プロ野球をスポーツベットで倍楽しもう!対応するオンカジ・ブックメーカーはここ!

プロ野球でスポーツベット

毎年2月ころからプロ野球のキャンプが始まり、シーズン到来にワクワクを募らせているファンは多いことでしょう。

スポーツにも多様性が生まれて昔のようにプロ野球一強ではなくなって久しいですが、まだまだ日本ではトップスポーツの1つであることは間違いありません。

そんなプロ野球の試合結果でどっちが勝つか?に仲間内で賭けたことがある人も多いのでは?

目の前に警察がいれば捕まる可能性は高いんですが、実際小さな集まりでやっていたらわかりようもありませんからね。
(といっても推奨しているわけではないのであしからず)

ただ、競馬や競輪などの公営ギャンブルみたくプロ野球にも気軽に賭けてみたいと思いませんか?

ここ数年、日本のプロ野球にも賭けられるスポーツベットサービスが登場してるんです。

そこでプロ野球にベットできるサービスをいくつか紹介していき、初めてベットするのにおすすめのサイトもピックアップしました。

熱烈なファンを自称する人はもちろん、プロ野球にはそんなに興味がないけど賭け対象としては気になる人までぜひ参考にしてもらえたら幸いです。

日本でプロ野球にスポーツベットしても大丈夫なの?

ベットできるのはオンラインカジノやブックメーカーと呼ばれるサイトです。

どこも登録無料で入金さえすればプロ野球の試合にベットできます。

じゃあ早速登録を、と行きたいところですが、その前に日本で賭け事して大丈夫なのか不安に感じる人もいると思うので、その辺をサクッと解説しておきます。

オンラインカジノやブックメーカーに違法性はないの?

オンカジとブックメーカーの違法性

オンラインカジノやブックメーカーなどネットでできるギャンブルを運営するには、これらを合法としている国でのライセンスが必要です。

よって運営ライセンスを取得していないところは違法です。

また日本ではライセンスを発行していませんし、法的に認めてもいない(法律自体がない)ので、もし国内で運営されているところがあったなら違法です。

プロ野球に賭けたら賭博罪に問われないの?

日本では国に認められた公営ギャンブル(競馬・競輪・競艇など)やパチンコ・パチスロなど一部遊戯場は普通に楽しめます。

でも「インカジ」というオンラインカジノを店舗でサービス提供しているところで遊んでいるのがバレると賭博罪が適用されて逮捕されます。

「じゃあオンラインカジノやブックメーカーはダメなんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、現状グレーな状態で、プレイヤーは年々増えています。

グレーってなんやねん?ってことですが、日本の賭博罪で逮捕するためには運営側と遊ぶ人が両方国内でやっていることが前提なんです。

オンラインカジノやブックメーカーは海外企業が合法的な国できちんと運営しているサービスなので、日本人が日本で利用してもプレイヤーだけが国内にいる状態なので警察は逮捕できません。

そもそも日本の法律で海外に拠点があり健全に運営している企業を取り締まることもできないでしょう。

ブックメーカーに入金したらお金だけ盗られたりしない?

いくらここでスポーツベットサイトは安全で信頼性のある企業が運営してるんでお金がとられることはありません!と言ったところで、かなしいかな信ぴょう性は微妙です(汗)

ただ、スポーツベットができるオンカジやブックメーカーは、運営ライセンスを取得するときに厳しい審査を潜り抜けています。

また第三者機関の監視などもあり、ユーザーのお金を盗ろうものならライセンスをはく奪されてしまいます。

多くのサイトは上場している大企業やその子会社による運営だったりしますし、時間もお金もかけて取得したライセンスを失い信頼まで失ったら大打撃です。

また発行側も信頼が傷ついたら取得しに来る企業がいなくなってしまう=儲からないため、厳しくチェックしています。

よって預けたお金が盗られることはないでしょう。

そして万が一にもありませんが、もしお金が盗られるなんて事態に遭ったなら、そのスポーツベットサイトにライセンスを発行している機関へクレームを入れましょう。

しっかり対処してくれるはずです。

また、過去に入出金処理でクレームがないかネットでいいので検索してみましょう。

とくに出金が1週間以上など異常に時間がかかるスポーツベットサイトは避けたほうがいいです。

資金繰りが怪しいので、そのまま入金分を保有されたまま倒産する=盗られるかもしれませんからね。

スポーツベットの年齢制限は?

