オンラインカジノからの出金方法と注意点まとめ

オンラインカジノからの出金方法について

無料ゲームで遊ぶ場合は別ですが、オンラインカジノを遊ぶ時、そのサイトアカウントへ入金しておかなければ賭けられません。

オンラインサービスなのでワンアクション手間がかかるのは仕方ないですね。

たださまざまな入金方法に対応しているので、銀行へ行って振込処理する、といった手間はかかりません。

オンラインカジノの入金についてはこちらで解説しています
⇒オンラインカジノへの入金方法

で、ひとしきり遊んでゲームに勝てたら、勝利報酬を出金したいはず。

ここではオンラインカジノから出金する方法や、出金時に注意したいことをまとめました。

適当にやると思わぬトラブルに発展する可能性もあるので、ぜひ確認しておいてください。

オンラインカジノからの出金方法

数多くあるオンラインカジノではそれぞれ微妙に出金方法が違うこともありますが、最大公約数的に良く利用されている出金手段があるので、ここではそれらを中心に解説していきます。

主な出金手段

多くのオンラインカジノで採用されている出金手段はこの4種↓

  1. 電子決済サービス
  2. 銀行送金(電信送金)
  3. 仮想通貨(ビットコイン)
  4. 小切手

とくに「①電子決済サービス」が入金にも使えるため主流となっています。

ではそれぞれの出金手段についてもう少し詳しく見ていきましょう。

1.電子決済サービス

入金・出金両方に使えることから、資産管理に最適で処理の反映もスムーズ。

身分証明書のチェックなど最初の登録手続きで多少手間がかかるものの、これからオンラインカジノをプレイする初心者の方はこの方法をおすすめします。

日本人に人気のオンラインカジノで採用されている電子決済サービスはこの3つです↓

ecoPayz(エコペイズ)

むかし主流だったにもかかわらずサービス終了してしまった「ネッテラー(NETELLER)」に近い電子決済サービスであることから、ほとんどのオンラインカジノで採用されています。

安全性が高く、スマホ・タブレットやパソコン対応で日本語サポートも充実していて利便性も高いのが特徴。

日本でいう金融庁にあたるイギリス機関による許可を受けて営業している信頼性の高い電子決済サービスです。

ライブチャットでのサポートは非対応ですが、サービス改善に積極的なところなのでいずれ対応するかもしれません。

初心者の方はまずここでアカウント開設することをおすすめします。

参考記事
エコペイズ(ecoPayz)の登録の流れを解説!

iWallet(アイウォレット)

2013年から始まった比較的新しめの電子決済サービス「iWallet」。

身分証明なしに開設でき(スタンダード会員)、専用のアイウォレットカード(ブランド:マスターカード)を作っておけばコンビニATMでも引き出せる利便性の高さも魅力です。

また個人ユーザーなら銀行口座への送金が手数料無料で使えます。
(振込手数料は別)

スタンダード会員の場合は扱える金額に制限ありますが、CEOが日本人ということもあるからか日本語サポートも整っています。

さらに世界のメジャーな6つの通貨(米ドル、円、シンガポールドル、ユーロ、香港ドル、英ポンド)に対応しているため、海外との取引がある人にはイチ推しの電子決済サービスです。

VenusPoint(ヴィーナスポイント)

クレジットカード入金している人におすすめなのが「VenusPoint」。

ネーミングどおり”ポイント”で資産を管理するため、ほかの電子決済サービスとは少しサービス内容が違うところも大きな特徴です。

ここではお金をポイントとして扱うため資金移動しやすいこと、手数料が安く済ませられること、アカウント開設が簡単なことも強み。

1ポイント=1ドル換算で換金上限は1日20000ポイントまでですが、よほど代金を動かすハイローラーでもない限り十分すぎる金額です。

とくに維持費もかからないため、ここはアカウント開設だけでもしておくことをおすすめします。

2.銀行送金

ここで紹介する順番は利用状況順にしてありますが、2番目だからといって銀行送金に対応しているオンラインカジノはあまり多くありません。

またクレジットカード入金した場合のみ利用できる方法でもあります。

電子決済サービスで入金→銀行振り込みで現金ゲット!はできないわけですね。

これができるとクレジットカードの規約違反となるショッピング枠の現金化が簡単にできてしまいますし。

手数料の安さは大きなメリットですが、出金されるまでに時間がかかったり、金額が大きいと銀行が怪しんで電話をかけてくることもあります。

よってあまりおすすめはしません。

3.仮想通貨(ビットコイン)

