ベラジョンとエンパイアカジノの違いは?遊びやすいのはどっち?

ベラジョンとエンパイアカジノの違い

オンラインカジノという言葉をご存知の方は、今では数多くいらっしゃることでしょう。

このサービスが開始されたのは2000年初頭からで、今では世界各国から遊ぶことも可能になったほどです。

特に2020年は世界中から注目される娯楽となり、実際にラスベガスやシンガポール・マカオなどに足を運べない方でも、家に居ながらにして本格的なカジノゲームを満喫できるのが人気となりました。

このオンランカジノは実店舗と同じく、ベットするためのコインを購入します。

さらに各ゲームで手に入れたコインを換金することも可能なので、限りなくリアルなゲーム環境を用意しているのも魅力といえるでしょう。

現段階では40を超えるカジノサービスがありますが、その中でも老舗と謳われているのがベラジョンカジノとエンパイアカジノの2つです。

どちらも2000年にサービスを開始して以来、世界中でたくさんのプレイヤーを有すしています。

そこでここでは、ベラジョンとエンパイアの概要と違い、遊びやすいところに着目して詳しく見ていきましょう。

人気オンカジ「ベラジョン」と「エンパイア」を比較!

ベラジョンはこんなオンラインカジノです

まずはベラジョンカジノですが、本社運営はシンガポールにあります。

1997年に設立されて、翌年に国際カジノ連盟の認可を得ました。

当初はポーカー・ブラックジャック・バカラの3種類のゲームしかなく、シンプルなビデオゲームだったのが特徴です。

2000年になるとプラットフォームとソフトウェアを一新することになり、ここから本格的な双方向オンラインカジノへとシフトを変えていきました。

日本で馴染みがあるパチスロのシステムを搭載した、ビデオスロットを導入しているところでもあるので、日本人ユーザーがオンラインカジノサービスの中でもっとも多いのも特徴です。

ここでは2005年から、ライブカジノも導入されました。

それ以前はディーラーが主導権を握っているゲームしかありませんでしたが、ライブカジノの場合は世界中からアクセスしているユーザー同士で、互いの同じテーブルで勝負を持つことが可能です。

これが臨場感を得られると話題になり、ベラジョンカジノは世界トップのユーザー数を誇るサービスになりました。

エンパイアカジノはこんなオンラインカジノです

エンパイアカジノの場合、2000年にサービスを開始したカジノで、本社運営は中国の特別区・マカオにあります。

実店舗を運営している会社でもあり、完全確率を重んじたゲームで構成されているところです。

ここでは主にアジア諸国をサービスエリアになされているので、日本語・中国語・英語と韓国語のサポートしかなされていません。

また24時間アクセスできるのではなく、日本時間では午前6時から午後9時までと時間制限を有しているのも特徴です。

これは中国政府による規制であり、サーバーがあるマカオでも例外ではないというわけです。

この時間制限があるおかげで、配当率が他のオンラインカジノよりも高くなっており、クラシックタイプのスロットでさえも約15倍で払い出しをなされます。

難易度が高いブラックジャックに至ってはレベル1でも、配当率が20倍なので短時間で効率よく稼ぎたいという方に向いているサービスです。

クラシック・ビデオカジノのほか、2010年からはライブカジノも備えるようになり、遊びやすいサービスとなりました。

どっちがおすすめ?

ここからは、どちらが遊びやすいカジノかにいついて見ていきますが、資金と腕前によって大きく異なるので注意をしていきましょう。

初心者や少額で始めるならベラジョンカジノ

少ない資金で尚且つ、腕前が初心者という場合は、ベラジョンカジノが遊びやすいところです。

入金不用でもらえるボーナスもありますし、まずはそれを使って実際にカジノゲームを体験できるのは大きいですね。

また、このサービスではランク分けをプレイヤーになされており、自身のランクに見合ったルームで自動的にプレイができるからです。

資金が少ない時はベットに変えるのが躊躇われますが、ベラジョンでは練習ルームもあるので一切資金を減らさずに腕前をあげることが可能です。

24時間オープンしており、いつでもアクセスできるというのも、魅力になることでしょう。

資金多めで慣れているならエンパイアカジノ

多くの資金を持っていて、リアルカジノの経験もある腕前も玄人レベルという方なら、エンパイアカジノが遊びやすいです。

ここではベット時の配当率を自分で操作できるので、希望に見合った配当を得られます。

たとえばバカラで200倍の配当を欲しいという時でも、ディーラーや他のプレイヤーの承諾を得ずにテーブルを用意できます。

ハイリスク・ハイリターンを可能にしたゲームを進められるのでプロであれば、効率よく稼いでいけるというわけです。

なお、このエンパイアではランク分けはなされていないので、対戦相手の強さを客観的に知れないというリスクがあります。

そのため、資金に余裕があったとしても、なるべく穏便な掛け方をした方がいいでしょう。

プレイ時間が約13時間しかないので、24時間いつでもプレイできないという縛りはあります。

しかし、ここでは自由な掛け方ができることから、世界中のカジノファンが集って互いの腕を競い合えるという魅力を持っているサービスです。

まとめ

日本語対応で安心して楽しめるオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」と「エンパイアカジノ」を比較しました。

遊べるゲームの種類に大きな違いはありませんが、ベラジョンは初心者を大切にしている印象です。

反対にエンパイアは初心者ももちろん大丈夫ですが、ベラジョンに比べると玄人向けですね。

ザックリですが参考にしてもらえれば幸いです。