スティックペイ(STICPAY)対応オンラインカジノ – 登録・入金出金方法・使い方を解説

スティックペイ対応オンラインカジノ アイキャッチ画像

専用カードを作ればコンビニATMで引き出せる他より便利なオンライン決済サービス「スティックペイ(STICPAY)」。

似たような決済サービス「エコペイズ(ecoPayz)」にもecoカードというATM引き出しに使えるものがあったんですが、サービス終了してしまったんですよね。

そんな関係でスティックペイに興味がわいた人もいることでしょう。

私も作ってみたところ、セブンイレブンのATMにてビットコインを日本円にて出金できました。

最近はオンラインカジノもビットコインなど仮想通貨に対応するところが増えてますからね。

で、スティックペイに対応するオンカジはまだ多くないもののいくつかあります。

同様の決済サービスで「ecoPayz・VenusPoint・iWallet」の3つしか対応してないところばかりなんですが、スティックペイがいいって人もきっといるはず。

そこでスティックペイが使えるオンカジを紹介。

スティックペイの登録や入出金方法など使い方もまとめました。

スティックペイ(STICPAY)とはどんな決済サービス?

オンラインカジノを始め、海外FX口座や海外サービスへの送金に使える決済サービスの1つ。

銀行を介すると手間も時間も振込手数料もかかってしまうため、スティックペイ口座があるとスムーズです。

さらに通貨が違えば為替手数料も必要です。

スティックペイ(STICPAY)の登録(口座開設)方法

スティックペイ(STICPAY)の登録(口座開設)方法

スティックペイ登録完了までの流れ

  1. スティックペイにアクセス
  2. ページ内にある「会員登録」ボタンを押す
  3. 入力欄を埋め署名を済ませる
  4. 携帯番号を入力しSMS認証を済ませる

STEP1
スティックペイにアクセス

まずはスティックペイ公式サイトを開きましょう。

※別ウィンドウで開きます

STEP2
ページ内にある「会員登録」ボタンを押す

パソコンの場合

ページ右上に「会員登録」ボタンがあるので押してください。

スマホの場合

公式にアクセスすると、アプリが紹介されています。

使っているスマホに応じてiOS版かアンドロイド版をインストールしましょう。

もしくは右上のメニューアイコンをタップすると「会員登録」ボタンがでてきます。

それをタップすればパソコン版と同じように登録できます。

STEP3
入力欄を埋め署名を済ませる

  • メールアドレス
  • 名前
  • 苗字
  • 生年月日
  • パスワード
  • パスワード再入力
  • 国籍
  • 通貨
  • 職業(英語入力)
  • ご利用頻度
  • 入金予定額(ご利用頻度基準)
  • 取引予定回数(ご利用頻度基準)
  • 1件あたりの平均取引額

職業だけは英語入力なのでちょっと面倒です。

一例を載せておきますね。

  • 会社員 ⇒ employee(またはOffice worker)
  • 公務員 ⇒ public officer
  • 社長⇒President
  • 個人事業主⇒one’s own business
  • 医者⇒doctor
  • 主婦 ⇒ housewife
  • 学生 ⇒ student

これで大体カバーできるはず。

ない職業の方はグーグルで調べてください(汗)

なおほとんどいないと思いますが、CEOはCEOという職業なのでPresidentではありません。

入力が終わったらその下の規約関連にチェックを入れて(ちゃんと読んでくださいね)、最後は署名していきます。

署名はパソコンならマウスやトラックボールで、スマホは指でフルネームを書き込みましょう。

かなり難しいんですが読めれば問題ないでしょう。

ものすごく厳密にチェックしているわけではありません。

サインした、ということが大事なようです。

終わったら「次へ」ボタンを押しましょう。

STEP4
携帯番号を入力しSMS認証を済ませる

今度は携帯電話番号を入力します。

日本は+81です。

で、番号は先頭の「0」を除いた10桁を入力しましょう。

その後「SMS発送」を押すと携帯に4桁の認証コードが届きます。

それを入力欄に入力して「送信」ボタンを押せば登録完了です。

お疲れ様でした。

つづいてスティックペイへの入金方法を紹介していきます。

オンカジで使うには事前にスティックペイ口座へ入金しておきましょう。

スティックペイ(STICPAY)への入金方法

スティックペイ(STICPAY)への入金方法

スティックペイで対応する決済手段

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード(VISA/MasterCard)
  • ユニオンペイ(UnionPay)
  • ビットコイン(仮想通貨)
  • ライトコイン(仮想通貨)
  • イーサリアム(仮想通貨)

