スティックペイ(STICPAY)対応オンラインカジノは?おすすめはここ!

スティックペイ対応オンラインカジノ

カードを作ればコンビニATMで引き出せる他より便利な決済サービス「スティックペイ(STICPAY)」。

似たような決済サービス「エコペイズ(ecoPayz)」にもecoカードというATM引き出しに使えるものがあったんですが、サービス終了してしまったことでスティックペイに興味がわいたって人もいるでしょう。

私も作ってみたところ、セブンイレブンのATMにてビットコインを日本円で出金できました。

最近はオンラインカジノもビットコインなど仮想通貨に対応するところが増えてますからね。

で、スティックペイに対応するオンラインカジノも多くはないもののいくつかあります。

同様の決済サービスで「ecoPayz・VenusPoint・iWallet」の3つしか対応してないところばかりなんですが、スティックペイがいいって人もきっといるはず。

そこでスティックペイが使えるオンラインカジノを探し一覧にしてみました。

おすすめも紹介しているので参考にしてもらえれば。

スティックペイ(STICPAY)が使える日本語対応オンラインカジノ

  • パイザカジノ(PAIZA CASINO)
  • ビットカジノ(BitCasino.io)
  • ベットティルト(Bettilt)
  • ワンダーカジノ(WONDER CASINO)
  • ビットスターズ
  • ラッキーデイズ(LUCKY DAYS)
  • コニベット(Konibet)
  • YOKOZUNACASINO
  • スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)
  • 10BETJAPAN
  • 22BET(信頼性に不安あり)
  • 1XBET(信頼性に不安あり)

ザックリ調べた結果、これだけの日本語対応しているオンラインカジノでスティックペイを利用できます。

2019年にecoカードがなくなってからスティックペイに対応するオンカジが増えてきているので、今後もSTICカードがある限り増加していくと思われます。

それぞれに得意な分野があるため、自分とい相性が良さそうなオンラインカジノを選びましょう。

そこでこの中からおすすめのオンラインカジノをピックアップして紹介しておきます↓

おすすめのオンラインカジノはここ

ライブカジノが充実!快適性の高いパイザカジノ

  • ライブカジノが充実
  • 高額入出金の対応スピードが早い
  • ビットコインなど仮想通貨対応

スティックペイもビットコイン入出金対応しましたし、お金持ちはビットコインでオンラインカジノを楽しむ傾向があります。

そんなハイローラーが満足できるサービスに力を入れているオンラインカジノですね。

またオンカジで一番リアルカジノっぽさを体験できるライブカジノに強く、提携するゲーミング会社も10社以上と他社に比べてかなり多め。

マカオやラスベガス、韓国などのランドカジノ好きなプレイヤーには最適です。

もちろんこれからデビューする初心者プレイヤーにとっても、ハイローラーが満足できるような快適さを味わえるため遊びやすいオンカジと言えます。

登録無料
パイザカジノ公式

登録の流れ・注意点を解説しています
PAIZA CASINO(パイザカジノ)の登録方法

スポーツベッティング対応!10BETJAPAN

  • スポーツベッティングが楽しめる
  • 入金不用ボーナスあり

オンラインカジノも楽しめますが、スポーツベッティングメインのブックメーカー兼オンカジがここ。

オンラインカジノの充実度は上で紹介したパイザカジノの方がおすすめですが、Jリーグやプロ野球などのスポーツで賭けを楽しみたい人にはこちらがおすすめです。

日本ではプロ野球に賭けられるサービスがないので、野球好きの人には最適ですね。

オリンピックやワールドカップ、メジャーリーグ、アメフト、NBAなど世界各国で開催されているスポーツが賭け対象なので、試合観戦・中継視聴が好きならイチ推しです。

登録無料
10ETJAPAN公式

スティックペイのいいところ・残念なところ

スティックペイとはどんなサービス?

オンラインカジノを始め、海外FX口座や海外サービスへの送金に使える決済サービスの1つ。

銀行を介すると手間も時間も手数料もかかってしまうため、スティックペイ口座があるとスムーズです。

スティックペイのいいところ

約3分で口座開設

口座開設といっても、個人情報をサクッと入力するだけ。

入力スピードにもよりますが、約3分ほどあれば開設できるでしょう。

国内外のATMで出金できる

STICPAYが発行する「STICカード」を作れば、セブンイレブンやローソンなどのコンビニATMで簡単に出金できます。

私もビットコインを日本の仮想通貨取引所へ移して日本円に変えて出金する手間が面倒だったため作ってみましたが、セブンイレブンでサクッと出金できたときは感動したものです。

なおSTICカードは中国系列のもの。

以前はマスターカードだったのですが変わっています。

その点について不安に感じる方もいるかもしれませんが、とくに問題なく使えるので気にしなくてもいいと思いますよ。

なおSTICカード発行には、残高50香港ドル以上必要で手数料も少々かかりますが、それだけの価値はありでしょう。

スティックペイの残念なところ

手数料は高め

ほかの決済サービスに比べると手数料は高めです。

【入金手数料】
  • クレジットカード・・・3.85%
  • 銀行振込・・・1%+海外への振込手数料
  • ビットコイン・・・0%(キャンペーン中)
【出金手数料】
  • 海外からの銀行・・・5%
  • 国内銀行・・・600円+2.5%
  • STICカード・・・1.3%

入金はクレジットカードがコストを抑えられます。

また国内銀行への出金手数料は安くスピーディー。

STICPAYが日本国内にある銀行口座からの振込という形式なので、一般的な手数料と同じですし反映速度も早くなります。

ATM出金じゃなくてもいい人は十分手数料が安いと言えますね。

対応するオンラインカジノは少な目

ecoPayzなどに比べると使えるオンラインカジノは圧倒的に少なくなります。

とはいえ、このページで紹介したオンラインカジノで使えるので十分だと思いますよ。

日本で一番人気のベラジョンカジノも対応してくれると文句なしなんですが、今後に期待しましょう!

STICPAYカードの利用限度額

  • 1日あたりの決済上限・・・2000ドル
  • 1日あたりのATM出金上限・・・3000ドル
  • 月間の決済上限・・・9000ドル
  • 月間のATM出金上限・・・9000ドル

ハイローラーからすると低く感じるかもしれませんが、一般プレイヤーなら十分すぎる限度額です。

まとめ

決済サービス「スティックペイ」が使えるオンラインカジノを紹介しました。

決して多くはありませんが、まだ新しい決済サービスです。

今後はベラジョンカジノなどの人気オンラインカジノでも対応してくれることに期待しつつ、現在対応しているオンカジを選んで利用しましょう。