーブルゲーム・・・200台

サンズコタイセントラル「パシフィカ」

  • スロット・・・600台
  • テーブルゲーム・・・190台
  • VIPテーブル・・・150台

VIP向けあるなしとスロット重視で差別化されています。

テーブルゲームはどちらでも楽しめます。

なお、パシフィカはミニマムベットが高くVIP向けの要素が強いです。

ゲームの最低ベット額(ミニマムベット)

  • バカラ・・・200HKD~
  • 大小・・・300HKD~
  • ブラックジャック・・・500HKD~
  • ルーレット・・・50HKD~
  • クラックス・・・200HKD~
  • スリーカードポーカー・・・200HKD~
  • サンズスタッドポーカー・・・300HKD~
  • カジノウォー・・・200HKD~
  • マネーホイール・・・20HKD~
  • デジタルゲーム・・・10HKD~
    など

あくまでサンズコタイセントラル全体のカジノのミニマムベットであり、テーブルによってこの金額より最低ベット額が高い場合もあります。

サンズコタイセントラルのVIPフロア・ルーム事情

サンズコタイセントラルで2つある平間屋とパシフィカの内、パシフィカにVIPフロアがあります。

サンズコタイセントラルのVIPサービスを受ける方法

サンズリワーズカウンターで、サンズグループ共通の会員プログラム「サンズリワーズクラブ(入会金・年会費無料)」に登録し会員カードを作成します。

ゴールド・ルビー・ダイアモンドの3ランクに分かれていて、カジノで遊ぶほど昇格し、ランクに応じてVIPサービスを受けられるようになります。

会員カードランクアップ条件

ゴールドの状態で、6ヶ月で888ポイント獲得するとルビーに昇格。

ルビーの状態で、6ヶ月で8888ポイント獲得するとダイアモンドに昇格。

主なVIPサービス

  • 宿泊料割引
  • 優先チェックイン
  • ポイント還元
  • 関連施設のVIPラウンジの利用
  • ボーナス
  • イベント招待
  • 優先的に両替可能
  • コンシェルジュサービス
  • レストラン割引
  • 提携ショップの割引やポイント還元
    など

サンズコタイセントラルのジャンケット

マカオで活動しているジャンケット情報は、日本からホームページにアクセスできず不明です。

日本の大阪にある唯一のジャンケット業者は、サンズコタイセントラルと提携しているようです。

まずは、一度相談してみてください。

日本のジャンケット業者HP

サンズコタイセントラルのホテルや施設

サンズコタイセントラル ホテル情報

宿泊施設

コンラッド、ホリデイイン、シェトランというゴージャスなホテルがあります。

その他施設

ショッピングセンター、コンサート会場、ショッピングモール、レストラン、バー、子供向けのアクティビティが楽しめる施設など。

施設情報

名称サンズコタイセントラル
(Sands Cotai Central)
住所Estrada da Baia de Nossa Senhora da Esperanca, マカオ
公式サイトhttps://www.sandsmacao.com/

サンズコタイセントラルへのアクセス

住所:Sands Cotai Central Cotai Strip, Taipa, Cotai, Macau

マカオ国際空港やフェリーターミナルからでている無料シャトルバスが便利です。

日本とマカオ空港の便と費用

成田からマカオ直行便が毎日2便でています。

フライト時間はだいたい5時間くらい。

料金は4~10万円程度で、時期により違ってきます。

マカオ空港からサンズコタイセントラルへのアクセス

無料シャトルバスがおすすめです。

サンズコタイセントラルを楽しむおすすめデートプラン

日本を早朝に出発し、お昼ごとに現地着したと想定して、サンズコタイセントラルのカジノを中心にしたおすすめデートプランを紹介!