国内銀行送金

銀行振込を使うなら「国内銀行送金」がおすすめ。

あなたの口座からスティックペイの日本にある銀行口座へ振り込むことになります。

手数料は2%でだいたい1日以内に着金します。

海外銀行送金

スティックペイ指定の海外口座へあなたの銀行口座から振込ことになります。

手数料は1%で多少安くなっていますが、着金までにかかる時間が3~5日程度とかなり遅いです。

オンカジへの入金で新たにスティックペイ口座を開設したなら、実際遊ぶまでに時間がかかりすぎてしまいます。

海外口座への送金はメガバンクやネットバンク、その他大手銀行ならわりとスムーズに手続きできますが、地方銀行からあとけっこう手間取ります。

私が地方銀行で海外送金しようとしたときは手数料が馬鹿みたいに高く(3000円くらいだったはず)スムーズにできませんでした。

銀行員もやり方を分かっておらず電話でやり取りしながら進めていたくらいです。

敢えてこちらを利用する意味もないため「国内銀行送金」を選びましょう。

クレジットカード(VISA/MasterCard)

2つのブランドに対応しています。

日本のカードブランド「JCB」のクレジットカードしか持っていない人は使えません。

着金も早く便利ですが、使うにはカード画像をアップロードして承認しておかなければいけません。

この手続きがある分すぐには着金できないでしょう。

手数料は3.85%と割高です。

ほかのオンラインカジノ決済サービス「ecoPayz」ではクレジットカード入金したお金をオンカジへの送金には使えなかったりしますが、スティックペイは問題ありません。

少し手数料が高い分、そういったメリットもあります。

ユニオンペイ(UnionPay)

中国でよく利用されているクレジットカードブランドです。

日本で使っている人は少ないと思いますが、こちらはカード画像をアップロードしなくても使える分スピーディーです。

ただし着金するまでにかかる時間はだいたい1営業日。

手数料は1.5%となっています。

ビットコイン(仮想通貨)

スティックペイはビットコインウォレット機能もあります。

あなたのビットコインが入っているウォレットからスティックペイのウォレットアドレス宛に送金するだけです。

当然ビットコインを保有しておく必要がありますので、日本の仮想通貨取引所などで購入しておきましょう。

着金するまでにかかる時間は1時間少々~といったところ。

手数料はビットコイン送金時の指定額によります。

とはいえスティックペイ経由でビットコイン入金する人は、直接オンカジへビットコイン入金したほうが早いです。

いまはほとんどのオンカジでビットコインに対応しています。

イーサリアム(仮想通貨)

仮想通貨ではビットコインに次ぐシェアを持っているイーサリアムも対応しています。

手数料は1%で1時間ほどで着金しますが、こちらに関しても多くのオンカジが対応しています。

直接イーサリアムでオンカジへ入金することをおすすめします。

スティックペイ口座へ入金するにはウォレットの承認手続きが必要です。

ライトコイン(仮想通貨)

