スポーツベットは日本だと違法?逮捕されない?法律的にどうなのか解説!

スポーツベットの違法性

普通なら賭け対象にできないプロ野球を始め、Jリーグ・大相撲など日本で開催されるスポーツの試合。

でもいまは海外で運営されているブックメーカーやオンラインカジノサイトを使うことで、日本国内でもお手軽にベットできます。

まぁサッカーならtotoをネットで買えますが、プロ野球に関しては少し前に検討された「プロ野球くじ」も結局見送りになっちゃいましたからね。

そんなわけで、日本のスポーツにベットするなら海外サービスが簡単便利です。

ただ気になるのは、賭博罪がある日本で海外のスポーツベットをやっても違法じゃないの?と、法律上どうなのか気になっている人もいると思います。

逮捕なんてされたらたまったもんじゃありませんからね。

そこでスポーツベットの違法性について調べてみました。

日本でスポーツベットしても違法ではない?

まず、言うまでもないことですが国内で合法的に行われているtotoなどの賭けをギャンブルを行っても何の問題もありません。

合法的に運営されているのですから当然のことです。

気になるのはtotoのような国内OKのスポーツベットできるギャンブルではなく、海外で提供されているスポーツベットにインターネットを介して賭けをするとどうなるかでしょう。

あくまでも違法ではない、という解釈

これは、法律上全く問題ないとは言い切れません。

スポーツベットはどう見ても賭博であり、賭博は法律で禁止されています。

ですが日本の刑法で定められている「賭博罪」というのは、運営者、俗にいう胴元を処罰するのが必要条件であり、参加者は胴元と一緒でなければ逮捕されたり起訴されたりすることは実際問題としてありません。

スポーツベットは海外で合法的に運営されているもの

海外を拠点にしているスポーツベットの場合、言うまでもなく海外に日本の法律の適用は及ばないため、胴元が捕まることはありません。

もちろんスポーツベットが法律で認められている国で運営されていることが大前提ですけどね。

最近とある自動車会社のトップがレバノンへ脱出した事件が巷を騒がせたことから想像をたくましくしている人がいるかもしれませんが、日本の法を犯した者が海外に逃亡等してしまった場合、日本の捜査当局がその国の警察機構やさらには国際刑事警察機構を通じて逮捕や拘留、さらには日本への召還を要請することはあり得ます。

ですが一般論として、別にその国の法を犯したわけでもない人を他国に引き渡すようなことは通常あり得ません。

自国民を守ろうとするのはどの国でも同じです。

さらに言えば、スポーツベットを運営している企業は別に違法にやってるわけではなく、むしろ全くの逆です。

運営している国では政府機関等から認証を受けた上で、いわば政府公認としてやっているので、その意味でも胴元が日本に引き渡されたり捜査機関に捕まるわけがありません。

つまり胴元が逮捕されることはあり得ないわけで、参加者が捕まるようなことも無いと判断できるでしょう。

実際にスポーツベットの参加者が捕まったり裁判で有罪判決を受けた例は過去にありません。

ですから、法の上で完全に白とまでは言えないにしても、現実的にまずいことが起こることはないと言えます。

国内でスポーツベットサイトが運営されていたら違法です

ただ、一応気をつけておいたほうがいいことはあります。

たとえば、スポーツベットサイトがいかにも海外で運営されているかのように見せかけて実は国内で運営されていた、というようなケースです。

または、運営は海外で行われているとしても、間で国内の別の人物が関与するなどでお金のやり取りがあり、事実上その者が胴元だと判断できるような場合も違法となります。

このようなケースだと「違法ではない」とした上での話とは違ってきます。

胴元が逮捕されると参加者も同罪になる可能性大

つまり、胴元が国内にいると判断できるわけなので、警察の捜査によって胴元が逮捕され、インターネットを通じて賭けを行っていた者もネットの送受信記録を辿るなどして芋づる式に逮捕される可能性はあります。

スポーツベットにおいては実際の逮捕例はまだありません。

が、似たようなギャンブルであるオンラインカジノでは、海外で行われていると見せかけて実は国内で運営されていたために胴元と併せて参加者まで逮捕に至ったケースが発生しています。

違法運営ではないか自分でもチェックしよう!

トラブルを防ぐためには、スポーツベット運営元がライセンスをしっかり取得しているか確認したり、口コミサイトなどで運営元の信頼性を調べてみるなどして怪しげなところには近づかないようにするしかありません。

基本、多くの人が問題ないとして利用されている運営元でこのような問題が起きることはまず考えられません。

あくまで現行の賭博罪では逮捕しようがない、という認識で!

なお、賭博においては胴元と一緒でないと参加者だけが逮捕されることはないというのは別に法律に明記されているわけではありません。

警察としてこれまでそのように運用してきている、というだけのことです。

明文化されているわけではなくあくまで運用なので、いままでと変わる可能性がないとは言えません。

ですが誰しも知っていることとして、日本の警察も決して暇ではありません。

取り締まるべき犯罪は他にいくらでもあるのです。

そもそも賭博がなぜ犯罪行為になるかというと、射幸心を煽ることで社会風紀を乱すから。

ところが日本には賭博は一切存在していないかというと決してそうではなく、合法的に行える賭博行為が複数存在しています。

最初に書いたtotoもその例ですし、競馬や競艇、競輪などの公営競技もあります。

パチンコやパチスロも、建前上は換金できないのですから賭博には該当しないはずですが、現実には勝てばお金を手にできるのは周知の事実でしょう。

このように他に射幸心を煽るものがいくらでも存在している中で、とくにほかのギャンブルと比較して桁違いに逸脱しているものでもないなら、胴元を逮捕せず参加者だけを捕まえることはしないと言えるでしょう。

現状のスポーツベット利用者に対して、これまでの運用を変えてまで取り締まり強化しなければ社会風紀を保てないとする理由を見つけるのも少々難しいですね。

まとめ

日本でも利用できる海外運用のスポーツベットの違法性について調べたことをまとめました。

スポーツベット合法国で運営している企業のサービスなら、現状違法ではない、と言えます。

ただ、胴元が国内にいる場合は利用者まで逮捕されてしまうこともあるため、運営側がどこでやっているのか、海外運営だとしてもきちんと運営ライセンスを取得しているのか、など確認することは大事です。

ただそれも面倒だと思いますし、日本のプロ野球などにベットしたいなら世界トップのイギリスの老舗ブックメーカー「ウィリアムヒル」がおすすめ。

70年の歴史があり、イギリス政府公認のスポーツベットなので安心です。

参考記事
ウィリアムヒルのスポーツベットできる競技・ゲームの種類まとめ