チェックインから翌日の夜まで、2泊3日で二人の時間を最大限に楽しむためのプランです。

マカオ到着日

  1. チェックイン: ホテルにチェックインし、部屋で一息つきましょう。景色の良い部屋を予約すれば、マカオの美しい風景を二人で楽しむことができます。
  2. リラクゼーション: 長旅の疲れを癒すために、ホテル内のスパでマッサージを受けましょう。二人の時間をゆっくりと過ごすのに最適です。
  3. ディナー: ホテル内のレストランでロマンチックなディナーを楽しみましょう。世界の一流シェフが作る美食と、素晴らしい雰囲気がデートをより特別なものにします。
  4. カジノ: ディナーの後はカジノで軽く遊んでみてはいかがでしょうか。初めての方でも楽しめるゲームがたくさんあります。勝つことよりも、一緒に楽しむことが重要です。

2日目

  1. 朝食: ホテルのブッフェレストランで美味しい朝食を取りましょう。多種多様な料理を堪能し、新しい一日をゆっくりと始めましょう。
  2. ショッピング: 朝食後はホテル内のショッピングモールでショッピングを楽しみましょう。お互いにプレゼントを選び合うのも楽しいですね。
  3. プールでリラックス: ショッピングの後はホテルのプールでリラックスしましょう。太陽の下で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
  4. ランチ: プールサイドのカフェで軽いランチを楽しみましょう。新鮮なサラダやサンドイッチ、フルーツを楽しみながら、美しいプールを眺めて過ごす時間はとても贅沢です。
  5. エンターテイメント: 午後はホテル内のショーやエンターテイメントを楽しみましょう。興奮と感動を共有する時間は、二人の絆を深めます。
  6. 夕食: 最後に、美しい夜景を眺めながらディナーを楽しみましょう。美味しい料理と素敵な雰囲気で一日を締めくくりましょう。

3日目

ホテルでまったり朝食を食べ、チェックアウトし、空港へ向かいましょう。

以上が一例ですが、二人の関係性や彼女の好みに合わせてカスタマイズしてみてください。

大切なのは一緒に楽しく過ごすことです。

サンズコタイセントラルについてよくある質問

よくある質問
・危険な目にあうことはない?
・マナー違反したら罰則はある?
・誰でも楽しめる?
・カジノで勝つ方法は?

危険な目にあうことはない?

重犯罪に合う可能性は低いですが、スリなどの窃盗犯罪は発生しています。

自分は大丈夫など油断せず、手荷物はできるだけ持たない、持つなら肌身離さずもっておくなど自己防衛は最低限しておきたいですね。

マナー違反したら罰則はある?

フロアから退場させられる可能性があります。

とくにマカオのような中国では、監視カメラ社会です。

顔が記録されていて、情報共有されている可能性も考えられます。

違うカジノに行っても、要注意人物として監視される、または退場させられる可能性もあるでしょう。

誰でも楽しめる?

ギャンブルに嫌悪感を持っていなければ楽しめるでしょう。

ルールがよくわからないなら、人と関わらずに遊べるスロットや電子ゲームがおすすめです。

バカラやルーレット、ブラックジャックなどの電子ゲームもあるので、慣れてからディーラーのいるテーブルデビューすると安心です。

または、日本でも遊べるオンラインカジノで予習しておきましょう。

個人的におすすめはここです↓

カジノで勝つ方法は?

必勝法はありません。

バカラなど2択のゲームで、負けたら次に倍額ベットするくらいです。
(ただしマックスベット額が決まっているので無限には続けられません)

または、明らかに勝ちまくりのラッキーな人がいるなら、その人の選択に乗るといいでしょう。

カジノは運ゲーです。

ルーレットなら、ディーラーのクセが強く出ていれば狙えないこともありませんが、そんなのを見つけるためにずっと監視するのも楽しくありません。

勝負師でもないなら、気にせず遊ぶことをおすすめします。

まとめ

サンズコタイセントラルにあるカジノ情報を紹介しました。

マカオ国際空港から近く、日本からも行きやすい場所です。

一般向けとVIP向けにわかりやすく分かれているので、予算少な目ならヒマラヤへ、50万円くらい持っていけるならパシフィカへ行ってみましょう。

ちなみに、本番でまごまごしないためにも、オンラインカジノで予習しておくと安心です。