スティックペイではライトコインにも対応しています。

これまた多くのオンカジで対応しているので直接送金することをおすすめします。

スティックペイ口座へ入金するにはウォレットの承認手続きが必要です。

スティックペイへ口座へ入金する流れ

  1. スティックペイにログインする
  2. メニューから使う決済手段を選ぶ
  3. 手段別に手続きを済ませる

STEP1
スティックペイログイン後「マイページ」を開く

まずはスティックペイにログインしましょう。

STEP2
メニューから使う決済手段を選ぶ

パソコンなら左側にメニュー並んでいるので「入金」を選びます。

すると入金方法がズラッと表示されるので使いたいものを選びましょう。

STEP3
手段別に手続きを済ませる

銀行送金なら振込先口座情報が表示されるため、そこへ振込手続きします。

クレジットカードは承認手続きが済んでいるならカード情報を入力して「送信」ボタンを押せば完了です。

仮想通貨はウォレットアドレスが表示されるのでそこへ自分のウォレットから送金手続きしましょう。

スティックペイ(STICPAY)からの出金方法

スティックペイ(STICPAY)からの出金方法

スティックペイで対応する出金手段

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • ビットコイン(仮想通貨)
  • イーサリアム(仮想通貨)
  • ライトコイン(仮想通貨)
  • スティックペイカード(ATM出金)

国内銀行送金

スティックペイが日本で持っている国内銀行口座からあなたの口座へ送金します。

手数料は800円+2%と結構かかるのはネックですね。

また着金するまでに1~2営業日必要です。

海外銀行送金

スティックペイの海外銀行口座からあなたの銀行口座へ送金する方法です。

手数料は5%とかなり高く、さらに銀行の振込手数料も発生するためあえてこの方法を使う理由はないでしょう。

さらに着金するまでの時間も2~3営業日と長め。

国内銀行送金を利用すべきです。

ビットコイン(仮想通貨)

あなたのビットコインウォレットへ送金します。

手数料は1%、着金まで1時間程度はかかります。

イーサリアム(仮想通貨)

出金手順や手数料はビットコインと同じです。

着金までの時間はビットコインよりスムーズですが1時間くらいは見ておきましょう。

ライトコイン(仮想通貨)

手数料1%、着金時間も1時間ほどでビットコインとほぼ同じです。

とはいえビットコインよりは多少早いでしょう。

スティックペイカード(ATM出金)

スティックペイを使う理由の1つがこのスティックペイカードです。

ユニオンペイに対応するコンビニなどのATMで直接出金できるため、使い勝手がバツグンに良くなります。

仮想通貨も日本円に換金してそのまま出金できるのもメリット。

手数料は1.3%かかりますが、取引所で円に交換して出金する手間を考えると圧倒的に楽です。

なお最近は仮想通貨対応のオンカジが当たり前になってきています。

手数料を考えるとスティックペイ経由でないほうがお得になるでしょう。

STICPAYカードの利用限度額

  • 1日あたりの決済上限・・・2000ドル
  • 1日あたりのATM出金上限・・・3000ドル
  • 月間の決済上限・・・9000ドル
  • 月間のATM出金上限・・・9000ドル

ハイローラーからすると低く感じるかもしれませんが、一般プレイヤーなら十分すぎる限度額です。

スティックペイ(STICPAY)のメリット・デメリット

スティックペイ ロゴ画像

スティックペイのメリット

  • 約3分で口座開設
  • 国内外のATMで出金できる

約3分で口座開設

口座開設といっても、個人情報をサクッと入力するだけ。

入力スピードにもよりますが、約3分ほどあれば開設できるでしょう。

国内外のATMで出金できる

STICPAYが発行する「STICカード」を作れば、セブンイレブンやローソンなどのコンビニATMで簡単に出金できます。

私もビットコインを日本の仮想通貨取引所へ移して日本円に変えて出金する手間が面倒だったため作ってみましたが、セブンイレブンでサクッと出金できたときは感動したものです。

なおSTICカードは中国系列のもの。

以前はマスターカードだったのですが変わっています。

その点について不安に感じる方もいるかもしれませんが、とくに問題なく使えるので気にしなくてもいいと思いますよ。

なおSTICカード発行には、残高50香港ドル以上必要で手数料も少々かかりますが、それだけの価値はありでしょう。

スティックペイのデメリット

  • 手数料は高め
  • 対応するオンラインカジノは少な目

手数料は高め

ほかの決済サービスに比べると手数料は高めです。

オンカジでは手数料2.5%前後になっていることが多いですね。

【入金手数料】
  • クレジットカード・・・3.85%
  • 銀行振込・・・1%+海外への振込手数料
  • ビットコイン・・・0%(キャンペーン中)
【出金手数料】
  • 海外からの銀行・・・5%
  • 国内銀行・・・600円+2.5%
  • STICカード・・・1.3%