オンラインカジノへ仮想通貨で入金

2017年に価格急騰→翌年大暴落して世間を賑わせた仮想通貨「ビットコイン」「イーサリアム」に対応しているオンラインカジノも一部あります。

出金するには、仮想通貨ウォレットや取引所口座アドレスを出金ページで入力するだけ。

ただ、相場変動が激しいこともあってか停止中になっているところがほとんど。

今後さらに普及していくと思いますし、それに伴って対応カジノも増えていくと考えられますが、現状ではまだ気軽に使える通貨とは言えないですね。

※お知らせ 2020年1月からベラジョンカジノが仮想通貨に対応しました!
ベラジョンカジノへの入金方法を解説!手数料や最低・最高入金額は?

4.小切手

昔は多くのオンラインカジノで採用されていた出金方法でしたが、今でも採用しているところはあまり見かけません。

手数料が高い、時間がかかる、有効期限があるなどほかの出金手段に比べてデメリットが多いのがネック。
(出金依頼する→小切手が海外から送付される→銀行で換金と手間もかかる)

電子決済サービスが便利なのでそちらをおすすめします。

出金時に注意したいこと

ここでは出金時にありがちなエラーやトラブルを解説。

急ぎで出金したいとき、ゲームに負けてイライラしているときなど、人間は視野が狭くなるため普段ならありえないようなミスにも気づかなかったりします。

よくあるミスを防ぐためにも確認しておいてください。

ありがちな出金エラー時の原因

  • 情報の入力ミス
  • 入金と同じ方法で出金していない(クレジットカード以外)
  • 出金上限額を超えている
  • 確認書類未提出など口座開設が完了していない
  • ボーナス利用時の特殊な条件に引っかかっている

情報入力ミスは意外と手ごわいエラーです。

自分は間違ってないと思い込んでいると、一度クーリングタイムでも置かないと気づけないでしょう。

その他のポイントも忘れがちなので注意してください。

どうしても解決できない場合は、サポートに連絡しましょう。

クレジットカードで入金した場合

オンラインカジノの入出金では、基本的に入金手段と同じ方法で出金することになります。

ですがクレジットカード入金だけはクレジットカードへ出金できないため、エコペイズなど電子決済サービスへ出金します。

ごく一部のオンラインカジノではクレジットカードへの出金(正確には出金ではなくカード会社への返金)対応しているところもありますが、クレカの仕組みを利用したグレーな使い方なのであてにしないほうがいいです。

税務署にバレずに出金できるの?

オンラインカジノ 税金

アイウォレットなど一部サービスでは、プリペイドカード発行に対応しています。

この場合、オンラインカジノで稼いだお金を口座へ出金し、さらに口座→プリペイドカードへ出金。

あとはATMで引き出してしまえば日本の税務署がチェック可能な銀行口座を介していないためバレない可能性は高いでしょう。

とはいえおすすめはしません。

納税は国民の義務なので健全に楽しんで大きく稼ぎ、たっぷり納税しましょう。

まとめ

オンラインカジノの預けてあるお金を出金する方法についてまとめました。

さまざまな方法があるため、自分に都合のいい方法を選べる利便性の高さも魅力のオンラインカジノ。

カジノによってすべての手段に対応しているわけではありませんが、エコペイズかアイウォレットならまず使えるはずです。

遊ぶ際にはどちらかで口座を作っておきましょう。