スピードバカラと普通のバカラは何が違う?ルールや攻略法を紹介

スピードバカラと通常バカラの違い

ここ数年、日本でもどんどんカジノへの注目度が高まっています。

日本のギャンブル業界ではパチンコやパチスロが幅を利かせてきたこともあって今まであまり親しみのないものでしたが、これからさらに注目度が大きくなっていくことは間違いないでしょう。

そんなこんなでカジノに注目している人、興味を持ち始めた人も多いと思います。

が、一言でカジノと言っても、何から始めれば勉強すればいいのか迷ってしまいますよね。

カジノでいろんなゲームが遊べますが、その中でも王様と言われているのが「バカラ(Baccarat)」と呼ばれるカードゲームです。

カジノの王様とも呼ばれるバカラは、カジノで有名なマカオでもテーブルゲームの9割がバカラと言われるほどポピュラーなもの。

ルールも非常に簡単ですし、カジノをしてみたいという方はまさにここから学ぶべきと言っていいゲームだといえます。

そんなバカラにはいくつかの種類があります。

その中で「スピードバカラ」と通常の「バカラ」に注目し、何が違うのか?についてルールや攻略方法を紹介していきます。

カジノの王様「バカラ」のルールは?

カジノの王様と呼ばれるバカラは、一言で言うと参加者がバンカーとプレイヤーの勝敗を予想するゲームです。

自分がゲームにベットするプレイヤーではあるんですが、プレイヤーではない、っていう文章だけではわかりづらい仕組み(汗)

例えると、路上でケンカしてる二人がいるとして、あなたは野次馬の一人として「どっちが勝つか賭けようぜ?」と言ってる感じですね。

実際にゲームをしているとされるバンカーとプレイヤーは仮装の人物であるため、参加者はゲームの勝敗を左右出来ず、ただ競馬や競艇のように勝敗を予想するだけとなるのが特徴です。

ゲームの進行はディーラーと呼ばれるスタッフによって行われ、ゲームに参加して勝敗を予想する参加者は、ディーラーの進行に従ってどちらが勝つのかを予想し続けることでゲームが進んで行きます。

バカラの種類の1つ「スピードバカラ」のルールは?

バカラと言ってもいくつか種類があります。

その中で初心者にも人気が高いもののひとつに「スピードバカラ」というものがあります。

スピードバカラとはオンラインカジノで楽しめるライブカジノのゲームの一つので、簡単に言えば通常バカラの1種です。

ルールは通常のバカラと同じで違いはありません。

じゃあ何がスピードなのか?ですが、その違いはゲームの進行スピードにあります。

通常バカラではカードをめくるドキドキ感を楽しみながらプレイをしますが、スピードバカラではそのような要素がなく、テンポよくゲームが進行していきます。

ゲームのドキドキ感を楽しむ、というよりは、サクサクとゲームをすすめたいという方におすすめの遊び方で、スピード以外とくに特別な違いはありません。

画面上だけで繋がっていて、会話など余計なやりとりが不要なオンラインカジノならではのバカラと言ったところですね。

ライブカジノは特にスピード感のある遊び方として最近日本でも人気となっている遊び方ですが、その中でもテンポよくゲームを進めることが出来るという事で、初心者がゲームの流れを学ぶという意味でも、熟練者がサクサクとゲームを進めるという意味でも、幅広い方におすすめのバカラです。

スピードバカラでおすすめの攻略法は?

スピードバカラは通常バカラとゲームの進行以外のルールに特に違いがないので、攻略法も通常のバカラと一緒です。

リスクを最小限に抑えながら遊びたい、リスクが大きくても大きく勝ちたいなど、自分がどのようなスタイルで遊びたいのかを決めておくことで、攻略法を絞ることが出来るのでおすすめです。

代表的な攻略法をいくつか紹介しておきます。

まずはこの中で自分と相性の良さそうな方法をチョイスして使ってみてください。

  • パーレー法
  • 10%法(テンパーセント法)
  • マーチンゲール法

大勝ちを狙うならパーレー法

まず攻めを重視して大きく勝つことを目標にする方におすすめの攻略法の一つに、パーレー法というものがあります。

簡単に言うと勝ったら次に賭けるチップの枚数を2倍にしていく方法で、連勝すればするほど大きく勝つことが出来るので、勝った時のリターンがとても大きくなります。

大勝を狙ういかにもギャンブラーな感じのする攻略法ですね。

ちなみにパーレーとは海賊用語で交渉のこと。

大ヒット映画「パイレーツオブカリビアン」で知った人も多いのでは?

でもなんで「交渉」が賭け金を倍々にしていくのか?まではわかりませんでした(汗)

小リスクで楽しむなら10%法(テンパーセント法)

次にリスクを最小限にして遊びたい方におすすめなのが、10%法です。

手持ちのチップを買っても負けても10%ずつかけていく方法で、連敗をしてしまった時よりも連勝を続けた時の増え方が大きいので、リスクを最小限に抑えることが出来る方法と言えます。

ただしリターンも少なくなるので、負けてしまった時に取り返すのが難しくなるという特徴もあります。

バランス重視ならマーチンゲール法

勝ち負けのバランスを見ながら遊びたいという慎重派の方には、マーチンゲール法がおすすめです。

マーチンゲール法とは、負けたら次に賭けるチップの枚数を勝つまで2倍に引き上げていく方法のこと。

1度でも勝てばどのタイミングで勝っても必ず損益がプラスになるので、勝ちさえすればマイナスを取り戻すことが出来ます。

ただし一度も勝てないとマイナスがどんどん膨らんでいくので、手持ちの余裕を見ながら遊ぶ必要のある攻略法です。

理論上はずっとゲームを続けていけば勝つタイミングがやってくるはずなので、100%勝てる攻略法ではあります。

が、オンラインカジノ側もそこはわかっていて、一度にベットできる上限額が決められています。

たとえば1回当たり上限500ドル制限があるバカラなら、1ドルスタートで連敗しつづけたとして、9連敗すると次のベット額が512ドルになり、マーチンゲール法は破城してしまいます。

勝率がほぼ2分の1のバカラで9連敗もなかなかないと思いますが、しょせんは運のゲーム。

あまり過信しすぎず、5連敗したら別の攻略法に切り替える、またはゲームを降りる、など自分なりのルールを持っておくようにしたいですね。

 

以上のように、一言で攻略法と言っても、どう遊びたいかによってその方法はさまざま。

まずは自分がどんなスタンスで遊ぶかをはっきりさせると、攻略法を最大限に活かせるでしょう。

バカラは基本的にバンカーの方が勝率高め

最後にバカラの基本知識として、バンカーの方が勝率が若干高いことを覚えておくと、どちらにかけるか迷った時にはとりあえずバンカーにかけてみるという選択もできるようになります。

スピードバカラに限らず知識がとても大切になるので、遊ぶ前には基礎を一通り学んでみることをおすすめします。

まとめ

スピードバカラと通常のバカラの違いについて紹介しました。

ルールは完全に一緒ですが、進行スピードが違うだけですね。

カードをめくるドキドキ・ハラハラ感より、サクッとゲーム回数をこなしたい人には最適です。

まだまだ日本では親しみの薄いカジノですが、カジノ施設が運用スタートすればもっと身近なものになるはず。

今のうちからカジノについて勉強しておきたいという方は、まずはバカラから初めてカジノの基礎を学んでいきましょう。

バカラに限らずゲームにはスピード感を重視したいという方は、ライブカジノのスピードバカラで遊んでみると、その魅力にハマる事間違いなしです。