入金はクレジットカードがコストを抑えられます。

また国内銀行への出金手数料は安くスピーディー。

STICPAYが日本国内にある銀行口座からの振込という形式なので、一般的な手数料と同じですし反映速度も早くなります。

ATM出金じゃなくてもいい人は十分手数料が安いと言えますね。

対応するオンラインカジノは少な目

ecoPayzなどに比べると使えるオンカジは圧倒的に少なくなります。

とはいえ、このページで紹介したオンカジで使えるので十分だと思いますよ。

日本で一番人気のベラジョンも対応してくれると文句なしなんですが、今後に期待しましょう!

 

つづいてスティックペイに対応するオンカジを紹介していきます。

スティックペイ(STICPAY)が使える日本語対応オンラインカジノ

  • エルドアカジノ(Eldoah Casino)
  • ビットカジノ(BitCasino.io)
  • ベットティルト(Bettilt)
  • ワンダーカジノ(WONDER CASINO)
  • ビットスターズ(BitStarz)
  • ラッキーデイズ(LUCKY DAYS)
  • コニベット(Konibet)
  • YOKOZUNACASINO
  • スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)
  • 賭けっ子リンリン
  • 22BET(信頼性に不安あり)
  • 1XBET(信頼性に不安あり)

ザックリ調べた結果、これだけの日本語対応しているオンカジでスティックペイを利用できます。

2019年にecoカードがなくなってからスティックペイに対応するオンカジが増えてきているので、今後もSTICカードがある限り増加していくと思われます。

それぞれに得意な分野があるため、自分とい相性が良さそうなオンカジを選びましょう。

そこでこの中からおすすめのオンカジをピックアップして紹介しておきます↓

スティックペイ(STICPAY)対応おすすめオンラインカジノ

ライブカジノが充実!快適性の高いエルドアカジノ

エルドアカジノロゴ画像
  • ライブカジノで業界トップの充実度
  • 高額入出金の対応スピードが早い
  • ビットコイン対応

スティックペイもビットコイン入出金対応しましたし、お金持ちはビットコインでオンカジを楽しむ傾向があります。

そんなハイローラーが満足できるサービスに力を入れているオンカジですね。

またオンカジで一番リアルカジノっぽさを体験できるライブ形式のゲームに強く、提携するゲーミング会社も10社以上と他社に比べてかなり多め。

マカオやラスベガス、韓国などのランドカジノ好きなプレイヤーには最適です。

もちろんこれからデビューする初心者プレイヤーにとっても、ハイローラーが満足できるような快適さを味わえるため遊びやすいオンカジと言えます。

スポーツベッティング対応!賭けっ子リンリン

賭けっ子リンリン ロゴ画像
  • スポーツベッティングが楽しめる
  • 入金不用ボーナスあり

オンカジも楽しめますが、スポーツベッティングメインのブックメーカー兼オンカジがここ。

オンカジの充実度は上で紹介したエルドアの方がおすすめですが、Jリーグやプロ野球などのスポーツで賭けを楽しみたい人にはこちらがおすすめです。

日本ではプロ野球に賭けられるサービスがないので、野球好きの人には最適ですね。

オリンピックやワールドカップ、メジャーリーグ、アメフト、NBAなど世界各国で開催されているスポーツが賭け対象なので、試合観戦・中継視聴が好きならイチ推しです。

まとめ

決済サービス「スティックペイ(STICPAY)」が使えるオンラインカジノを紹介しました。

決して多くはありませんが、まだ新しい決済サービスです。

今後はベラジョンなどの人気オンカジでも対応してくれることに期待しつつ、現在対応しているオンカジを選んで利用しましょう。

【円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス
日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です