ブックメーカーの年齢制限

 

オンカジやブックメーカーによって違いますが、すべて18歳以上が条件です。

ほか、サイトによって「20歳以上」「21歳以上」「23歳以上」と違うことがあるので、若い方は必ず確認を、っていうか登録できません。

身分証明証のチェックもありますからね。
(セルフィー写真は求められないことがほとんどなので他人のものでも登録できてしまいますが・・・)

また、親が登録したところにログインして遊んでもバレることはないでしょうけど絶対にやらないように!

 

以上、スポーツベットするときに不安になりがちなポイントを解説してきました。

大丈夫そうだなってことはご理解してもらえたんじゃないかと。

あとはどこでスポーツベットするのかだけです。

そこで、プロ野球にスポーツベットできるおすすめサイトをピックアップして紹介!

プロ野球にスポーツベット!おすすめオンラインカジノ・ブックメーカーはここ!

  • 10ベットジャパン
  • ウィリアムヒル

どちらもブックメーカーの色が強めですが、オンラインカジノも楽しめます。

それぞれの特徴をサクッと紹介しておきますね。

10ベットジャパンの特徴

プロ野球 10betジャパン
  • サッカーチームとしての知名度は世界トップクラスのユヴェントスとパートナー契約
  • イメージキャラクターには有名選手も起用している
  • 出金金額は無制限
  • 入出金手段が違ってもいい

ユヴェントスとパートナー契約できている時点で信頼性が高いと言えます。

また有名スポーツ選手をイメージキャラに使えていることも大きなポイント。

そして10ベットジャパンの強みは、出金上限がないことにあります。

スポーツベットでは思わぬ大金ゲットの可能性だってあるわけですし、もし1000万円以上の配当をゲットできたなら、サクッと出金できると助かりますね。

その点10ベットジャパンなら安心です。

またちょっと特殊なメリットなんですが、マネーロンダリング防止などの都合上、ブックメーカーやオンラインカジノでは入金した方法でしか出金できません。

でもここは別の決済手段で出し入れできる変わったところです。

この点にメリットを感じる人はここがベストですね。

入金時「SUN100」を入力すると最大100ドルボーナスあり!
10ベットジャパンでプロ野球にベットする

ウィリアムヒルの特徴

プロ野球 ウィリアムヒル
  • 70年以上の歴史があるブックメーカー
  • イギリス政府公認

運営歴ではここにかなうブックメーカーはないでしょう。

さらにイギリス政府公認なので信頼性バッチリ。

日本のプロ野球はもちろん、Jリーグやバスケなどもベット可能です。

初回入金100%ボーナスあり!
ウィリアムヒルでプロ野球にベットする

プロ野球のオッズはいつ発表される?

プロ野球のオッズは、日本時間の朝までに発表されます。

シーズン中は毎日のように試合があるので、オッズ発表は早くてもその日の試合が終わった直後からってことになります。

オッズが1.5倍なら、1000円ベットで1500円の配当です。

スポーツベットサイトへの入出金方法

入出金方法には次のようなものがあります↓

  • ecoPayz(エコペイズ)
  • iWallet(アイウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 仮想通貨
    など

この中でスポーツベットサイトによって対応していないところもありますが、ほとんどはこれらの入出金方法が使えます。

上3つは電子決済サービスで、ブックメーカーやオンラインカジノなどの海外サービスでは多くが対応しているので1つは作っておきましょう。

最初はクレジットカードで入金してもクレジットカードへ出金できないので、結局どれかは必要です。

メジャーなものならecoPayz、手数料が安いのはiWallet、コンビニATMで直接引き出せる便利さならSTICPAYがいいですね。

今後別のスポーツベットサイトを利用することもあるかもしれませんし、3つとも作っておいてもいいくらいです。

とくに10ベットジャパンは入出金が別でもいい特殊なところなので、手数料が安いiWalletで入金し、引き出しやすいSTICPAYで出金、なんて使い方もおすすめ。

詳しくはこちらの記事で解説してます↓

参考記事
オンラインカジノの入金方法と注意点

まとめ

日本のプロ野球に賭けられるスポーツベットサイトを紹介しました。

いまのところ国内にプロ野球の大衆向けに提供されているギャンブルはありません。

でも知り合いとは書けたりしている人は多いんじゃないでしょうか。

それはそれで楽しいと思いますが、ブックメーカーであればプロ野球への賭博ができてしまいます。

興味ある人にとっては非常に魅力的な部分だと思いますし、まずは自分の応援しているチームがどんなオッズになっているかチェックしてみてください。

それを見て怒るもよし、喜ぶも良し、賭けている人たちがどう評価しているのかもわかって二重に楽しめると思いますよ。