【スマートライブカジノ事件】逮捕の理由やことの顛末とオンラインカジノの違法性

スマートライブカジノ事件

オンラインカジノの違法性や事件について調べていて目にした「スマートライブカジノ事件」について調べてみました。

知っていてもカジノで稼げるわけではありませんが、オンラインカジノを嗜む者として頭の片隅にでも置いておくといいのでは?と思うのでまとめてみることに。

スマートライブカジノ事件の詳細まとめ

スマートライブカジノ事件とは?

スマートライブカジノ事件 京都府警

スマートライブカジノ事件とは、スマートライブというオンラインカジノをプレイしていた3人の客が、京都府警に逮捕されたという事件のこと。

これまで無店舗型のオンラインカジノで逮捕された人はいなかったことから、初めての事例として業界関係者やオンカジプレイヤーたちはかなり驚かされました。

「日本でオンラインカジノをプレイするのは違法なのでは?」ともいわれるようになって、一時期オンラインカジノ関連の宣伝サイトなども勢いがなくなったりしたそうです。

現状違法ではないオンラインカジノで逮捕者が出たのはなぜ?

これまでは海外で合法的に運営されているオンラインカジノを楽しむことはグレーではあるが違法ではないという認識が強く持たれていました。

日本では「刑法185条」でギャンブルが規制されていて、お金を賭ければ「賭博罪」に問われる可能性があります。

ただし、賭博罪は必要的共犯と考えられ、運営とプレイヤーの両方が違法にならないと罪に問えないよくわからない仕組みだったりします。

そのため、海外で合法的に運営しているオンラインカジノが合法なのに、プレイヤーだけ違法だった場合に摘発することは難しいわけですね。

日本にはとくに海外のオンラインカジノを規制する法律もないので、運営側を違法にはできないんです。
(日本国内で運営されているサイトはNGですが)

しかし、スマートライブカジノ事件においては、日本人がプレイすることを目的にに作られていたことが引っかかって逮捕されるに至りました。

運営自体は海外だったのですが、実質的に日本人による運営なので違法だ!となった模様。

また胴元も日本人だったため、スマートライブカジノのプレイヤーが捕まってしまったわけです。

逮捕されたプレイヤーはどうしてバレた?

スマートライブカジノ事件のバレた原因

なぜこの三人は特定されてしまったのか?というと、スマートライブカジノでは他人のプレイヤーIDがわかり、それを基にして捜査して特定されたと考えられます。

実際、逮捕された三人のプレイヤーは、ブログやSNSでプレイ状況を公開していたようです。

それでこれらブログやサイトの運営側に警察が情報開示を請求して、明らかになったのではと考えられています。

警察はどのように発見したのか公開しているわけではなく、捜査機密でもあるので今後もはっきりとは明らかになることはないでしょうね。

個人的に警察のインターネット部門(?)って時代遅れなイメージ持ってましたけど、いまは検索履歴やツイッター投稿などからも個人を特定できるみたいですからね。

とりあえず、SNSやブログで公開していたら簡単に特定されてしまうのは間違いなし。

あまりこのブログでオンラインカジノプレイ状況など公開しないほうがいいのかもしれない。

べべべ、べつに後ろめたいことなんてしてないけど(笑)

プレイヤーのうち1人は不起訴になっている

ちなみに、この事件で逮捕された人の内、2人は罪を争わなかったので略式起訴を受け入れて罰金刑となりましたが、一人はそれはおかしいとして略式起訴を受け入れず争いました。

その結果、10か月後に不起訴となりましたので、その人の無罪は最終的に確定しました。

不起訴となったので、実際に裁判所の判断が出たわけではなく、判例は最高裁判所の判断で確定するので、略式起訴を受け入れた前例は判例とは違うので、これがそのまま違法というわけではありません。

しかし、最後まで争った人が不起訴となったのは、検察側もこれでは有罪にするのが難しいと考えたので不起訴としています。

日本の刑事裁判は、起訴されれば有罪率がとても高いですが、その理由の一つは罪になる見込みのない事件は起訴しないから。

で、それを考えると日本できちんと裁判で争ったとすれば、オンラインカジノでプレイすることを有罪にすることはできないと考えられているそうです。

ほかの二人はめんどくさかったんでしょうね。

裁判なんてお金かかるだけですし、その分ほかのギャンブルにつぎ込んだのかもしれない。

知らんけど(汗)

オンラインカジノはプレイしても問題ないの?

オンラインカジノの安全性

そもそも、オンラインカジノが違法か合法かいろいろ議論されている理由は、刑法の賭博罪の規定が現在のようにインターネットの世界を基本的に想定していないことが原因。

刑法が作られたのは明治時代であり、その時代にはこのような仕組みは想像もされておらず、そのためグレーと言われています。

とはいえ、インターネットが普及し始めて20年以上経っていることを考えると、さすがに対応が遅いですね。

今後急に規制強化されても困るけど(汗)

で、刑法で規定していないとなれば、現在の解釈として違法と言えるかどうか考えることになりますが、前述のように賭博罪は必要的共犯と考えられており、運営側が合法と言えないのであれば立件することは難しいと言えます。

もちろん、この点はまだ実際に裁判になった事例がないので、裁判所の判断によってもしかしたら違法という判断がされる可能性はあります。

でも、この事件以降は日本人プレイヤーが逮捕されたという事例はないようです。

プレイ動画の公開は問題ない?

オンラインカジノで遊んだ様子ををYouTubeなどの動画サイトにアップしたり、ブログやTwitterなどで情報公開している人もいますが、御咎めを受けたという話はありません。

運営側も、日本人がプレイするのは合法と考えていると声明を出しているところがあります。

あくまでもオンカジはグレーと認識しておいた方がいい

スマートライブカジノ事件も、明らかに日本人向け&日本語でディーラーとやり取りできたことが原因なので、海外のオンラインカジノなら厳しく対応することはできないでしょう。

争ったら不起訴となっていることもあって、不当逮捕の側面が大きかったのではないか?とも言われていますが、現状はまだ法律が昔のままでいる以上グレーゾーンと考えていた方が良いですね。

限りなく罪となる可能性は低いものの、現状まだ法律が整備されていないだけとも言えるので、仮に罪に問われたとしてもおかしくはありません。

ただ、日本ではカジノを作る方向で進んでますし、将来的にはオンラインカジノもそれに伴って法整備がされれば正式に合法となる可能性はあります。

一応現状ではグレーゾーンであるため、もしプレイするなら自己責任でプレイすることになりますね。

まとめ

オンラインカジノのプレイヤーが初めて逮捕された事件として注目された「スマートライブカジノ事件」について調べてみました。

日本でオンラインカジノをプレイしても現状問題ないのは、海外で全世界を対象に運営されているので日本の刑法にある賭博罪で罪を問えないからですね。

またオンカジを規制する法律がないからってのもありますね。

とはいえ、日本でもカジノができる流れですし、税金さえ徴収できるなら厳しく規制されることはないんじゃ?と安易に考えてますが果たしてどうなることやら・・・。

ちなみに、仮想通貨でプレイすれば上手に節税もできるので、ハイローラーを目指す人にはおすすめです。

関連記事
ビットコイン対応オンラインカジノで節税対策!税金の節税方法は?